【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

 ウチの母は、グループホームで仕事しています。足腰が悪く、ウォーカーをひいてる人がいるのですが、畳や床に座った場合の立たせ方を知りたいそうです。その人は体重が重い方です。なにかいい方法がありましたらぜひよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

麻痺が無いという前提でお話いたします。

この場合はご本人の腕力をお借りするのがいいです。まず、四つんばいになってもらい利き腕(より力が入る方)の反対側のひざから後ろにかけて低い台を置きます。18cm~20cmほどの高さでお尻が乗せられる硬質なもの、例えば車の乗るときの踏み台のようなものです。体にぴったり沿わせてひざ位置からうしろに置き介助者は台の後ろにぴったり座ります。本人さんの斜め後ろ位置になると思います。体の左に台を置いた場合、介助者は、左手で対象者の左腰を抑え(引くのではなくガードです)右手を右腰深く支えて台に誘導します。お互いに嫌でなければ太ももの付け根まで抱え込み左手は左脇あたりをガードするのもいいかもしれません。低い台から一気に立ち上がるのが出来ない場合は さらに車椅子やふつうの丸椅子に移ります。丸椅子を3つ用意できるなら左右においてあげて両腕で体重を支えてもらいながら介助者は横から対象者のズボンの真後ろをがっしりつかんで(がっしり、が重要です)うえに引き上げながらすかさずおしりの下に椅子を入れます。この位置からだと楽に立てますが、ズボンの後ろを片手でつかんで引き上げるという介助は、そのようなちょっとした動作のときでも安定度が高く負担は少ないと思います。ただしこのやり方は体重を腕にかけられる方でないと負担ですね。
一旦台に座れたら、対象者の真後ろから起こすのもいいかもしれません。胸の下で腕を組んでもらい介助者は脇の下から腕をさしこんで対象者の腕をそれぞれしっかり握り胸にぐーっと引き寄せながら上にひきあげ、椅子に座らせます。相手があまりにも大きい方ですと難しいですが、正面から引き起こすよりは安定感があります。
一気に立たせるのは危険です。二人一緒に転ぶ危険もあるし、腰に負担が大きいです。ご本人の使える力を十分使ってもらう工夫がいると思います。
    • good
    • 0

体重が重い方の介護は本当に大変ですよね・・・。


人手が足りず、介護者も一人での介護になってしまうんですね。
URL貼っておきます。
動画で介護を見れますので少しでも参考になればと思います。
どうぞ腰などを痛めないよう、お仕事頑張ってくださいね。

参考URL:http://www.jyose.pref.okayama.jp/katei/sub/skaig …
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自分より体格のいい人を床から抱き上げる方法

父は脳梗塞により右半身麻痺になり、車椅子生活をしています。
年に何回か、車椅子から落ちてしまうことがあります。
床に寝転がっている状態から車椅子に座らせるのに、とても苦労します。
先日は、腰を痛めてしまいました。

父は、私より7cmほど身長が高いです。体重は、60キロ弱です。
そんな父を、腰を痛めずに車椅子に座らせる方法を探しています。
きっとコツとかがあると思うのですが、わかりません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
もしかして、仰向けに寝かせた状態から上体を起こそうとしてませんか?
スペースがある場合は、麻痺側を下にして横向きにし、腰を曲げさせた上体から起き上がらせると楽に出来ます。

次に持ち上げる時ですが、
座らせた上体から麻痺してないひざ(左ひざ)を曲げさせます。
曲げた方の足の前に介助者が入り、自分の左ひざを着きます。
少し腰を曲げて、患者さんの後ろに両手を廻します。
患者さんの動く手は介助者の首に廻してもらいます。
その上体で、介助者は患者さんに「立って」と声をかけて上体を反らし、患者さんが少し前に出る感じで立たせます。
この際、患者さんの重心が少し前に出るのがポイントで、定位置のままだと介助者に全ての力がかかり、不安定なだけでなく、介助者は力で抑える必要が出て腰を痛めます。
首が不安定でなければ、立てひざのまま、ここまで出来ますが、首が不安定な場合は、介助者の左手を後頭部に廻して一緒に半歩下がる感じで立ち上がります。

判り難い所があったら捕捉ください。
またあとで来ます。(^^/~~

Q転んだ父を起こす道具はないですか?

父親が時々部屋で転倒します。脳梗塞の影響で下半身にほとんど力がはいりません。かといって寝たきりではなく、本人の両サイドに適度な手すりがあれば室内の数メートルは自力で移動するのですが、常に両サイドに手すりがあるわけではなく、つたい歩きも難しくなってきています。そして引き戸などの動くモノも判断できずにすがってしまいます。
 一度転ぶと起き上がらせるのに毎回1時間程度かかってしまいます。体重がまだ80キロ近くあり、お腹がカエルのようにでていて、足には力が入らずぶらりと前に投げ出した状態。腕の力だけで何かを引っ張ってたとうとするのですが、足がぶらぶらの状態ではいつまで経っても前傾姿勢をとれません。転倒するときは決まって娘の私と二人きりの時で、どうやって起こしていいのかわかりません。車のジャッキのようにお尻の下に差し込んで、テコの原理で持ち上げるような道具はないでしょうか?手作りするしかないのでしょうか?

Aベストアンサー

家の構造次第でしょうが、床に段差がないならリハビリ用の歩行器はダメでしょうか?
あれなら自分が行く先まで持って行けますので、転ぶ確率が少し減ると思います。

あと、その場で立たなくてもいいなら「お尻の下にビニールを敷く」ことで、比較的軽い力で引っ張って移動させることができますよ。
移動させてお父様が捕まれるようなものがあるところまで来て、起きようとするところに補助してあげればただ起こすよりは余程楽に行けるのではないでしょうか。

本人の力もないと80kgは起こすのはかなり困難でしょう。
転倒による二次被害もありえるので、まずは「転ばない」方法を考えるのが先ではないでしょうか。

Q認知症の人が夜に起きるのはなぜでですか?

こんばんは

うちには認知症のおばあちゃんがいるのですが、
「もう寝る」と言ってから3時間くらい、ベッドに行っては
起きて家人の顔を見に来(寝ている寝ている場合は起こし)、
顔をみたらベッドに戻るという動作を繰り返します。

眠くないのかと思って「しばらく起きてる?」ときくと
「いや、寝る」と言うので、おそらく眠いんだとは思うのですが、
ベッドに行っては戻るを繰り返します。

祖母が眠くないときは部屋から出て来て、
眠くなるまでTVなどをみて、眠くなったら寝に行くのですが、
その後も数時間、起きる→寝るを繰り返します。

病院で相談したら睡眠薬をくれたんですが、そうすると
フラフラになりながら起きたり寝たりを繰り返すので、
怪我でもしては大変と思って使用をやめました。

こういうとき、祖母の心理状態ってどんなものなんでしょうか?
また適切な対応の方法、やめてもらえるいい手段などあれば
どうぞアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

家の場合、「目的なく歩く」と言う徘徊です。外へは行きません。
なぜか夕方から夜間が多いのですが、施設で聞いたら、「皆がそう。夕方症候群で」との事。ネットで調べれば納得がいきます。
夜間、廊下を歩いている。ベッドに入れる。すぐ忘れて出てくる。こちらは興奮して寝れなくなる。 昨年は、この繰り返しのうちに、冬になり、動きが少なくなり、春まで楽でした。

今年は、もっと激しくなりました。頻繁に出てくる。顔に次々青にえを。朝何度も床で寝ている。どうしたのかと思ったら、胸に大きな青あざが。ベッドから落ちたと言う事になり、ベッドの柵が2本になりました。今のところ乗り越えて出てきていません。

寝させてから見に行くと、寝付くまでは、起き上がって柵をつかんでいます。本当は出てきて歩きたいのでしょうね。

睡眠薬ですが、初めがうつ病だったので、そのまま飲んでいます。
弱い薬しか出しませんから、寝ない日もあります。
ふらふらになって歩くと、危険が増すでしょうね。

1の方の言われるように、昼間横にさせぬよう、相手をして、歩かせるのは効果的だと思います。
タダ、実行可能でしょうか?
こればっかりは、いい方法はないようです。

ネットで「夕方症候群」は検索してみてください。

家の場合、「目的なく歩く」と言う徘徊です。外へは行きません。
なぜか夕方から夜間が多いのですが、施設で聞いたら、「皆がそう。夕方症候群で」との事。ネットで調べれば納得がいきます。
夜間、廊下を歩いている。ベッドに入れる。すぐ忘れて出てくる。こちらは興奮して寝れなくなる。 昨年は、この繰り返しのうちに、冬になり、動きが少なくなり、春まで楽でした。

今年は、もっと激しくなりました。頻繁に出てくる。顔に次々青にえを。朝何度も床で寝ている。どうしたのかと思ったら、胸に大きな青あ...続きを読む

Q首の付け根と鎖骨が痛いのと、肩にかけてひきつった感じで我慢できなくなり

首の付け根と鎖骨が痛いのと、肩にかけてひきつった感じで我慢できなくなり、整形へ行きました。
レントゲンだと骨は綺麗だ、と言う話なんですが、せき髄など中身を見ないと分からないと言う事なんで来週、MRIを受けます。ひょっとしたら頸椎ヘルニアかも知れないし、内側が原因かもと言う事で。
ヘルニアはレントゲンじゃ分からないのでしょうか。首の内側に金具が刺さった感じで普通の痛さじゃないし、首を回す事が出来ません。酷い時は眠れないし、頭痛もして本も読めないし、PC の画面も具合悪くなって見れません。左腕も筋肉痛と麻痺がかってる感じで、違和感が有ります。
今は鎮痛剤を飲んでるので楽です。
これはヘルニアと症状が合うのでしょうか。ヘルニアだと首が痛いと言うより、痺れると聞いたのですが・・

一杯、質問して済みません。不安で・・

Aベストアンサー

 レントゲンでは、骨しか写らないので、椎間板と神経の関係を見るにはMRIが必須です。
 整形外科にかかっているので、骨格系の異常が検査されているようですが、症状から見ると首コリからくる「頸性神経筋症候群」と私は思います。

 筋肉系の肩こりの専門医というのはいないので、なかなか原因がつかめないことが多いようです。
 この私も、職場で嘔吐しめまいがして立てなくなり、救急車で脳外科に運ばれましたが、検査の結果異常なしで、立ち上がれないのに退院させられました。

 肩こりは病気と認められていないようで、その病院でめまいを調べてもらった耳鼻科の先生からは、「めまいは、結果ですね。原因ではないです。最近多いんですよ、治るまで数年かかる人もいますね。」と言われてしまいました。
 自分でいろいろ考えて、首コリが原因と判断し治療しました。その後、雅子妃のことで「頸性神経筋症候群」が話題になり、このような病気があることを確認し、自分の判断に自信を持ちました。(^^ゞ
 上半身と首を支えている筋肉が、疲れてきてコリを生じますが、そうすると血管が締め付けられて、血流不足になり、痛みを生じます。
 特に、頭の重さを引っ張っている沢山の筋肉が集合している頭蓋骨の後端部、両耳の下とぼんのくぼを繋いだ線のところが凝ると、ここには小脳に血を送る頸椎動脈があるので、身体全体の自律神経がおかしくなって、このまま死ぬんじゃないかという感じになります。

 今回は長くなるのでこのへんで。参考に首廻りの構造を詳しく説明したホームページのURLを入れておきます。

 私は、内科で筋弛緩剤と睡眠導入剤を処方してもらい。整体院で首から背中のコリをほぐしました。毎日銭湯に行って大きな風呂でリラックスして、からだの緊張をほぐしました。一時は鬱にもなりかかりました。仕事を中心とした生活習慣のかかわる病気なので、治すのは時間がかかります。こころして取り組んでください。お大事に

参考URL:http://www.miyake-naika.or.jp/katei_katakori.html

 レントゲンでは、骨しか写らないので、椎間板と神経の関係を見るにはMRIが必須です。
 整形外科にかかっているので、骨格系の異常が検査されているようですが、症状から見ると首コリからくる「頸性神経筋症候群」と私は思います。

 筋肉系の肩こりの専門医というのはいないので、なかなか原因がつかめないことが多いようです。
 この私も、職場で嘔吐しめまいがして立てなくなり、救急車で脳外科に運ばれましたが、検査の結果異常なしで、立ち上がれないのに退院させられました。

 肩こりは病気と認め...続きを読む

Qお寺へお金を包む表書きを教えて下さい

法事などは、御布施と書いて半紙で中包みをして、奉書紙で上包みをしたいと考えています。御膳料や御塔婆供養料・御車代はその通り書いて良いものでしょうか?奉書紙は、水引見たいなものが無くて良いのでしょうか?書くのはやはり筆ですか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

御布施の包み方は、それで構わないと思います。基本的には毛筆で書くのが
正しいと言われていますが、どうしても毛筆は苦手だと言われるなら、毛筆
ではなく筆ペンでも構いません。慶事の場合は薄墨で書くのだと思われてい
る方が多いのですが、実際には薄墨ではなく濃い墨で書きます。
絶対に駄目なのは鉛筆、ボールペン、マジックペン、ゴム印です。どうして
も書けないと言われるなら、表書きが印刷された物でも構いません。

慶事の場合は熨斗はつけません。

水引ですが、半紙の中包みに御金を納め、奉書紙で慶事方法の折り方をし、
水引をかけません。市販の既に印刷された封筒や、通常の白い封筒でも別に
構いません。我家では御盆の読経の御礼に御布施を出しますが、白い封筒に
御布施と書いて御渡ししています。法事では正式な方法で御渡ししますが、
それ以外の際は封筒に御金を入れて御布施と書いて渡しています。

御布施の他に御渡しする物は、御車で御越し頂いた時は「御車代」、卒塔婆
供養をされた時は「卒塔婆代」と書きます。
御寺により会食を参列者と一緒にする場合と、辞退する場合があります。
会食を一緒にされた時は、御布施、御車代と引き出物を御渡しします。
もし一緒の会食を辞退された時は、御布施、御車代、引き出物の他に、御前
料も御渡しします。ただ既に会食をされるものだと思い、用意がされていた
時は、御寺さんが食される予定だった料理は、持ち帰りが出来るように別の
容器に入れて御渡しします。

御布施等をお渡しする時には、それなりの作法と言うか決まりがあります。
御布施等は直接手渡してはいけません。
法事で使用される袱紗(ふくさ)盆の上に袱紗を敷き、その上に御布施等を
包んだ封筒(必ず御寺さんが文字が読める向き)を置き、御寺さんの前に出
します。御寺さんが頂戴されてから盆を下げます。
要は絶対に手渡ししては駄目だと言う事です。
「本日は有難うございました。これは御礼ですので、どうか御納め下さい」
と言って盆を前に出します。手を引っ込めて御寺さんが納められたら盆を下
げます。御布施等を御渡しするのは、必ず喪主が行います。
御寺さんが御帰りなられる時は、必ず御車まで同行し、最後まで御見送りを
します。
御寺さんが持ち帰られる御膳や引き出物は、御寺さんが持参せず、喪主の方
が御車まで御持ちし、御車に乗られた時点で手渡します。
御車が自宅から見えなくなるまで御見送りは続けます。

御布施の包み方は、それで構わないと思います。基本的には毛筆で書くのが
正しいと言われていますが、どうしても毛筆は苦手だと言われるなら、毛筆
ではなく筆ペンでも構いません。慶事の場合は薄墨で書くのだと思われてい
る方が多いのですが、実際には薄墨ではなく濃い墨で書きます。
絶対に駄目なのは鉛筆、ボールペン、マジックペン、ゴム印です。どうして
も書けないと言われるなら、表書きが印刷された物でも構いません。

慶事の場合は熨斗はつけません。

水引ですが、半紙の中包みに御金を納め、奉書紙で...続きを読む


人気Q&Aランキング