【アプリ版】サポートOS変更のお知らせ

働いてない人が株や暗号資産で利益を出した場合、
基礎控除枠を給料所得で使うことがないので、
確定申告をすれば、48万円までは所得税がかからないのでしょうか?

また、20万円までは利益に対して税金がかからないと聞いたので、合計で68万円なのでしょうか?

給料収入がない場合の
税金や株、暗号資産の利益について教えて欲しいです。

gooドクター

A 回答 (3件)

>働いてない人が株や暗号資産で利益を出した場合、


基礎控除枠を給料所得で使うことがないので、
確定申告をすれば、48万円までは所得税がかからないのでしょうか?

はい。

ご質問のうち、

暗号資産の運用で得られる利益は雑所得になります。雑所得は総合課税の所得ですから普通に確定申告書を書けば基礎控除などの所得控除を受けられます。

また、株式の売買で得られる利益は譲渡所得であり申告分離課税の所得なのですが、確定申告をして基礎控除などの所得控除を受ける方法があります。申告書や付表の書き方が複雑ですが・・・

いずれにせよ、給与収入がない人であっても、基礎控除などの所得控除が「宝の持ち腐れ」になるようなことはありません。


>また、20万円までは利益に対して税金がかからないと聞いたので、合計で68万円なのでしょうか?

それは中途半端な知識です。正確に書くと、下の①から④までのどれかの人は、その他の所得が20万円以下ならば確定申告を免除する、という規則があると考えてください。

①…公的年金の収入が400万円以下の人
②…掛け持ち勤務がない人で給与収入が2000万円以下の人
③…掛け持ち勤務がある人で給与収入が「150万円+一定の所得控除」以下の人
④…「①+②の人」または「①+③の人」

ですから、「基礎控除の48万円」と、「確定申告免除の所得20万円」を足し算してはなりません。
    • good
    • 0

利益48万円以下であれば所得税はかかりません。



世の中には投資や投機がすべて分離課税と勘違いされている方がいらっしゃいますが、
暗号資産は総合課税の雑所得です。
したがって、基礎控除は当たり前に受けられます。
また、株については分離課税ですが申告することによって、
基礎控除を受けることができます。

20万円までは税金がかからないというルールはないので、
はおそらくサラリーマンの副業の申告不要と勘違いされていると思います。

働いていない人に20万円は関係ありません。
    • good
    • 0

株も仮想通貨も分離課税なので、基礎控除とか関係ないです。



また株の場合は過去3年間に遡って損益通算できるので確定申告する価値もありますが、仮想通貨の場合は損益通算できないので、大人しく特定口座から、利益が出る売買の度に税金を払っておく方が無難。

仮想通貨の脱税で、何千万円と請求されて、しかも税金は自己破産の対象外だからと、絶望して自殺した奴が何人もいる。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング