「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

エンコーダの出力パルスは3種類あり、A,B相には位相差がある。この理由は何か、またどのような仕組みによるかも含めて説明せよ。またz相があることによってどんな機能が実現されるか説明せよ

このような課題が出ました。自分でも調べながらやっているのですが、いいサイトが出なくて困っています。ヒントでも答えでもいいので、なにか教えていただけるとありがたいです

質問者からの補足コメント

  • tateisuさんリンクまでつけていただきありがとうございます!理解しそうでまだしてない感じがするので質問してもいいでしょうか?

    A,B相の位相差によって回転方向がわかるのはわかりました。そこで「90°差をつけて」と表現がありましたが、これは受光体を二つ用意してそれらを90°の差をつけて設置するという解釈で大丈夫でしょうか?

      補足日時:2018/10/21 16:19

A 回答 (3件)

A/B相はチョットずれたタイミングでON/OFFを繰り返します。


これの関係を使うとA/Bのどっちが先に入ったのか分かります。
回転なので、正転と逆転が分かります。
普通にAだけでカウントしたら?と思うかもしれませんが、実際にやってみると、その場でプルプルしているだけなのにA相がカウントされちゃいます。
これを防ぐためにA/B相の二つが必要になります。

Zは1回転に1度オンするだけです。
Zはプルプル対策は無いですから、1回転検出用途で参考に使います。
原点復帰など動作が決まっている場面ではよく使います。

https://www.google.co.jp/amp/s/imagingsolution.n …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!理解することができました!

お礼日時:2018/10/21 17:39

くるっと回る90度じゃ無いんですよ。


90度って紛らわしいですよね。
1/4ズラすって事です。

http://ednjapan.com/edn/spv/1204/19/news006_2.html
    • good
    • 0

そのエンコーダーが採用している基礎技術を調べて、


その原理を理解することが先決です。

なんのエンコーダーなのか、利用技術は何か、
情報が一切ない中、回答は無理な話です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qロータリーエンコーダ 信号(A,B,Z相)処理

こんにちは。

ロータリーエンコーダを用いて回転速度・距離の測定を試みています。出力信号(A,B,Z相)の計測・記録まではできたのですが、それらの信号が何を意味するものなのか理解ができていません。その信号から回転速度・距離をどのように算出すればよろしいのでしょうか?教えてください。なお、使用しているロータリーエンコーダは http://www.mutoheng.com/~deji/rotaryencoder/index.html#UN です。

Aベストアンサー

A相、B相を見てればほぼ事足ります。
Z相は一回転に一度だけ出る信号です。

まず、一回転で何パルス来るエンコーダなのかを調べます。
50、100、125、360、1000、2000といろいろ種類があるようですが、買ったエンコーダのパルス数がどこかに書いてると思います。
何パルス来たのか分かれば回転数と、初期位置から何パルス分の角度なのかが分かります。
例えば、1000パルスのエンコーダで200パルス目は360/1000×200=72度回転したと言う事がわかります。
ココでZ相を利用すると、電源投入時などに一回転させればz相を基準として、起動時の初期位置の角度を関係なく角度の検出も出来ます。

A相、B相の波形を良く見ると
A相0110011001
B相0011001100
の様になっています。
A相が0の時にB相が立ち上がれば正転、A相が1の時にB相が立ち上がれば逆転などと言う事も分かります。

回転速度の求め方は、一回転で1000パルスのエンコーダなら、例えば0.5秒間に20000パルス来たとします。
すると20000/1000*0.5=20回転/秒と言う事がわかります。

距離は回転数と角度が分かり、タイヤ?の円周が分かれば簡単に求められますよね?

A相、B相を見てればほぼ事足ります。
Z相は一回転に一度だけ出る信号です。

まず、一回転で何パルス来るエンコーダなのかを調べます。
50、100、125、360、1000、2000といろいろ種類があるようですが、買ったエンコーダのパルス数がどこかに書いてると思います。
何パルス来たのか分かれば回転数と、初期位置から何パルス分の角度なのかが分かります。
例えば、1000パルスのエンコーダで200パルス目は360/1000×200=72度回転したと言う事がわかります。
ココでZ相を利用すると、電源投入時などに...続きを読む

Q(1)1+2+3+…8=36 a+b+c+d=e+f+g+hと同じ数にならなければならない 1+8=

(1)1+2+3+…8=36
a+b+c+d=e+f+g+hと同じ数にならなければならない
1+8=9
2+7=9
3+6=9
4+5=9

となるのでa+b+c+d=1+8+2+7=18…①
e+f+g+h=3+6+4+5=18…②
①+②そして①=②がなりたつので 答えは18

(2)が20分くらい考えましたが分かりませんでした…。
(1)の理論ですが、少しガバガバかもしれません。もし、もっと核心をついた回答ができるよ〜という方がいらっしゃれば回答欄に書いてくれると嬉しいです。

Aベストアンサー

(1)
平面の場合(=魔法陣)の解法の応用ですね。
3×3(1~9など)の場合は1列の和は合計は15(={1~9の合計}/3)になります。
設問のように立体に拡張して、1面の合計をKとすると、
6面の合計は6K
そして6面を合計する段階で各頂点は3回ずつ足しているので、(a+b+c+d+e+f+g+h)×3となります。1~8の数字が1個ずつ配置されているので、
a+b+c+d+e+f+g+h=1+2+3+4+5+6+7+8=36
よって
6K=36×3
K=18
となりますね。

(3)
合計が9になる組み合わせ(1,8)(2.7)(3,6)(4,5)に注目しましょう。
これらが立方体の4本柱(=縦方向の4本)に配置されていなければなりません。
そして、a=1とすると上面には(1,4,7,6)が来なければ合計が18になりませんね。
またこれらの4本柱の合計は同じですので、それぞれを入れ替えても各面の合計は変化しないので交換可能です。
ですから、gに配置できる値は上面でaの対角に来る数字の組になっている数字になるのです。

Q数学√X=i√−X は可能ですか?

数学です。
√X=i√−X(iは虚数単位)
の変形は合っているか教えてください。
ラージXは変数です

Aベストアンサー

ダメです。
両辺それぞれの√の枝の採り方によって
成立する場合と成立しない場合がありますから、
常に成立するとは言えません。

その式の√は、X と -X が代入されていることから
複素√だと考えられます。
複素√は多価関数であって、定義域を制限して
初期値を与えないと、通常の一価の関数になりません。
実√と違って、値の正負のような
大域的に値を区別する方法が無いからです。
連続性や正則性によって局所で区別して
枝の区別をつなげていくと、道筋が原点を一周したところで
反対側の枝に移行してしまうので、やっかいです。

z = X の近傍での √z の一方の枝を f(z)、
z = -X の近傍での √z の一方の枝を g(z) と置けば
√X = ±f(X), √-X = ±g(-X) なので、
等号が成立するような枝選択が存在するという意味では成立するし、
常に等号が成り立つという意味では成立しません。

Q矩形波のスペクトラムについて

立ち上がり/立ち下がり時間100psの矩形波をバンドパスフィルタ(帯域が1.5GHzから3GHz)に通したあとの出力波形をSimlinkを利用してシミュレーションしました。
入力矩形波の繰り返し周波数は(500MHz,500kHz,500Hz)で、それぞれデューティ比50%です。(立ち上がり時間/立ち下がり時間は100psで一定です。)

添付図の通り、出力波形は入力矩形波の繰り返し周波数によらず同じような振幅の波形が出力されました。

なぜ、入力矩形波の繰り返し周波数によらず同じよう振幅の波形が出力されたのでしょうか?

入力矩形波のスペクトラムを考えると、500MHzの矩形波の場合、500MHz(基本波周波数),1.5GHz(第3次高調波),2.5GHz(第5次高調波),3.5GHz(第7次高調波).....とスペクトラムがたつと思います。
バンドパスフィルタの帯域が1.5GHzから3GHzであれば通過するスペクトラムは第3次と第5次高調波だと思います。すなわち出力波形は第3次高調波と第5次高調波の足し合わせたような波形になると思います。

同様に500kHzの矩形波の場合は、通過する高調波成分は第3001次高調波から第5999次高調波なので、通過後の波形はその足し合わせになると思います。

第3次と第5次高調波あたりでは振幅はまだ大きいと思いますが、第3001次高調波あたりになってくるとほぼ0になると思います。
500kHzの入力矩形波の場合、上記バンドパスフィルタを通すと第1次から第2999次高調波を捨てることになるのでかなり大部分のエネルギーを捨てていると思います。
それなのに同じような出力波形になることに違和感を覚えます。

なにか私の考えに誤りはありますでしょうか?

有効帯域が繰り返し周波数によらず、0.35/(立ち上がり時間)で決まるといった話もありますが、そういった話も関係してくるのでしょうか?

宜しくお願い致します。

立ち上がり/立ち下がり時間100psの矩形波をバンドパスフィルタ(帯域が1.5GHzから3GHz)に通したあとの出力波形をSimlinkを利用してシミュレーションしました。
入力矩形波の繰り返し周波数は(500MHz,500kHz,500Hz)で、それぞれデューティ比50%です。(立ち上がり時間/立ち下がり時間は100psで一定です。)

添付図の通り、出力波形は入力矩形波の繰り返し周波数によらず同じような振幅の波形が出力されました。

なぜ、入力矩形波の繰り返し周波数によらず同じよう振幅の波形が出力されたのでしょうか?

入...続きを読む

Aベストアンサー

周波数領域からこの問題を攻めたことはないのですが、
フーリエ級数の場合、各級数は離散的な周波数を表す訳ですが、

周波数間隔が半分になるように級数の間を滑らかに繋ぐように埋めて
級数の個数を倍にすると、逆フーリエ変換で得られる波形の周期は
倍になりますが、周期に比べ十分時間が小さい部分の波形は
時間も含め変わらないそうです。

またステップのスペクトラムと方形波のスペクトルは
方形波が離散的という点を除いて同じなので、
時間の短い領域(t<方形波の半周期)ではステップも
方形波も同じということになりそう。

取り合えず、合わかってるのはここまで。

Q電磁波と音波

ke!sanというサイトに「周波数と波長の変換」のページがあります。

https://keisan.casio.jp/exec/system/1240368538

全くの無知なので質問がおかしいかもしれませんが、
高圧線付近で発せられる電磁波を、音波で中和(打消し?)する事は出来ますか?

こちらの「お客様の声」で、
「携帯中継局周辺の健康障害対策に使用~波長以下の金網による電磁波遮蔽効果を実感できました」とありますが、金属を使えば可能なのでしょうか?

一番知りたいのは、高圧線付近の電磁波を打ち消す方法又は中和する方法があるかどうかです。
また、あるとすれば具体的な方法を教えて下さい。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>>高圧線付近で発せられる電磁波を、音波で中和(打消し?)する事は出来ますか?

できません。

>>「携帯中継局周辺の健康障害対策に使用~波長以下の金網による電磁波遮蔽効果を実感できました」とありますが、金属を使えば可能なのでしょうか?

これは可能でしょう。測定器でも電磁波が弱くなるのを計測できると思います。

>>高圧線付近の電磁波を打ち消す方法又は中和する方法があるかどうかです。
また、あるとすれば具体的な方法を教えて下さい。

ノイズキャンセル・ヘッドフォンのような原理で、高圧線の発生する電磁波の逆サイクルで電磁波を発生させれば、理論的には、打ち消す・中和することも可能でしょうね。
たとえば、自分の座っている周囲のみなら可能かもしれませんが、広い範囲で中和させるのは、とても難しいとおもいます。

また、電磁波がたとえ中和されたとしても、人体に与える影響がゼロになるという保障はありません。
幽霊が出現するとき、電子機器がしばしば故障するっていうように、なにか電磁波と見えない世界とは関係性があるみたいですし、科学的には未開の世界ですね。

ところで、電波暗室ってのがあります。その部屋にいれば、電磁波は入ってきませんし、逆に内部で発生した電磁波が外に出ていきません。
金網による電磁波遮断のやり方の徹底的に行ったような部屋です。

>>高圧線付近で発せられる電磁波を、音波で中和(打消し?)する事は出来ますか?

できません。

>>「携帯中継局周辺の健康障害対策に使用~波長以下の金網による電磁波遮蔽効果を実感できました」とありますが、金属を使えば可能なのでしょうか?

これは可能でしょう。測定器でも電磁波が弱くなるのを計測できると思います。

>>高圧線付近の電磁波を打ち消す方法又は中和する方法があるかどうかです。
また、あるとすれば具体的な方法を教えて下さい。

ノイズキャンセル・ヘッドフォンのような原理で、...続きを読む

Q座ったり立って静止している人間には重力加速度は0なのでしょうか? だとしたら重力=重力加速度×質量よ

座ったり立って静止している人間には重力加速度は0なのでしょうか?
だとしたら重力=重力加速度×質量より重力が0になってしまうと思うのですが。
重力加速度は9.8m/s^2でどの物体にも働くため静止した人間にも働くと思い、
静止している人間に重力加速度が働いて、質量が60kgだとしたら588kg×m/s^2の重力がかかるというわけのわからないものになってしまいます。
どうか何が間違っているか教えてください。
また、重力と重力加速度の違いは何ですか?重力加速度により重力が生まれるのでしょうか?
わかりやすく教えてください。

Aベストアンサー

#14 ・・・ん?
なんでわざわざ実用単位Kgに直す必要があるの?本末転倒じゃね?
ちなみに 力の単位はkgではなくてkgw,kgfが正確な単位
kgは質量の単位
kg・m/s^2も、ふつうは使わないけれどもね
高校入ってから俺も[N]しか使ったことないよ!

作用反作用は#15さんの言うとおり。
物が地球に及ぼす力(物体や人間が地球を引っ張る力)すなわち万有引力が反作用と表現するとなお正確な表現になるね。
つまり、物体や人間は地球から重力(万有引力)により引っ張られているけれども(作用)、同時に物体や人間は同じ大きさの力で地球を引っ張り返している(反作用)ということだね。
まあ、質問の本線からははずれるかもしれないけれど・・・

Q色々な回路の問題について

直列回路や並列回路では、V1+V2=VやV1=V2=V、I=I1+I2=I‘などの公式がありますが、これは起電力が一つの場合のみ成り立つ話なのでしょうか。
以下の問題を解くときに混乱してしまいました。キルヒホッフの法則を使う場合と中学で習った上記公式で解ける場合の区別を教えて頂けないでしょうか。
「起電力1.5V、内部抵抗0.50Ωの電池がある。この電池2個を同じ向きで並列にして、1.0Ωの抵抗をつなぐ。この抵抗に流れる電流の大きさを求めよ。」

Aベストアンサー

以下の問題を解くときに混乱してしまいました。キルヒホッフの法則を使う場合と中学で習った上記公式で解ける場合の区別を教えて頂けないでしょうか。
「起電力1.5V、内部抵抗0.50Ωの電池がある。この電池2個を同じ向きで並列にして、1.0Ωの抵抗をつなぐ。この抵抗に流れる電流の大きさを求めよ。」
>中学で習ったのは起電力1つに抵抗が直列または並列につながった回路・・・①についてです。
この知識(起電力1つのときの回路の定理)も実はオームの法則+キルヒホッフの法則から導き出されたものなのです。
したがって中学で習った知識は、回路が①の形なら適用できますが、これと異なる条件(例えば起電力が2この場合など)には適用できないのは当然ですよね。
ただし、起電力2個の場合でもそれが直列なら、ひとまとめにして1つの起電力とみなせますから、
起電力をまとめて1つにした回路に書きなおした後であれば、中学で習った知識に当てはめることが出来るのです。
(例 3Ωの抵抗2個が並列、3Vの起電力こが直列→このとき、起電力は1つにまとめることが出来て、回路は
6Vの起電力1個に3Ωの抵抗2個が並列につながれた回路と同じとみなせる(回路を書きかえることが出来る)
だから、後者の6V起電力の回路にしてからならば、中学で習った知識を適用できる)

その他の場合でも、①型回路に書きかえたのちに、中学の知識を適用するという順序で考えれば、あなたの混乱も解消するのでは

しかし、電池を起電力1.5Vと抵抗0.50Ωの2個に分けて考えると
この回路は起電力2個、抵抗3個です
そして、起電力1個と抵抗1こが直列で、そのセットが並列になっていますよね。
このような回路を中学で扱いましたか?
習っていませんよね。①型回路と条件が違うから中学の知識を適用する事は出来ないのです。
そして、この回路では起電力を1つにまとめることが出来ないので、キルヒホッフの法則を使うのが適しているのです
(ちなみに、「重ね合わせの理」などこの回路を解くのに有効なものは複数ありますが、追い追い勉強していってください)

以下の問題を解くときに混乱してしまいました。キルヒホッフの法則を使う場合と中学で習った上記公式で解ける場合の区別を教えて頂けないでしょうか。
「起電力1.5V、内部抵抗0.50Ωの電池がある。この電池2個を同じ向きで並列にして、1.0Ωの抵抗をつなぐ。この抵抗に流れる電流の大きさを求めよ。」
>中学で習ったのは起電力1つに抵抗が直列または並列につながった回路・・・①についてです。
この知識(起電力1つのときの回路の定理)も実はオームの法則+キルヒホッフの法則から導き出されたものなのです。
した...続きを読む

Qラインドライバ出力とは?

ラインドライバの意味と使い道を教えてください。

ラインドライバ出力で検索すると。
「オープンコレクタ出力をラインドライバ出力へ変換します」 なんてページが出てきます。

RS232やRS422なども絡んでいるみたいなのですが、そこラ変も含めて教えてください。

変換できるツールなんかもありましたら、教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

制御でオープンCとラインドライバーといえばサーボモーターの制御パルスですね。

サーボモーターを動かすパルスにオープンCを使うと10KHz程度が限界です。
グランドを0Vとしているのでノイズに弱く、トランジスタの限界があるので信号がなまりやすい。
ケーブル長も2mが限界です。
10KHZを超えるとパルスが鈍って行きドライバーアンプがパルスを受け付けなくなります。

ラインドライバーの場合アンプの最高周波数(最近では1MHz)が可能になります。

同じくPLC入力側のエンコーダーパルスにも同じことが言えます。

でも最近のPLCがパルス出力をIOで出せるようになってきているので、10Khz程度までならPLC<->サーボアンプをオープンCで直結して安く上げるのが流行?です。

ラインドライバーをオープンCに変換するものならエムシステム技研の
RPPDパルスアイソレータ

品番 RPPD-JJ1AA1NK
入力 RS422ラインドライバ
出力 オープンコレクタ
電源がAC100Vです。
http://www.m-system.co.jp


ちなみに松下PLCの位置決めユニット(サーボ・パルスモータ用)の一覧
出力が「トランジスタ」がオープンCです。
http://www.naisweb.com/j/pcfaj/pro_jpn/pro_jpn_fp2/idauyat.html


RS422とRS485について
http://home.c06.itscom.net/miya/series3/denso032a.html

上記URLより
テキサス
ドライバIC SN75158 SN75172
レシーバIC SN75175 SN75173

参考URL:http://www.m-system.co.jp

制御でオープンCとラインドライバーといえばサーボモーターの制御パルスですね。

サーボモーターを動かすパルスにオープンCを使うと10KHz程度が限界です。
グランドを0Vとしているのでノイズに弱く、トランジスタの限界があるので信号がなまりやすい。
ケーブル長も2mが限界です。
10KHZを超えるとパルスが鈍って行きドライバーアンプがパルスを受け付けなくなります。

ラインドライバーの場合アンプの最高周波数(最近では1MHz)が可能になります。

同じくPLC入力側のエンコ...続きを読む

Qこちらの画像からdθ=d(tan(θ))≒tan(dθ)が導けるそうなのですが、どうやってd(tan

こちらの画像からdθ=d(tan(θ))≒tan(dθ)が導けるそうなのですが、どうやってd(tan(θ))を導いたのでしょうか?

Aベストアンサー

図では、平行線が角dθで交わっていますので、
図で表された仮定が間違っています。
間違った仮定からはどんな命題でも導けます。
たとえば、
平行線が角dθで交わる(図) → dθ=d(tan(θ))≒tan(dθ)
である。
とすれば、正しい命題になるので、
図から
dθ=d(tan(θ))≒tan(dθ)
が導けたことになります。

Qlogの真数条件の問題についてです こうゆう問題は範囲は画像の赤線のように繋げてはいけないんですか?

logの真数条件の問題についてです

こうゆう問題は範囲は画像の赤線のように繋げてはいけないんですか?画像の黄色の〜〜線のように1つひとつ範囲を出してから進めなければいけないですか?

Aベストアンサー

>赤はいらなくて黄色の◯のみの範囲だけでいいですか?

そうですよ。
-2<x<4 ならば、(x+2)(x-4)<0 となりますから。
但し、画像の 黄色の丸の x>-2 は 違いますよ。
① (x+2)(x-4)>0 より (x+2)>0 且つ (x-4)>0 → 4<x 。
② (x+2)(x-4)>0 より (x+2)<0 且つ (x-4)<0 → x<-2 。
つまり、① の範囲にあるのが x=5 、② の範囲にあるのが x=-3 と云う事です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング