まず1つめです。
すごくおかしな質問なのかも知れないのですが
年末調整で再計算をするのに、賞与の支給の際に
なぜ違う税額表を参照するのか、月々の給与計算の
際の税額表を参照して税額を計算してはいけないのか。
次にもう1つ。
個人事業の場合で、事業主の妻(青色専従者)からの借り
入れがある場合、月々の生活費を切り詰めてでも、これの
返済を優先するべきなのか。

以上2件です。
専門書を読むにしてもどの項目で引いたらよいのか解りません。
詳しい方がいればアドバイスいただければと思います。
どうぞよろしく。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>現金出納簿から毎月出て行く事業主貸で処理する生活費の事です。



ご質問の内容、了解しました。
特に、規定は有りませんが、出来ることなら先に借入金を減らした方がすっきりしますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
大変参考になりました。
また、何かありましたらお願いしますね。

お礼日時:2001/07/29 06:45

1.源泉徴収の税額表は、標準的な家族構成で、標準的な給料と賞与を貰った場合に、過不足額が少なくなるように計算して作られています。


その結果、給料については、月額表で給料の額と扶養家族の人数により、税額を決めています。
賞与については、前月の給与の額により賞与に掛ける率で計算されるようになっています。

従って、賞与についても月額表を使ってしまうと、年末調整時の過不足額が多くなってしまいます。

間違って、その様にしても、年末調整で調整されますから、実害は有りません。

2.事業主の妻からの借り入れとは、妻が事業の方に貸しているわけですよね。
そうなると、事業から妻に返済するわけですから、個人の生活費を切り詰めても、事業の方に資金の余裕が出来るわけでは有りませんから、事業から妻に返済する余裕は出来ないと思いますが・・・。

事業が妻から借入金が有る場合、事業に資金の余裕が出来たら返済すれば問題ありません。
ただ、経常的に事業の資金が不足して、妻への返済が長期間にわたり出来ない場合は、妻への専従者給与の額を減額するとか、賞与を減らすなどの対応をされた方がよろしいと思います。

この回答への補足

生活費ですね、私の書き方がまずかったのかも
しれませうんが、現金出納簿から毎月出て行く
事業主貸で処理する生活費の事です。
この生活費を少なくしても、借り入れの返済を
優先にしなければらないのかどうかということです。

補足日時:2001/07/28 14:22
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q刑法の『者』の読み方

大学の刑法の授業で、例えば「人を殺したる者は…、」という条文の『者』は、人ではなく行為を意味するものだから、「もの」ではなく「しゃ」と読む、と学者は言っていたのですが、
ほんとうにその読み方でいいのですか?
常識はずれで不自然な読み方だと思うのですが。

Aベストアンサー

法律上は規定なし。
法学上(講学上)通説や多数説、有力説か如何かは知らないが、社会科学に絶対的正解など存在しないので其の学者の支持する説はそうであると言う事です。

Q税額表乙欄日額表の計算について教えてください。

私は病院に勤めていて給与計算を担当しておりますが
わからないことがありますので教えてください。

今回、こちらの病院に大学病院の先生に当直に来ていただいたのですが、
今までは、給与の締め日ごとに計算をしていたのですが
この先生は、当直に来て2日後ぐらいには給与を振り込みをしております。

税務署に尋ねたところ、このような方は、税額表乙欄の日額表の対象になるといわれました。
今、23年分の税額表を見ておりますが、私の勉強不足もありますが
源泉徴収の算出方法がわかりません。

給与の内容は以下のとおりとなってますので
お分かりの方は、教えてください。

一回勤務していただくごとに手取り額が17万になるようにしたいのです。
支給額と、源泉徴収税額を教えてください。

それと、やはりこのように、締め日に関係なくその都度給与を支払う方は
税額表は乙欄日額表なのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>締め日に関係なくその都度給与を支払う方は税額表は乙欄日額表なのでしょうか。

はい。所得税法別表第三(日額表)の乙欄に掲げる税額を適用します。根拠は所得税法第百八十五条第一項第二号ホです。

別表第三(日額表)
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/zeigakuhyo2010/data/03.pdf

日額表乙欄から、手取り170,000円に相当する支給額を算定しますと、

支給額 273,210円 です。

源泉徴収税額は103,210円
差引170,000円を支払うことになりますね。

Q松川事件の容疑者(判決無罪)の浜崎二雄さんの読み方を雄教えてください

松川事件の容疑者(判決無罪)の浜崎二雄さんの読み方を雄教えてください

Aベストアンサー

#1です。詳細が揃いましたので、改めて回答します。

名前の読み方は、
『バマザキ フタオ』
さんでした。

出典は、

タイトル:松川15年・真実の勝利の為に
出版社:労働旬報社
出版年数:昭和39年8月
読み仮名記載ページ:44ページ

【補足】

1,現在、労働旬報社は「旬報社」に改称
2,上記の本は現在絶版ですが、復刻版として事件50年目に復刻。しかし流通してない為、現物がご希望の場合には松川事件研究の福島大学・伊部(イベ)教授までお問い合わせ下さい。

イベ先生の連絡先電話番号は、このサイトの性質上ここに記載出来ませんのでご理解下さい。

大変申し訳ありませんでした、頑張って下さい。

Q源泉徴収税額表の日額表の見方

日当の支払実額が5千円の場合、(一)列のその日の社会保険料等控除後の給与等の金額欄にある5千円から見て、源泉税が300円になるという理解でおりました。しかしながら、支払実額5千円の場合は、340円が源泉税額となると指摘されました。つまり、(一)欄の額は、すでに源泉税額を含んだ金額で見ないといけないとのこと。その場合の課税所得の求め方(税率等)が分かりません。一体5千円の場合の源泉税はいくらが正しいのでしょうか? 教えて下さい。

Aベストアンサー

>一体5千円の場合の源泉税はいくらが正しいのでしょうか?

○「支払う給与が【5千円】の場合の日額表の見方は?」という質問の場合は、「源泉所得税額300円」です。

つまり、300円を源泉徴収しますので、受給者が受け取るのは「4,700円」になります。

---
○「支払う給与が5千340円の場合の日額表の見方は?」という質問の場合は、「源泉所得税額340円」です。

340円を源泉徴収しますので、受給者が受け取るのは【5千円】になります。

※どちらも、社会保険料控除等0円、乙欄適用の場合です。

『[PDF]平成25年分 給与所得の源泉徴収税額表(日額表)』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/zeigakuhyo2012/data/02_1.pdf

*****
(参考)

『[PDF]税額表の使用方法、税額の求め方』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/zeigakuhyo2012/data/06.pdf
『[手続名]給与所得者の扶養控除等の(異動)申告 』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/annai/1648_01.htm
---
『国税局・税務署を調べる』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeikyoku/chizu/chizu.htm
『腹が立つ国税局の税務相談室』(2009/07/15)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-365.html
『税務署が親切』(2007/03/11)
http://blog.livedoor.jp/stock_value/archives/50363449.html
『国税庁>ご意見・ご要望』
http://www.nta.go.jp/iken/mail.htm

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は税務署に確認の上お願い致します

>一体5千円の場合の源泉税はいくらが正しいのでしょうか?

○「支払う給与が【5千円】の場合の日額表の見方は?」という質問の場合は、「源泉所得税額300円」です。

つまり、300円を源泉徴収しますので、受給者が受け取るのは「4,700円」になります。

---
○「支払う給与が5千340円の場合の日額表の見方は?」という質問の場合は、「源泉所得税額340円」です。

340円を源泉徴収しますので、受給者が受け取るのは【5千円】になります。

※どちらも、社会保険料控除等0円、乙欄適用の場合です。

『[PDF]平成2...続きを読む

Q「岸壁の母」の作曲者、平川浪竜の名前の読み方を教えて!

「岸壁の母」の作曲者、平川浪竜の名前の読み方を教えてください。

Aベストアンサー

さっき実家の祖母に電話して聞いたところ、「ひらかわ・なみりゅう」さんとのことです。
ちなみにこちらでも調べましたのでご参考に。1928年10月10日の神奈川県生まれの方だそうです。

Q源泉徴収税額と月々の給料から引かれる所得税

源泉徴収税額は月々の給料から引かれる所得税とは違うのでしょうか。

Aベストアンサー

ご質問の意図が少しわかりかねますが、毎月の給与明細から天引きされる所得税額の合計が、源泉徴収票に記載される源泉徴収税額と同額になるかというとならない確立が99%以上です。
これは「給与から天引きされた所得税の一年間の合計額」と「一年間の総給与額にかかる所得税額(年税額ともいう)」が違うからです。
毎月引かれてる所得税は「仮払いの所得税」で、源泉徴収票に記載されてる「源泉徴収税額」は一年間の給与収入にかかる年税額です。
例えて云えば、積立金をして年額36000円になって、旅行にいき、35000円かかったとします。
毎月の所得税額は「3,000円」です。
源泉徴収税額は「35,000円」です。
差額の1,000円は、年末調整で還付されるわけです。

旅行後に、幹事さんが「一人1,000円ずつお返しします」という清算をします。
税金の清算をするのが年末調整で企業がやってくれるのです。

Q「支払者」読み方についてご教授ください。

お世話になります。日本語の学生の純です。

下記言葉どう読みますか。
「支払者」しはらいしゃですかしはらいものですか。
もし両方の読み方正しいなら、どの場合どう読めば良いか教えていただけますか。

よろしくお願いします。
学生 純

Aベストアンサー

こんばんは。

「しはらいしゃ」です。

「者」を「もの」と読む言葉はたくさんあります。
A「しゃ」と読むのが正しい言葉
B「もの」と読みのが正しい言葉

Bのパターンは、その人を見下げている場合が多いです。
(「働き者」(はたらきもの)のように、良い意味で使う場合もありますが。)

ご参考に。

Q消費税の納税額計算にあたっての仕入控除税額の計算について

お世話になります。

1.従来簡易課税の会社において、今回から原則課税(個  別対応)により、消費税を納付することとなった。
2.次のような条件で仕入控除税額を計算する方法につい  て教えてください。
  (1)課税売上割合は95%未満
  (2)現在会社のおいて把握している項目及び金額
   課税仕入高     100,000千円
   うち課税売上対応   80,000千円
   うち共通費対応    20,000千円
   仮払消費税額      5,500千円
  (課税仕入高に5%乗じた額より多く、課税売上対応、   共通費対応に区分していない。)
  
 この場合5,500千円の消費税を80,000千円と20,000千円に按分して、課税売上対応にかかる仕入税額を4,400千円、共通費部分を11,000千円として、仕入控除税額を下記により計算しても良いものでしょうか。

(80,000千円+4,400千円×5/105)+(20,000千円+1,100千円+5/105×課税売上割合)

Aベストアンサー

こんばんは。

500千円の不一致の原因がよく分からないのですが…。
個別対応方式で行う場合には、その課税期間の課税仕入を必ず「課税売上用」「非課税売上用」「共通用」に区分しておかなければならない(原則として仕入の日に)とされています。これは、税抜経理によっている場合は税抜金額と仮払消費税双方に及ぶ文言と考えられます。
ご質問を拝見しますと、税抜金額は区分されておられるようですので、この区分に基づいて帳簿をつきあわせて仮払消費税もチェックしていくしかないのではないでしょうか(面倒ですが)。そして、課税売上用の仮払消費税の合計(A)と共通用の仮払消費税の合計(B)を計算し(A+B=5,500)、

(80,000+A)×4/105+{(20,000+B)×4/105}×課税売上割合

とすることになると思います。

Q被保険者の読み方

被保険者の読み方は、「ひほけんじゃ」ですか?「ひほけんしゃ」ですか?
また、介護保険での被保険者証は、「ひほけんじゃしょう」ですか?「ひほけんしゃしょう」ですか?

Aベストアンサー

追記から

介護も国保も後期高齢者医療保険も
全て「保険者」です。
読みは「ほけんしゃ」です。

Q事業専従者

旦那が個人事業主で白色申告してます。妻が扶養に入るべきか、事業専従者控除を受けるべきか悩んでいます。事業専従者として控除を受けたほうが金額も大きいので扶養に入るより旦那の節税になると思うのですがいかがですか?もし事業専従者控除86万円を受けたとしても妻の方で税金がかかることはないと思うので、そっちの方が旦那の税金上は得な気がするのですが・・・

Aベストアンサー

白色申告の個人事業主の場合、一般的には、配偶者控除(38万円)を受けるよりも、事業専従者控除(86万円)を受ける方が税金上はお得です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報