工事監理側(設計者)の受入れ検査の立会いは、どんな内容をチェックし、また、何のために(目的)行うのですか?
実際、工事監理側は、コンクリート打設の立会いに参加するのですか?
知っている方、教えて下さい。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

基本的に国土交通大臣官房建築工事共通仕様書に乗っ取った回答をさせていただきます。



受入れ検査時のチェック内容
まだ固まらないコンクリートの試験として スランプ、空気量、コンクリート温度、気温、塩化物含有量 以上をチェックします。 また、150m3毎に、間隔をあけた任意の3車から強度試験用テストピースを採種します。 以上、試験者は生コン工場の試験室。
上記の他、最近では水セメント比の検査を現場にて行っている物件もあります。まだまだ現場に持ち込める試験器が少なく、苦労をしているようですが、将来的に標準検査になる予定だそうです。

検査の目的
現在のJIS工場であればそれほど問題にならないですが、昔は製品のばらつきが多かった事、そしてseizikunさんがお答えの通り、所定スランプでは打設が困難であるため、水が多い柔らかいコンクリートの出荷を防止するため等があります(水が多い場合の問題点はわかりますよね)

コンクリート打設に立ち会うか
共通仕様書では、立会いを求めていません。それどころか、上記受け入れ検査(と言ってよいか?)の立会いも求めていません。官庁側より求められなければ、書類による確認としています(実際国土交通省の建築工事では立会わないように指示を受けました)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答頂き、有難うございます。
大変、詳しい内容で参考になりました。また、分からない事があったとき、宜しくお願いします。

お礼日時:2001/09/10 09:50

まず、何の為の受け入れ検査ですか?


ご自分の住宅などの基礎打コンの場合検査など皆無だと思います。
また、公共建造物の場合でも、一応現場採取にてスランプ(やわらかさ)及び強度(圧縮強度:テストピースの型に入れ、硬化後、工場で判定)は検査しますがはっきりいって、結果はなんとでもなります(できます)。
工事会社(監督&職人)及び生コンの製造会社(もちろんJIS認可工場)の良心の占める度合いが高いです。
住宅基礎の場合は打コンのし易さから、往々にして現場加水が横行しています。
また、公共建築物でも配筋が細かすぎて指定のスランプでは打設できないこともあります。(この場合、正規には流動化剤を添加する場合もありますが、やはり現場加水が多いです)
ちなみに、加水とは水を加え生コンをやわらかくすることです。硬化後のコンクリートの強度に大きく影響します。
前置きが長いですが、工事監理側の検査といっても、生コン会社が行う検査に立会うだけだと思います。
また、コン打設時はどのような現場でも監督者は立会うと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答を頂き、有難うございます。
私は、建築科の学生です。今、授業の中で、RCの設計・施工について学んでいます。今回の質問は、躯体のコンクリート打設時の受入検査についてです。
また、分からない事があったときは、よろしくお願いします。

お礼日時:2001/09/10 09:46

お近くに参考意見をしてくれそうな先輩等は居ないのでしょうか?



まず、工事監理者(今回の場合 設計も兼ねている様ですが)の責務を認識する必要が有ります。
基本的には、施工内容が設計図書通りに施工されるか?,工程管理 他 安全管理等 工事監理者には 法令上も重大な責務が有ります。

質問のニュアンスでは、工事監理と言っても経験も無く、現場監理はしていない様子ですので、敢えて、設計側の工事監理者と ここでは、認識した上で、説明します。

若干、工事現場管理者との 競合する部分があるのですが、このケースの場合、あなたが、設計したコンクリート(含む 混合材)と品質的に適合して、性能を満足するものであるかをチェックする必要が有ります。
但し、御存知の通り、打設の施工方法によって、性能は 大きく変化します。

参考になれば 幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々、申し訳ありません。有難うございます。毎回、助かります。
私は、建築科の学生です。今、授業でRCの設計・施工について学んでいます。設計側について、分からない事が多いので、また、分からない事があった時、宜しくお願いします。

お礼日時:2001/09/10 09:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大規模修繕工事の設計監理委託方式について

築10年の120世帯のマンションです。先月理事になりました。前理事会で大規模修繕工事の劣化診断は管理会社に委託済みになっています。
質問ですが、大規模修繕工事の設計監理委託方式にする場合、劣化診断後からでも大丈夫なのでしょうか?管理会社に劣化診断を委託済みということは設計から工事まで契約済みなのでしょうか?
本やネットでは大規模修繕を計画の段階で設計事務所に依頼するとありますが、どなたかご回答をお願いします

Aベストアンサー

設計事務所への依頼は劣化診断後からでも可能なのですが、問題は劣化診断の内容です。

管理会社が実施する劣化診断と設計事務所が実施する劣化診断では内容や質が異なる場合が多々あります。
大規模修繕工事は、この劣化診断を基に詳細な工事内容を検討しますから、劣化診断によって工事内容が大きく変わります。

従って、そのことを理解した上で管理会社の劣化診断を使用してほしいと依頼することはできます。
ただし、管理会社の劣化診断が妥当であるかどうかを確認するという作業が入ってくる設計事務所もあります。
このあたりは、設計事務所選定にあたって相見積となるでしょうから明らかになると思いますが。

因みに、「劣化診断は管理会社に委託済み」とのことですが、実施してしまったのでしょうか。
まだでしたらキャンセルして、劣化診断から設計事務所に依頼した方が良いです。
すべての責任を設計事務所が負うことになりますから。

また、設計事務所に依頼するのであれば、今回の大規模修繕工事についてだけではなくて、「長期修繕計画の見直し」も依頼した方が良いでしょう。
今回の状況を踏まえた計画になるはずです。

なお、管理会社に劣化診断を依頼したとしても、その後の大規模修繕工事そのものまで依頼したことにはなりません。
ご安心ください。

もうひとつ。
管理会社との管理委託契約書を確認してください。
業務内容に劣化診断が含まれている場合があります。
この場合は、管理会社に劣化診断料金を別途支払う必要はなくなります。

大規模修繕工事は長期間に渡りますし、初めての工事ですから、役員の方々も大変でしょうが、手順を理解すれば次回からは、管理組合として楽になります。
がんばってください。

設計事務所への依頼は劣化診断後からでも可能なのですが、問題は劣化診断の内容です。

管理会社が実施する劣化診断と設計事務所が実施する劣化診断では内容や質が異なる場合が多々あります。
大規模修繕工事は、この劣化診断を基に詳細な工事内容を検討しますから、劣化診断によって工事内容が大きく変わります。

従って、そのことを理解した上で管理会社の劣化診断を使用してほしいと依頼することはできます。
ただし、管理会社の劣化診断が妥当であるかどうかを確認するという作業が入ってくる設計事務所もあ...続きを読む

Q建築条例に抵触 設計と監理 どちらの責任?

設計と監理について

 自宅の新築にあたって,設計士に設計を依頼し,役所への建築申請をしてもらってから,工務店で建築をしてもらいました。
 設計図通りに建築をしていただきましたが,完成検査で建築条例に抵触してしまいました。
 設計士には,建設費の3%の設計料を払っています。
 設計と監理(工務店)は別にお願いをしています。
 
 建築条例に抵触したわけですが,この場合の責任はどこにあるのでしょうか。
 設計の問題なのか,監理の問題なのか,ご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

今回も参考程度に読んでください。

質問です。
1の場合
 建築申請でOKが出たこととは別のことになるのでしょうか。

回答です。
条例で決められている内容と、確認申請図書に記されている内容によると思います。
的確に表現されていて、それを役所が認めて確認申請をおろしたのであれば再度役所に交渉してOKを出してもらえるでしょう。
調査の段階での調査内容ですが、たぶん測量図はないのだと思います。やむを得ず設計者が測量する場合、測量の機材もないと思いますので、正確な数字が出ないこともあるかもしれません。仮に崖高さ4mを基準としてその他の事を決めているのであれば、4mが基準になっている旨監理者に伝え施工前に正確に測量して再度役所に確認してから着手すべきでしょう。本来は前もって測量会社に依頼して測量して、その測量を元に設計を進めるべきでしょう。測量費を捻出できないのなら、上記のように着手前に役所に確認すべきでしょう。設計者と違い施工会社はある程度の機材があるので、ある程度は測量するのも無料でやってくれると思います。
またフェンスの基礎の扱いがどの様になっていたのかも重要でしょう。

質問です。
2の場合
 専攻の段階での再度確認が必要であったかもしれませんが,設計図って,設計料を払いながらも,失礼な言い方ですが,いい加減?なのでしょうか。誤差の範囲なのでしょうか。

回答です。
上でも書きましたが、設計図のもとになった根拠が大切だと思います。正確でない数字を根拠にせざるをえない場合、次の段階で裏付けをとる必要があるでしょう。
正確な数字を根拠に出来ない場合は、その旨明確にすべきでしょう。測量費をMilk76さんのために節約したのかもしれませんが、そこらへんの事情はわかりません。

設計料について
 別件ですが,3%という設計料は安いのでしょうか。住宅メーカーが設計しも建築するときにかかる設計費用は,自分が実際に支払った額の1/3と言います。高い金額を払ったと思っていたのですが???

回答です。
住宅メーカーは施工費に設計料を含めている事などもあり、比較するのは適当ではないと思います。メーカーによっては設計料を取らないところもあると思いますが?
3パーセントが安いか、どうかの判断は個人差があると思います。一般的な木造住宅では、私は安いと思います。
何億もする豪邸では話も違ってきます。

またMilk76さん以外の、私の過去の回答も参考にしてください。

今回も参考程度に読んでください。

質問です。
1の場合
 建築申請でOKが出たこととは別のことになるのでしょうか。

回答です。
条例で決められている内容と、確認申請図書に記されている内容によると思います。
的確に表現されていて、それを役所が認めて確認申請をおろしたのであれば再度役所に交渉してOKを出してもらえるでしょう。
調査の段階での調査内容ですが、たぶん測量図はないのだと思います。やむを得ず設計者が測量する場合、測量の機材もないと思いますので、正確な数字が出ない...続きを読む

Q設計監理料が高い気がするのですが

現在大阪府に住んでいますが、縁あって兵庫県の田舎に家を建てることになりました。大阪府の姪の紹介の事務所(個人経営)で設計監理を依頼したのですが。
過去の情報や他の情報でも10%前後なのですが、18%なので高いような気がしてもいます。でも予算の1800万で建てて下さいとお願いしたので、設計士としての収入が200万は確保したいのも分かります。交通費は別途実費支払です。
大阪から兵庫県の現地まで約2時間・往復高速料金1万円。敷地73坪建ぺい率60%容積率120%の土地条件。建坪は予算の範囲内でしかたないが希望は35~40坪程度。一回目の設計依頼の契約金80万は支払いました。契約書も交わしました。合計240万+交通費実費です。事務所を替えるなら今かなと思ってもいますが、その設計士のコンセプトが気に入っているので、迷っています。考え方等
が気に入っているので、金額だけで他に替えて後悔しないか迷っています。

Aベストアンサー

規模からみると、ずばり高いです。
相場は12%くらいです。
しかし、考えてみて欲しいのです。
気に入ったデザインの家具などがあった場合、デザイン料が半分あるからといって、買うのをやめますか?
本当に気に入っていたのなら、デザイン料が80%でも買うんじゃないですか?

ほかとくらべて高いかどうかではなく、その設計に対して相談者さんがいくらの価値をつけるかが問題なのだと思います。

ちなみにヨーロッパでは20%以上が相場だと聞いています。

Q建築設計と監理業務を別の会社へお願いするのは良いでしょうか

現在新築一戸建てを計画中です。

2人の1級建築士さんと各々2回の軽い打ち合わせを行いました。どちらも悪くはない建築士さんと思いますが、どちらにお願いするか決めあぐねています。もう1人加えて3社でコンペにしようかといも考えています。

因みに既に打ち合わせを行なった建築士さんは次のサイトにて知り合いました。

http://www3.coara.or.jp/~patio/index.html

長くなりました。
建築士さんを決めた後に【監理】業務を他社に頼むのはまずいでしょうか。

因みに、次へ【監理】業務を考えています。
http://www.jic-kk.co.jp/

アドバイス等ご指導をお願いします。

Aベストアンサー

imagineさん、こんにちは。

∇まず、設計者又は監理者が、施工者として兼ねない事が絶対条件です。

∇設計を依頼しようとされている建築士に、監理業務について どのような考えかをお尋ね下さい。又、imagineさんの不安、希望を率直に相談して下さい。
その上で、設計・監理者の決定の判断をされたら如何でしょうか。

∇http://www.jic-kk.co.jp/ を拝見さして頂きました。私の印象は、主に欠陥住宅を造らない為のもので、基本的な監理内容のようです。
良識ある専業の設計・監理者であれば、当然やってくれる内容です。

∇監理業務は、単に欠陥建築を造らないだけでありません。大変に重要な業務で、設計図書が同じでも監理の如何によっては、建物強度,耐久性,室内環境の性能が異なる場合や建物の印象が違ってきます。
主たる業務内容は、的確に設計図を施工者に伝え、設計図書,契約内容に即した工事がなされているかの確認,承認,そうでない場合の指示や調整等です。
私事で恐縮ですが、工程表,施工図,計画書,報告書,出来高,請求書等々のチェック以外に、現場には最低1~2回/週は必ず出向く事にしています。
(imagineさんも、そうしてもらって下さい。)
又、施工業者選定についても、建物の出来を左右しかねない大変重要な作業です。

∇諸事情から設計者,監理者が違う事があります。当然それがいけない事ではありません。
しかし、できる事なら設計者,監理者が同じである方が良いと私は思います。
その為に、具体的に建築士に監理内容を尋ねる事が必要だと思います。又、要求も大切だと思います。

∇長々とごめんなさい。
末筆ですが、良い家が造れますようにお祈りいたします。

imagineさん、こんにちは。

∇まず、設計者又は監理者が、施工者として兼ねない事が絶対条件です。

∇設計を依頼しようとされている建築士に、監理業務について どのような考えかをお尋ね下さい。又、imagineさんの不安、希望を率直に相談して下さい。
その上で、設計・監理者の決定の判断をされたら如何でしょうか。

∇http://www.jic-kk.co.jp/ を拝見さして頂きました。私の印象は、主に欠陥住宅を造らない為のもので、基本的な監理内容のようです。
良識ある専業の設計・監理者であれば、当然やって...続きを読む

Q住宅のコンクリート基礎の側を掘った場合

住宅の外構につげが植えられていたのですが、見栄えが良くないので、レンガの塀を造ろうと考えています。
ところが、コンクリート基礎の40cmのところを大きく掘ってレンガ塀を建てるプランになっています。
素人考えでは、基礎のそばをいじるのは危険と思うのですが、実際はどうなのでしょうか?
なお、基礎は布基礎です。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

通常、住宅の場合において布基礎の下のTの部分は基礎の中心から22.5CM程度外側に出っ張っています。また、その下に捨てコンクリートがあってこれもそれより5~10CM程度出ておりその下は割栗石(砂利)敷きになっています。だから基礎の中心から35CMぐらいより外を掘ればよいと考えます。(まあ、家の図面があると思いますからかなばかり図とかで確認をして下さい。)基礎の外側から40CMで考えられているのならいいと思いますが。
さて、ご質問の『大きく掘って』とはどのくらいの深さを掘るおつもりなのでしょうか。家の基礎はGLよりも50CM程度は隠れているはずです。レンガの塀を造るおつもりでいくら基礎のそばをいじるっていっても塀の基礎の厚みを考えたとしても少なくともGLから20CM程度あれば十分ではないでしょうか。
だから、一般的に考えると大丈夫ですよ。(家の基礎を壊さないかぎり…。)
ただ、土地の形状がいびつだったり、家がヨウヘキののそばだったりなど特異なパターンになるともう少し微調整が必要ですが…。
ちょっとご質問の『大きく掘って』が、きになるところではありますが。幅のことなら問題なしです。広く浅くであればね。
それから、あまり家の壁と塀との間隔がせまいと通路としての機能を失いますよ。ほとんど使わないところであればいいのでしょうが。そのあたりもよく考えられてはいかがでしょうか。

通常、住宅の場合において布基礎の下のTの部分は基礎の中心から22.5CM程度外側に出っ張っています。また、その下に捨てコンクリートがあってこれもそれより5~10CM程度出ておりその下は割栗石(砂利)敷きになっています。だから基礎の中心から35CMぐらいより外を掘ればよいと考えます。(まあ、家の図面があると思いますからかなばかり図とかで確認をして下さい。)基礎の外側から40CMで考えられているのならいいと思いますが。
さて、ご質問の『大きく掘って』とはどのくらいの深さを掘るおつもり...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報