色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

今日 台湾の航空識別圏内に 延べ13機の 中国機が侵入したとの事

中国は 台湾を 自国と言っているなら

遠慮せず 台湾に 着陸ぐらいすれば良いと思うんですが。

台湾に 何か 遠慮する事でも 有るんですか。

何だか 中国らしくないと 思います。

gooドクター

A 回答 (5件)

台湾に 何か 遠慮する事でも 有るんですか。


  ↑
ありますよ。

台湾関係法、という法律が米国に
ありまして、これは事実上の軍事同盟
になっています。

だから、いざとなれば米国軍が
出てくる可能性があります。

それで、中国もへっぴり腰になって
いるのです。
    • good
    • 0

いくら強盗部族とは言え、自らWW3の口火を切る訳にはいかないからでございます。


強引な植民地拡大政策を推し進める中国に対し、QUAD以外にも欧州、並びにASEAN諸国も続々と包囲網形成に参加している中、万が一、台湾領空内で予期せぬ衝突が起きた場合の反応を考慮した場合、流石に傲慢極まる侵略行為が看過されるものではない事は習近平も承知致しております。

尚、1日に台湾防空圏に侵入した支那空軍の戦闘機と爆撃機の数は38機、これとて十分な宣戦布告行為でございます。
    • good
    • 2

中国は中国共産党に占領された地域。

選挙・言論の自由なく、強力な監視社会。中国共産党員にとっては天国ですが、一般庶民は政治に口出しせず、言動に注意しながら過ごす心理的奴隷社会です。ウイグル・チベツト・香港などで既に証明済み。全ての機関・法律は共産党政権維持の為にあり、ヤクザの掟で庶民を縛っている様なものです。国民から選ばれた正式な国ではないが、世界第二位の経済力、後数年で米国を追い越すという軍事力に世界の多くの国が服従的認定をしているに過ぎません。
これに対して、台湾は国民から選ばれた総統がおり、立派な国家です。しかも、現在は自由を愛する民進党政権です。平和ボケ日本より遥かに軍備の国産化など危機管理意識は高い。ヤクザに対する防衛力は並大抵ではありません。
〝中国は台湾を自国と言っている〟は、正確には〝中国共産党は台湾を自国と言っている〟です。前述の様に、真面な国ではなく、中国共産党は縄張り拡大の為には嘘も平気です。スプラトリー諸島強奪でも証明済み。台湾だけでなく、日本の尖閣も中国共産党のものと主張し、領海侵犯を繰り返している。日本は遺憾砲だけ。

万一、中国共産党機が台湾に無断着陸したら他国侵入になります。台湾機が警告・撃墜しても何ら国際的には何ら問題ありません。中国共産党が台湾侵略の戦争を起こすならば台湾有事を日米豪印連合は黙っていないでしょう。特に米国は支援を言明しています。戦争でも起こせば中国内部で反乱がおき、中国共産党政権は崩壊するでしょう。独裁者習近平は曝し首になるかも知れません。真の民主的分割中国の誕生です。幾ら世界情勢ヤンチの大ヤクザの頭領習近平もそこまで馬鹿ではないので、無断着陸は出来ないとみてます。

ただ、ヤクザは何を考えているか判りません。台湾離島、尖閣をまずヤクザは縄張り拡大の足がかりとして狙っています。日本も正に戦時体制である事を忘れない事です。岸田新政権にはコロナだけに目を奪われる事無くシッカリと防衛力強化をして頂きたいですね。
    • good
    • 3

航空管制官の許可無く着陸は出来ないでしょ?



民間機であれ、軍用機であれ
自国か他国か、これも問わず
    • good
    • 0

中国の民間機は毎日何機も台湾に着陸しています。

 軍用機は着陸してしまったら役に立ちません。 空を飛んでるからこそ役に立ちます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング