プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

この問題の解き方を教えて下さい。

A地点には正確な時計Xがあり、B地点には進み方は正確であるが正しい時刻より遅れている時計Yがある。A地点でXが1時の時、A地点を徒歩で出発し、B地点に着くとYが1時3分であった。また、B地点でYが2時のとき、B地点を徒歩で出発し、A地点に着くとXは2時19分であった。歩く速さは一定であるとき、A地点からB地点まで徒歩で□分かかる。

回答読んでもよく分かりません。分かりやすく解説お願いいたしますm(_ _)m

A 回答 (2件)

B地点の時計YがA地点の時計Xより


t分遅れてるとすると、
(1)「A地点でXが1時 → B地点でYが1時3分」
では、B地点についた時の実際の時刻は
1時(3+t)分 であり、A地点の出発時刻(※正しい)との差(3+t)分 … ①
が「かかった時間」になる。
(2)「B地点でYが2時→A地点でXが2時19分」
では、B地点を出発した時の実際の時刻は
2時(0+t)分 であり、A地点の到着時刻(※正しい)との差19-(0+t)= (19-t)分 … ②
が「かかった時間」になる。
AB間の距離と歩く速さが一定なら
かかった時間① と ② は同じになるので、
3+t = 19-t
2t = 16
t= 8
よって、YはXより8分遅れていて、
実際にかかった時間は、① 又は ②より
3+8 = 19-8=11(分) である。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございましたm(_ _)m

お礼日時:2022/06/09 09:02

1.A発~B着


2.Bで過ごした時間=57分(1:03~2:00)
3.B発~A着

1+2+3=1時間19分(1:00~2:19)
歩いた時間=1:19-57=22分
片道=22/2=11分
    • good
    • 3

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング