社会人&学生におすすめする色彩検定の勉強術

太陽光の余剰買取について

一条工務店のユーザーの方が、ソーラーパネルのスペックのところに「余剰買取」と表示してますが、余剰買取ってなんですか?

調べてもよくわかりませんでした、、、。

教えて!goo グレード

A 回答 (3件)

ソーラー発電(それ以外でも同様ですが)の電力買取には、「余剰買取」と「全量買取」があります。


一般家庭では、「余剰買取」が多いと思います、つまり、発電した電気は、優先的に、自家消費(照明やエアコンなど)につかい、余ったら、電力会社に売るというものです。
「全量買取」は、主に企業(一般家庭でも可能ですが)が行っているもので、発電した電気を、全て、電力会社に買い取らせるものです。
買取価格や、発電電力量の条件はそれぞれ違いますし、年度によっても異なります。
    • good
    • 0

発電した分を消費して余った分を売電です。


ソーラーパネルは南向きで無いと効率が悪いです。
    • good
    • 0

一条とは関係ないと思いますよ。



あくまで太陽光発電の話でしょう。

一般的に住宅は発電分を家で使い(自宅のバッテリーへの蓄電も含む)、使われなかった分を売るので「余剰」です。

発電分全部売るのは「全量」です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング