グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

大学入試などで大学学部学科の合格可能予測に偏差値を
利用(使用)するようになったのはいつごろからなのでしょうか?

50歳代の人たちが高校生の頃はあまり聞かなかったようなのですが・・・

センター試験が行われだした頃からなのでしょうか?

どなたか教えてもらえませんか?

あなたの時代はどうでしたか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

参考URLのページに


駿台予備学校が昭和41年(1966年),
コンピュータの導入と時を同じくして
予備校としては初めて成績評価を偏差値に切り替えたとの記述があります。
したがって偏差値の利用自体はこれ以前に始まっていたことになります。

昭和30年代にどこかの高校の先生が
受験指導をより的確なものにするために
学力偏差値の利用を思いついたと聞きました。
予備校やテスト業者などの受験産業がこれを採用したことで
教育界全体に影響を及ぼすことになったわけです。

というわけで
昭和40年代以降に受験を経験した世代,
すなわち現在の50代より下の世代は偏差値の洗礼を受けているはずです。
偏差値至上主義の風潮にさらされたのはもう少し下の世代でしょうが。

参考URL:http://www.sundai.ac.jp/ayumi/chp31.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

駿台のサイトも参考になりました。

お礼日時:2004/11/11 02:45

70年代初期ですが高校受験の前に


統一模擬テストというものがあり、
偏差値が表示されていた記憶があります。

大学もその頃かもう少し以前ではないでしょうか?。
その当時の大学の受験は、センター試験でなく
共通一次、二次と言って国立の受験チャンスは
2回あったと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。

1970年代初期ということは、50代の人は大学入試の資料などで、ほとんど目にしていなかったのでしょうね

お礼日時:2004/11/11 02:49

センター試験よりずっと以前の話です。


1960-70年ごろだったのではないでしょうか。
ある人(忘れましたが)がテストの平均点では成績の位置がわからないから作成した数値だったと思います。

母数があるので母数次第でどうにでもなる数値ですから「数値」だけでは意味が無いもののはずなのですが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のおへんじ、ありがとうございます。

お礼日時:2004/11/11 02:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q昔の短大の偏差値は高かったの?

ごく普通の大学を卒業し一流企業とやらに運よく勤めさせていただいている者です。

勤務先には35歳前後~それ以上の女性社員の方々が大勢おられ皆さん優秀なのですが学歴が案外高くない(短大卒の方がちらほらいる)ことに理不尽さを禁じえませんでした。

彼女らが言うには「わたしらが出たころの都内短大は偏差値55~60が普通だったし四大受かっても蹴って短大にいく女の子が多かった」と。

偏差値56~ってきちんとした大学並みですよね?
そんなわけないと思うのですが・・。

なぜ彼女らはこんな見栄をはるのでしょうか。
偏差値が本当にそれくらいあれば大学いくでしょ・・。

Aベストアンサー

No.2の回答者です。
いただいたコメントについて。

>>>今年の青学・学習院・明治等の普通の大学(四大のほう)の偏差値を調べてみたら55前後ですね。
>>>昔の短大の55~60が本当なら現在の四大よりも優秀だった、ということになりますが・・。

はい。一部の短大は、そうだったと思います。

>>>ああ、やはり信じられない・・(すみません)けど、就職率や縁談(?)に有利という理由で短大であっても人気が集中した結果入学が難化したということですね。

そうだったと思います。

>>>おっしゃるとおり、今は偏差値40でも35でも入れる四大がごろごろあります。
>>>昔はよかったとはいえ、今は短大卒の肩書が足かせとなっていませんか?
>>>(どんなに優秀でも短大卒として扱われるという点で)
>>>若手には私のように昔を知らないで勘違いしている人も多いので。

前回も書きましたけど、18歳の時点で、ライフスタイルとして短大卒として扱われる道を選んだのです。

有名短大の秘書科を出て一流企業で一般職として勤めるのが、女学生達の憧れだったのです。
そして、男子社員をつかまえて結婚し、結婚退職するか、あるいは、1~2人目ぐらいの子供が生まればほとんどの女子社員は退職するとか、そういう図式でした。

現在は、女性が四大を出て男と同等に社会進出するのが当たり前ですよね。
家の留守を守り、学校から帰ってくる子供に「おかえりなさい」と言って迎える母親が減少しました。
保育園の先生が、自分の子供をほかの保育園に預けるというケースさえあります。(私の家の近所)
そしてまた、当然ながら、仕事を求める人の総人数が多くなります。
すると、どうなるでしょうか?
求人数が変わらずに、仕事をしたい人が増える。
それはつまり、失業率が高くなることを意味します。

短大が隆盛を誇っていた時代というのは、「良妻賢母」がいた時代だったのです。

そして、私大の乱立により、わが子を大学に押し込めたいという馬鹿親が増えました。
塾や家庭教師などの教育産業も大流行り。
その結果、どうなったか?
子供1人にかかるお金が異常といっていいほど増えました。
すると、夫婦の心理としては、産む子供の数を少なくし、かつ、ある程度貯蓄をしてからそれを学資とするため、年を取ってから子供を産むということになります。
つまり、少子化が進みます。

また、企業を退職していったん専業主婦になった人が学資のために働くとなると、パート社員として薄給でこき使われます。
これによって、さらに失業率が高まります。

以上のことからわかるとおり、私大の乱立は今の世の中を悪くしている元凶なのです。

これにて演説終わり。
失礼しました。

No.2の回答者です。
いただいたコメントについて。

>>>今年の青学・学習院・明治等の普通の大学(四大のほう)の偏差値を調べてみたら55前後ですね。
>>>昔の短大の55~60が本当なら現在の四大よりも優秀だった、ということになりますが・・。

はい。一部の短大は、そうだったと思います。

>>>ああ、やはり信じられない・・(すみません)けど、就職率や縁談(?)に有利という理由で短大であっても人気が集中した結果入学が難化したということですね。

そうだったと思います。

>>>お...続きを読む

Q甥の結婚式のご祝儀はいくらが相場か?

私は6人兄弟で、妻は3人兄弟。甥・姪がたくさんいます。そして我が家はこどもがおりません。
従って、甥・姪の結婚式のご祝儀にはこれまで比較的金銭に余裕があるときは5万、苦しい時は2万というペースでご祝儀を送っておりました。ところがある人から「甥・姪のご祝儀は10万が相場」と聞きました。自分にも子どもがいるならたとえ10万出してもお返しがあるから構いませんが、出すばっかりでお返しはないのですから10万も出したくない。ほんとに10万が相場なのでしょうか? 因みにわたしはごく普通の生活レベル、中の中です。

Aベストアンサー

私の両親は姪・甥の結婚祝いを一律10万と決めています。(母3人兄弟、父5人兄弟)←披露宴の有無に関係無く。

なので相場と聞かれるとやはり10万ではないでしょうか?でも、もし私が質問者の立場で子供がいない、今後も予定なしだとすると…やはり不公平感があるかも?割り切った考えで一律5万(半額)にすると思います。

2万は学生もしくは若い女性の仲良しレベルなので正直恥ずかしいです。

Q関関同立の今と昔の偏差値

関関同立、関西圏の4つの私立大学ですが、今と昔では、レベル的にはどうなんでしょう?
関学は昔は高かったけど、今は関大にも抜かれそうとか?
教えて下さい。

Aベストアンサー

けっこう変わってきてはいますが、そこまで言うほどではないと思います。

長く関関同立は、同志社>関西学院>>立命館>関西、と言われていました。しかし近年、立命館が大改革で急上昇してきました。それに対してちょっと焦ってるのが関大、同志社と関学も少子化の影響からかちょっと動揺して色々改革している、という感じだと思います。
-----------------------------------------------------------
京大・阪大・神大

同志社………まぁまぁの余裕感(立命館がちょっと気になる)

立命館………↑上昇志向↑(打倒同大)
関西学院……*少し下降気味*

関西…………引き離されたステータスを改革中

産 近 甲 龍
摂 神 追 桃
------------------------------------------------------------
「同志社大学」
関西私学の最高峰。他の関関立は時代ごとに順位の入れ替わりも見せているが、安定してずっとトップを維持している。知名度も最も高く全国区。
ただ昔の京大・阪大などと共に関西顔パス大学(大学名だけでたいていの企業に就職できること)の代表格だった時代に比べると、随分ひ弱になった。かつては別格感も薄れ、磐石のトップとは言えなくなってきた。
実際のところは京大などの関西上位国公立志望の併願者がダントツに多く、受験生内でも上位層になるほど人気が高いので、当分はトップだろうと思われる。
関西私大の雄という余裕か、立命館始め他の関西私大に比べて大学改革も控えめ。

「関西学院大学」
同志社に次いで2番手だったが、近年調子を落としている。一昔前は同志社に迫る勢いだったが、近年は躍進した立命館に肉薄され、偏差値上は抜かれてしまった。
とはいっても阪神地域を中心にまだまだ評価は高く、企業とのパイプも太い、関西一のブランド大学。世間・社会評価や学閥などは立命館よりも断然上。
ただ地元密着型から規模を拡大したことや少子化の影響からか、偏差値が低下、受験生も減少傾向にあるのが不安要素。

「立命館」
関関同立で最もレベルの上下が激しい大学。一頃は左翼で貧乏臭い地味なイメージで、就職は産近甲龍と呼ばれたほどで、関関同立最下位だった時代もある。近年は同志社・関学からやや離れて3番手が定位置だったが、最近の大学改革でイメチェンし、急上昇。偏差値では関大を引き離し、関学に迫る勢い。
しかし、「偏差値操作」「受験ビジネス」と批判されることも多々で、その躍進に懐疑的な人も多い。実際立命館ほど露骨に汚いことをしているところも少ないらしい。就職・資格などの実績はそこそこだが、学生人数が多いなどの要因もあって、数字ほど華々しい実績ではない。多分「上辺だけ」含有率が高い感じは確かにある。
それでも今関西の大学で一番勢いがあるのは間違いない。ちょっと勢いが衰えてきたが、これから次第。

「関西大学」
現状は関関同立最下位。昔から「庶民派」を謳っている大学で、あまり上昇志向はない大学だった。ところが僅差で同じような位置にいた立命館が急上昇、「関関同立のお荷物」などと言われるまでになり少し焦っている。
そのためかなり急進的に改革に乗り出し、あれこれしている。その成果もあって近年は受験者数が全国有数の数になった。
関西圏での知名度と存在感は同志社と並びかなり高く、地元の大阪ではかなり親しみを持たれている大学で、学生の愛校心は関西一と言われる。なのでなんだかんだ言っても産近甲龍レベルに抜かれるということはないと思われる。

以上、参考になれば幸いです。

けっこう変わってきてはいますが、そこまで言うほどではないと思います。

長く関関同立は、同志社>関西学院>>立命館>関西、と言われていました。しかし近年、立命館が大改革で急上昇してきました。それに対してちょっと焦ってるのが関大、同志社と関学も少子化の影響からかちょっと動揺して色々改革している、という感じだと思います。
-----------------------------------------------------------
京大・阪大・神大

同志社………まぁまぁの余裕感(立命館がちょっと気になる)

立命館………↑上昇志向↑(...続きを読む

Q1980年ごろに大学受験をされた方いますか?

これはネット上で見つけた1980年の偏差値表なんですが、慶應の偏差値の低さにびっくりです。
早慶というより、完全にマーチ関関同立の一角という印象を受けます。
当時の慶應はどのような扱いだったのでしょうか?


http://www.geocities.jp/gakurekidata/hensa1980.html

<1980年駿台予備学校偏差値 1980年代々木ゼミナール>
63.2 早稲田政経(政治)  68.8 早稲田政経(政治)
60.1 早稲田法       64.6 早稲田政経(経済)
59.8 早稲田政経(経済)  64.4 早稲田法
58.3 中央法(法律)    63.4 中央法(法律)
57.8 上智法
55.9 同志社法       63.4 上智法
55.7 中央法(政治)
55.6 早稲田商
55.5 学習院法       62.8 中央法(政治)
              62.8 同志社法
55.5 慶應経済       62.3 上智経済(経営)
54.6 慶応法(法律)    62.1 学習院法(法律)
               62.0 慶應経済
               61.4 明治法
54.1 明治法        60.5 関学法
54.1 立教法
53.7 青学法        60.5 慶應法(法律)
53.6 関学法        60.5 慶應商
52.7 慶應商        60.4 立教法
51.5 明治政経       60.1 青学法
              60.0 学習院法(政治)
51.0 法政法        59.4 慶応法(政治)
50.5 慶応法(政治)    57.0 法政法
50.4 南山法
50.0 成蹊経済

これはネット上で見つけた1980年の偏差値表なんですが、慶應の偏差値の低さにびっくりです。
早慶というより、完全にマーチ関関同立の一角という印象を受けます。
当時の慶應はどのような扱いだったのでしょうか?


http://www.geocities.jp/gakurekidata/hensa1980.html

<1980年駿台予備学校偏差値 1980年代々木ゼミナール>
63.2 早稲田政経(政治)  68.8 早稲田政経(政治)
60.1 早稲田法       64.6 早稲田政経(経済)
59.8 早稲田政経(経済)  64.4 早稲田法
58.3 中央...続きを読む

Aベストアンサー

1970年代に大学生やってたので、質問者さんの要請とはすこしずれるのですが、当時と今と若干感じは異なりますが、早慶はやはり私大の両雄という感じでしたよ。
あの頃と今の違いは
早稲田政経が私大トップ、東大文系の滑り止めはここが定石。
一般に 早稲田>慶応 だったが、これは早稲田が受験生も多くて人気!の面もある。慶応が偏差値的に低く感じられるのは、数学必修の学部が多くて、いわゆる私文洗顔者が敬遠していたのが大きいと思われます。反面、旧帝大の併願先、或いは国立理系の併願先にもなっていた。
経済は定評があるので、地方の旧帝や神戸、横国クラスだとどっちにしようか迷う感じでした。今は慶応選ぶ人が圧倒的でしょうからそういう意味では随分評価は上がったと思います。これは早慶ともに。
それと当時は偏差値がちょっと上下よりスクールカラー重視だったような気がします。いわゆる早稲田>明治>中央>法政のバンカラ系、慶応>上智>立教>青学>明学 のオシャレ系、ではっきり分かれていたと言うか。立教と明治を受けるなんて感じはなかったです。そういう意味でも早慶はそれぞれのラインのトップで、マーチとはやっぱり「名前では別格」でした。
実際は、早慶の下位学部よりマーチの上位学部を優先する人は結構いましたよ。そういう意味ではマーチの一角、云々は言えるかもしれません。今ほど大学名=ブランド 意識は強くなかったと言うことでしょう。

1970年代に大学生やってたので、質問者さんの要請とはすこしずれるのですが、当時と今と若干感じは異なりますが、早慶はやはり私大の両雄という感じでしたよ。
あの頃と今の違いは
早稲田政経が私大トップ、東大文系の滑り止めはここが定石。
一般に 早稲田>慶応 だったが、これは早稲田が受験生も多くて人気!の面もある。慶応が偏差値的に低く感じられるのは、数学必修の学部が多くて、いわゆる私文洗顔者が敬遠していたのが大きいと思われます。反面、旧帝大の併願先、或いは国立理系の併願先にもなって...続きを読む


人気Q&Aランキング