痔になりやすい生活習慣とは?

先日、2週間前に人間ドックを受診しましたら4mm大の胆石と胆のう腺筋症疑を発見・指摘されました。
この大きさで再検査を受けたほうが良いのでしょうか。
自覚症状は全くありません。
あったとしても気がついてないのかも知れません。
専門家・経験者の方のアドバイスをお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

人間ドックも受けられ、きちんと健康管理をされているようですね。



胆のう内結石、いわゆる胆石は、No.1の方がおっしゃっているように、何年も何十年も発作を起こすことなく済む人もおられれば、胆石発作やそれに引き続いて起こる胆のう炎を短期間で繰り返す人もおられます。

今までに発作を起こされたことがない方の場合は、半年~一年に一度、腹部エコー検査(超音波検査)を受けられ、経過観察をすすめられることと思います。
一度でも痛みの発作や胆のう炎を起こされたことがあれば、一般的には外科での胆のうを取る手術をお勧めすることが多いです。なぜなら、一度発作を起こされた場合、発作が再発する可能性が高いからです。

また、4mmと小さいことを考えますと、胆のうから胆管(正しくは総胆管)に石が落ちてしまうことがあります。その場合も痛みの発作があると思いますが、胆管に石が残ったままの場合には、上部消化管内視鏡(胃カメラ)を用いて胆管の石を取る処置を行います。

発作が疑わしい(右わき腹が急に痛くなった)場合にはすぐ病院におかかりになればよいでしょう。

また、No.2の方が書いて下さっているように、食事療法なども勉強なさるとよいと思います。

どうぞお大事になさってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

専門的なアドバイスをありがとうございます。
実は4mmという大きさがどの程度なものかということを知りたかったのです。具体的な症状までの説明があり、良く理解できました。
1年半前にドッグを受けたときには異常なしでしたので
ちょっと慌ててしまいました。
ドッグより精密検査の要請がありましたので申し込む
ことに致します。その結果で担当医の指示をあおぎたいと思います。

お礼日時:2005/03/28 18:48

人間ドックの医者に詳しく説明をされたり、再検査・精密検査を受けるよういわれなかったのなら大丈夫なのかもしれませんが・・・



しかし、人間ドックの医者が胆石の専門ではないかもしれません

せっかく人間ドックで見つかったのだから、消火器内科を受診して、
治療は必要なのか、そのままでいいのか
食事療法(脂っこいものを避けるとか・・・)
等説明を受けられたほうが安心ではないでしょうか

人間ドックを行ったのが総合病院ならその病院を受診したら、検査の量は減ると思います
そうでなければ、検査データー・画像のコピーを人間ドックを行った施設からもらう(お金がかかるかもしれませんが)こともできると思います(持込のデーターがあっても再検査することもある)

胆石は自覚症状がなくても、いつか突然症状が出ることもあるし、自分の主治医の先生がいるのも安心ですしね・・・

あっあと食事療法も気にされたほうがいいと思いますよ

参考URL:http://www.jpec.or.jp/contents/infosante/No.4/pa …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私の質問欄への情報量が足りなかったにもかかわらず
細かくアドバイスをいただきありがとうございます。
ドッグの方から再検査の要請があったのですが、
その前にgooを利用して、諸先輩のご意見を伺いかった
のです。
参考のURLは大変、参考になりました。

お礼日時:2005/03/28 18:09

私はエコーで胆石が見つかってから15年経過しました 大きくならないし 痛くも痒くもないので放置しています


年に一度エコーは受けています 高年齢になれば7割位の人があるようです
エコーの画面にキラッと輝いています 私はお腹にダイヤモンドを持っていると思っています 笑
医師が何も言わないのは処置の必要が無いからでしょう 自覚症状が出たり 大きくなるようなら 医師が必要な対応を取るでしょう 
深刻に思わないで医師に任せておけば。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のご回答をいただき、ありがとうがざいます。
何せ、胆石という診断結果が初めてなもので、
病院に問い合わせる前にgooを利用させていただきました。おかげで気持ちが楽になりました。

お礼日時:2005/03/28 18:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q痛みのない3センチの胆石 手術するべきか

母が3センチの胆石があるとの診断を受けました。
痛みは全くありません。
お医者さんからは、痛みのないうちに内視鏡手術により摘出したほうがよいと
言われました。

痛みがなくても手術して摘出するのがよいのでしょうか?
胆嚢壁についている人は、手術をしないほうがよいと聞きました。

手術された方、手術を見送られた方、専門的なアドバイスができる方よろしく
お願いいたします。

Aベストアンサー

胆石はある程度の年齢になれば、できてしまうものだそうで、ほとんどが気が付かなかったり、胆石があるから、即手術というものではないそうです。なくてもよい
臓器で(基本的には胆汁を濃縮してためておくたけ)手術も簡単なので外科医は手術したがるようです。私も昨年胆嚢を取りましたが、胆石ではなく胆道奇形で開腹手術だったのでnorurunさんのお母様とはちと状況は違うのですが、胆嚢を取った経験をお話しますと。
無症状だったので手術!といわれ悩みましたが、医者曰く、今は無症状でも20、30年後に症状が出るから不安抱えてるよりも、取ったほうがよいとのことで手術しました。
胆嚢を取ったこと:後の後遺症は特になく、油ものを食べ過ぎるとおなかを壊しやすくなるので注意!ぐらいなので、食事制限もしてません。通院もしてません。

手術について;私は開腹手術だったので、回復にかなり時間がかかり大変でしたが、病室がほとんど内視鏡で胆嚢をとる人だったのでそのときの話をしますと。手術自体はお腹に1cm位の穴を3ヶ所穴空けるだけで取れるので、さほど痛くないようです。翌日から食事もできてました。検査で1週間かかってましたが、手術の翌々日にはみな退院(抜糸は通院で)してました。

内視鏡で取った方みなが、ほかの病気で検査して、胆石が見つかって、無症状だけど、簡単に取れるからほかの病気の治療前に切るとのことでした。
ほかにお体の具合が悪いところがなければ、取るのも何かな?と思いますが少しでも健康に不安があるなら、体力があるうちに先の保険と思って手術したほうがよいかと思います。
超音波で砕く方法もありますが、やっている病院も少ないし、胆石の大きさに上限があったと思います。
内視鏡での手術なら、かなり高齢でもできるので特にあせる必要はないと思いますが、納得いくまで医者の話を聞いてご決断されたほうがいいと思います。

長くなりましたが、参考になれば幸いです。

胆石はある程度の年齢になれば、できてしまうものだそうで、ほとんどが気が付かなかったり、胆石があるから、即手術というものではないそうです。なくてもよい
臓器で(基本的には胆汁を濃縮してためておくたけ)手術も簡単なので外科医は手術したがるようです。私も昨年胆嚢を取りましたが、胆石ではなく胆道奇形で開腹手術だったのでnorurunさんのお母様とはちと状況は違うのですが、胆嚢を取った経験をお話しますと。
無症状だったので手術!といわれ悩みましたが、医者曰く、今は無症状でも20、30年後に症状...続きを読む

Q胆嚢壁が厚くなる病気とは?

49歳の主人が人間ドッグで胆石があるといわれたので再検査をしました。そしたら、石ではなく砂だといわれ、しかも、胆嚢の壁が厚くなっているとの診断でした。それが悪性のものかどうかは手術をしなければ分からないと言うことでしたが、胆嚢の壁が厚くなると言うのはどんな原因、または病名が考えられるのでしょうか。手術をせずそのまま様子を見てもいいものでしょうか。

Aベストアンサー

回答が出そろっているところに割り込むようで申し訳ありません。
胆嚢は琵琶くらいの大きさの臓器で胆嚢管というとても細い管で総胆管につながっているため内視鏡はありません。また仮にあったとしても胆汁という濃い緑色をした液が充満しているので表面の観察は無理でしょう。
胆嚢を直接穿刺して造影する検査もありますがERCPよりリスクもあってまた得られる情報も大差ありません。
結局のところ現在の技術で手術しないで胆嚢の壁の肥厚が良性か悪性かを100%診断できる方法はありません。
ERCPをなされるのは総胆管に石が落っこちていないかを確認するためと、総胆管または膵臓の病変が胆嚢に及んで胆嚢壁を肥厚させていないかを確認するためでしょう。
手術は先の回答にもあるように腹腔鏡下胆嚢摘出術(通称ラパコレ)を考えておられるようです。この際遺残した結石がないかを確認するため切除した胆嚢管の断端からチューブを入れて総胆管を造影することをよくやるのですがその検査のことを言われた可能性もあります。
胆嚢を摘出した後は病理の先生に顕微鏡で見ていただき良性であれば一安心、となり1週間後傷がふさがったのを確認して退院となるでしょう。
病理の結果が思わしくない場合、追加の手術ということもまれにありますが今はそこまで心配してもしょうがないとおもいます。
比較的安全とされる手術ですし主治医の先生が奨めるのであればやっても良いのでは?とおもいます。
主治医の先生とよくご相談なさってください。

回答が出そろっているところに割り込むようで申し訳ありません。
胆嚢は琵琶くらいの大きさの臓器で胆嚢管というとても細い管で総胆管につながっているため内視鏡はありません。また仮にあったとしても胆汁という濃い緑色をした液が充満しているので表面の観察は無理でしょう。
胆嚢を直接穿刺して造影する検査もありますがERCPよりリスクもあってまた得られる情報も大差ありません。
結局のところ現在の技術で手術しないで胆嚢の壁の肥厚が良性か悪性かを100%診断できる方法はありません。
ERCPをなされ...続きを読む

QCT検査とエコー検査の違いは?

40代の女性です。
2年ほど前の健康診断で胆石が発見されました。
その時に痛みが出たら病院へ行きなさいと言われ、毎年の健康診断でもそのように言われてきました。
痛みは、今まで殆ど無く経過観察でしたが、
つい最近、痛みが出ましたので、近くの消化器専門の内科で診て貰いました。
再度エコー検査を行い、確かに胆石(2cm)があるということを再認識したので、手術の覚悟をしました。
そこで、念のため他の総合病院でCT検査を受けたのですが、
そこでは何と異常なし(胆石は見つかりませんでした)との結果が出ました。
フィルムも見せてもらいましたが、本当に石が見当たらないのです。こんな事ってあるのでしょうか?
エコーよりもCTの方が確実に状況を知ることが出来ると思っていたのに、変な話です。
どなたか、ご存知の方がいらっしゃったら教えて下さい。

Aベストアンサー

「エコーよりもCTの方が確実に状況を知ることが出来ると思っていた」と言われるあなたの考えはごもっともです。多くの場合、外来の診察で、例えば今回のテーマである胆石のような何らかの問題があると疑いをかけられたら、先にエコーをして、それで更に精査の必要があるとされた場合にCTへ、という順番が一般的ですから、後にいく検査ほど確実な検査であるというイメージを持つのも無理はありません。
確かにCTの方がより最近普及した検査であり、機械もより高額で、検査そのものもより大掛かりで、一般には客観的でより多くの情報を得ることが出来ます。
でも検査の順番が上記のようになっているのは、単に先にする検査ほど簡便&低侵襲(CTはX線を浴びるのでこれも一つの侵襲です)&安価であるためです。
エコーの診断能がCTに比べて非常に劣っているというのは正解ではありません。もっと言えばその前段階である医師の手による診察が必ずしもCTやエコーに劣っているわけでもありません。簡単な検査だから確実ではないということはないのです。
一言で言うと「得意分野の差」だと思います。
実は今回の「(特に小さな)胆石」だけでなく、総胆管結石(による胆管の拡張)、微小な肝臓癌、尿管結石(による尿管の拡張)などは、CTよりもむしろエコーの方が確実に診断できる場合がしばしばあります。
同様に手による診察についても、例えば腹膜炎の初期などは、近代的な画像診断にもまして、医師の手から確実な診断が得られる場合があり得るのです。(画像では明らかな所見がなくても、手による診察や見た目の状態(や採血結果)からどうしても腹膜炎の可能性を捨てきれず、手術してみるとやはりそうだった、などということがあり得るということです)
CTが劣る点を一つ挙げるとすると、例えば1cm刻みで断層撮影した場合、間の0.5cmの部分は画像に反映されないということがあります。今回の胆石も、違う日にCTを撮ればバッチリ写っていたかもしれません。
エコー検査、手による診察が有利な点は、実際の患者さんを見ながら検査ができる点です。例えば痛みを生じている患者さんがあれば「ここが痛いですか?」なんて質問しながらその会話を診断の助けにすることができます。エコー検査は、最近では治療にも頻繁に使用するため、新しい大きな機械に押されて衰退するどころか開発が進み大変精度が上がっています。色んな機械が出ている現代でも非常に信頼のおける検査の一つです。
但し手やエコーは主観が大いに入ります。いくら機械が良くても検査する医師によって診断能に差が出るということがあり得ることを認識しておかなければなりません。「見えてるのに見てない」駆け出しの研修医が横で検査を監視している上級医によく言われる言葉です。

「エコーよりもCTの方が確実に状況を知ることが出来ると思っていた」と言われるあなたの考えはごもっともです。多くの場合、外来の診察で、例えば今回のテーマである胆石のような何らかの問題があると疑いをかけられたら、先にエコーをして、それで更に精査の必要があるとされた場合にCTへ、という順番が一般的ですから、後にいく検査ほど確実な検査であるというイメージを持つのも無理はありません。
確かにCTの方がより最近普及した検査であり、機械もより高額で、検査そのものもより大掛かりで、一般に...続きを読む

Q右背中の鈍痛 胆石症?

60代 男
3年前、総合病院の検診で胆石が発見されましたが、出来たら手術をしたくない、疝痛発作が無いと言う事から1年に1回位の検診で様子を見ようということになりました。
今年も2月に検診をし特に変化が無いのでまた来年と言う事になりました。
ところが、6月頃から右脇腹(背中側)と右の背中に交互に鈍痛、違和感が発生しました。最近、かかっていた総合病院の外来の方法が変わり予約制と紹介状が必要になったため、取りあえず近くのクリニックに行って血液検査と腹部CTを撮りました。先生は、確かに胆石があるが背中の痛みはこれが原因ではないだろうと言う事でした。現在腰痛で整形外科にかかっているので、そちらで診察してもらいましたが原因は解らないと言う事でした。
仕方が無いので元のクリニックに行って、胆石があるからこれが原因ではないですかと言ったら、「胆石の痛みは背中じゃないはず」「こちらでは良くわからないので大きな病院へ・・・」「少しくらいの痛みは我慢したら・・」と言われました。その後そのクリニックは行っていません。
現在も右背中の鈍痛、違和感 つっぱり感が続いていますが、我慢出来ない痛みではなく仕事にも出ています。
思いきって胆石の摘出手術しようか迷っています。

60代 男
3年前、総合病院の検診で胆石が発見されましたが、出来たら手術をしたくない、疝痛発作が無いと言う事から1年に1回位の検診で様子を見ようということになりました。
今年も2月に検診をし特に変化が無いのでまた来年と言う事になりました。
ところが、6月頃から右脇腹(背中側)と右の背中に交互に鈍痛、違和感が発生しました。最近、かかっていた総合病院の外来の方法が変わり予約制と紹介状が必要になったため、取りあえず近くのクリニックに行って血液検査と腹部CTを撮りました。先生は、...続きを読む

Aベストアンサー

胆石の痛みは、激しいときは脂汗が出でのたうちまわる感じ、後はしくしく痛むのが長く続きます。仕事ができるなら胆石(胆のう)摘出手術はしなくてもいいのでは?
背中は急性膵炎のときとても痛みました。膵臓はわかりにくいので、よほど悪くならないとわかってもらえません。
大きな病院には、必ず行ってみたほうがいいと思いますよ。


人気Q&Aランキング