Se(セレン)とSb2S3(二硫化アンチモン)
の誘電率を知っている方。
教えていただけないでしょうか?

A 回答 (3件)

MiJun さんご紹介のサイトを見ますと,セレンの比誘電率は6と書いてありますね.


理化学辞典でセレンの項を見ますと,比誘電率が11.0と書いてあります.
はて?
セレンは同素体が多数あるようなので,そういうところの関係でしょうか?

どういう目的で誘電率をお知りになりたいのかわかりませんが,
研究などで必要なのでしたら,
なにかのデータベースなどから必要なら原報告までさかのぼるべきだと思います.
そもそも,研究などで必要なのでしたら,
「ここで質問して誰かが答えたからその値をそのまま使う」のは非常に危険で,
絶対にやるべきことではありません.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
遅くなって申し訳ありません・・・

お礼日時:2001/08/28 10:45

 


 「Cambridge Soft」の「ChemFinder」(↓1番目)で「Selenium」,「Antimony (III) sulfide」を検索してみました。

【Selenium】
 「ASI Instruments Inc.」の「DIELECTRIC CONSTANT REFERENCE GUIDE」というペ-ジ(↓2番目)があり,このペ-ジには SELENIUM 6.1-7.4,SELENIUM 11,SELENIUM (482°F) 5.4,SELEVIUM (249°F) 5.4 と4種類書かれています。おそらく測定条件などの違いがあるのだと思います。

 正確なところは, siegmund さんもお書きの様に,文献を調べる必要がある様に思います。「Chemical Abstract」などでお調べ下さい。ちなみに,「Selenium」の「Chemical Abstract No.」は 7782-49-2 です。

【Antimony (III) Sulfide】
 こちらは他の方と同様,誘電率は出てきませんでした。「Chemical Abstract」でお調べ下さい(No. は 1345-04-6 です)。

 

参考URL:http://chemfinder.cambridgesoft.com/, http://www.asiinstr.com/dc1.html
    • good
    • 0

Seに関しては以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


Seleniumu:6

さらに二硫化アンチモンに関しては、誘電率を探したのですが見つかりませんでした。
http://www.shef.ac.uk/chemistry/web-elements/web …
(antimony (III) sulphide)

文献検索をされた方が早いかもしれません。

ご参考まで。

参考URL:http://www.eee.deu.edu.tr/~bozkurt/dielectric/ar …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q求核性比較 セレン化物&硫化物

「セレン化物は、硫化物よりも求核性が高い」のはなぜですか?
自分のイメージでは、硫化物の方が分極しているし、硫黄の方が小さい原子だから、
求核攻撃しやすいのではないかと考えてしまいます。

Aベストアンサー

なぜかということを明快に説明することはできませんけど、電子が反応点に流れ込みやすいということでしょう。そもそも、反応というのは、原子自体というよりも、電子の移動によって進みますから、原子核との結びつきが弱い方が反応性は高くなります。分極の大きさもさほど関係ありません。
一般論として、同族の比較であれば周期表の下のものほど求核性は大きいです。

Q硫化鉄はなんでわざわざ硫化水素と塩化鉄になるんですか?

硫化鉄はなんでわざわざ硫化水素と塩化鉄になるんですか?
硫化鉄に塩酸を加える実験がありますが、どうして変化が起きるのか分かりやすく教えて下さい。

Aベストアンサー

弱酸の塩に、強酸を加えると、強酸の塩ができて、弱酸があまります。
そして、硫化水素が気体になるという覚え方が楽です。

また、化学反応は、
 ・熱が出る方向
 ・粒子がバラバラになる方向
に進みやすいのですが、この反応は、熱が出る反応ですね。

Q硫化鉄に塩酸を加えると、溶けて硫化水素が発生するのはなぜですか?

硫化鉄に塩酸を加えると、溶けて硫化水素が発生するのはなぜですか?

Aベストアンサー

化学IIで習う溶解平衡(溶解度積)を理解しないと説明は難しいかもしれません。

この溶解度積の大きさが溶解に関係しています。

FeSやZnS,MnS等は「弱酸の遊離」が起こる為、強酸により溶けますが、

CuS等の難溶塩は溶解度積が小さ過ぎる為、この反応が起こらないので希塩酸には溶けません。

Qゴム状硫黄が二硫化炭素に解けない理由は?

普通の単斜硫黄は溶けるのになぜでしょうか?

Aベストアンサー

ゴム状硫黄が溶媒不溶なまでに高分子量化しているためではないでしょうか(‐S‐S-構造)。一般に低分子が高分子量化すると分子運動が大きく制限されるほか、分子間で結晶化したりするのでいずれにしても溶媒との相互作用は急減します。

Q農家用(?)の硫黄(80%)は燃えますか?あの青い火になりますか?また硫化鉄や硫化銅などは出来ますか

農家用(?)の硫黄(80%)は燃えますか?あの青い火になりますか?また硫化鉄や硫化銅などは出来ますか?回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

1で回答したのも土壌改良用です。
いままで80%は見たことなかったので検索したらありました。
細井硫黄粉剤 80
http://cgi3.hosoi-chem.co.jp/wp2/wp-content/uploads/2015/05/1d5644f23c762806300b65bf841125eb.pdf

残りの20%が不明ですが、間違いなく燃えます。危険物第二類となっています。硫化鉄や硫化銅ができるかはわかりません。80%で正確に硫黄の量を換算しても残りの20%がなんだかわからないのでは。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報