「置換積分法を微少量の和の極限として説明できる」、
というようなコトを聞きましたが、それはどうやるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

∫f(x)dx 積分範囲はaからbまでとする。



まず区間a≦x≦bをn個の小区間に分割し、各小区間の代表値を定める。
a=x0,b=xnとして、xk-1とxkの間Δxkの代表値を ξkとして次の和を計算する。
f(ξ1)Δx1+…+f(ξK)ΔxK+…+f(ξn)Δxn

n
Σf(ξK)ΔxK……(1)である
K=1

各小区間の幅を0に近づけていったとき(n→∞)の(1)の極限値が
定積分∫f(x)dxである。
ここでx=g(t)によるa≦x≦bとg^-1(a)≦t≦g^-1(b)(逆関数です)
との間の1対1対応を用いて、区間a≦x≦bの分割及び、代表値に対応する、区間g^-1(a)≦t≦g^-1(b)の分割及び代表値を定める。

ξK=g(tk)とすると、x-tグラフより、
Δxk≒g'(tk)Δtk
であることから、(1)は次のように書き換えられる。

n`````````n
Σf(ξk)Δxk=Σf(g(tk))g'(tk)Δtk……(2)
K=1```````k=1

a≦x≦bの分割における各小区間Δxkを0に近づいていけば、
g^-1(a)≦t≦g^-1(b)の分割における各小区間の幅Δtkも0にちかづいていく。このとき(2)は

∫f(g(t))g'(t)dt に近づいていく 。{ 積分範囲はg^-1(a)≦t≦g^-1(b)}。結局、

n ```````` n
Σf(ξk)Δxk≒Σf(g(tk))g'(tk)Δtk
K=1```````k=1
↓ `` ```` ↓

∫f(x)dx= ∫f(g(t))g'(t)dt
(積分範囲aからbまで) {積分範囲はg^-1(a)≦t≦g^-1(b)}

となる。
多少````が気になるかと思いますが、これは位置を調整しているだけなので無視してよいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

区分求積法でのやり方は大体理解することができました。

それでは、以下のような理解の仕方はどうなのでしょうか?


y = f(x) とx=a,x=b,y=0で囲まれた図形の面積は、

超薄い長方形f(x)dxをaからbまで

集めてくるということで、∫f(x)dx(a~b) 。

その微小な長方形の底辺dxをg'(t)dtに変換して、

f(g(t))g'(t)dt (tの世界から見れば、関数f(g(t))g'(t)の下の超薄い

長方形) を、g^-1(a)からg^-1(b)まで集めてくるというコトで、

∫f(g(t))g'(t)dt{ g^-1(a)からg^-1(b) } 。

というふうに理解しても問題ないのでしょうか?

なんか怪しいようで、でもうまくいってしまう。このdxとかdtの取り扱いがね~

今までこの教えてgooのQ&Aをみてきて、なんとなく、

「超準解析」というのをやればこの疑問解決するのかなぁ~と感じていますが、

この予想は当たっているのでしょうか?

なんか的外れだったらごめんなさい。


なんか高校の頃は、問題解いて、そいで数学カンタン、とか思ってたけど、
全然違いますね~。(独り言)

お礼日時:2001/08/19 14:38

1のお礼に書いてあることはdetmul2さんの解釈でいいと思います。


少し補足すると、x=g(t)のグラフというのは変換式をあらわす。

1.y=f(x)のグラフでx軸からa≦x≦bの範囲で「幅の長さがほとんどない長方形」を足しあわせたものが、∫f(x)dxとである。
2.x=g(t)のグラフでx軸からx=g(t)のグラフに向けて、1の長方形と同じ数の長方形を書きます。するとt軸に平行なたくさんの短冊がa≦x≦bの範囲であるのがわかると思います。
3.短冊とx=g(t)のグラフの交点からt軸に向けて垂直に直線を引くと、今度はx=g(t)のグラフの下に1と同じ数の長方形がg^-1(a)≦t≦g^-1(b)の範囲であるのがわかると思います。
4.これら長方形から一つ選んで考えると、Δx/Δt≒g'(t)⇔Δx≒g'(t)Δt。
あとは私の回答通りです。

実際に定理を使って計算するとき、
「xの微分」の考えを使えばdx=g'(t)dtとやることに抵抗はなくなると思います。
4で「Δx≒g'(t)Δt」とやりましたがこの式はΔxの近似式である。
「g'(t)Δt」をdxであらわし、これを「xの微分」という。
dx=g'(t)Δt……(1)
とくにx=g(t)=tのときを考え、(1)に代入すると、
dt=1*Δtになり、(1)に代入して、
dx=g'(t)dtを得る。……☆
両辺をdtで割ると、一見dx/dt=g'(t)=dx/dtとなるが、左辺と右辺は別物である。
この☆式を使えばx=(t+1)/2という変数変換を考えるとき、
dx={(t+1)/2}’dt⇔dx=(1/2)dtとすればよい。

まとめ 「dx=g'(t)dtの解釈の仕方」
1.私が示したように極限計算から極限値∫f(x)dx=∫f{g(t)}g'(t)dtを導く方法。ちなみにこの後の計算は定理でやる。
この左辺と右辺を見比べるとx=g(t),dx=g'(t)dtを代入しただけだとわかる。
2.xの微分の考え方を使う方法。


以上
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「微分の考え」というのは、今までまともに習った記憶がなく、
(もしかしたら忘れてるのかもですが…)
苦戦していましたが、今回、「微分の考え」をナントナク脳に定着させることが
できたような気がします。
あくまでナントナクですが…(HA~…このアタマがうらめしぃ~もっと高機能なアタマを~)

∞はとにかくオッキーンダ~、と思えばいいですが、
十分小さいdxとかは、たとえば図なんか書いて考えるときは、
そのdxよりも小さい世界が目にちらついて考えにくかったりしたのです。
というのがとりあえず今思いついたいいわけです…

ものわかりの悪いぼくに付き合ってくれて、ホントにありがとうございました。

お礼日時:2001/08/19 22:03

stomachmanさんのおしゃる通りです。


私の式は一価関数では簡単に説明できるのですが、多価関数では一対一対応ではないので、このままでは本当に意味がない。
「1対1の対応を用いて、区~」と書いてある所は一価関数の時だけに成り立つと修正しといてください。

さて、x=g(t)が多価関数の時を考察しましょう。
x=g(t)のグラフを書いて、x=a {ming(t)≦a≦maxg(t)}のt軸に平行な直線とx=g(t)の交点をそれぞれ
(ta1,a)(ta2,a)……(tan,a)とする。(ta1≦ta2,…≦tan)

1.t=g^-1(a)を満たす、すべてのtを小さい順に並べる。
2.今度はaを動かして、1と同じようにそれぞれのaについてtを並べる。
3.1,2のすべてのtを小さい順に並べ、番号をつける。
(t1≦t2≦…tk≦…≦tn)
4.あとは一価関数のときと同じように、xの分割及び代表値に対応する、tの分割及び代表値を定めてやる。

こういうことを多価関数のときに自動的にやっていると考えられる。
以上
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ちょっとムヅカシかったので、一般的な場合ではなく、

x = g(t) = t^2 などとして自分でやってみたところ、

g^-1(a) = {A|a = g(A)}
g^-1(b) = {B|b = g(B)}

としたとき、g^-1(a)の任意の要素からg^-1(b)の任意の要素までの
どの範囲で積分しても同じ結果になりそうですね。

それでは、ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/19 14:47

 不定積分を理解なさったのなら、「置換積分法」(変数変換)は、


df/dx = (df/dt)(dt/dx)
を積分形で表したものに過ぎないことはお分かりの筈。ここでのポイントは:
 xやtをひとつだけ見れば「変数」ですが、xとtは独立ではない。つまり両者の間に関係があり、xはtの関数 ( x(t) )である。

 でもまあ、区分求積法に戻って考えてみるのも悪い事じゃありません。変数xからtへの変換は
∫f(x) dx = ∫f(x) (dx/dt) dt
と表せますが、特にx(t)が一価関数でない場合(たとえば t=sin x という場合など)に何が起こっているのか、まで含めて考察しなくちゃあ、意味がありません。

 なお、「置換積分」は一般に多重積分にも拡張され、たとえば二重積分なら、
∫∫f(x,y) dxdy = ∫∫f(x,y) |J| dpdq
ここに|J|は、ヤコビアンと言い、行列Jの行列式(determinant)であり、Jは
J= ∂x/∂p ∂y/∂p
   ∂x/∂q ∂y/∂q 
という行列です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。

ホントに参考になります。

お礼日時:2001/08/19 14:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q極限を求めよでの2通りの変数の置換について。

lim[x→π/2]cosx/(2x-π)
パイ⇔π
と「この極限を求めよ。

」にて、等式を挟んでx=π/2より、t=0と置きt→0としたいからx=(π/2)+tでtについて解きt=x-(π/2)、x=π/2よりt=0と出来、t=x-(π/2)と置く。・・(1)

t=0と置きt→0としたいからx+t=(π/2)をtについて解きt=(π/2)-x、x=(π/2)よりt=0と出来、t=(π/2)-xと置く。・・(2)
(1)、(2)の二通りの置き方があるんですか?

等式を挟む所がマイワールドですみません(汗)

Aベストアンサー

「マイワールド」の「二通り」と仰るのは結局、「分母(2x - π)がtに比例するようにtを定義する」ということでしょ。それをやるには、勝手な(0でない)比例係数を使って、たとえば比例係数を(1/2)として
  t = (1/2) (2x - π) = x - (π/2)
とする。あるいは比例係数を(-1/2)として
  t = (-1/2) (2x - π) = (π/2) - x
とする。あるいは
  t = (1/(2π)) (2x - π) = (x/π) - 2
とする。あるいは
  t = 500 (2x - π) = 1000x - 500π
とする。どれでも良い。

 比例係数が何であっても特に違いはないんだから、係数を何にするのが良いか?なんて心配するのは無駄なこと。「分母(2x - π)がtに比例するようにtを定義する」には、単に
  t = (2x - π)
としとけば充分ですね。

Q数列の和の極限と定積分の問題

学校の数学IIIで数列の和の極限と定積分をやっているのですが宿題で出された問題の一つがどうしても解けないので質問しました。途中過程も書かなくてはいけないので途中式も含めた形で答えてくださるとありがたいです。表記の仕方があまり分からないので見にくくなってしまってすみませんが一応^5や^2は5乗と2乗のつもりで真中に引いてある------
は分数の表示のつもりです。よろしくお願いします。

問 lim    (1+2+3+・・・+n)^5
 n→∞ --------------------------
        (1+2^4+3^4+・・・+n^4)^2

Aベストアンサー

分子:{ n^2 * Σ (1/n)*(0+(k/n)*(1-0)) }^5
分母:{ n^5 * Σ (1/n)*(0+(k/n)*(1-0))^4 }^2
と変形させて最終的には分母と分子のn^10が消えて分母と分子の累乗の中身がそれぞれx^4とxの0から1までの定積分になります.

Q置換積分について

「置換積分法を微少量の和の極限として説明できる」、
というようなコトを聞きましたが、それはどうやるのでしょうか?

Aベストアンサー

∫f(x)dx 積分範囲はaからbまでとする。

まず区間a≦x≦bをn個の小区間に分割し、各小区間の代表値を定める。
a=x0,b=xnとして、xk-1とxkの間Δxkの代表値を ξkとして次の和を計算する。
f(ξ1)Δx1+…+f(ξK)ΔxK+…+f(ξn)Δxn

n
Σf(ξK)ΔxK……(1)である
K=1

各小区間の幅を0に近づけていったとき(n→∞)の(1)の極限値が
定積分∫f(x)dxである。
ここでx=g(t)によるa≦x≦bとg^-1(a)≦t≦g^-1(b)(逆関数です)
との間の1対1対応を用いて、区間a≦x≦bの分割及び、代表値に対応する、区間g^-1(a)≦t≦g^-1(b)の分割及び代表値を定める。

ξK=g(tk)とすると、x-tグラフより、
Δxk≒g'(tk)Δtk
であることから、(1)は次のように書き換えられる。

n`````````n
Σf(ξk)Δxk=Σf(g(tk))g'(tk)Δtk……(2)
K=1```````k=1

a≦x≦bの分割における各小区間Δxkを0に近づいていけば、
g^-1(a)≦t≦g^-1(b)の分割における各小区間の幅Δtkも0にちかづいていく。このとき(2)は

∫f(g(t))g'(t)dt に近づいていく 。{ 積分範囲はg^-1(a)≦t≦g^-1(b)}。結局、

n ```````` n
Σf(ξk)Δxk≒Σf(g(tk))g'(tk)Δtk
K=1```````k=1
↓ `` ```` ↓

∫f(x)dx= ∫f(g(t))g'(t)dt
(積分範囲aからbまで) {積分範囲はg^-1(a)≦t≦g^-1(b)}

となる。
多少````が気になるかと思いますが、これは位置を調整しているだけなので無視してよいです。

∫f(x)dx 積分範囲はaからbまでとする。

まず区間a≦x≦bをn個の小区間に分割し、各小区間の代表値を定める。
a=x0,b=xnとして、xk-1とxkの間Δxkの代表値を ξkとして次の和を計算する。
f(ξ1)Δx1+…+f(ξK)ΔxK+…+f(ξn)Δxn

n
Σf(ξK)ΔxK……(1)である
K=1

各小区間の幅を0に近づけていったとき(n→∞)の(1)の極限値が
定積分∫f(x)dxである。
ここでx=g(t)によるa≦x≦bとg^-1(a)≦t≦g^-1(b)(逆関数です)
との間の1対1対応を用いて、区間...続きを読む

Q数IIIの積分法なんですが置換積分と部分積分法の公式のどっちを使って問題と

数IIIの積分法なんですが置換積分と部分積分法の公式のどっちを使って問題とくかわかりません。問題のどの部分を見てどちらの公式を使うか教えて下さい。

Aベストアンサー

まず置換積分できるか調べましょう.このためには被積分関数を二つの関数の積と考え,一方の関数が他方の関数の原始関数の関数になっていれば置換積分が使えます.すなわち,被積分関数を f(x)g(x) と表したとき,G'(x)=g(x) である G(x) を用いて f(x)=h(G(x)) となる関数 h(u) が見つかれば
∫f(x)g(x)dx = ∫h(G(x))G'(x)dx = ∫h(u)du
です.例えば
(log 2x)/(x log x^2) = h(log x){log x}'
h(u) = (u + log 2) / 2 u = 1/2 + (log 2)/2u
だから
∫(log 2x)/(x log x^2)dx = (1/2){log x + (log 2)log(log x)} + C
となります.
置換積分がダメそうなら部分積分できるか調べましょう.概してこちらの方が調べるのが面倒です(とくに漸化式を使う場合).

Q極限値 問題 lim[x→∞](1+(1/x))^

極限値 問題 lim[x→∞](1+(1/x))^x=e

lim[x→∞](1+(1/x))^x=eを使って、lim[x→∞](1+(a/x))^x=e
を求めよ。

a/x=tと置換したり、(1+(a/x))=a((1/a)+(1/x))としたりしてみたのですが、
解き方がわかりません。

ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

それは無理. 問題を再確認してください.
ちなみに元の条件を考えれば「a/x=t」とおくよりも「x/a=t」とおくのが普通だろう.

Q数IIIの積分法なんですが問題を見て置換積分と部分積分どちらを使って計算す

数IIIの積分法なんですが問題を見て置換積分と部分積分どちらを使って計算するか分からなくなったらとりあえず置換積分の方法でといてみてとけなかったら部分積分でといてみるという解き方でもいいでしょうか?ほとんどは置換積分法で解けますか?

Aベストアンサー

前回質問から少し変わりましたけど、締め切らずに同様の質問をすると二重投稿と判定されることがあります。
もしも二重投稿と判定されたら、最初の質問が強制締め切りになります。
そのとき、ダメージを受けたり気分を害されたりするのは質問者でしょうか?回答者でしょうか?

では本題。

>>>問題を見て置換積分と部分積分どちらを使って計算するか分からなくなったらとりあえず置換積分の方法でといてみてとけなかったら部分積分でといてみるという解き方でもいいでしょうか?

あなたの自由です。
戦略としてどちらが優れていてどちらが劣っているかは、ケースバイケース。
式を見てどう判断するかのコツは、すでに前回で回答しています。

>>>ほとんどは置換積分法で解けますか?

まさか。
置換積分を習ったばかりのタイミングでの小テストぐらいではないでしょうか。

Qテーブルを使った置換

Access2002
Accessでクエリ実行時に特定の文字列を置換したいと思っています。
今までは置換する文字列が1つだけだったので、replace関数を使って直接置換する文字列を書いていたのですが、置換する文字列が今後増えてきそうなのでテーブルで管理したいと思っています。

置換用テーブル
元 ,置換後
000022,002078
000218,002403
000447,002703

クエリは単純な選択クエリなのですが、上記のようなテーブルを使ってクエリ実行時に文字を置換する方法がわかりません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

置換する文字列は項目単位で完全一致しますか。
するなら
SELECT iif( isnull(置換用テーブル.置換後), 置換前.前, 置換用テーブル.置換後)
FROM 置換前 LEFT JOIN 置換用テーブル ON 置換前.前 = 置換用テーブル.元;
でいいかもしれませんね。

Q置換積分における置換演算について

f(x)に対する積分式について、計算のため、

t^2 = x-5

とおく変数の置換式を立てました。

この時、両辺をtで微分すると、

2t = dx / dt → 2t・dt = dx という変換式ができます。

一方、両辺をxで微分すると、

dt^2 / dx = 1 → dt^2 = dx という変換式ができます。

ここで、dt^2 = t・dtとみなして t・dt = dx という変換式として使っては「いけない」明確な説明は、どのようなものになるでしょうか? (t^2という文字を更に別の文字に置換する必要がありますが、高校の数学教科書ではこのあたりが明確に示されていないようです。)

(置換積分の変換式の説明の際、「dx→dt」の置換方法は、合成微分の絡みから、「あたかも分数の掛け算をするように」求められると解説されることがあるようですが、その説明ではこの部分の説明がうまくできません。)

よろしくおねがいいたします。

Aベストアンサー

合成関数の微分の公式から
dt^2/dx=dt^2/dt*dt/dx=2t*dt/dx=1
です。
よって
2tdt=dx

Qエクセルの置換について

セルに次のような数式が入っているときに数式の部分だけ置換する方法がありましたらご指導お願いします。
[B1]
=SUM(A1+A2) →置換後 =A1+A2
[B2]
=SUM(A10+A20) →置換後 =A10+A20
[B3]
=SUM(A100+A200) →置換後 =A100+A200
置換する方法は「編集」-「置換」で
検索する文字列と置換後の文字列が分かりません。
SUM(で置換をかけると数式エラーで置換が出来ず
SUM(*)で置換をかけると当然ですが全て消えます。
お手数ですが宜しくお願致します。

Aベストアンサー

一回では無理だと思います

=SUM( を # で置換
=SUM(A1+A2) → #A1+A2)

) を 空白 で置換
#A1+A2) → #A1+A2

# を = で置換
#A1+A2 → =A1+A2

この様な方法しか思いつきません

Q微少量を含む式の近似について

次の2式を微少量Δxに注目して近似したいと考えています。

-x+Δx+(x^2+Δx^2)^0.5
x+Δx+(x^2+Δx^2)^0.5

線形化や相加相乗平均等考えましたがうまくいきません。
ぶしつけな質問ですが、なにかアドバイスいただけると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 テイラー展開による近似式を使われてはいかがですか。
  √(1+x^2) =1+x^2/2-x^4/8+x^6/16-(5*x^8)/128+...

 あるいは次の近似式を使っても良いと思います。
  (1+x)^a≒1+ax (ただしx≪1)

 これを使うと、(x^2+Δx^2)^0.5 は次のように近似できます。
  |x|{1+Δx^2/(2*x^2)} =|x|+Δx^2/(2*|x|)