多発性骨折で非常に痛い思いをしています。肋骨が10箇所以上,骨盤の右股関節の部分1箇所,さらに先日背骨の圧迫骨折・・・
骨シンチやMRI,骨髄穿刺をはじめとする各種血液検査や尿検査等でも原因がわからず,治療の方針も立てられない状態がすでに半年以上続いています。
レントゲン写真では骨が非常に薄く写る状態で,とても実年齢(30歳)のものには見えないそうです。
このような症状につながるような病気って,どのようなものが考えられるのでしょうか。何か有効な治療法はあるのでしょうか。教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

おつらい状況お察しします。

さて、骨粗鬆症の症状があるということは、骨粗鬆症になった原因を調べたらいいのだと思います。骨粗鬆症は、加齢以外にもホルモン異常(女性なら卵巣から出されるエストロゲン、男性ならアンドロゲン)、副腎機能異常(コルチゾールの過剰)、甲状腺機能異常、下垂体(脳の一部)機能異常などの内分泌系疾患や、ビタミン不足(体内での産生能低下、吸収障害)、膠原病(リウマチ、マルファン症候群、Ehlers-Danlos症候群、ホモシスチン尿症など)その他、肝臓の病気や糖尿病、などさまざまな病気でも引き起こされます。また、過激なダイエットや、拒食症などの栄養不良状態でも引き起こされます。通常の血液検査だけでなく、ホルモンや抗体など特殊な血液検査が必要になります。出来れば、膠原病・アレルギー専門医や産婦人科専門医、内分泌内科などでもご相談をすすめます。ただし、詳細な紹介状が必要ですから(同じ検査を繰り返す必要がないように)、今の主治医とよくご相談になってください。ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

うむむ・・・色々ありがとうございます。
自分でも素人向けの医学書など調べてみたり先生に質問したり、何とか糸口を見つけようとしているんですが・・・
具体的な病名等、本当にありがとうございます。主治医の先生と相談し、原因究明と治療の方向付けの参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/08/31 09:40

 多発性骨折とレントゲン所見のお話から推測すると「骨粗鬆症」を疑います。

ご承知の通り「骨粗鬆症」は高齢者の病気ですが、この場合検査上明らかな異常は認めないことが多いです。現在の年齢から考えると当てはまりませんが、これ以外の疾患は「検査上異常なし」という部分から考えにくいです。この治療としては「ビタミンD」「カルシウム剤」「ビスフォスフォネート」等の内服薬に加え、「エルシトニン」というホルモン製剤の注射なども考慮します。また、最近では「アレンドロン酸ナトリウム」という新薬も開発されています。他の疾患ももちろん疑っていく必要はあるかと思いますが、すでに骨がもろくなっている状態が続いているのは確かなので、主治医の先生と相談してこれらのお薬を処方されてみてはいかがでしょうか。また、客観的に「骨粗鬆症」を診断する検査で「骨密度検査」というものがあります。この結果も踏まえて薬剤の選択もする必要があると思います。

この回答への補足

早速のお返事,ありがとうございます。
結果的に骨粗しょう症の症状が出ている事は疑いがない様で,対処療法として件のエルシトニンを週に1回,20単位ずつ筋肉注射しています。でもそれはあくまで対処療法で,骨が弱くなった原因を突き止めないと,根本解決にはならないのです。
何故骨がボロボロになってきてしまったのか?それがわからないとどうしようもないそうなんです。

補足日時:2001/08/30 20:33
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q骨シンチ検査で・・・

骨シンチ検査で使う薬品99mTc-HMDPと99m-MDPの違いってあるんですか?簡単でいいので教えてください。

Aベストアンサー

画像上で異なる点は#1の方がおっしゃるとおりBGにあると思います。
ただ、効能が異なります。
両医薬品とも、骨のイメージングに利用できるのですが、MDPの方は、脳腫瘍および脳血管障害を目的とした脳シンチとしても利用することが可能と添付文書に書いてあります。
脳シンチの場合はダイナミックが一番大きな情報です。
遅延画像は2時間後以降とありますが、骨イメージと一緒になりますので、注意が必要です。

Q腰椎穿刺と骨髄穿刺について教えて下さい。

いつも様々な質問に回答していただけて、とても感謝しています。
今日の質問なんですが、腰椎穿刺と骨髄穿刺の具体的な違い(その目的など)について教えて欲しいです。また腰椎穿刺の後、脳圧が上がるのを防止する為に水平にして休ませるということですが、脳圧が上がるのを防止するには、頭部を少し上げるのでは??と思ったりするんですが、ここのところも教えて下さい。

Aベストアンサー

腰椎(←場所)穿刺
骨髄(←物=採取目的物)穿刺

『腰椎穿刺』はただ単に『腰椎部分から穿刺し髄腔に到達する手技』のことで、場合によって目的が1)『脳脊髄液(CSF)を採集する』ことだったり2)『造影剤を注入して撮影する』だったり3)『麻酔液を注入して腰椎麻酔を行う』だったりします。一般には腰椎穿刺≒1)ととることが多いですけれど…
検査後水平(仰臥位)に保つのは、CSFの無用な漏れを最小限にとどめ合併症を防ぐ目的だったと思いますよ。

○脳脊髄液の検査
http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi-bin/view.cgi?10_22_0_0_0_0

一方『骨髄穿刺』は骨髄を採取する目的の検査で、通常は「胸椎」が用いられます。脳脊髄液が目的の腰椎穿刺と異なり、『骨髄(少量)』が目的で検索されるおおくは『骨髄疾患、造血異常』です。

○骨髄穿刺(マルク)
http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi-bin/view.cgi?22_40_0_0_0_0

腰椎(←場所)穿刺
骨髄(←物=採取目的物)穿刺

『腰椎穿刺』はただ単に『腰椎部分から穿刺し髄腔に到達する手技』のことで、場合によって目的が1)『脳脊髄液(CSF)を採集する』ことだったり2)『造影剤を注入して撮影する』だったり3)『麻酔液を注入して腰椎麻酔を行う』だったりします。一般には腰椎穿刺≒1)ととることが多いですけれど…
検査後水平(仰臥位)に保つのは、CSFの無用な漏れを最小限にとどめ合併症を防ぐ目的だったと思いますよ。

○脳脊髄液の検査
http://leo.city.naze.kagoshima...続きを読む

Q要介護度5の祖母が 大腿骨 骨頭の骨折をしました。

要介護度5の寝たきりになり5年経つ84歳の祖母がいます。
意思表示は2日に1回ほどのうなずきや首ふりと、手を振りかざして苦痛などを訴えるくらいです。
認知症の可能性もあります。

昨日の昼、ベッドから落ちた祖母を病院に連れて行き先生に診ていただきました。
先生が足を曲げてもまったく痛がる様子もなく「きっと大丈夫ですよ」とおっしゃっていただいたのですが、念のためのレントゲンを撮ってみると、大腿骨と股関節の間の骨頭が骨折していました。
先生は「手術という方法がある。でもそれは高齢の方には肺炎などの感染の可能性が非常に高くて、手術しなければよかったと言うご家族の方が多いです」
あとで看護婦さんが、無理に手術せず安静を保つのがいいのでは、といった感じのことをおっしゃってくださいました。

脳梗塞により寝たきりになり、リハビリ開始も数年後だったのでだいぶ遅かったのですが、1年近くリハビリを続けて少しずつですが変化が見られました。
特にこの2週間は驚くほどの動きを見せたりと、それはすごく不思議だったのですが、そんなときにベッドから転落してしまいました。

今回手術を受けるか受けずにそのまま安静にするのか、迷っています。
手術をしなかった場合、祖母が頑張ってきたリハビリなどの動かしを安静にしたあとも、数か月経ったとしても、控えることになるのでしょうか。
いろいろ調べたのですが、手術をしてもしなくても痛みは残るということなどが書かれてありました。
先生は、痛みは個人差なのでわからないとのことでした。
手術後と、手術しなかった後と、どうなるのかがあまりわかりませんでした。
これからもずっと寝たきりであろう祖母にとって、どちらがより少しでも楽な選択なのか、ご意見いただけないでしょうか。

本日また病院へ行き、大腿部以外のレントゲンを撮り、足を引っ張り、1週間~2週間ほど入院する予定です。
手術は今日明日で早急に決めなくてはならないこともないそうですが、入院中に判断するつもりです。

医療のこと、骨折の痛みさえ私にはわからず、的確な祖母の意思確認も難しく、これから先の生活がかかっているのではないかと思うと判断に自信が持てず困っています。
どんなことでもけっこうですので、どうか、どうかよろしくお願いいたします。

要介護度5の寝たきりになり5年経つ84歳の祖母がいます。
意思表示は2日に1回ほどのうなずきや首ふりと、手を振りかざして苦痛などを訴えるくらいです。
認知症の可能性もあります。

昨日の昼、ベッドから落ちた祖母を病院に連れて行き先生に診ていただきました。
先生が足を曲げてもまったく痛がる様子もなく「きっと大丈夫ですよ」とおっしゃっていただいたのですが、念のためのレントゲンを撮ってみると、大腿骨と股関節の間の骨頭が骨折していました。
先生は「手術という方法がある。でもそれは...続きを読む

Aベストアンサー

お婆様の詳しい状況が分かりませんが、今後、何をゴールにするかで考えてみてはどうでしょうか?
リクライニング式車いす。
スタンダードの車いす。
立位・歩行。
で、手術しない。
手術で固定。
人工骨頭。
と、対応が変わると思います。
主治医の医師に良く相談してください。

Q大腿骨骨折

最近スノーボードをして左足大腿骨骨折しました。ちょうど太ももの真ん中で折れたようです。手術してチタンの棒が入っています。また運動、ボードができるまで普通どのくらいかかるでしょうか?人によってずっとできない、かなり時間がかかるなど聞きますので詳しいかた教えてください。ちなみに今は手術から二十日経ち3分の1加重しています。歳は25です。

Aベストアンサー

骨折がどのようにどの程度だったのか分かりませんので何とも言えませんが、術後3週間で1/3加重でしたら、予後良好であり、割と早く復帰出来ると思います。(でも、今シーズンは多分諦める事になると思います。)
具体的な話は、主治医に相談されると宜しいでしょう。

余談ですが、アスリートの治療では、「マイクロカレント療法MCR」や「高気圧酸素療法」が、治癒速度を早めるとして注目されています。(ベッカムが2002(?)ワールドカップ中に驚異的な回復を見せ話題になりました。松坂なども過去に行っています。)

後者は安い機器でも400万円くらいするので未だ試した事はありませんが、MCRでしたら、参考URLのトリオ300(定価78000円)という安価な機器でも効果があります。

高いようですが、上級機ES-520は240万円、ES-420は38万円ですから、お得感は大きいです。(トリオ300でしたら筋トレEMSや鎮痛TENSにも使えます。操作性が悪いのが難点ですが、携帯性は抜群です。←メーカーの回し者ではありません。笑)

経験的に言って殆どの患者さんにおいて、概ね「普通の治癒速度×1.3~1.5倍」の回復速度が見込めます。

スポーツ整形Dr.のいる病院や、トレーナー業務もおこなっている接骨院・治療院などには機器があるかも知れません。

早くよくなられます様お祈り致します。どうぞお大事になさってください。

参考URL:http://www.itolator.co.jp/hospital-use/catalog/cat02.html

骨折がどのようにどの程度だったのか分かりませんので何とも言えませんが、術後3週間で1/3加重でしたら、予後良好であり、割と早く復帰出来ると思います。(でも、今シーズンは多分諦める事になると思います。)
具体的な話は、主治医に相談されると宜しいでしょう。

余談ですが、アスリートの治療では、「マイクロカレント療法MCR」や「高気圧酸素療法」が、治癒速度を早めるとして注目されています。(ベッカムが2002(?)ワールドカップ中に驚異的な回復を見せ話題になりました。松坂なども過去に行っていま...続きを読む

Q舟状骨骨折

水曜日に右手舟状骨を骨折し、水曜からギブスをはめて、生活しています。僕自身、右利きのため、早い話、利き腕骨折です。
今のところ満足に食事も出来ず、ほとんどのことが出来ません。

そこで質問です。利き手にギブスをした経験のある方、そのときの生活工夫の話や苦労談などを教えてください!医者の話だと最低2ヶ月はギブスをはずさないそうです。これから2ヶ月間はこういう状態なので、皆さんの話を元に生活を工夫したいんです。

Aベストアンサー

yu_jan13さんは、学生さんですか?
もしそうでしたら、ちょうど夏休みの時期と言う事で、「せっかくの夏休みが…」という気持ちもあると思う反面、授業の筆記をしなくて良いと言う幸いな事もありますね。
私は、中学時代、右ひじのギプスで1ヶ月生活(入院ではなく通院)した事がありました。(もちろん利き手側です)
「ノートをとる位ならいいよ」と医者にいわれるも、ひじを伸ばしたままの固定だったため、少しでもイスと机で距離をとり、ノート記入をした、という事がありました。
前後の席の人は、さぞ迷惑だった事でしょう…(汗)
着替えや食事も大変でしたし…。
夏場だったので、ソデを通すのは楽でしたが、とってもかゆかったです…。
入浴は、ビニール袋を巻いて水が入らないようにし、ボディーブラシ使用でした。
左手を使う練習もしてみました。
一旦覚えると、体がおぼえているんでしょうか。
もう、10年以上たち、特に練習もしていなかったのですが、ハシは、いまでも左右双方で豆をつまむ事が出来ますし、ハサミも何とか使えます。
ただ、筆記具はうまく使えるまでには至りませんでした。
「せっかくの機会」と前向きに考えて、両手利きの訓練をしてみると、将来の万一の事態に役に立ちますよ。
(社会人になって、右手首のネンザ時。
筆記は極力キーボードの片手打ちでカバー。
食事は、左手で、それほど支障を感じませんでした)

また、はがゆくなって、つい動かしたり力を入れたりしたくなりますが、ヘンにくっついたり、ヘンなクセがつく可能性もありますので、じっとガマン。忍耐力も鍛錬しましょう。
…。あまり参考にならないかも知れませんね…。

yu_jan13さんは、学生さんですか?
もしそうでしたら、ちょうど夏休みの時期と言う事で、「せっかくの夏休みが…」という気持ちもあると思う反面、授業の筆記をしなくて良いと言う幸いな事もありますね。
私は、中学時代、右ひじのギプスで1ヶ月生活(入院ではなく通院)した事がありました。(もちろん利き手側です)
「ノートをとる位ならいいよ」と医者にいわれるも、ひじを伸ばしたままの固定だったため、少しでもイスと机で距離をとり、ノート記入をした、という事がありました。
前後の席の人は、さぞ迷...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報