柔軟に働き方を選ぶ時代に必要なこと >>

 某大学で警備員をしているのですが、勤務中に大学の備品(楽器)を誤って壊してしまいました。もちろん故意ではないのですが、その楽器が床の上に置かれていた事と、私の不注意が原因です。
 大学側から、私の警備会社に弁償の請求が来て、弁償額は17万円でした。私の会社の社長から、全額私が弁償する事にされてしまったのですが、これは全額私が弁償しなければならないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

大学は、あなたの使用者である警備会社に使用者責任を追及している訳ですが、法律論としては、本来楽器を壊したあなたの賠償債務を代わって支払った会社は、求償権をあなたに対して持っています。



では、全額についてあなたに対して会社が「支払え」と言えるかどうかですが、「全額ではない」と言える判例があります。
(参考)
使用者が、その事業の執行につきなされた被用者の加害行為により、直接損害を被りまたは使用者としての損害賠償責任を負担したことに基づき損害を被った場合には、使用者は、その事業の性格、規模、施設の状況、被用者の業務の内容、労働条件、勤務態度、加害行為の態様、加害行為の予防もしくは損失の分散についての使用者の配慮の程度その他諸般の事情に照らし、損害の公平な分担という見地から信義則上相当と認められる限度において、被用者に対し右損害の賠償または求償の請求をすることができる。(最判昭51・7・8民集30-7-689)

 というものです。

では、具体的に17万のうち、いくらに制限されるかですが、基準はありません。

私だったら、半々と抗弁して、その上で、もし、会社が保険を掛けていなかったら、その半分も会社の過失ありとして過失相殺でチャラに持って行けるよう説得・交渉しますが、あなたに出来ますか?(高価品の置いてある場所の警備をする以上、社員が不足の事故で破損する危険は予測出来たのだから、保険を完備しなかったのは大変な過失です)。

(そんなケチな警備会社は)辞める覚悟で言うことです。会社が納得しなかったら、払わなくてもいいから会社はお辞めなさい。17万のために追求してくるヒマ人もいないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございました。とても参考になりました。
やはり会社は保険をかけていないみたいなんです。もう会社を辞めるつもりで、交渉してみます。

お礼日時:2005/03/03 06:09

警備会社の多くは、こういう事態に備え、賠償責任保険に加入しており、保険で損害をまかなっています。


多分、そういう保険には加入していないのでしょうね。
あなたが会社に賠償する必要があるかどうか、とことん争うというのであれば、会社が大学に弁償した17万円全額を、あなたが負担するという結論にはならないのではないかと思います。
大学側の落ち度を問題にするというより、本来会社が負担すべき損害を、全額、従業員に転嫁するのが妥当なのかという観点からです。警備会社に働く従業員としては、そういう損害を他に転嫁できるような保険もありませんし、警備会社の使用者責任を、弱い立場の従業員に全額転嫁するという、使用者のモラルの問題でもあるからです。
そんな会社に見切りをつけて(つまり解雇を覚悟して)争うというなら、社長と対決したり、調停を申し立てるとか、いろんな道がありますが、従来どおり勤務したいというなら、なんとか金額を減らしてくれとか、分割にしてくれとか、頼むしかないような気がします。
法的な義務はなくても、我慢をしなければならない、サラリーマンのつらいところです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございました。とても参考になりました。
会社は辞めるつもりです。会社側ととことん話し合ってみます。

お礼日時:2005/03/03 06:13

 微妙な問題を含みますが、たいていそういう救済制度のない問題はまず個人のせいにされます。

つらいですよね。

アドバイスします。

 解決方法はあります。実行のまえにいろいろな関係を考えて、あなたが不利にならないように、うまく話を進める方法を考えてください。出鼻が大事ですよ。

 どういう状況で器物が壊れてしまったか、まず、克明にレポートに書きます。自分の悪かったところも、よく考えて反省にして書き加えます。最初の段階でそれを、しないと、被害者や管理者の心証は極めて悪くなります。

 通常はあなたは、すぐに、大学と、少なくとも雇用者の警備会社の上司に報告する義務があります。それを怠ったということであればあなたは報告義務違反の責任を問われる可能性があります。もししなかったときはその理由も書かなければいけません。

 そのなかで、大学の備品(楽器)が正しく管理されていなかったために壊れたということがいえるかどうかで大学の管理責任を問えます。たとえばバイオリンを薄暗がりの通路においておけば当然、踏むかもしれません(危険ですよね)。大学がそれを認めて、管理責任を問える場合は、壊したという過失を相殺できます。責めないで、事実を書き、仕方なかったという印象を与えます(理解してもらいます)。

 宝石の警備のように、貴重なものがきちんとそこにあることがはじめからわかっている場合は管理責任は難しいかもしれません。

 あなたは弁済方法について書いていきます。その代価が17万円なのかどうかもよく調べて、安いところでまったく同じものが入手できれば、ものを壊したのであれば、もので弁済する方法もあります。

 ある程度のレポートができたら、社長に見せて、ちょっと事情を大学に謝りと事情を誤解しているようなので説明にいってよいかどうか伺いを立てます。代わりに行ってあげるといってくれればしめたもの。大概、勝手に行って来い、でも、会社に迷惑はかけるなといわれるでしょう。それでOK。こんな手紙もっていったら逆に怒らすぞ、と言われたら、あなたの限界かも。いえ、誠心誠意かいて試す眇めつみなおせば大丈夫ですよ。きっと、行ってこいといってもらえます。

 大学には理事長あるか学長がいるので、えらいほうに手紙を送るのもよい方法です。そうして一方で、壊した部署に出かけて、事情を話し、謝罪します。もしも、それは気の毒な、といってもらえたら、(大学にもそんなふうに幾分かの責任もあると思うので:ここは言葉を選ぶ)全額賠償は考え直してもらえないかどうかとたずねる。なかには、えー!そんなこと誰が請求したのです?それは個人(や、講座の管理)のものだから大学本部のしらないものですとか出てくるかも。そうすると交渉相手が変わるので有利になるかもしれません。ハイあたしがおいたんです。あなたこそお怪我はありませんでしたか?とか。

 それらを考慮して、あなたが考えて、どう見ても半分にしてもらえそうならうなら、相手が納得しないときには小額訴訟も考えられます。金額は小額訴訟にとって手ごろですね。

 でもそ訴訟まで考えているなんて最初は言っちゃだめですよ。案外、誠意をもって出向くと、相手は鬼から仏になるものです。きちんと準備をして行ってきなさい。社長には大学に謝りに行くというのですよ。でもその謝る気持ちはすてちゃだめですよ、老婆心ですけどね。
 
 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございました。とても参考になりました。
 大学側、会社側との交渉の参考にします。

お礼日時:2005/03/03 06:18

それは貴方の会社がどの様に処理するかによります。


従ってここではお答えできません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q仕事中誤って破損した物の弁償について

主人は整備士2級・検査員です。(会社員)
お客さんの車を修理・点検・車検の最中、誤って車を傷つけてしまうことがあります。(うちの人に限らず、整備員は全員)
その際当然元通り直すわけですが、その費用はすべて個人持ちです。
数千円の物から、数十万円まで。
同僚は20万円以上も弁償させられています。

会社負担は一円もありません。
これでは、大切なお客さんの車にはさわることも出来なくなってしまいます。
(実際にはそれでは仕事にならないのですが。)

会社が保険をかけるなどすることはしないのでしょうか?
先日主人が担当する車のフロントガラスを割ってしまったらしく、今日請求書が来て7万円も支払わなければなりません。

この会社では制服(作業着)も軍手も工具もすべて個人持ちです。
会社は場所を提供しているだけです。
誤って破損した物の弁償も会社は一切してくれません。
これは普通のことですか?
7万円は支払わなければなりませんか?

絶対払いたくないというわけではありませんが、
こう思っているのは私だけではなく、会社の人全員が思っているので、
今後大きな弁償の場合は会社がいくらかでも負担してくれるようになればありがたいな、と思うのですが。

主人は整備士2級・検査員です。(会社員)
お客さんの車を修理・点検・車検の最中、誤って車を傷つけてしまうことがあります。(うちの人に限らず、整備員は全員)
その際当然元通り直すわけですが、その費用はすべて個人持ちです。
数千円の物から、数十万円まで。
同僚は20万円以上も弁償させられています。

会社負担は一円もありません。
これでは、大切なお客さんの車にはさわることも出来なくなってしまいます。
(実際にはそれでは仕事にならないのですが。)

会社が保険をかけるなどするこ...続きを読む

Aベストアンサー

従業員が会社に損害を与えた場合の処理について、就業規則に定めがあれば、それに従うことになります。
就業規則に定めがない場合には、従業員が会社に損害を与えたことが、止むを得ない事情によるものではなく、何らかの過失(不注意)によるものである場合には、損害賠償責任が生じます。
でも労使が公平であるとの観点から、従業員が不注意で会社に損害を与えても全額弁償を求めることはできないと
一般には考えられています。
利益だけは会社のもので損害を受けたときは従業員に
全部押し付けるのはおかしいですよね。
法人であれば自動車管理者責任保険というのに
加入していて従業員人には免責5万を上限として
支払わせるぐらいなのですが・・・。

参考URL:http://seno.jp/pages/insurance/w_parking.htm

Q会社の備品を壊してしまいました

仕事中、パート先の会社のセロテープカッターを不注意で床に落とし、
割って壊してしまいました。
上の人に相談した所、とりあえずガムテープで修繕して使い、
いよいよ使えなくなったら買うとのことでした。
特に弁償とかはいわれてないのですが、何だか気がとがめてなりません。
明日は仕事の日なので、新しいものを買って持っていこうか迷っています。
皆さんだったらどうされるだろうかと思い、質問してみました・・・・・・。

Aベストアンサー

私用で使ったわけでなく、わざと落としたわけでなくですから、仕事をしていれば誰でもある事です。よって、弁償しません。
気がとがめるなら、その分仕事に気合を入れたり、うっかりミスの出ない方法を考えます。

このケースで弁償すると、壊したら状況に関わらず弁償という悪い習慣の芽にもなりかねません。

Q職場で物を壊した場合‥

皆さんの職場ではものや商品を壊した場合どのような処理をしていますか?弁償させられますか?それとも始末書だけで済みますか?また壊した商品はどのように処分されるのでしょうか?

正社員やアルバイト経験のある方教えて下さい。

私のバイト先では、壊れて駄目になった商品を捨てるなりして片付けた後に帰る時にレジで買い取ってます。職場の備品を壊しても謝れば特にお咎めはありません。

Aベストアンサー

>壊れて駄目になった商品を捨てるなりして片付けた後に帰る時にレジで買い取ってます。

それは違法の疑いがあります。少なくともその代金を給与から天引きだと完全に違法です。コンビニは商品がダメになっても本部との契約で損金処理ができないことが多く、そのようなやり方をするのでしょう。スーパーでは賞味期限が近いものをよく値引き販売しますが、コンビニがやらないのは同じ理由です。買取させるというのは従業員が「同意して買い取った」ということにしていますね。

コンビニ(スーパーも同じ)は従業員が働いて利益を上げるわけですから、使用者は従業員が粗相をしないよう注意を払う義務もあります。(壊さないように働きやすくするとか、保険をかけておくとかなど)もし商品を善意で損壊した従業員が商品の買取りを拒否した場合は、強制して買い取らせると明らかに違法です。裁判になれば、使用者側の責任も少なからず指摘され、100%で買い取ることはまずないでしょう。

もし買い取るのが嫌なら、首も覚悟したうえで、買取りを拒否しても刑法には触れないので逮捕されることはありません。交渉して買い取り額を値切るとか、一切拒否することも可能です。その場合は使用者側の責任を指摘すると良いですね。普段から作業中に商品を壊しやすい個所、方法などを店長やオーナーに指摘しておくことをお勧めします。今はパート・バイトは人手不足ですので、他にも働き口が沢山あります。支払いを拒否すれば契約延長を拒否されることもあり得ますが、その場合は他でバイトをやれば良いのです。ただ、余りそれを何度もやると、噂が立って働くところが無くなるかもしれません。

>職場の備品を壊しても謝れば特にお咎めはありません。

それは消耗品扱いで損金処理ができるからです。金額が何百円、何千円だからでしょう。それが何万円、何十万円の備品だと、商品を買い取らせるようなオーナーならきっと弁償させようとしますよ。それとて、商品を買い取らせようとする時と同じで、裁判にでもなれば、100%弁償になることは少ないと思います。

>壊れて駄目になった商品を捨てるなりして片付けた後に帰る時にレジで買い取ってます。

それは違法の疑いがあります。少なくともその代金を給与から天引きだと完全に違法です。コンビニは商品がダメになっても本部との契約で損金処理ができないことが多く、そのようなやり方をするのでしょう。スーパーでは賞味期限が近いものをよく値引き販売しますが、コンビニがやらないのは同じ理由です。買取させるというのは従業員が「同意して買い取った」ということにしていますね。

コンビニ(スーパーも同じ)は従業...続きを読む

Q会社のPCを壊してしまい弁償しろと請求されそうです。

初めまして。どこに相談していいかも分からずこちらへ投稿させて頂きました。
宜しくお願い致します。

私は某企業から委託されている会社に派遣社員として勤めている20代前半の女性です。
勤め先の事務所には私と同じ派遣会社から派遣されている派遣社員が数十名、その派遣会社の社員1人(責任者)のみで働いています。
委託を頂いている企業の社員等は一人もおりません。

私は今日会社のPCにペットボトルの水を謝ってこぼしてしまい私の机にあるパソコン1台を壊してしまいました。
責任者いわく、「たぶん○○ちゃん(私)が弁償する事になるから覚悟しといた方がいいよ。20.30万くらいだと思うけど。」と言われてしまいました。
最初は「そっか・・私が壊したんだからしょうがないよな」と思っていたのですが、これっておかしいと思いませんか?
恐らくレンタル品なので保険もあるでしょうし、水をこぼして壊してしまったのは私が悪いですがその責任は責任者が負う物ではないのでしょうか?
私に弁償させて責任逃れされようとしているとしか思えません。
社内で壊したものをバイトやスタッフが弁償するというのも聞いたことがありません。
スタッフが失敗しても会社や上司が守ってくれるものではないのでしょうか?
家族や友人に相談した所、そんなの絶対おかしい。
1円も払う必要はない。
もし1円でも請求されたら訴えるべき、絶対に払うなと強く言われました。

はっきりした事は明後日の月曜日に確認してみると責任者から言われています。
もし請求されてしまった場合支払う義務はあるのでしょうか?支払う義務がない場合、どのように行動すれば良いのでしょうか?
真剣に悩んでおります。お返事頂けると大変嬉しいです。
ぜひアドバイス、ご意見宜しくお願いいたします。

初めまして。どこに相談していいかも分からずこちらへ投稿させて頂きました。
宜しくお願い致します。

私は某企業から委託されている会社に派遣社員として勤めている20代前半の女性です。
勤め先の事務所には私と同じ派遣会社から派遣されている派遣社員が数十名、その派遣会社の社員1人(責任者)のみで働いています。
委託を頂いている企業の社員等は一人もおりません。

私は今日会社のPCにペットボトルの水を謝ってこぼしてしまい私の机にあるパソコン1台を壊してしまいました。
責任者いわく、「...続きを読む

Aベストアンサー

PCに水をこぼして壊した場合、たとえ保証期間であっても
有償修理になります。
保険に入っている会社もあるかもしれませんが、
最近は保守費用をケチるところが多くなっているので
保険に入っていないところも結構あります。

会社にとってPCというのは備品であると同時に
10万も20万もする高額な精密機器です。
そんなことは百も承知と思われるかもしれませんが、
それであれば水分厳禁であることはわかっていたはずです。
にもかかわらずこぼしてしまうような位置に飲み物を置いていたのは
誰の責任なのか?ということです。

おそらく弁償しないということになれば、
派遣会社にクレームとして上げられると思います。
その場合派遣会社が全部かぶるのか、
あなたと折半になるのかはわかりませんが、
1円も払わないで済ますというのは難しいと思います。

もしそれをやった場合は、同じ派遣会社から来ている
別のスタッフに迷惑がかかることになるでしょうし、
最悪契約見直しということにもなりかねません。
そうなると今度は派遣会社があなたに対して
損害賠償請求をしないとも限りません。

まずはあなたがこぼして壊したのですから
誠心誠意謝罪することです。
おそらく社員であっても始末書を書かされて
ボーナス査定に響くということになるでしょうから、
今後は気をつけるということを言って
謝ったほうがいいですよ。

「私には払う義務はない!」などと突っぱねていると
本当に訴訟だとか派遣会社の契約解除という
大きな話になりかねませんよ。


自分が家で使うPCの場合、うっかりこぼしてしまうような位置に
飲み物を置いたりしませんでしょう?
何故同じように注意しなかったのでしょうか?

PCに水をこぼして壊した場合、たとえ保証期間であっても
有償修理になります。
保険に入っている会社もあるかもしれませんが、
最近は保守費用をケチるところが多くなっているので
保険に入っていないところも結構あります。

会社にとってPCというのは備品であると同時に
10万も20万もする高額な精密機器です。
そんなことは百も承知と思われるかもしれませんが、
それであれば水分厳禁であることはわかっていたはずです。
にもかかわらずこぼしてしまうような位置に飲み物を置いていたのは
誰の責任...続きを読む

Q業務上の事故に対する個人賠償責任保険について

賠償責任保険について教えてください。

母がパートで洋服のお直しの仕事をしています。そこの会社は賠償責任保険に加入しておらず、当面その予定もないそうです。

が、最近、言いがかりをつけて弁償を要求するお客さんが増えてきたため、母は少ない月給から数万円の賠償金を払ったりもしています。(会社も一部は負担してくれていますが)

調停でもしたらどうかとも思ったのですが、いちいちそんなことをしている暇はなく、職を失いかねないので、母個人で賠償責任保険に入ったらどうかと考えています。

ただ、個人賠償責任保険は、たしか日常生活で他人の物を弁償する時に適用されたはず。
洋服の直しという業務中の事故には適応されないような気もします。

そして、賠償責任保険は会社など団体で入るものだったような。。。

母が個人で入れる賠償責任保険が、もしありましたら教えていただきたいです。
宜しく御願いいたします。

Aベストアンサー

#1さんご回答の通り、個人で入ることのできる保険はありませんので、会社で手配してもらうほかありません。また賠償金を個人負担にさせるのであれば、社会通念上再発防止のための適当な金額である必要があり、給料に対して大きな負担を強いられているのであれば、きちんと声を上げることも必要かと思います(もちろん仕事を続けたいとのお気持ちもあるとは存じております)。

一方、本質問とは関係ありませんが、#1さんのお答えになっているリコール、PL(+瑕疵保証)について若干補足させていただきます。

製品に欠陥があったため、製品自体が故障したようなケース
⇒瑕疵保証保険
製品の欠陥のため事故が発生し、第三者の人的・物的被害が発生したようなケース
⇒PL(Product Liability)保険
同種の市場流通製品にも同様の事故発生の可能性があるため、製品回収を行うようなケース
⇒リコール保険

いずれも製品の安全性・品質を保証するようなタイプの保険のため、保険会社としては引受は保守的です。中小零細では保険料が支払いきれず、自動車や電機メーカーほどの大企業になると金額が大きすぎて単独では引受できないという感じじゃないかと思います。

#1さんご回答の通り、個人で入ることのできる保険はありませんので、会社で手配してもらうほかありません。また賠償金を個人負担にさせるのであれば、社会通念上再発防止のための適当な金額である必要があり、給料に対して大きな負担を強いられているのであれば、きちんと声を上げることも必要かと思います(もちろん仕事を続けたいとのお気持ちもあるとは存じております)。

一方、本質問とは関係ありませんが、#1さんのお答えになっているリコール、PL(+瑕疵保証)について若干補足させていただきます。

製...続きを読む

Qうっかり他人のものを壊してしまったときの保険はありませんか

うっかり店頭のグラスを落としてしまったとか、うっかり窓硝子を割ってしまったとか、その手のトラブルに対応できる保険はないでしょうか。
年間500円程度で入れるものがあると聞いたことがあるのですが、探してみても見つけることができませんでした。
何か知っている方がいらっしゃれば、教えてください。

Aベストアンサー

「個人賠償責任保険」だと思います
単体で加入可能なものと自動車保険や火災保険に特約として付帯するものとあります


限度額を低めに設定すれば年間500円で設定可能かもしれませんが、通常、損害保険には単体で契約する場合、最低保険料というのがあります。(それ未満の保険料では契約できない)おそらくその最低保険料が500円というところからの話かと思われます。
以前でおぼえている範囲ですと1億円限度額で保険料2000円ぐらいだったと思います
最近は、特約として付加するパターンのが主流で、限度額無制限で月100円ぐらいです
さらに最近の特約タイプのものには示談交渉サービスが付帯されているものまであります
以前のものは示談交渉サービスが付帯されていませんでしたが、このサービスは非常に便利なものです
今までですと、店頭のグラスを割ってしまった場合で考えますと、契約者自身が直接お店の人といくら払えば許してもらえるかという交渉をしなければなりませんが、このサービスが付帯されていると自動車保険のときなどと同じように相手方との交渉を保険会社が行ってくれます

さらに同居の親族全員が一契約で被保険者となりますので
ご家族の多い家庭においてはさらにお得感がでます

「個人賠償責任保険」だと思います
単体で加入可能なものと自動車保険や火災保険に特約として付帯するものとあります


限度額を低めに設定すれば年間500円で設定可能かもしれませんが、通常、損害保険には単体で契約する場合、最低保険料というのがあります。(それ未満の保険料では契約できない)おそらくその最低保険料が500円というところからの話かと思われます。
以前でおぼえている範囲ですと1億円限度額で保険料2000円ぐらいだったと思います
最近は、特約として付加するパターンのが主...続きを読む

Qバイト先の備品を壊してしまい店に10万円を請求されました。払わなくてはいけませんか?

バイト先の備品(PDA)を壊してしまい、10万円ほどを請求されました。
そのPDAには予め、壊したら罰金10万円と紙が貼ってありました。
それでも壊してしまう私が悪いのかもしれませんが、バイトとして雇用されている私が賠償費を払う義務はあるのですか?

壊してしまった機械はバイトが使う物でもあります。

素人考えですが、そのような機械が雇用しているバイトによって壊された場合、雇用責任みたいな感じで、雇用している側である店が何とかすべきだと思うのですが、どうなのでしょうか。
バイトである身の私が払う義務はありますか?

あまりにも消費者に不利な約款は無効になると聞いたことがあるのですが、事前に「壊したら罰金」などの張り紙をしていたと言っても、この場合、その張り紙の効力はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

賠償を予定する契約は無効ですが、被雇用者に損害賠償請求をしてはならないという法律はありません。故意または重過失が認められれば、当然に賠償責任を負う場合があります。

張り紙に強制力はありません。
強制力が認められるのは裁判で賠償責任が確定した場合です。ですから使用者に給料から天引きする権限はありません。
張り紙があるだけで被雇用者が合意しているわけでないのなら、損害賠償を予定した契約とはいえないと思われます。「無断駐車罰金10万円」という看板と同じようなものです。いずれにしても強制力が無いことに変わりはありません。


法律的に正論を言うなら、
張り紙に強制力は無く、損害賠償として10万円を支払うことについては雇用者が確実な予防措置を講じているとはいえないと考えるから拒否する。
給料から天引きした場合雇用契約違反なので労働基準局に訴える。
ということで、いいんじゃないでしょうか。

小額訴訟を提起される可能性はありますが、そうなれば裁判でご自分の主張を述べられれば良いと思います。
繰り返しますが、被雇用者は何をやっても賠償責任を免れるわけではありません。禁止されている方法で取り扱って壊しただとか、業務目的以外に使用したとか、重大な過失があれば裁判でも賠償命令される可能性はあります。裁判でも賠償が認められるようなら、仕方無いので払ってください。
しかし、故意に壊したわけでない限り使用者の責任がゼロになるとは考え難いですし、訴訟になったからと言ってPDAぐらいなら訴額が20万円になるわけは無いでしょうし、民事で敗訴しても前科がつくわけじゃありません。

賠償を予定する契約は無効ですが、被雇用者に損害賠償請求をしてはならないという法律はありません。故意または重過失が認められれば、当然に賠償責任を負う場合があります。

張り紙に強制力はありません。
強制力が認められるのは裁判で賠償責任が確定した場合です。ですから使用者に給料から天引きする権限はありません。
張り紙があるだけで被雇用者が合意しているわけでないのなら、損害賠償を予定した契約とはいえないと思われます。「無断駐車罰金10万円」という看板と同じようなものです。いずれにし...続きを読む

Q勤務中に起こした事故の自己負担額?

会社員です。
勤務中に現場へ向かう為に、会社の車を運転していた所、物損自己を起こしました。
会社は保険を使って直したのですが、実際にかかった費用の25%を払えと支払い命令を受けました。
とりあえず支払いましたが、これに違法性はないのでしょうか?
就業規則には、会社に大きな損失があった場合は一部支払いをする事もある。とは書かれています。
また、引越し現場作業で、お客様の皿を割ってしまい、会社で弁償する事になったのですが、それも支払い命令書がきました。
現場での作業に危険はつき物ですので、現場作業員も注意しなければならないのはもちろんですが、月に200~300件の引越しをしていると、少なからず事故などはあります。(コップを割った等)
これに対して毎回割支払い命令書を受け取ります。
労働監督署に相談する前に、違法性があるかどうか、又はその他参考になるかと思い質問してみました。
誰か分かる方、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

労働基準法で禁止しているのは、損害賠償を予定する契約を行う事で、労働者の過失によって生じた損害について、賠償請求して良い/悪いって事は定めていません。
例えば、何度も注意したのに、会社の壁なんかを殴るのをやめず、破損させただとか。

> とりあえず支払いましたが、これに違法性はないのでしょうか?

通常の損害賠償請求とかの案件になりますので、質問者さんがOKして支払いしちゃったのであれば、問題にならないです。

なぜ支払いしなきゃならないのか?合理的な理由、根拠の提示などを求めるべきだったのでは?

会社がしっかり安全運転の教育や訓練を行うとか、物品を破損させないよう作業時間に十分な猶予を持たせる、コップなんかが割れないための梱包手順やケース、保険をかけとく、落下時に破損を防ぐマットなんかを導入とかしなかった事が原因だとか。
そういう業務改善の請求を行ってきたが、会社が問題解決のための努力を怠った事で事故が再発したとかって事にすれば、免責を主張する事は可能かも。


会社からまともに裁判して損害賠償させる事を想定すると、従業員の重過失は別にして、
・事故を起こさないためのマニュアルを整備、訓練や教育を実施、安全基準を設置して定期的にチェック。
・就業規則に懲戒規定を整備した上で、口頭注意、書面注意、始末書提出など、段階的な処分を実施。
とか程度は必要と考えられますし。


民事の要因が強い案件だって判断だと、労働基準監督署は介入する余地が無いかもしれません。
通常であれば、そういう状況での相談先としては、まずは職場の労働組合へ相談する事をお勧めします。
組合が無い、機能していない状況でしたら、社外の労働者支援団体へ相談してみてください。

Yahoo!トップ>ビジネスと経済>労働>労働組合
http://dir.yahoo.co.jp/Business_and_Economy/Labor/Unions/

の、
全国労働組合総連合(全労連)
全国労働組合連絡協議会(全労協)
など。

労働基準法で禁止しているのは、損害賠償を予定する契約を行う事で、労働者の過失によって生じた損害について、賠償請求して良い/悪いって事は定めていません。
例えば、何度も注意したのに、会社の壁なんかを殴るのをやめず、破損させただとか。

> とりあえず支払いましたが、これに違法性はないのでしょうか?

通常の損害賠償請求とかの案件になりますので、質問者さんがOKして支払いしちゃったのであれば、問題にならないです。

なぜ支払いしなきゃならないのか?合理的な理由、根拠の提示などを...続きを読む

Q仕事中の事故に対し会社はどこまで本人に責任追求できるか。

運送会社をしておりますが、私の会社の運転手が後ろから追突事故を起こしました。もちろんこちらが100%悪いのですが、幸いスピードが出ていなかったため、大きな事故にはなりませんでした。この事故に対して相手側には保険で対応しましたが、自分の会社のトラック修理に60万円かかりました。これに対し会社は何処まで本人に請求できるのでしょうか?そして私も考えておりますが、事故を二度と起こさぬよう、これからの対策はどのようにすれば良いのかアドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1、No.2です。
「このような事故を再発しないようにするために、もっと責任を持って仕事をして欲しいというのもあり、何かペナルティーを付けなければと思いました。」とのことですが、通常これは、懲戒処分としてなされるのが一般的です。懲戒処分には就業規則等の根拠、弁明の機会等の手続きも必要となります。
 「修理代」の一部負担については、事故に対しての労働者の過失により、重過失があれば可能と思いますが、軽過失の場合はできないというのが、判例や有力学説の立場のようです。
 労働者が争う姿勢を示した場合、会社として労働者の重過失の立証が可能かが問題になります。
 制裁としての減給にも上限があり(仮に平均賃金が1万円であれば、5,000円が限度:労働基準法91条)、「事故の修理代の一部負担」をペナルティーとすることは難しいように感じます。
 顛末書の提出を求め、その原因等に対する責任の度合いを勘案して対応されてはいかがでしょうか。労働者の言動(不作為)と処分の重さもポイントになると思います。
 法的なペナルティーの取り扱いについても、労働基準監督署や労働局、労働条件相談センター等が一般的な見解を示してくれると思いますので、そちらの意見を聞いてみるのもいいかもしれません。

http://www.ibarakiroudoukyoku.go.jp/soumu/qa/kanri/kanri02.html(制裁の上限)
http://www.pref.saitama.lg.jp/A07/BL00/so-dan/jireishu5-8.html(懲戒処分)
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/rosei/soudan/siryou/sankou/nouhou/pdf/nouhau24.pdf(懲戒処分)
http://www.pref.osaka.jp/osaka-pref/sogorodo/soudan/shin-Q&A/Q&A191.pdf(懲戒処分)
http://www.pref.osaka.jp/osaka-pref/sogorodo/soudan/shin-Q&A/Q&A192.pdf(懲戒処分)
http://www.pref.fukushima.jp/roui/roushitoraburuqa/kobetu/200111.html(始末書)
http://www.pref.yamagata.jp/sr/roudou/qanda/index.html(退職・解雇・懲戒処分>> (4)懲戒処分について>1懲戒処分)
http://info.pref.fukui.jp/roui/homepage/content/qa/qa10.html(懲戒処分)
http://www7a.biglobe.ne.jp/~tsudax99/tebiki/kaiko/tyokai.htm(懲戒処分)
http://www.mhlw.go.jp/link/index.html#sisetu(労働局)
http://www.campus.ne.jp/~labor/kankatu.html(労働基準監督署)
http://www.zenkiren.com/center/top.html(労働条件相談センター)

No.1、No.2です。
「このような事故を再発しないようにするために、もっと責任を持って仕事をして欲しいというのもあり、何かペナルティーを付けなければと思いました。」とのことですが、通常これは、懲戒処分としてなされるのが一般的です。懲戒処分には就業規則等の根拠、弁明の機会等の手続きも必要となります。
 「修理代」の一部負担については、事故に対しての労働者の過失により、重過失があれば可能と思いますが、軽過失の場合はできないというのが、判例や有力学説の立場のようです。
 労働者が争...続きを読む

Q派遣先で会社の備品等を壊してしまった時

自分の不注意から派遣先の会社で備品を壊してしまいました。(故意ではなく、他の社員の方がやってもおかしくない状況ではありましたが)私が弁償しなければならないのでしょうか?
すぐに派遣会社の担当者に電話を入れましたが、今まで事例がないので相談するとのことでした。

Aベストアンサー

人材業界の者です。
備品破損というのは汗ってしまいますよね。

まず、大前提としてはあなたに弁償する義務はあります。民法上、故意または過失(軽過失でも)で他人の財物を破損してしまった場合は弁償をする義務が発生します。(誰かがあなたの持ち物を壊してしまった場合、弁償してよ!という概念です)

労働関係において会社の器物を破損した場合ですが、この場合も上記法律に該当します。派遣の場合ですが、まず派遣先は労働者派遣契約にもとづいて派遣元に対して損害賠償をする権利を持ち、弁償後派遣会社は実際に破損行為を行ったあなたに対して損害賠償の請求権を持ちます。その際、実際の管理上(派遣先指揮命令者などが破損を予見できて、なるべくそのような出来事がおこらないようにしていたか?)の責任や派遣元の使用者責任(注意義務等)で減額されることはあります。

というのが法律上ですが、実際上はどのような物品を破損したか?金額がどれくらいのものによるか?その後の処理対応(いわゆる派遣先との感情的部分)がどうなるかが関係してくると思います。

今回のケースではまず派遣先の責任者はどのような態度なのでしょう?(すぐ弁償しろ!!っと怒っているとか、怒ってはいるが起きてしまったことは仕方がないと理解がありそうとか・・etc)

当然summersummer1234さんからは直接派遣先の上司には謝罪していると思いますが、派遣元の担当者も上司随行で「すぐ」派遣先に赴き責任者に謝罪する必要がありますし、普通はその時点でなんとか鉾を収めてもらうように努めます。派遣元の担当者に報告したのにまだ謝罪に行っていないようであればsummersummer1234さんから強くお願いした方がよいと思います。(このケースで即座に派遣先に謝罪に行かない担当者は失格です)


現実的には余程のこと(重過失)が無い限り、普通におきてしまいそうな破損について、いきなり弁償させたりはせず、初回は厳重注意や始末書を提出させるなどの対応をとることが多いでしょう。

もう少し経緯や状況がわかればアドバイスできるかもしれません。

人材業界の者です。
備品破損というのは汗ってしまいますよね。

まず、大前提としてはあなたに弁償する義務はあります。民法上、故意または過失(軽過失でも)で他人の財物を破損してしまった場合は弁償をする義務が発生します。(誰かがあなたの持ち物を壊してしまった場合、弁償してよ!という概念です)

労働関係において会社の器物を破損した場合ですが、この場合も上記法律に該当します。派遣の場合ですが、まず派遣先は労働者派遣契約にもとづいて派遣元に対して損害賠償をする権利を持ち、弁償後派...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報