新生活!引っ越してから困らないように注意すべきことは?>>

半径a, 中心角60度の一様な扇型板の重心をGとしたとき、扇の中心Oから重心Gまでの距離を求める問題が解けません。どうやって解けばいいでしょうか?

gooドクター

A 回答 (2件)

お示しのような「扇形」であれば、「中心角」方向には「中心角 30°」上に重心があることは明らかですので、「半径方向にどの位置か」を調べればよいです。



「重心」とは、その扇形の各部分の「力のモーメント」が、「全質量が重心にある」ときの力のモーメントに等しくなる点ということです。
この場合には、扇形がその一部である「円」の中心周りの力のモーメントを考えるのが一番楽でしょう。

扇型板の単位面積あたりの質量(面密度)を ρ としましょう。
扇形のうち、半径 r ~ r+dr と θ ~ θ+dθ に囲まれた微小面の面積は
 dS = dr * rdθ = rdrdθ
です。この部分の質量が
 ρdS = ρrdrdθ
ですから、「円」の中心周りの力のモーメントは
 dM = r * ρdS = ρr^2drdθ
です。

従って、扇形全体にわたる力のモーメントの合計は、これを r :0~a、θ : 0~60°=0~パイ/3 で積分すればよいので
 M = ∫[0→a]∫[0→パイ/3]ρr^2drdθ
  = ρ(パイ/3)∫[0→a]r^2dr
  = ρ(パイ/3)[ r^3 /3][0→a]
  = ρ(パイ/9)a^3       ①

重心位置を「円の中心」から R の距離とすると、扇形の面積が
  S = パイa^2 * (60/360) = (パイ/6)a^2
なので、その質量は
  m = ρS = ρ(パイ/6)a^2
従って、重心位置の力のモーメントは
  Mg = R*m = Rρ(パイ/6)a^2   ②

①②が等しいので
  Rρ(パイ/6)a^2 = ρ(パイ/9)a^3
よって
  R = (2/3)a

つまり、扇の中心Oから重心Gまでの距離は (2/3)a です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

扇型の全質量が重心にあるときの力のモーメント = 扇型各部分における微小質量の力のモーメントの合計 として計算するのですね。ありがとうございました。

お礼日時:2018/06/05 04:46

扇形を右に向け、中心を通り、扇形を2分する線をx軸、扇形の中心を原点とします。


すると、重心はx軸上にあるので、x成分だけ考えると
oから重心までの距離xGは

xG=∫xds/S =∫xrdrdθ/S
dsは面積素、Sは扇形の面積

x=rcosθなので
xG=∫r^2cosθdrdθ/S

積分範囲は r=0~a、θ=-π/6~π/6なので
xG=(a^3/3)/S

S=πa^2/6 なので

xG=2a/π
    • good
    • 1
この回答へのお礼

こちらが正答でした。ありがとうございました。

お礼日時:2018/06/05 08:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング