マンガでよめる痔のこと・薬のこと

コロナウイルスのインフルエンザより怖い点は何でしょうか?
コロナの話をしていたら、インフルエンザの方が怖い、騒ぎすぎと言われて反論できなかったので…

A 回答 (25件中1~10件)

『Plague of Demons』『悪魔の疫病』


http://file.tacodayo.cooklog.net/158170492865221 …
1985年発売のイルミナティカード。
今回のコロナウィルス騒動を予言していました。
plagueとは
〔天罰と見なされる〕大厄災[災難]
《病理》〔致命的な〕伝染病、疫病
〔害虫などの〕大発生、異常発生
〈話〉厄介な人[物]悩みの種

そしてコロナウィルスは蝙蝠(コウモリ)由来とされてますね。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020021200188& …

http://file.tacodayo.cooklog.net/158109900897211 …
武漢商貿職業専門学校分院(武漢市 武昌)
http://www.whicu.com/fylj2017/
http://www.whicu.com/xxgk2017/xxjj2017/

http://file.tacodayo.cooklog.net/158299097739111 …
『湖北省 世界有名建築のパクリ』
youtu.be/BGd77gY2_1g
0分32秒の本館ではなく37秒の分院
    • good
    • 1

欧州のウイルス専門家、新型コロナウイルスに「消すことのできない人工的痕跡」


2020年02月13日 15時28分
https://www.epochtimes.jp/2020/02/51700.html

新型コロナは「人工的に作られた可能性あり」=台湾の学者
http://mjapan.cna.com.tw/news/asoc/202002220007. …

次々と積み上がる中国の新型ウイルスが「生物兵器」である証拠。そして、武漢のバイオ研究所で研究されていた可能性のある「あらゆる人が免疫を持たない悪夢のコロナウイルス」
https://indeep.jp/one-chinese-scientist-could-be …

『中国人ウィルス研究者、カナダで唯一のバイオセーフティーレベル4研究所から追放される』CBC NEWS(カナダ放送協会)
    • good
    • 1

WHOが、世界的なパンデミックを起こしたH1N1インフルエンザウイルスに比べて10倍の致死率。


と発表しましたね。

また間質性肺炎を引き起こすことで、予後が怖いのもありますよ。五年生存率は30%、10年生存率は22%とされてます。

COVID-19の肺炎のCT所見の検討によると,発症後すぐにすりガラス陰影を呈し,
3週間までに徐々に浸潤影を呈するものが多くなるとされており,肺線維化が進行していくことを示唆している。
また経過で線維化をきたすグループは予後不良であった。
SARSを振り返ると発症4週間後,55~62%に線維化を残していた。
    • good
    • 1

治療薬がない これが一番だと思うけど

    • good
    • 0

致死率が10~30倍くらい。


インフルより恐い。
    • good
    • 0
    • good
    • 0

①インフルエンザよりも致死率が高い → 少なくとも3、4倍(日本の例)、下手をすると100倍以上


②不顕状態でも感染力を持つ、不顕期間が長い、もしくは目に見える症状が無いこともある → 罹患者の増加が制御しにくい、もしくはできない。医療崩壊に至る。
③重症化する場合、その遷移期間が著しく短い → 重傷者用設備の準備数が読めない。確保が難しい。
    • good
    • 0

もしかして,TVのニュース観ていない?

    • good
    • 0

反論する必要はないですから、ご自身と身の回りの方に気を配ってください。



新型コロナは別物だと思います。
私も風邪から肺炎になったことがありますし、
インフルエンザの両方の型に掛かったことがあります。
一方で新型コロナ体験者の手記などを読むと、私の体験とは違うようです。

以下の説明で良く分かります。

〇日経の記事より「新型コロナによる肺炎 通常の肺炎と何が違うのか」
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO56484540W …

この記事の中で、

・高齢者はインフルエンザになったときも肺炎を併発する率が高い
・その場合は、ウィルス性ではなく細菌性であることが多い(抗生物質で治る)
・ウイルスが原因の肺炎は、数としてはずっと少ない

とあります。

〇これまでの肺炎:ウィルス性の風邪で免疫が落ちて、他の細菌が肺で活動するため生じる。
 ⇒抗生物質で改善。何事もなく日常に復帰できる。
〇新型コロナ:ウィルスそのものが肺で病巣を作り、肺炎を引き起こす(少ない例)。
 ⇒ウィルスそのものを排除する薬がないため、悪化が続き高い確率で死亡する。

つまり重篤化した場合は、若者と老人の差はありません。
抗生物質が効かず、医師が見守るなかで、何もできずに看取られる感じになります。
米国で10代の死亡例も出ていまして、WHOが全年齢で危険だと警告しています。

感染に関しては年齢に関係なく感染します。インフルエンザより感染力が強いと予想されています。
重篤化については制御できず、軽症時に安静にするしかないようです。
インフルエンザの場合は、ここから重篤化しても、薬を飲んで二日くらいで改善します。
新型コロナの場合は、死を覚悟しないといけません。

こんなとき、自分に咳や喉の痛みがあったらどう思いますか?
怖いでしょ。

「ちきしょう。インフルエンザであってくれ~」

と本気で神に祈ると思いますよ。

以上、ご参考になれば。
    • good
    • 0

コロナに効く特効薬、ワクチンが無い、開発中と言う事かな?

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング