【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

下記の続きです。意味不明の迷惑コメントが多いので、仕切り直します。
【次の2つの文の「には」の働きは別なのでしょうか。1)庭には二羽鶏がいる 2)私には弟がいる】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/11442193.html

 もともとの疑問は下記でした。
===========引用開始
 次の2つの文の「には」の働きは別なのでしょうか。
 理由はハッキリしませんが、2)には少しだけ異和感があります。

1)庭には二羽鶏がいる
2)私には弟がいる

 ハを削除すると、かなり違いが出てきます。
3)庭に二羽鶏がいる
4)私に弟がいる

 3)は1)とほぼ同義に感じます。4)は2)と相当違うような。
 ちなみに、「私に弟がいることを友人には隠していた」だとなぜか不自然ではなくなります。
 さらに少しかえます。
5)庭は二羽鶏がいる
6)私は弟がいる 
===========引用終了

「いる」だと制約が強そうなので、下記の例文で考えたいと思います。本質的にはかわらない……などと書くとホニャララっぽいのでやめておきます。

1.庭には花壇がある
2.私には夢がある
3.庭に花壇がある
4.私に夢がある
5.庭は花壇がある
6.私は夢がある

 こう並べると、「庭」のほうは、「3.庭に花壇がある」が原形で、「ハ」がついて「庭には花壇がある」。「庭は花壇がある」は、ちょっと特殊な文脈が必要な気がする。
 一方、「私」のほうは、「私ニ夢がある」が原形で、「ハ」がついて「私には夢がある」。
「私は夢がある」は、それとは別のものとかんがえるほうがよいような。「ハ」は普通の主題で、「ある」がついて所有を表わす。
 一方、「所有」のイメージに結び付きにくい〈5.庭は花壇がある〉は文脈が限定され、異和感が生じることが多い、くらいですか。
 元の文もこれと同じことなのでは。

質問者からの補足コメント

  • 【補足1】

     前問の補足でリンクを張った資料です。

    ===========引用開始
    【助詞の話 またしても「ニ」 庭には二羽鶏がいる】〈1〉
    https://ameblo.jp/kuroracco/entry-12559141996.html
     以下は一部の抜粋(重言)。

    「ニ」は〈 時・場所・対象、比較の基準など、格助詞「に」で示されるもの〉『大辞林』でいいだろう。問題は「ハ」。
      強める『大辞泉』
      特にとりたてる気持ちを表す係助詞『大辞林』
      強調または取りたてて示す『日国』
     こりゃ……さて、どうしよう(笑)。
    「取りたて」は「主題」と言いかえることができるだろう。「強調」のこともあるらしい。おそらく「比較」の場合もある。まぁ、大差はないか。
     語釈を見ると、『大辞林』が詳しい。ほかの2冊の語釈のほかに、④⑤がある。
    ===========引用終了

      補足日時:2020/02/24 09:45
  • 【補足2】

     ↑の続きです。
    【助詞の話 またしても「ニ」 庭には二羽鶏がいる】〈2〉
    https://ameblo.jp/kuroracco/entry-12564329159.html

    【助詞の話 またしても「ニ」 庭には二羽鶏がいる】〈3〉
    https://ameblo.jp/kuroracco/entry-12568517384.html

      補足日時:2020/02/24 09:46

A 回答 (18件中1~10件)

「庭は鶏がいる」の「庭」です。

範囲が広いので、少し範囲を狭めてみます。たとえば「中庭」とします。ここはどう考えても鶏のいる場所ではありません。いるといわれても違和感を感じます。「庭園」でも同じです。「庭」とした場合、こういったことも考えてしまうため違和感を感じるのではないのでしょうか。「田舎の庭」「農家の庭」ならOKです。
----------------------------------------------------

何が役に立っているのかわからないので、どうまとめればいいのか悩んでいます。とりあえず、その1で考えていたこととか考えていることなどを書きます。

 質問文にはいくつかの文例があげられています。助詞として「ハ」を使った場合も意味をなすものとなさないものがあります。この違いがどうして生じるのかを考えていました。考え始めたきっかけは、6)の文に違和感を感じたからです。人によって感じ方が違うのが不思議でした。6.にすると可です。6)は「所有」を表すというのにも抵抗がありました。所有していないような..。

 いろいろな文例を作ってみて感じたのは、意味が通じるものは「所有」だけではなさそうであることです。きっかけは次の文です。
 「新潟はトキがいる」

 「名詞1+助詞+名詞2+ガ+アルorイル」で助詞にハを使っても成立する文は意外とたくさんありました。大半は「所有」で良さそうなものです。ところが微妙なものもあります。
 「家は屋根がある」
「家」は所有者として的確なのかどうか。「要素」とか「所属」ともいえそうです。いまのところうまく表現できていません。いろいろ調べている内に、既存の文法で説明されていそうな気もしてきました。

 「庭は鶏がいる」がどうして不成立なのかの考察です。「庭」と「鶏」のイメージが結びつきにくいことにあるのかなという気がしています。「庭」を「農家の庭」としたなら成立しそうです。「鶏」は「農家の庭」の要素ととらえることができます。
 「前門は虎がいる」のように人によって可・不可の別れる例もあります。「前門」と「虎」が文が成立する形にイメージできれば可で、できなければ不可なのではないかと気がしています(収拾がつかなくなるとはいわれています)。


 ここまで考えたところで、本題の質問との関連を考えてると、あまり役立ちそうもない気がしてきました。助詞がニ→ニハ→ハと変わっただけととらえていました。「新潟..」のように意味が変わっているのではというのもあります(ニでは存在の場所、ハはそうでなさそう;要素?)。

 ところで、「記者にペンがある」は可ですか。「存在の場所」になるかと思います。「私に」に変えるとニハ>ハ>ニの度合いで可のような気がします。文法的にどうかというのではなく感覚でいえばどうでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

コメントありがとうございます。

 まともなコメントの間があきすぎて、どう考えていたか記憶が……(泣)。

>意味が通じるものは「所有」だけではなさそうであることです。きっかけは次の文です。
> 「新潟はトキがいる」
 おそらく、「新潟」は所有のイメージから遠い気がします。

 当方は 「新潟はトキがいる」だと、「対比」を感じます。
「新潟はトキがいて、小笠原はアホウドリがいる」ということです。
 この後半が想起しにくいものは異和感が強いような。

「前門は虎がいて、後門は狼がいる」も同様でしょう。

お礼日時:2020/03/17 22:26

#16 のお礼に応えて。



>>繰り返しになりますが、ご本人しか「論理的、科学的」としか思っていない独善的なコメントは迷惑なのでお控えください。

繰り返しになりますが、事実を無視した独善的な解釈は非論理的、非科学的な思い込みにしかなりません。
その手の非科学的なSF文法をもっともらしく展開されても他に迷惑と混乱を引き起こすしかありません。
感情的、感覚的なコメントではなく、事実に即した論理的な展開が必要です。

言語表現は直接感性的な表現ではなく、規範を媒介とした調和する矛盾の実現です。
この矛盾の構造を正しく捉える論理に依拠しないと科学的な理解、解明はできません。

当方の指摘に言語事実との相違があれば是非ご指摘ください。■
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>当方の指摘に言語事実との相違があれば是非ご指摘ください。■

 No.16への返信をはじめ、いろいろ書いていますが……。

お礼日時:2020/03/08 22:33

No.15 のお礼に応えて



>>短ければ理解できる?

長さではなく理解力の問題です。
新興宗教並の異次元のSF文法では言語事実を論理的、科学的に正しく理解することはできません。
論理的な思考力を身に付けましょう。
当方の指摘が言語事実に相違する点があれば是非ご指摘をいただきたいものです。
粗雑な敬語理解も正さねばなりませんが、それは別途。

喧々諤々の議論を交え、拳拳服膺 すべきという警句が理解できませんか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

繰り返しになりますが、ご本人しか「論理的、科学的」としか思っていない独善的なコメントは迷惑なのでお控えください。

>粗雑な敬語理解も正さねばなりませんが、それは別途。
 謙譲語の基本ともいえる形を〈完全な誤り、皮肉の表現〉などと決めつけるのはやめてください。
 そういうのを「粗雑な敬語理解」と言うのでは。
 下記をご確認ください。そのような粗雑な理解をしている人は1人だけでは。
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/11497335.html

>喧々諤々の議論を交え、拳拳服膺 すべきという警句が理解できませんか?
 SF敬語、SF敬語に続いてSF熟語ですか?
 間違いは間違いとして素直に認めないと、いま以上に誰にも相手にされなくなりますよ。

お礼日時:2020/03/07 16:16

No.13 の補足です。



>>状態の主体を「に」で表わす場合がある。この場合、「には」「にも」のように、あとに副助詞を伴うことが多い。

これが誤りである事例を以下に挙げます。

山田さんにはプレゼントを贈ります。

壁には写真をはります。

犬が山田さんにはほえました。

東京には行きます。

このように、特殊性の認識を表わす副助詞の「は」は【状態の主体を「に」で表わす場合】に限らず使用されます。
そもそも、【状態の主体を「に」で表わす】のではなく、格助詞「に」は対象を位置付けているだけで、その対象が【状態の主体】であることを「に」が表しているのではありません。ここに、根本的な誤りがあります。

(1) 私<に>子供がある。

(2) 姉<に>バイオリンが弾ける。

(3) この病気は子ども<に>多い。

の場合も、「に」は話者が対象を空間的に静的な対象として捉え位置付けているだけで、所有や主体を表わしているのではありません。

(1)では、存在するのは「子供」、 (2)の場合、動詞「弾く」の動作主体は「姉」、(3)では「多い」のは「病気」で、動作主体となっているのは(2)の場合ですが、それは動詞の主体が位置付けられた結果でしかなく、「に」が主体を表わすのではなく、主体とは話者の認識に対応した構文としての意味でしかないということです。

ここに、語の意義と話者の認識との関係である文の意味との区別ができないソシュールパラダイム下の発想の欠陥が露呈しています。

ご理解いただけましたでしょうか?■
    • good
    • 0
この回答へのお礼

異次元のSF文法で他者のコメントにケチをつけるのはやめてください。迷惑です。
 何度言っても、判らん人ですな~!(笑)

 また100以上のムダコメントを並べたいのですか。こんなに長いと誰も理解できません。短ければ理解できる?
【「次の2つの文の「には」の働きは別なのでしょうか。/1)庭には二羽鶏がいる 2)私には弟がいる」:Ⅱ】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/11456532.html

 喧々服用???してください。
 で、「喧々服用」って、いったいどうやって変換するのでしょうか。
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/11480663.html

お礼日時:2020/03/05 22:27

No.13 のお礼に応えて



>>異次元のSF文法で他者のコメントにケチをつけるのはやめてください。迷惑です。

 何度言っても、判らん人ですな~!(笑)

ケチではなく、事実に基づく誤りの指摘です。
辞書レベルの怪しげな異次元のSF文法を弄ぶのは芳子さんにしましょう。

当方の指摘に誤りがあれば、是非【ご】指摘いただきたく。■
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>当方の指摘に誤りがあれば、是非【ご】指摘いただきたく。
 その【ご】はどういう意味でしょうか。
「お/ご」の使い方が少しわかりまちた、というご報告でしょうか。
 わざわざありがとうございます。

 で、「喧々服用」って、どうやって変換するのでしょうか。

お礼日時:2020/02/29 17:17

No.9 /11 のコメントについて



>>状態の主体を「に」で表わす場合がある。この場合、「には」「にも」のように、あとに副助詞を伴うことが多い。

★5時には会議が始る。
★明日にも出発しよう。
★どこへ行くにも車は必要だ。

このように何ら、状態の主体を「に」で表わすことと、あとに副助詞を伴うこととは関係ありません。
したがって、<このことは「庭には」には、通用しないことなので、「私には」と「庭には」のそれぞれの「には」が同じではないことの証明になる>などということにはなりません。

(2)彼には子供が二人います

→庭には子供が二人います

(3)親友の裏切りが私には悲しい

→親友の裏切りが本当には思えなかった

なお、

>>「に」が動作主体を「に」で表す
>>『この「に」は、後に続く文「~が~する」が表す情況を保有する、人やものを表す』

というのは、<「に」という格助詞の説明のしかた>として根本的に誤っていることを、

<「次の2つの文の「には」の働きは別なのでしょうか。/1)庭には二羽鶏がいる 2)私には弟がいる」:Ⅱ>
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/11456532.html

で論じた通りです。つまり、

名詞や動詞などと違って、【助詞はそれ自体がある事物や動作・状態を指さない。】助詞の意味というときには、ここに問題点の一つがある。

〔柴谷方良(まさよし)「助詞の意味と機能について―「は」と「が」を中心に―」:『文法と意味の間―国広哲弥教授還暦退官記念論文集』([くろしを出版,1990.6.1)〕
(【】の強調は引用者)

ということです。

もっとも、この点は、時枝誠記が助詞/助動詞は主体的表現の語であると指摘したことの再確認でしかないのですが。■
    • good
    • 0
この回答へのお礼

異次元のSF文法で他者のコメントにケチをつけるのはやめてください。迷惑です。
 何度言っても、判らん人ですな~!(笑)

 また100以上のムダコメントを並べたいのですか。こんなに長いと誰も理解できません。短ければ理解できる?
【「次の2つの文の「には」の働きは別なのでしょうか。/1)庭には二羽鶏がいる 2)私には弟がいる」:Ⅱ】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/11456532.html

 喧々服用???してください。
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/11480663.html

お礼日時:2020/02/26 22:21

庭は花壇がある。



いくら説明しても、判らん人ですな~!(笑)

>>「庭は花壇がある」は、ちょっと特殊な文脈が必要な気がする。

これは、「は」にハ特殊性の認識を表わす副助詞と普遍性の認識を表わす係助詞があり、この文だけでハどちらにも解釈できるためです。

★玄関ハ銅像があり、庭ハ花壇がある。

という場合は庭の特殊性を表わす副助詞として使用されており、庭というものハ花壇があるのだという意味で、

★庭ハ花壇がある。

の場合は、庭の普遍性の側面を捉えた普遍性の判断を表わす係助詞として使用されているということです。この二つを区別することなく、曖昧な文の形式的な比較で論じるために混乱しているものです。

単細胞的な形式主義、機能主義ではこうした多義を適切に理解することはできません。

こうしたピント外れの質問、議論を延々と意味があるかののごとく繰り返し、辞書の誤った解釈を並べたり、結びつけてても何の進展もないということです。■
    • good
    • 1

なお、過去質問で次のような質問をしていました。

そのときは1311tobiさんも回答者として参加されました。
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/8527145.html  「に」という格助詞の説明のしかた

当時はこのサイトでリーダー的存在だった、kine-oreさんが、「ニ格主語」を提唱されていました。その考え方が、「類語例解辞典」にある「に」が動作主体を「に」で表すということと共通していました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>「ニ格主語」を提唱されていました。その考え方が、「類語例解辞典」にある「に」が動作主体を「に」で表すということと共通していました
 そのやりとりに関しては、補足1のリンク先に書きました。
 そういうふうに読むものだったんですね。
 2人の回答者のコメントが微妙に食い違っていて、何がなんだかわからずにいました。

彼<に>彼女ができた。
 の場合は「ニ格主語」と考えることができそうです。
 しかし、「3.庭に花壇がある」はどうなんでしょう。
「4.私に夢がある」は、「私」が所有してと考えるなら、「ニ格主語」になりそうです。

 補足2の〈2〉のリンク先https://ameblo.jp/kuroracco/entry-12238113678.html でふれている下記、【「私にできること」の「に」はどう解釈すればいいのでしょうか。】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9581327.html
 に出てくる〈c. 姉にバイオリンが弾ける。〈能力の主体〉〉も「ニ格主語」になりそうです。

お礼日時:2020/02/24 13:47

>下記をご参照ください。


だって!
>ちなみにfxq11011さんも投稿していますよね
むしろこれをいうのは私のほうですよ、(すでに、文句ではありませんが批判にすら該当する内容、今更参照なんて・・・)その内容を見てから、下記を参照くださいとすべきです。
あなた息をしていますよ!。
※こんな当たり前のこと言って、あなたがこちらの都合のよい反応してくれるなんてここから先も思っていませんが、そう思う人もいるようですね。
    • good
    • 1

>前回の質問には、迷惑コメントが多数入っていて、とてもたどれません。

コメントNo.をつけていただけませんか。
No.30 でした。

>「類語例解辞典」からの引用をした趣旨は?
   再掲
 状態の主体を「に」で表わす場合がある。この場合、「には」「にも」のように、あとに副助詞を伴うことが多い。「に」で主体を表わすのは、主に「分かる」「読める」「見える」「話せる」などの可能を表わす動詞である(「に」の例文(1))。その他、所有を表わす動詞「いる」「ある」(「に」の例文(2))や、要求を表わす動詞・形容詞・形容動詞「要る」「欲しい」「必要だ」、感情を表わす形容詞「うれしい」「悲しい」「なつかしい」(「に」の例文(3))なども、主体を「に(は)」で表わす。

 このことは「庭には」には、通用しないことなので、「私には」と「庭には」のそれぞれの「には」が同じではないことの証明になるでしょう。「私には悲しい」があるからと言って「庭には悲しい」はあり得ないでしょう。
 ただ、「私には」を例文としてあげられたとき、このような用法は除外されていたら何の参考にもなりませんが。必要があれば、「類語例解辞典」に戻ってお確かめください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>No.30 でした。
 お手数をおかけしました。

 No.30のコメントはきわめてまともなものだと思います。
「例によって一笑に付された」のがどこだったか探してしまいました。下記ですね。わかりにくくてどうしようもない。
【「次の2つの文の「には」の働きは別なのでしょうか。/1)庭には二羽鶏がいる 2)私には弟がいる」:Ⅱ】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/11456532.html
 コメントする気にもなりません。異次元の話です。関わるとうつります。

『類語例解辞典』は下記のことですね。
https://dictionary.goo.ne.jp/thsrs/17100/meaning …

>このことは「庭には」には、通用しないことなので、「私には」と「庭には」のそれぞれの「には」が同じではないことの証明になるでしょう。「私には悲しい」があるからと言って「庭には悲しい」はあり得ないでしょう。
 そういうことですか。
 たしかに「庭には」では使えないものが多数ありそうですね。
 ただ……そのことと、1.〜6.の違いにどういう関係があるのか、現段階では不明です。少し考えます。

お礼日時:2020/02/23 12:38

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング