あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

建材や、材木には 「含水率」というものがあります。

例えば含水率30%、20%などです。


これは 何に対しての%なのでしょうか?

10キロの材木 に対し 含水率が20%だとしたら、  10キロの20%の重さの水分がその材木に入っているという事でしょうか?

ただし、その考えだと、 100㎏の材木の20%の含水率だと、 20㎏もの水分を含む事になるので、
そうした計算ではないと思います。


ご存知の方お教えください。

A 回答 (2件)

分母に来るのが「乾燥後の木材重量」です。



100㎏の材木の20%の含水率とすると、
(100-x)/x=0.2 [x:乾燥後の木材重量]

これを解くと、乾燥後の木材重量=83.3kg

含水率20%の100㎏材木には水が16.7kg程度含まれている事になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2019/05/20 22:37
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング