女子の「頭皮」のお悩み解決の選択肢とは?

FXについて学ぼうとしているのですが、大学生、初心者にもおすすめのFXを学べる本教えて下さい!

  • 画像を添付する (ファイルサイズ:10MB以内、ファイル形式:JPG/GIF/PNG)
  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

A 回答 (3件)

専業トレーダーの書いているブログや手法説明で充分です。


そこいらの本より詳しく、実践的な説明をしてくれているサイトも数多くあります。

どの手法にせよ、それはそれで間違いないことを書いています。…が、どれも絶対に勝てる手法ではありません。
逆に絶対に負ける手法もありません。あれば、それを逆張りすりゃ絶対に勝てるという理屈が成り立ちます。

試しに少し検索してみてください。簡単に見つかります。
そして、ロジックの手法を見比べてみてください。例えばトレンドラインの引き方や移動平均線の見方、エントリーポイントの見方など。いくつか見比べれば、ほぼ同じことが書いてあることに気が付きます。
あとは、自分が理解しやすいサイトで勉強すればいいです。

ロジックの目標の終着点は「どこで上がりやすいか?下がりやすいか?」のより高い可能性を持ったポイントを見つけることです。確実に上げ下げするポイントを探せるロジックは存在しません。

いろいろな手法がありますが、トレードの基本ロジックは2〜3ヶ月で一通りの理屈はわかるようになります。

問題はそのロジックを機械的に繰り返して…

◯ 負け(損切り)を固定させる神経を鍛える。
◯ チャンスが来るまで「待つ」という技術を覚える。
◯ うまく言ったからといってむやみにlot数を上げる欲求を抑える。

ロジックとは別にこちらの技術の体得する必要があります。

個人的な意見ですが、負けトレーダーと専業トレーダーの差はロジックの知識量じゃなくて、ロジックを機械的に繰り返していける心理状態の制御力の差だと思います。
例えば安定的に月100万を稼ぐトレーダーと1000万を稼ぐトレーダーの差は10倍のトレード回数の差ではなく、lot
数やレバレッジの数の違いの差で、ロジックそのものの差は同じようなもんだと思います。
違いは10万の損切りを受け入れられるか、100万の損切りまで耐えられるかの心理的な差と具体的な資金量の差です。

上記した事はどんな本でも、どのテキストでも書かれていることです。
文章だけでは当たり前の事に思えますが、専業トレーダーの多くは(多分ほとんど…)この心理の制御を体得するまでに退場の憂き目を何度も見ていると思います。自分もそうでしたが、これはある程度安定利益を出せるまでの試練かもしれません。

様々な手法を極めようとすると、ものすごく奥が深いですが、所詮は「売買」どちらか2つに1つの選択結論に帰結します。

とりあえずはNo2さんの意見に従って、少額投資でやってみて利益を出す喜び、損切りできなかった後悔、下がり続ける不安感、退場食らった絶望感を低いレベルで体験してみてください。
    • good
    • 0

自分の出せるmaxの金の1/10を使って、100円ぐらいから売買できる業者(SBIとか)で口座を開いてとりあえず買ってみてください。



で、その金がなくなったらFXで勝つとはということか自分なりに考えられることをまとめて再度ここで質問してください。話はそれからです。
    • good
    • 0

まずは金融全般の基礎知識として、出口治明『お金の教養』


投資の基礎として『ウォール街のランダムストリート』
テクニカル投資の基礎を学べる本として『ロボット運用のプロが分析してわかった 最強の株式投資法』
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報