はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

 測定技術を勉強しています。すぐに測定できない試料の保存で、測定対象フェノール類の試料は、「リン酸を加えてpHを4にしCuSo4・5H2Oを加えて0~10℃の暗所に保存する」とあるのですが、なぜ硫酸銅((2))五水和物を加えるのかよくわかりません。変質を防ぐ目的があるとはおもうのですが、なぜかもう少し説明がほしいとおもいます。わかるかたお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

なにかの本で読んだのですが、確かフェノール類を分解する細菌が中性付近では繁殖する(細菌は一般的に中性付近で優勢)ため、弱酸性とし、硫酸銅を加える理由は、溶解した銅イオンに殺菌効果があるためと書いてあったような記憶があります。


詳しくは、公害防止管理者の測定保存技術等をお調べ下さい。
他人にある程度聞いて、そこからは自分で疑問を探求していかないと、なかなか知識が定着していきませんよ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。だいぶインターネットでさがしましたがわかりませんでした。フェノール分解菌の増殖を防ぐという記述があったかもしれません。もっとしらべてみます。

お礼日時:2004/10/24 01:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q科学の実験手順・操作のフローチャートの書き方がよく分かりません

お恥ずかしい話なのですが、
実験操作・手順のフローチャートの良い書き方が
未だによくわかりません。

僕が今回書き方がよくわからなかったのは、
化学的手法による抽出の操作でした。
酢酸エチル抽出がどうとかこうとか・・・
(図書館で少し調べてみたのですが、なかなか見つからなくて・・・)

なにかアドバイスがありましたらお願いします。
別に上記のようなものではなく、
どのような実験についてでも結構です。

皆さんの色々なフローチャートを参考に出来たら、と思っていますので。

お願いします。

Aベストアンサー

実験手順のフローチャートですから、実験を行った通りの順序、手法を書けば良いのです。
書き方はシンプル・イズ・ベスト!
誰もがそのチャートを見て、同じ操作が出来るように目指して書いて下さい。
実験手順、操作のフローチャートなんて、料理のレシピみたいなもんです。

「やった事」だけを書けば良いのですから、そう悩む必要はないと思いますよ。
むしろ、実験結果における考察の方が大切です。

古いモノですが、私が学生の時やった
「アルカリ性フォスファターゼによるp-ニトロフェニルリン酸の加水分解における温度の検討」
という実験のフローチャートを書きます。

反応液調製      酵素液調製
 |          |
 | pre-incubate 5min. |
 |←―――――――――|
 |  1ml添加
 ↓
mix
 ↓
incubate 20min.
 ↓
saturated NO2CO3 sol. 1ml添加
 ↓
mix
 ↓
A400測定
 ↓
検量線の式からp-NP生成量を求める
 ↓
酵素活性で表す
 ↓
グラフ用紙にプロット
 ↓
至適温度を求める

長くてすいません。下付き文字がないので、変な部分ありますが、こんな感じです。
参考になると良いのですが・・・・

実験手順のフローチャートですから、実験を行った通りの順序、手法を書けば良いのです。
書き方はシンプル・イズ・ベスト!
誰もがそのチャートを見て、同じ操作が出来るように目指して書いて下さい。
実験手順、操作のフローチャートなんて、料理のレシピみたいなもんです。

「やった事」だけを書けば良いのですから、そう悩む必要はないと思いますよ。
むしろ、実験結果における考察の方が大切です。

古いモノですが、私が学生の時やった
「アルカリ性フォスファターゼによるp-ニトロフェニルリン酸...続きを読む

Q硫酸銅(II)五水和物を水に溶かした場合

硫酸銅(II)五水和物CuSO4・5H2Oは水にはよく溶けますが、
この固体粉末を水に溶かしたときは、イオン反応式でかくと、どういう反応が具体的に起こっているのでしょうか?もともと水和物という水と仲のよいものですが、完璧にとけていたので、
イオンの状態ですよね?
青色溶液になりました。
Cu(II)イオン自体青色ですし、厳密にはCu(H2O)4^2+が配位したものでしょうが、もともと水がまわりにある状態での変化がどうなのかが気になります。硫酸銅五水和物とは、1つの銅イオン(Cu^2+)には水分子H2Oが4つ、平面に配位していて、その銅イオンの上下にそれぞれ硫酸イオンが配位していると調べたらありました。水に溶かしたとき、硫酸イオンもどういう風に配置なっているのか。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

硫酸銅(II)五水和物では、4個の水分子は銅イオンに配位し、平面型4配位構造を作っています。硫酸イオンは、この平面の上下方向から緩やかに配位しています(やや離れた位置にある)。

硫酸銅(II)水溶液中では、硫酸イオンと銅イオンの距離は、結晶中におけるよりも一層大きくなり、固定された配位結合はなくなる、すなわち特定の「配置」は成立していないと考えるべきでしょう。

銅イオンと硫酸イオンは「一期一会」の接近・離散を繰り返しながら互いに漂流をつづけている、という状態と思えばよいでしょう。


人気Q&Aランキング