はじめまして。私は、個人発明家をしている者です。分野は、インターネット関連です。初めて特許がとれそうな発明をし、只今、弁理士の方に特許明細書を作成して頂いています。私の職業がエンジニアということもあって、営業経験がまったくありません。なので、特許取得後、どのように企業に売り込みに行ったら良いのか?それに、自分には実績が全くないので、企業に相手にされないのではないか?また、発明がソフトなので、日本企業は特許使用料を払わず、コピーするのではないか?と悩んでいます。個人発明家の方は、どのように売り込みを行っているのか教えて下さい。よろしくお願いいたします。

A 回答 (4件)

私は(も?)個人発明をサイドビジネスにしている機械エンジニアです。



発明協会に相談してみてはどうでしょうか。
各都道府県にあると思います。
相談は無料に場合が多いと思います。

私も知り合いの弁理士の先生から、すすめられていきました。
いろいろ資料を無料でもらえますし、個人出願ソフトも入手できます。

私の場合は、「物」がありますので、インターネットで販売しています。
私は特許出願を自分でしましたので¥15,000ですみました。

インターネットにアップした当日に広告会社からtelがあり
ネットの力を実感しています。

参考URL:http://www.eonet.ne.jp/~caputainsho
    • good
    • 1

売り込みはインターネットで行えばいいと思います。


インターネット関連の技術ならインターネットで行う方が効果的でしょう。
Webページを作り、製品にしてくれそうな企業に声を掛けていけば良いんじゃないですか?

どのような技術か分かりませんが、技術を使われた場合裁判でも起こして、
特許料+賠償金の支払いを求めればいいでしょう。
    • good
    • 0

一体、どのようなソフトなんでしょうか?みんなが使えるソフトなら体験版などを公開して、ある程度実績を積んでから、興味を示した企業と組んで開発を進めたり、売り込んだり。

ある業種で限定されるなら、そう言う関係の人達に地道に体験版を紹介したりして。とにかく、実績(実際の有効性)を少しでも出した方がいいと思いますよ。コピーに関しては、最近、著作権法の強化が進んでいますので、電子データ(ソフト)などでも無断コピーすると厳しくなってます。特許法と著作権法の2つで、しっかりガードした方がいいです。著作権は、ご存知の通り著作物を作った時点で既に発生するので、既にその発明は著作物として保護されていますが、後々の事を考えれば早く特許を取るか、発明の事実を公証役場などで証明してもらって、自分が既に発明してる事を公的な事実としておいてもいいんじゃないでしょうか?特許の取得には申請から時間がかかると聞いた事があります。inventorさんが既にそれを発明したと証明できる証拠がないと、著作権法の保護も危なくなる恐れもあります。
    • good
    • 0

サブマリン特許のように,企業が商品化してから,


「実は僕は特許とってるんだぜ,真似するな」
って感じはどうですか?楽ですよ.
発明が真似された場合は,真似されたことを実証すれば良いです.
ただソフト関係だと,目に直接見えない部分の発明は,
実証が難しいです.
企業への特許の売り込み方法は私も分かりません.ごめんなさい.
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアメリカ特許の検索 Pending Application Patent

アメリカ特許の検索でPending Application Patent US02-11/774,393とあります。この特許を検索して内容を見たいのですが、検索時にUS特許庁の検索ページでどのように入力すればいいのでしょうか。あるいは、特許が成立していないものは見ることができないのでしょうか。成立してるものは、7桁の特許番号を入れるとでました。

Aベストアンサー

参考のアメリカ特許商標局(USPTO)の検索ページから「Patent Application Information Retrieval」に入り、ゆがんだ2つの単語の画像を読んでスペルを「Type the two words:」の欄にタイプします。

そうすると、「Search for Application:」という画面があるので、「Application Number」を選び、「* Enter number:」に 検索したい番号(11/774,393)を入力して Search します。

すると、その出願に関する情報(手続きの日付や出願した人間、審査状況など、「書誌情報」と呼ばれるもの)が表示されます。

「Published Documents」では、それに関連して公開された書類を見ることができます。これで公開番号や特許番号もみられます(先の「書誌情報」でも番号はわかりますが)

「Transaction History」では特許庁の中で取り扱った書類が一式リストとして表示されます(いわゆる包袋=File Wrapperというやつです)

参考URL:http://patft.uspto.gov/

参考のアメリカ特許商標局(USPTO)の検索ページから「Patent Application Information Retrieval」に入り、ゆがんだ2つの単語の画像を読んでスペルを「Type the two words:」の欄にタイプします。

そうすると、「Search for Application:」という画面があるので、「Application Number」を選び、「* Enter number:」に 検索したい番号(11/774,393)を入力して Search します。

すると、その出願に関する情報(手続きの日付や出願した人間、審査状況など、「書誌情報」と呼ばれるもの)が表示されます。
...続きを読む

Q学術論文の引用文献として、特許や企業の機関誌などは引用できるのでしょうか

博士課程1年に所属する者です。

現在、市販されている多孔質体について研究した成果を論文に投稿しようと考えております。この論文作成にあたって、背景として特許の詳細説明文および企業の出版物を引用したいと考えております。

こうした出版物は引用できるのでしょうか?
また引用できる場合、どのような書式で引用すればいいのでしょうか?

木下是雄:「理科系の作文技術」(中央公論新社 2006)p.161-167
を参考にした限りでは、上述2つの出版物の引用の仕方は載ってませんでした。何か良い手引書があれば、それも教えて頂けると嬉しいです。

Aベストアンサー

通常特許は以下のようにします。
発明者名, USPatent 6,475,464 B1 (05, November, 2002).
日付はこの場合B1で「成立特許」なので成立日です。
日本の公開特許は、英文の場合、
発明者名, Japan Patent Kokai 2006-169063 (2006.06.29).
日付は公開日です。日付を(29, June, 2006)にしても構いません、前後で統一して下さい。
企業が雑誌をだしている事もあります。
例えばアルドリッチ社のAldrichimica Acta。
引用はごく普通の雑誌同様です。
企業の定期刊行物はそのまま書いて良いのですが、カタログなどは通常引用元としては不適切です。

Q特許電子図書館の検索について

特許電子図書館の検索について教えてください。

公開特許公報フロントページ検索よりキーワードで検索すると、
出願中のものもヒットします。
そのキーワードで【特許を取得しているもの】だけを絞り込みたいのですが、
どういう風に検索したらいいのでしょうか。

教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「公開特許公報フロントページ検索」ではなく、そのいくつか上にある「公報テキスト検索」で検索して下さい。公報種別で特許公報を選択すれば、特許されたもののみから検索できます。尚、特許された後に、権利が消滅しているものも検索の対象となりますので、もし、現在有効に権利が存続しているか否かを知りたいということであれば、別のところで確認する必要があります。

参考URL:http://www7.ipdl.ncipi.go.jp/Tokujitu/tjkta.ipdl?N0000=108

Qマーケティングは企業経営以外にどのように使われますか。

この質問に対して、ソーシャルマーケティングの観点から答えたらどうですか。とりわけ、コートラが論じた非営利組織のマーケティングのことを挙げたら間違いにならないでしょうか。

Aベストアンサー

フツーの企業は、利益を株主に配当したりしますが NPOは 利益を次の企画・業務などに投資するので マーケティングのみの視点では NPOもフツーの企業も変わりはないと思いますけど・・・。

Q特許検索

特許庁の「特許電子図書館」で検索した特許情報は
私はてっきり、全て特許として成立したものだとばかり
思っていました。
ところが最近そうではないことを知りました。
特許申請した(1年半?)内容がそのまま特許になっても
ならなくても公開される資料と特許となった資料とが異なる
というのです。
この特許となった資料を検索したいのですが、どうしていいのか
やってはみたのがまったくわかりません。
どなたかご教示いただけないでしょうか。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

文書種別をBの特許または特許公告で検索してください。
公報テキスト検索の場合は、特許公報(公告、特許)で検索してください。(デフォルトでは公開特許公報となっています。)

Q契約書(ヨーロッパ企業と日本企業) 企業ID? 責任者ID?

◆ 専門家の方のご意見をいただければ幸いです

海外(ヨーロッパ)の企業との英文契約書についてです。

相手方(甲)と、自分たち(乙)の定義をする冒頭の箇所で、
相手方が作成した契約書案に、見慣れない項目がありました。

”企業のID”と、”責任者(社長)のID”というものが、相手方(甲の部分)に記されていました。

いずれも10桁近い数字と、ハイフン、アルファベットの組み合わせです。

そして、こちら(乙の部分)にも何かの番号なりを記して欲しい、という意味で、その部分が空欄でマーカーがなされています。 

いずれも、"with japanese ID ********" となっています。
("j" は大文字が適切かと思います)


ヨーロッパ(スペインです)でいうところの、

● 責任者のIDは、マイナンバーや、パスポートの番号でしょうか?

● 会社のIDとは、日本では何にあたるのでしょう?
 (登記簿などに書かれているのでしょうか?)


責任者のIDなど、個人情報を記すのは、できれば、避けたいと思うのですが…。
会社のIDだって、ちゃんと住所を書くので、よくわからない数字を探して晒す必要もないと思うのですが……。

よろしくお願いいたします。

◆ 専門家の方のご意見をいただければ幸いです

海外(ヨーロッパ)の企業との英文契約書についてです。

相手方(甲)と、自分たち(乙)の定義をする冒頭の箇所で、
相手方が作成した契約書案に、見慣れない項目がありました。

”企業のID”と、”責任者(社長)のID”というものが、相手方(甲の部分)に記されていました。

いずれも10桁近い数字と、ハイフン、アルファベットの組み合わせです。

そして、こちら(乙の部分)にも何かの番号なりを記して欲しい、という意味で、その部分が空欄でマー...続きを読む

Aベストアンサー

個人、会社ともに納税者番号です。(国によって正式名称は違います)
>● 責任者のIDは、マイナンバーや、パスポートの番号でしょうか?
個人番号(マイナンバー)
>● 会社のIDとは、日本では何にあたるのでしょう?
法人番号http://www.houjin-bangou.nta.go.jp/setsumei/

Q特許番号による特許検索方法

こんにちは.

先日,ある製品の特許について調べていたところ,
「この商品は特許を取得しています。特許第1875483号。」
とあったので,詳細を知ろうと思い,特許庁のHPのIPDLから検索をしようとしました.

しかし,いくら調べても特許第1875483号についての記述が見つかりませんでした.
そこで皆様に,正しい特許番号による特許検索方法を教えていただければと思います.

ちなみに,「この商品は特許を取得しています。特許第1875483号。」は
http://www.facetedpearl.com/what%27s-j.html
このサイトに載っていました.

よろしくお願いします

Aベストアンサー

1.
特許・実用新案文献番号索引照会 で、種別を「登録」にしてから、文献番号に「1875483」を入力し、「照会」をクリックする。
http://www.ipdl.inpit.go.jp/Tokujitu/tjbansaku.ipdl?N0000=110

2.
文献番号一覧が表示される。
出願番号 特許出願平02-160094
公開番号 特許公開平04-051906
公告番号 特許公告平05-085163
審判番号
特許番号 特許1875483

3.
そのページの下の部分で、文献種別を選択し(例えば「公告」)、「リスト」をクリックすると、その文献番号が表示される。

4.
左欄の文献番号(公告の場合は「特公平05-085163」)をクリックすると、その文献が右欄に表示される。

5.
下欄のコントロールで、ページ送りや拡大、PDFファイルなどが可能。

6.
「文献単位PDF表示」をクリックすると、次に表示される認証用番号(4桁)を入力すればPDFファイルでダウンロードできるので、文書のコピーを保存できる。

Q【経営学・外資系企業と日本企業の差】外資系企業の社長が「日本人は報告をしないで、自分だけの情報を多く

【経営学・外資系企業と日本企業の差】外資系企業の社長が「日本人は報告をしないで、自分だけの情報を多く持つ方が自分の価値が高くなると勘違いしているのか情報が全く上がって来ない」そうです。

情報が上がって来ても、肝心な部分は個人で持ちたがる傾向が高く、アメリカでは無駄と考えられている「ムダ話の雑談」が商談のキーになることが多いとのこと。

メールや電話で積極的に雑談をさせるようにわざと指導しているそうです。

それが凄いロスに繋がっていると嘆いています。

どうすれば個人が隠し持っている重要な情報を会社に報告するようになるのか助言をください。

Aベストアンサー

報告する相手(上司)が、それを「重要な情報」として認識し活用できるだけの技量を持っていることが必要になると思います。
昇格させる場合に、その能力を見抜く眼力を経営陣が磨く必要がある。
または、そうした能力がないと経営陣に参画できない仕組みを作る。

Q特許検索・無料と有料の違い。

お世話になります。
特許検索についてお伺いいたします。

有料のパトリス(PATORIS)と無料の特許庁電子図書館などがあります。
利用するなら当然、無料のほうがいいのですが特許を検索する上で何が違ってくるのでしょうか?

Aベストアンサー

#1です。

例えば、特許電子図書館の特許の「公報テキスト検索」の検索ページにある「検索可能範囲」のボタンを押すと、検索可能なデータの一覧が出てきます。例えば、特許公開公報は、平成5年以降のもののみが検索可能であることがわかります。

なお、有料のパトリスなどでも、CD-ROM公報発行前の出願について全文検索できるわけではなく、抄録検索であったり要約検索であったりします。その詳細は各データベースのオンラインヘルプや、仕様書などをご覧ください。

Q「国民が国民を批判しているようでは、国民ではない政治家の思うつぼになってしまうのではないでしょうか」

「国民が国民を批判しているようでは、国民ではない政治家の思うつぼになってしまうのではないでしょうか」

政治家って国民じゃなかったんですか?

これは日本語の比喩表現ってやつですか?

Aベストアンサー

あれっ、それは何処の国の話でしょう?
日本では政治家が絶滅して長いですから日本の話では無いですよね。


人気Q&Aランキング