ぜひ教えてください。
H13.7.16の日ポストに地裁から、「現況調査の通知及び告知書」
という書類が入ってました。
内容は、「あなたが居住する、建物や土地または敷地権について不動産競売手続きがかいしされ、裁判官より対象物件の現況調査を命ぜられました。・・・・ということでした。
現在、居住しているマンションは、H12.1.16に賃貸で入居しました。契約期間はH14.1.15までと書いてあります。今のところ契約解約という貸主さんからの意志はありません。
お聞きしたいのは、
1.このマンションが競売によって、持ち主が変り、立ち退きを迫られた場合賃借人として対抗できるますか?
2.立ち退きになった場合、立ち退き料の相場は家賃の何倍ぐらい請求できますか?
3.抵当権が先かまた賃借権が先かを知っておいたほうがいいのでしょうか?もし抵当権が先であったならばどういうことがおこりますか?
以上3点がすごく気になっています。
はっきりいって、寝耳に水でした。だからすごく不安です。
どうかどうか、お知恵を拝借させてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 下記のURLにて、同様の状況で落札者が現れた場合についての質問がなされ、私も答えておりますので、そちらもご参照ください。



参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=106193
    • good
    • 0
この回答へのお礼

abenokawamotiさん、親身なご回答本当にありがとうございます。
おかげでずいぶん気が楽になりました。
また分からないことがありましたら、教えていただけますでしょうか?
よろしく御願いいたします。

お礼日時:2001/07/19 13:56

はい、よくわかりました。


地裁からそのような書類がとどいているわけですから、至急に電話をして担当執行官と合う日時の打ち合わせをした下さい。その書類に必ず担当執行官の名前と電話があるはずです。そして、その時は賃貸借契約書のコピーをあらかじめ用意し渡してください。どうしても時間がなければその旨云ってください。ただし、執行官だけではなく後に評価人も来ます。その場合は家の中に入り写真なども撮ります。ですから、その時は居たほうがよいです。どうしても来てもらいたくないとはいえません。その場合は裁判所から指定のカギ屋さんと一緒にきて留守でも中に入りいろいろ調べます。調べる内容は、誰が、何時から、どんな権利で、などなどです。裁判所から来る人はその二人ですが同時の日がよいならそのように云って一度にすましてもらうようしてください。裁判所の都合もありますがそのようにしてくれることもあります。
何故、そのような調査が必要かと云いますと、これからその建物が競売になりますが、それを買った者とあなたの住んでいる権利とどちらがどうかと云うことをあらかじめ買受希望者に知らせるためです。ですからあなたに権利があろうとなかろうとありのまま伝えてください。
次に、心配の立ち退きですが、H12.1.16に賃貸で入居しました。とのことですから、仮に、抵当権設定後であったとしてもH12.1.16から3年間、つまりH15年1月15日までは従前どおり住んでいて結構です。これは例外的に認められている権利ですから、その日までは安心していて結構です。
立ち退き料などそのとき教えます。
なお、あなたが借りた日以後に抵当権が設定され、それが競売になった場合は、3年間だけでなく、いつまでも(契約更新のうえで)居住していることができます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

tk-kubotaさん、ありがとうございます。
分からないことだらけで、本当困ってました。また教えていただけますか?
よろしく御願いします。

お礼日時:2001/07/19 14:01

>1.このマンションが競売によって、持ち主が変り、立ち退きを迫られた場合


> 賃借人として対抗できるますか?

 まず、基本的に、貸主である所有者が代わっても、新しい所有者は、旧所有者が有していた、「借家人に対して部屋を貸す義務」をそのまま引き継ぐことになります。
 従って、競売によって所有者が変ったとしても、何も心配なさる必要はありません。立ち退きを要求されることは通常であれば「無い」はずです。


>2.立ち退きになった場合、立ち退き料の相場は家賃の何倍ぐらい請求できますか?

 仮に立ち退きを要求されたとしても、賃貸借契約の解約や更新拒絶の申し入れは、建物の賃貸人及び賃借人が建物の使用を必要とする事情のほか、建物の賃貸借に関する従前の経過、建物の利用状況及び建物の現況並びに建物の賃貸人が建物の明渡しの条件として又は建物の明渡しと引き換えに建物の賃借人に対して財産上の給付(立退き料)をする旨の申し出をした場合におけるその申し出を考慮して、正当の事由があると認められる場合でなければできないことになっております(借地借家法28条、26条1項)。

 この「立退き料」ですが、双方の具体的な状況により異なりますが、通常は、同等の部屋を新たに借りるにあたって必要となる敷金、礼金、引越し費用などに相当する金額とお考え下さい。


>3.抵当権が先かまた賃借権が先かを知っておいたほうがいいのでしょうか?
> もし抵当権が先であったならばどういうことがおこりますか?

 今回の競売が、抵当権の実行によるものか、それとも通常の債務不履行に基づいての債権者による差押さえ、競売手続きによるものかは分かりませんが、仮に、抵当権の実行によるものだとした場合、どちらが先でも後でも、今回のH14.1.15までの契約に関しては関係ありません。

 一般的には、抵当権設定前に締結された賃貸借契約は、抵当権者に対しても競売によってその物件を買い受けた者に対しても主張することができます。

 抵当権設定後に締結された建物賃貸借契約は、その契約期間が3年以内のものであれば、上記と同様、賃借人は、抵当権者に対しても競売によってその物件を買い受けた者に対しても主張することができます(民法395条、602条3号)。
 この場合、賃貸借契約の更新も行うことができます(民法603条)が、抵当権実行による差押さえの効力が生じた後に契約期間が満了したような場合には借地借家法による保護はなく、その更新を抵当権者に対して主張することができません(最判昭38年8月27日)。
 実際上、契約締結後3年経過していれば解約に正当事由があると考えれられている傾向があります(最高裁判決昭和43年9月27日、最高裁判決昭和45年6月16日)。

 しかし、少なくとも今回のH14.1.15までの契約に関しては関係ないといえます。

 その後においても、立地条件にもよりますが、賃貸用の住宅であるような場合には、買受人も、賃貸人としての地位に立ち続けることを念頭に買い受けている場合がほとんどでしょうから、契約期間が終了したからといって立ち退きを要求することは無いのではないかと思います。

 この競売手続きが、抵当権の実行によるものではない場合と抵当権設定前に賃貸借契約が締結されていた場合には、上記のような制約は無く、新所有者は、賃貸人としての地位を引き継ぐことになり、契約の更新拒絶や解除には、借地借家法上の「正当事由(立退き料に支払など)」が必要になります。


 以上、ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。とってもとっても心強く感じました。
明日、登記所に行って権利関係等確認してみようとおもいます。

お礼日時:2001/07/17 19:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qビル管の【室内の光と照明】で快適性を表す指標とは何ですか? [輝度は明るさを表す指標である] という

ビル管の【室内の光と照明】で快適性を表す指標とは何ですか?
[輝度は明るさを表す指標である]
という一文が誤りです。
調べると輝度は快適性に関わっているという記載がありました。
関わっているが指標では無いので理解できないです。
快適性を表す指標とは何なのか教えて下さい。

Aベストアンサー

輝度は光源の光の強さを示します。
照度の誤りでしょう。

照度は照らされた箇所の明るさを示します。

Q賃借人と抵当権者、抵当権設定者の関係について

Aは、Bから借り入れた資金の担保として、抵当権の設定された建物を持っている。
抵当権の設定された後で、Cに対して建物を賃貸した。

その後、Aは債務不履行となった。ここで質問です。


債務不履行となったことをBが知った時点で、建物を競売にかけることができるので、建物の所有権はBに移ったと考えてよいのでしょうか? 書類上の手続きが必要ですか?

また、債務不履行になると、Cの支払っている賃料債権に物上代位して、回収の足しにできることは、分かりますが、AC間の賃貸借契約を解除させることができないと本に書いてありました。Bが恣意的に「解除しろ」と迫らなくても、Aが債務不履行になっている以上、結果的に解除させたのと同等の関係になるような気がします。BはCに対して、「出て行け」と言えるわけですし。


このあたりの関係は、どうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

>建物の所有権はBに移ったと考えてよいのでしょうか?

建物を競売にかけることはできますが、それは所有権とは無関係です(あくまで抵当権の効力)。
競売で購入する者が現れ、その者が代金を裁判所に納めたときに、その者が所有権を取得します。それまでは、所有権に変化はありません。

また、賃貸借契約を解除できるのは、当事者だけなので解除ができないと言うことは本当です。
ただ、競売で買い受けた者は、賃貸借契約を解除せずに、借受人に対して建物から6か月後に出て行くことを裁判所に請求できます。
いずれも、単なる抵当権を有している者は、解除も退去も求められません。抵当権実行後の買い受け人のみが所有権を取得し、また退去を求めることができます(原則。なお、例外については省略)。

Q環境心理学・オフィス環境の快適性について

環境心理学を勉強しています。
オフィスの快適性について教えてください。
快適性といっても。仕事の内容によってプライバシー、成員数、インテリア、景観、コミュニケーションなどの点で考えなければならないと思います。銀行のように、利用者も一緒の場合や、会社内各部局のようにその組織内の者が大半の場合、役所のように公的な機能を担っているオフィスの場合等のケースに合わせて教えていただけたらうれしいです。

Aベストアンサー

御質問の内容は
それだけで学位論文が書けるほど大きなテーマですので,
このような場で論じるには荷が重すぎます。

ひとつだけ指摘しておきますと,
オフィスの快適性を考えるうえで

>プライバシー、成員数、インテリア、景観、コミュニケーション

といった,ソフトで人的な要因も大切ではありますが,
それ以前にハードで物理的な要因の検討をまずは優先すべきではないでしょうか。
具体的には次のようなものです。

・光 : 採光,照明,反射,陰影など
・音 : 騒音,反響,振動など
・空気 : 気温,湿度,気圧,風量,二酸化炭素濃度,臭気の種類と強さなど
・空間 : 部屋の広さ,天井の高さ,窓の大きさ,床の摩擦係数,壁面の材質など
・色彩 : 壁面・天井・床の色,カーテンやブラインドの色,什器や機器の色など

そういうことは人間工学の範囲であって環境心理学ではないだろう,
なんていうのは狭い了見です。

下記のページでは温冷感と快適性について解説しています。
参考にしてください。

参考URL:http://www.roc.johnsoncontrols.co.jp/roc/sev_asp_pmv.asp

御質問の内容は
それだけで学位論文が書けるほど大きなテーマですので,
このような場で論じるには荷が重すぎます。

ひとつだけ指摘しておきますと,
オフィスの快適性を考えるうえで

>プライバシー、成員数、インテリア、景観、コミュニケーション

といった,ソフトで人的な要因も大切ではありますが,
それ以前にハードで物理的な要因の検討をまずは優先すべきではないでしょうか。
具体的には次のようなものです。

・光 : 採光,照明,反射,陰影など
・音 : 騒音,反響,振動など
・空気...続きを読む

Q競売物件 既存賃借人(短期賃借権)の承継について

競売物件 既存賃借人(短期賃借権)の承継について

競売で落札した物件の賃借人が、前所有者と締結していた賃貸借契約の取り扱いについて質問です。
賃借人の権利は、法改正前からの短期賃借権であり、その事は承知してます。
そこで、この短期賃借権に基づく賃貸借契約は「当然に買受人(私)に承継」されるのでしょうか??
買受人と賃借人で何かしらのやり取りは必要なく、です。
当然に私に承継されて欲しいと思ってます。

もともと投資用に取得しまして、検討段階における物件明細書から見ると賃料条件や執行官とのやり取りなどから、きっちりとした賃借人であると判断した為、参加しました。
そして、賃借人が前所有者と締結した契約内容の確認等の為、面談をお願いすべく書面などをお送りするも、なかなか応じてくれません(といいますか、連絡がありません)。
このまま、継続して住んで頂いていいと思ってますのに警戒されてるようです。

そこで、まだ直接接触が出来てないけれども、来月の賃料支払時期も迫ってきているので賃料の振込み先口座を指定する書面を送り付けたいな、と思ってるだけです。

細かいことですが、宜しくお願い致します。

競売物件 既存賃借人(短期賃借権)の承継について

競売で落札した物件の賃借人が、前所有者と締結していた賃貸借契約の取り扱いについて質問です。
賃借人の権利は、法改正前からの短期賃借権であり、その事は承知してます。
そこで、この短期賃借権に基づく賃貸借契約は「当然に買受人(私)に承継」されるのでしょうか??
買受人と賃借人で何かしらのやり取りは必要なく、です。
当然に私に承継されて欲しいと思ってます。

もともと投資用に取得しまして、検討段階における物件明細書から見ると賃料条件や...続きを読む

Aベストアンサー

>>通常の普通借家契約なみに、「正当事由」を提示するのは難しいものでしょうか?
ごめんなさい。
旧法の賃借人は追い出したことが無かったので、そう簡単に追い出せないかと思いましたが、追い出せます。
平成16年4月以前の借り主でも6ヶ月後「正当事由」が無くても、引き渡し命令は出ます。

また、元家賃を支払わなければ普通賃貸借契約と違い、強制執行が簡単に出来ます。これは、新法の競売と同様です。
通常の賃貸借契約で追い出そうと思えば、家賃6ヶ月溜めて、訴訟して、判決貰ってやっと強制執行です。しかも、入居者は家賃滞るぐらいなので、強制執行費用、裁判費用は家主持ちです。しかし、競売の借り主(占有者)がお金を持っていれば、ほとんど占有者が支払うことに出来ます。

代金納付の日から6か月間の明渡猶予が認められる占有者については,その期間が経過した後でないと申立てはできません。ただし,明渡猶予を認められた者が,その猶予期間中の建物使用の対価金の支払いを怠り,買受人から相当の期間を定めて1か月分以上の支払いを催告されたのにもかかわらず,その支払いをしないときは,猶予期間前であっても引渡命令の申立てができます。明渡猶予期間が認められる占有者については,代金納付手続を完了した日から9か月を経過したときは,申立てができなくなりますのでご注意ください。

>>通常の普通借家契約なみに、「正当事由」を提示するのは難しいものでしょうか?
ごめんなさい。
旧法の賃借人は追い出したことが無かったので、そう簡単に追い出せないかと思いましたが、追い出せます。
平成16年4月以前の借り主でも6ヶ月後「正当事由」が無くても、引き渡し命令は出ます。

また、元家賃を支払わなければ普通賃貸借契約と違い、強制執行が簡単に出来ます。これは、新法の競売と同様です。
通常の賃貸借契約で追い出そうと思えば、家賃6ヶ月溜めて、訴訟して、判決貰ってやっと強制執行です。し...続きを読む

Q特急列車のグリーン車ですが3列と4列では快適性に大きな差がありますか?

485系など古い車両のグリーン車は4列シートが多いと思います。
JRになってからは3列シートが多いと思います。

やはり新幹線グリーン車が快適性は在来線より上ですか?
在来線特急で良いのは何でしょうか?

Aベストアンサー

結構な差があります
3列は681系・683系(はくたかやサンダーバード、しらさぎなど)のグリーン車
4列は他の多くのグリーン車に乗りましたが
4列でも普通車よりは少し足は伸ばせますが、幅が狭いのでゆったりはできません。
3列なら幅が広いのでゆったりできます。
大柄で幅が広ければ太っていなくても窮屈に感じますね。
私は身長が180cmほど(男ですが)、標準体型で特に太っても痩せてももいませんが、窮屈に感じますね。

在来線特急のよさは前面展望ができる列車が多いことと、速度も遅いので逆に乗車時間が増えて快適な時間が多くて得なことですね。
これらは列車や区間次第ですけど。

Q抵当権と賃借権の関係

お世話になります。

抵当権と賃借権の関係はどのようになっていますか?

どちらが優先や 抵当権持って居る者が その建物を取り壊すとき

どのようになるのか? 教えてください。

Aベストアンサー

短期賃借権制度が廃止となっている現在では、抵当権設定時期と賃借権設定時期と比べ、設定時期の早い方が優先します。
「抵当権持って居る者が その建物を取り壊す」は、抵当権持って居る者は一般的に所有者でないので取り壊すことはできないです。
「抵当権が設定されている建物所有者が取り壊す」ならば抵当権者の承諾がなければ取り壊すことはできないです。

Q教えてください!PCXとコマジェ両方乗られた方、乗り心地、快適性、エン

教えてください!PCXとコマジェ両方乗られた方、乗り心地、快適性、エンジン音など教えて戴きたいのですが・・・
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Youtubeで検索かければたくさんHITするので、PCXについてはあるていど把握できますよ。
自分はコマジェの初期車2000年型を飽きもせずノーマルのまま乗り続けていますが、対するPCXはタイヤが細く、見た目がスリムで軽そうなので発進加速はスムーズで燃費も良いだろうと勝手に予想しています。

驚きなのは、税込みのメーカー希望小売価格が29万9千250円であることです。
コンビブレーキ、アイドルストップ、フューエルインジェクションなどを備えながら、スペイシー125よりも安く抑えられている点には、HONDAの強い自信を感じます。

Q抵当権と賃借権

A所有の甲土地と、その上の乙建物がありました。
Yは、乙建物のうちの一部屋をAから賃借して、住んでいました。
その後、甲と乙に、Bのための抵当権が設定され、抵当権が実行され、Xが、甲と乙を競落しました。

ここで、XはYに対し、所有権に基づき乙の明け渡しを請求できるのでしょうか。
乙建物の賃借権については、借地借家法31条の対抗要件を備えているため、これに遅れる抵当権にも対抗できるのはわかるのですが・・・
しかし、Yは、甲土地についての賃借権は有していないので、Xが甲土地の所有権に基づき明け渡し請求をしたら、Xは出ていかざるをえないのではないでしょうか???

どなたかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

借地上建物の賃借人は、独立して借地を占有するものではないため、
【出ていく必要はない】が古い判例であり、特に異論もなく
現在でも実務上も維持されているものと思われます。

Yは建物所有者の代理占有者であり、建物所有者が明渡義務を負わないのと同様、
Yも負わない、という言い方も可能かと思います。

参考URL:http://tokagekyo.7777.net/brush_echo/rent-ans7.html

Qセルシオの快適性をカローラサイズで欲しいのですが!

セルシオの快適性をカローラサイズで欲しいのです。排気音が重厚で、いざとなると加速性能も良いように。
素人が考えるとカローラの前・底に500kgの鉛をいれて衝突時の安全性を高めたりしたものができるのではないかと思うのですが。、(もちろん環境保全の流れに逆らいますし、売れないから企業は造らないでしょうが)
セルシオの普通の価格では無理でしょうから、「1500万くらいで!」とTOYOTAのお店にお願いすることはできるでしょうか?

Aベストアンサー

 とりあえずお勧めするのはプレビスとプログレ、しかし、カローラクラスのサイズでセルシオの快適性というのは、いくらトヨタががんばっても、またどんなにコストをかけても、まず同等というレベルには無理でしょう。

 その理由のまず一つ目は車輪のトレッドとホイールベース。
 車体の直進安定性や、突起を通過する際のピッチング角度、コーナリング時のロール角度、これらは寸法が大きければ大きいほど角度が小さくてすみ、当然乗っている人には安定感があると感じられるものですから、これらの寸法が小さいカローラサイズではセルシオに対向するのはかなり困難、せいぜいサス周りのチューニングやボディ剛性などで近づけることぐらいでしょうか。

 それから車体の重量、とくにオーバーハング部分の寸法と重量。走行時の安定感や落ち着きはことにオーバーハング部分の寸法と重量に影響されることが大きいのですが、もうこれはニュートンの慣性の法則があるかぎり変えようが無い。

 つまりセルシオは大きいから快適なのであって、サイズダウンすれば必然的に快適さは失われてしまいます。

Q抵当権に賃借権は対抗不可という意味について

BはAに対して、自己所有の甲建物に、平成15年4月1日に、抵当権を設定し、Aは同日付でその旨の登記をした。

Bは平成15年12月1日に、甲建物をDに期間2年の約定で賃貸し、同日付で引き渡した。

さて、このとき、建物の賃貸借契約を締結し、賃借権の登記をしても、それ以前に、抵当権が設定・登記されているので、当該賃借権は、抵当権に対抗できない、とありました。


この「対抗できない」という意味とは、具体的に何を指しているのか? という質問です。

たとえば、抵当権が行使されたら、借りているDは建物から出て行かざるをえないということなのか、抵当権の行使によって、賃料債権に物上代位して、Bの収入ではなくなるということなのか、Bは抵当が付いていることは分かっているので、賃貸収入を得ていれば、悪意者の果実ということなって返還義務を負うことになるのか、よく分からないです。

どう解釈すればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

競売されると、Bの所有権がなくなる。

抵当権が先順位なので、抵当権を設定した時の状態で、実質賃借権がない状態で競売されることになる。
よつて、Dか建物から出て行かなければならない。
ただ民法で、6ヶ月の猶予が認められている。


人気Q&Aランキング