親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

うつ病で思考力と判断力が働かない。通院の他に出来ることありますか?




食べ物とか、サプリとかこれしたらいいよってありますか?

A 回答 (8件)

仕事やすめないと言って、鬱が酷くなって、家族とも離婚、親も大変、ってなってもいいのですか?

    • good
    • 1

これまで幾度もうつ病のお方に投稿していますが理解されません。


前向きに模索されているようですので、まとめたものを投稿します。

--------------------------

うつ病のメカニズムや発病の原因などについて、

①うつ病は誰しもがかかり得る病といわれ、患者が増え続けているのが大きな社会問題にもなっています。
「心のやまい」と言われますが、脳が無ければ心はありません。精神疾患は脳の細胞に生じた病気です。
治せないことから心療内科も増加し成り立っています。(治る病気であれば病院が成り立ちません)

②明らかとなっていることは、
{脳の神経細胞が出しているセロトニンやノルアドレナリンという伝達物質が、次の脳神経細胞の受容体で充分に受け取ることが出来ないため、瞬時に電気信号が伝わらず正常な思考ができなくなる病気}ということです。
  (伝達物質を受け取る脳神経細胞の受容体の傷害です)

③一般的な治療は、セロトニンやノルアドレナリン再取り込み阻害剤(SSRIやSNRI)と呼ばれる抗うつ薬が主流です。これらは、伝達物質が受け取れずに元に戻ってしまうのを阻害し、遊離させておいて少しづつ受け取らせようとする薬です。
症状の改善が目的の対症療法薬ですので、病気自体を治す薬ではありません。
 「抗うつ薬で治る・・」と考えることは間違いです。

④良く解るアニメーションがございます。あとでご覧ください。
 ・SSRIのパキシルの作用説明(アニメーション)
           http://hata-clinic.jp/anime/sayou.html
 ・そのホームページ http://hata-clinic.jp/

----------< 原因と 治せる可能性 >---------

⑤受容体が傷害される原因を調べてみますと、
●うつ病や統合失調症(旧精神分裂病)は、神経細胞に潜むヘルペスウイルスによって起きると言ういくつかの研究があります。以下はその1つです。
http://www.japanprize.jp/seminar_resume_191_kond …
脳神経細胞に潜むヘルペスウイルス6型がうつ病と関係することが記されています。
ウイルスが傷害し脳神経細胞の受容体の発現量を少なくしているということです。
従って、この種のウイルスが感染し、ストレスや不眠などで免疫(白血球の働き)が低下する時、ウイルスを排除できずに発症する・・ということになります。
近年患者が激増していることもウイルス感染とすれば何ら不思議ではありません。

⑥そうであるなら、ウイルスの存在を白血球が見つけ出し排除されれば治ることになります。
従って、何事からも逃れゆっくり休養を取ることで白血球の働き(免疫)の活性化が起きれば、初期の頃ならウイルスが排除され、自然治癒することもありえます。しかしその確率は高くありません。

⑦治癒の確率を高めるには、より強く白血球の活性を起こす方法を取ることです。
国内には古くから丸山ワクチンとハスミワクチンという癌を対象にした免疫療法があり、膠原病などの免疫疾患にも使われ効果を見ています。うつ病にはハスミワクチンが特に効果があると私は考えます。
ハスミワクチンは、ウイルス発癌の理論から、癌の種類ごとに★ウイルスと癌細胞膜抗原を抽出し、これを材料とする癌ワクチンとして開発されたものです。
30種余りの一般ワクチン(既成ワクチン)があり、癌に限らず様々なウイルスが関係する病気にも適合するワクチンでその効果を見ます。
希望すれば精神疾患にもK.Mというワクチンが処方されます。K.Mワクチンは胃癌用のワクチンですが、ヘルペスウイルス4型であるEBウイルスが材料に含まれているため効果をあると考えます。

------------------

私はこの7月の頭よりひどい症状の年配女性(元看護師)にかかわりました。
自分をコントロールできず、受け入れてくれる精神病院を探して入院されましたが、ご主人の理解を得てハスミワクチンのK.Mワクチンを試し治癒されました。
ご本人からも長々と感謝の電話があり、正常な思考がなされていると感じました。
添付しました画像は、ハスミワクチンの開発者(故蓮見喜一郎)が昭和58年に講演した内容が掲載されたものです。
「うつ病で思考力と判断力が働かない。通院の」の回答画像7
    • good
    • 0

「食べ物とか、サプリとか」と調べる患者さんは多いものですが、結果的に偏食になってしまい、


かえって症状を悪化させることがわかってきています。

ですから、理想的な生活リズムを取り入れることこそ、回復につながる手段だと考えます。

例えば、朝は必ず7時に起きて朝日を30分程度浴びる(体内時計の修正で、睡眠が改善することも
期待できます)夜は11時までには眠るようにする。

1日3食、バランスの良い食事を摂る。決して過食したり、おやつの時間を設けない。

できる日だけで構わない(理想は毎日1時間)から、運動療法(散歩で構わない)を取り入れ、家
の中だけで過ごす日を減らす努力をする。

スマホを使用している場合、目の疲れにもなりますし、睡眠悪化の元凶にもなることから、使用時間
を決め、睡眠の2時間前までには使用することを止める。

自分だけ苦しいとは考えない。必要に応じてデイケアなどを利用し、孤独感を無くすように努力する。

以上、簡単にまとめましたが、どれも簡単にできるものばかりです。

一つでも構いませんから実践していただき、実践できた自分をほめてください。

自分をほめることを忘れずにいれば、自信を持つことができ、生きがいのある生活を取り戻すことが
できます。
    • good
    • 2

色々あるでしょうけど、とりあえず。


《自律訓練法》
これはストレス解消法のひとつとして有効性が認められているもの。
うつの最大要因はストレス。
Well Link という会社の非常に丁寧な解説サイトがあります。
マインドフルネスという方法も併せ、ぜひご参照ください。
以下では要点を簡単に引用しておきます。
まず、深呼吸をして気持ちを落ち着けリラックスした状態を作る(背景)。椅子に腰かけた状態でも横になっても構いません。
最初は「右手」(利き手)に意識を向けて、右手の重さをただ感じるようにしましょう。同時に、心のなかで「右手が重たい」と唱えます。これを右手→左手→右足→左足の順で行う。

・第1公式(四肢の重感):手足が重たい(と唱える)
手や足には重さがあるため、からだの余分な力が抜けていて、からだの微妙な感覚を意識できるようになると自然と重さを感じるようになる。(感じても感じなくても第二公式へ進む)

・第2公式(四肢の温感):手足が温かい(と唱える)
リラックスするほど手足の温度は上がっていく。また手足には温度があるため、十分にリラックスできると「温かさ」を自然に感じるようになる。(第一と第二ができるまでは第三には進まない)

・第3公式(心臓調整) :心臓が静かに打っている(と唱える)
リラックス状態では、心臓は静かに打っている。それをただそのままに感じることで、さらに深くリラックスしていく。

・第4公式(呼吸調整) :楽に呼吸している(と唱える)
リラックス状態では、楽に深い呼吸をしている。それをただそのままに感じることで、さらに深くリラックスしていく。

・第5公式(腹部温感) :お腹が温かい(と唱える)
リラックス状態では、腹部が温まってくる。それをただそのままに感じることで、さらに深くリラックスしていく。

・第6公式(額涼感) :額が心地よく涼しい(と唱える)
深くリラックスしていくと、手足や腹部が温まると同時に、額はさわやかな高原で涼しい風を受けているような感覚になっていく。こうした状態をそのままに感じることで、さらに深くリラックスしていく。


一公式につき3分~5分程度が目安。
できなくても終わりましょう。
慣れてくると、すべての公式を同時に体感するようになります。
朝と昼、夜の1日3回ずつ続けていくのが理想ですが、あまり神経質になり過ぎないようにしましょう。
気楽に、自然に、ちょっとした合間にやってみてください。

終わったら最後に消去動作を行って、気分をスッキリさせます。
[ 消去動作 ]
・両手を強く握ったり、開いたりする
・両手を組んで大きく伸びをする
・首や肩をよく回す
・その他、からだをほぐして自己催眠状態からさめる。
https://welllink.co.jp/health_info/autonomy/auto …
    • good
    • 0

海外旅行にでも行きなさい

    • good
    • 0

色んなことがどうでもよくなっていると、食べ物もなんでもいいやって思ってしまうけど、栄養があって気分があがるものを食べるの大事です。


私が鬱になった原因の半分は食事をおろそかにしたせいだったので…

旬のものとかを食べて、美味しいなと思うことがすごく大事だと思います。
    • good
    • 1

入院も良いです。


私は3ヶ月入院しました。
へたなメンタルクリニックいくより、ちゃんとした精神科で入院するほうがよいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

休めないんです仕事が。

お礼日時:2018/12/16 00:20

筋トレです。


NHK 『筋肉体操』を参考に。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鬱病、躁鬱病など治療中の方に質問です。

勇気をだして質問させて頂きます。
私は躁鬱病を発症して約8年間くらいまともに仕事が出来ず
ずっと家にいて治療しています。
定期的に良くなったり悪くなったりの繰り返しで
安定せず疲れてしまいました。
元気な時は外出もできるので、仕事もできるかも?と思いパートしても、職場の男性の怒鳴り声や厳しい指導(女性ですが男子トイレに呼び出され10分間ほど叱られる)などがあり過去のトラウマも相まって働くのにものすごい恐怖心があります。
でも家にいると映画や読書はできるし家事もできるようになってきたのに仕事ができないなんて甘えてる、という考えに陥り焦燥感があります。
カウンセリングもしていて元気になってきたと自分では思いますが働くのがものすごく怖い。
休職中の方、治療中の方、経験談を是非お聞かせください。
また、朝起きて家にいる間どうお過ごしになっているかも教えていただけると参考になります。

Aベストアンサー

労働意欲が出ない限りは一切それをしようとは思わないよ。
なぜなら俺の場合、労働意欲が出てしかも持続することイコール心の完全な回復、だから。

甘えと思おうと思うまいと、
病気が完全に癒えないうちに無理をすれば、またこじらせるだけ。
何しろ仕事の悪夢を見なくなるだけで10年かかったのだ。

家事でも読書でもいろいろやっているうちに不思議と一日が過ぎてしまう。
退屈や自己嫌悪を感じる暇がない。

Q妻が、うつ病なのか心配です

1ヶ月に1度ぐらいの割合で、何でも無いことや、ちょっと私の言い方がきつかったりすると、急に笑顔が無くなり部屋に引きこもってしまいます。
時には、原因もわからないときがあるので、どうした?何かあった?ときくと、「別に 」といって、自分の部屋のフトンでないています。
こういうときはどうしたらよいのでしょうか。構わないほうが良いのでしょうか

Aベストアンサー

よく話し合う場を作らないと。

奥様の「別に」という言葉は重いですよ。その後に泣いているのですから。

ですから、現在の生活に不満があるのか、それとも病気なのか、じっくり話し合う必要があります。

もし、あなたへの不満ではなくて、原因不明の気分の落ち込みだったら、まずはご一緒に病院へ行き、内科を
受診させてください。気分の落ち込む身体疾患もありますから。

そこで、内科医から「異常が無い」と言われ、それでも気分の落ち込みが続いているようであれば、「精神科
への紹介状を書いてください」と医師に告げましょう。今は予約待ちでいっぱいで、紹介状が無いと2ヶ月待
ちも当たり前のような状態です。

精神科を受診するにあたって、事前に行った話し合いの内容に応じて、奥様一人で受診させるのか、それとも
一緒に受診すべきかは決めてください。なかなか外に不満を出さない患者さんは、一人で受診させたほうが医
師に本音を打ち明けることもできるので、そこの配慮は十分なさってください。

Qうつ病治らないので死にたいです。医学で治らない無いお祓いしてもらうというのはどうでしょうか?

うつ病治らないので死にたいです。医学で治らない無いお祓いしてもらうというのはどうでしょうか?

Aベストアンサー

あまり意味がないと思います。現代の医学では、うつ病は治癒しないのです。でも、治ったと同じ状態にすることはできるので、死にたいという気持ちは辛抱強く抑えて、良好な状態になるまで待ちましょう。

Q医師は責任を問われないのでしょうか?

下記動画ではパキシルを飲んでコンビニ強盗をした女性と、同じくSSRIを飲んで妻の頭をバールで殴り全治20日間の大けがを負わせた男性の談話を視聴することができます。
「自分が自分でない感じ」「自分自身をコントロールできない感じ」「意味も無くこみ上げてくる、通常とは異なるタイプの怒り」に襲われた、と同じような内容を話しているのが興味深いですね。

一歩間違えば殺人事件に発展していたかもしれないことは容易に想像がつきますが、それはさておき、この動画に登場しているお二人の場合、明らかに医師の不適切な治療や誤診によって発生した事件です。
精神科や心療内科、メンタルクリニックで処方される薬の服用が原因で殺人事件や傷害事件などが起きた場合、精神科医は責任を問われないのでしょうか?

https://www.youtube.com/watch?v=WKRl6v760Vg&t=244s

Aベストアンサー

薬の添付文書には、併用禁忌(同時に服用してはいけない薬)、投薬に際する注意事項のほか、副作用がどの頻度で出ているかの情報など、処方の際に”これだけは”知っておく情報が記載されています。

医師が病気に対して薬を処方する以上、これらの情報と患者の状態。処方後の状況を把握して、増減、若しくは投薬中止を考えるべきで、単にうつ病だからという病名だけで処方することは、危険となります。

個人差も大きい上に、1つの精神疾患だけを有するのかいくつもの病気を抱えているのか、他の既往症なども考えると、医師は表面的な情報だけではなく、生活状態も把握しないと、Bさんのような誤診(後述)が発生し、適切な薬を処方されないという事案が生じます。

Aさんの方は、薬の添付文書に沿った投薬がなされておらず、医師の責任を問うことはできるでしょう。
(ただし、刑事では微妙(該当は、刑法ではなく医師法かも)。民事なら、確実(鑑定結果にそう書いてあるから)でしょうね。

なお、Bさんのところで”誤診”を後述とした理由として、

うつ病と躁うつ病(双極性障害)は、症状として気分の落ち込み部分(うつ状態)が似ているため、最初から躁うつ病と診断される人は滅多にいない。
始めから、攻撃的だったり、やたら行動的(突発的に遠方に行ってしまうとか)ではないと、診断が間違う。
性格がそのようなものと考えてしまう。

実際、私もBさんパターンで、当初はうつ病の診断だった。
仕事中に、パワハラもどき&性格(?)でパニック障害を発症。異動によって収まったと思ったら、気分の落ち込みが激しくなり、病院に行った結果”うつ病診断”ですが、この時、躁状態の症状は、自分の性格の一部だと思っていたので、異常認識(病識)がなかったのです。
こうなると、医師にも異常がある部分の話をしても、性格の部分は話さない訳で、その時の診断としては、うつ病と診断されます。

その後、病気を持たない人なら起こさない行動を医師に話す事で、再診断で”躁うつ病(双極性障害Ⅱ型、急速交代型)”と結果がでました。
(※なお同時に、てんかんの疑いという診断も下されています)

医師は、その病気に合った薬を処方することを望まれています。
しかし、診断した病気が必ずしもその”病気だけ”なのかどうかの判断は、精神疾患は難しいと思われ、時に個人差などの部分と合わせて薬による弊害が発生します。
Aさんのような件は、その責任を問われる可能性があるが、すぐにそこに行き着くものではないと思われます。

なお、蛇足ですが…
うつ病は、ココロの病気。
躁うつ病(双極性障害)は、カラダの病気。脳の機能障害で、全く別の病気なんですが、同じに捉えてしまうのも問題だと思います。
うつ病の薬が効きにくいのも、ここら辺の問題ではないと思いますが。

結局は、ケースバイケースなんでしょうね。
(医師法違反の場合は、医師免許取り消しなどの懲戒処分が厚生労働省から下されます。刑法による罰則適用後のお話。)

薬の添付文書には、併用禁忌(同時に服用してはいけない薬)、投薬に際する注意事項のほか、副作用がどの頻度で出ているかの情報など、処方の際に”これだけは”知っておく情報が記載されています。

医師が病気に対して薬を処方する以上、これらの情報と患者の状態。処方後の状況を把握して、増減、若しくは投薬中止を考えるべきで、単にうつ病だからという病名だけで処方することは、危険となります。

個人差も大きい上に、1つの精神疾患だけを有するのかいくつもの病気を抱えているのか、他の既往症なども考える...続きを読む

Qデパスなどの抗不安薬や睡眠薬を飲み続けると認知症になる

抗不安薬や睡眠薬といえば、ベンゾジアゼピン系を処方するのが一般的と思われますが、作用機序は麻薬と大差なく、依存性をはじめ、健忘や譫妄などが顕著な副作用とされています。
注意や記憶など認知機能障害の発現率も高く、飲み続けると認知症になる危険性があるようです。
高齢者は特に注意が必要とも言われますが、添付文書などにおける「高齢者」とは何歳ぐらいを指しているでしょうか。

https://www.youtube.com/watch?v=6DUCaeitXvQ&t=99s&list=PLgrh0f6hTIciMFPc2bFBFdKs88DPyYKcN&index=29

Aベストアンサー

薬局指導監査.comに書いてました。



用法用量に注意したい薬 高齢者

添付文書と異なる用法用量での処方が疑われるものを疑義照会することなしにそのまま調剤することは指導監査の指摘事項に該当します。


通常の成人用量とは別に高齢者(65歳以上)に対し用法用量が設定されていたり、投与量の上限が設定されているものがあります。


確認しましょう。



http://www.薬局指導監査.com/2016/02/youhouyouryou2801.html?m=1

Qどうして世の中のうつ病が自殺すると平和になるのですか? 少なくとも、我が家はうつ病の親父が自殺したお

どうして世の中のうつ病が自殺すると平和になるのですか?
少なくとも、我が家はうつ病の親父が自殺したおかげで生活が豊かになりました。

Aベストアンサー

社会貢献 お金を稼ぐことが出来ない者は、居なくなると 豊かになると思います、色々理屈が成り立ちますが 長くなるので、、結果として 足かせが外れ 豊かになる!

Q心療内科・メンタルクリニック・精神科の薬は非常に危険

と承知の上で薬を飲むのでしょうか。
仮に、医者が処方するのだから安全だろうと思って薬を飲むのであれば、それは間違っていると思うのですが、みなさんはどう思いますか?

たとえば下記動画の女子高生は中学3年生のときに不登校をきっかけとして心療内科に行きました。
そこで、抗精神病薬・抗うつ薬・抗不安薬などを処方されます。
はじめは4種類でしたが、効かなかったので、通院のたび色々と薬を変更されたとのこと。
セロクエル・デパス・メイラックス・ソラナックスのような薬品名は、このサイトでもよく目にします。
最終的に16種類の薬が試されたのですが、一向に改善しなかったばかりか下記のような症状が出ました。
・家族(母親・弟・祖母)に噛みつく
・裸で外に飛び出す
・犬の餌をボリボリ食べる
不登校と睡眠不足を改善しようと心療内科を訪れただけで、こうした状態になる危険性が実際にあるということでしょう。
彼女は「まったく覚えていない」そうです。
極めて重大なのは、こうした状況になることを医師が予期できなかった、こうした状況になっても医師は何の責任も問われていない、という点でしょう。

(参考動画 4:49頃)
https://www.youtube.com/watch?v=zbooXbUJxg0&list=PLgrh0f6hTIciMFPc2bFBFdKs88DPyYKcN&index=4&t=386s

と承知の上で薬を飲むのでしょうか。
仮に、医者が処方するのだから安全だろうと思って薬を飲むのであれば、それは間違っていると思うのですが、みなさんはどう思いますか?

たとえば下記動画の女子高生は中学3年生のときに不登校をきっかけとして心療内科に行きました。
そこで、抗精神病薬・抗うつ薬・抗不安薬などを処方されます。
はじめは4種類でしたが、効かなかったので、通院のたび色々と薬を変更されたとのこと。
セロクエル・デパス・メイラックス・ソラナックスのような薬品名は、このサイト...続きを読む

Aベストアンサー

完全にヤブ医者の被害ですが本人それ以上に多分保護者にも責任があります。薬が五種類を越えたらセカンドオピニオンの出番で、十種類出す医師は気違いです。
この件では医療過誤で医師を告発できます。

Qうつ病になるか、ならないかって、その人の考え方次第ですか?

うつ病になるか、ならないかって、その人の考え方次第ですか?

Aベストアンサー

「うつ病」は、けっこう難しい病気で、例え医師であっても、内科や外科など、精神科でない医師の多くは誤解しています。

人生において、様々な失敗やトラブルをきっかけにして、気分が落ち込むことは誰でも経験することです。
多くの人は、その気分の落ち込みのひどいやつが「うつ病」だと考え、失敗やトラブルに対しての考え方次第で、うつ病になるか、ならないかが決まるって考えます。
しかし、これは全くの間違いです。

多くの人が経験する「気分の落ち込み」と、「うつ病」は全く違います。
もっとよくわからない病気です。
(精神医学的には、多くの人が経験する「気分の落ち込み」は反応性抑うつ状態に近いものです。)

「うつ病」は、アルツハイマー病や、大部分のがんと同様、現代医学ではまだ原因不明疾患の一つです。
その人の考え方次第で、うつ病になるか、ならないかは決して決まりません。

そして「うつ病」は誤解されることの多い病気で、素人の無責任な助言(「うつ病はその人の考え方次第」とか)が、さらにうつ病の方を迷わせることもよくあります。

Q薬の効果・効能に触れずに『副作用』だけを取り上げるのはどうなんでしょう?

最近、薬の効果・効能に触れずに『副作用』だけを取り上げて
「自殺の原因は向精神薬にある」や
「患者は『家畜』薬は『餌』医師は『飼い主』」要は
精神科や心療内科は「牧畜産業と同じ」等の質問が多い気がします。
そうい方に「違うんじゃない?」と回答しても激しく反論されますので
回答を止めると「あいつは逃げた!」等、平気で誹謗中傷を繰り返しています。

私はメンタルヘルスのカテゴリーには精神的に参ってる方や
現在通院して服薬されてる方が多くの悩みを相談される場所だと思っています。
また、その方々を励ましたり、適切な回答をしてあげる場所であるとも理解しております。

何故そう言う方たちは、薬の効果効能にまったく触れないのでしょうか?
その方たち自身が何か精神疾患を患ってらっしゃるのでしょうか?

Aベストアンサー

内海聡氏、小倉謙氏はいずれもカルト教団サイエントロジーの強い影響下にあります。

サイエントロジーは教団内の地位によって教えられる教義が異なっていて、また教団内で地位の低い人あるいは教団外には嘘を教えてもかまわないと考えていますので、実際に彼らが考えることはなかなかわかりにくいところです。

また、サイエントロジー教団内の地位は、教団への貢献度、すなわち教団に払ったお金が重要です。
内海聡氏は医師免許を持っていますが、私費診療は第三者の検討が不要であることを良いことに、「メタトロンによる波動医学測定とエントロピーの適正化治療」という医学的には全く根拠の無い意味不明の検査・治療で、相談料と併せて一回4~6万円の費用を受け取りぼろもうけをしています。

このお金がサイエントロジーに流れ、内海聡氏はサイエントロジー教義のそこそこ高いレベルまでアクセスできています。

内海聡氏の主張はかなりでたらめなトンデモ話が多いのですが、その最大の特徴は世界支配をたくらむ悪の巨大組織の存在が根本にあることです。
この組織の存在は、サイエントロジー内でも比較的高位の信者にしか教えてもらえませんが、内海聡氏の地位なら教えてもらっているのでしょう。

サイエントロジーの考えでは、精神医学は他の身体医学と異なり、世界支配をたくらむ悪の巨大組織の、世界支配の手段とされます。
DSMによって、あるゆる人を精神病として、その人たちに精神薬を用いることで、人を家畜のように支配するというのが、彼らの主張です。
DSMでは、大部分の疾患の診断基準では「通常の生活を送ることができない」という項目がありこれに当てはまる人はほとんどいませんが、このことは無視してほとんどの人が病気とされる、と主張します。
精神科・心療内科では、薬物療法を誰にでもするわけでは無く、必要な人に必要なタイミングで行い、必要が無くなれば、中止しますが、彼らは精神科・心療内科に行くと直ちに薬づけにされ一生逃れられなくなると主張します。
精神病院の退院患者は少なく無く、退院できない患者の退院できない最大の理由は家族も受け入れですが、その事実は無視して、精神病院は薬漬けにして、家畜のように一生閉じ込めておくのが目的、と主張します。

精神科・心療内科の出す薬は、世界支配をたくらむ悪の巨大組織の、世界支配の手段の一部ですから、効能効果なんてあるはずない、というのが彼らの主張です。

そんなトンデモ話を一体誰が信じるのかというのは、まっとうな人のまっとうなセンスですが、サイエントロジーに洗脳された狂信的信者は本気で信じています。
世界支配をたくらむ悪の巨大組織という背景を元にしているということを言えば、物語の一貫性が保たれてわかりやすいのですが、嘘をつくことを恥じず、高位教団員でなくては教えてもらえない、世界支配をたくらむ悪の巨大組織について語ることはありません。

彼らは、オウム真理教・エホバの証人信者同様、強く洗脳されていますので、議論・説得しても考えを変えることは無く、必ず徒労に終わります。
無視が良いのですが、カルト教団ですから、オウム真理教のように、より積極的に社会に害悪を及ぼす可能性もあり、真正面から相手にすることなく、遠くから眺めているのが適当と思います。

内海聡氏、小倉謙氏はいずれもカルト教団サイエントロジーの強い影響下にあります。

サイエントロジーは教団内の地位によって教えられる教義が異なっていて、また教団内で地位の低い人あるいは教団外には嘘を教えてもかまわないと考えていますので、実際に彼らが考えることはなかなかわかりにくいところです。

また、サイエントロジー教団内の地位は、教団への貢献度、すなわち教団に払ったお金が重要です。
内海聡氏は医師免許を持っていますが、私費診療は第三者の検討が不要であることを良いことに、「メタト...続きを読む

QADHDの疑いがあり精神科へ行きました。 診断が曖昧で、話を聞いた限りADHDかもしれない と言われ

ADHDの疑いがあり精神科へ行きました。

診断が曖昧で、話を聞いた限りADHDかもしれない
と言われ、ストラテラを処方されました。

はっきりした診断を下すため、来年に知能検査をしますが、ADHDと決まったわけじゃないないのにストラテラは大丈夫ですか?

Aベストアンサー

ADHDと自閉的スペクトラムと診断された者です。
私は一回も薬、進められたことないし、飲む意味ありますかね?
頭の中が常に忙しいとか、全く集中できないとか、忘れ物が激しすぎるとかなら飲んでも良いのかも知れませんが、、
上記にあげたような症状を、医師に訴えましたか?
私は、そんな先走って薬を処方するような医師は、ちょっと信頼しにくいかなって思います。
でも、知能検査はそこでしていいと思いますけど、私がもしADHDと診断されたら、別の発達を観れる病院に変わるかもしれません。


人気Q&Aランキング