ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

工事監理側(設計者)の受入れ検査の立会いは、どんな内容をチェックし、また、何のために(目的)行うのですか?
実際、工事監理側は、コンクリート打設の立会いに参加するのですか?
知っている方、教えて下さい。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

基本的に国土交通大臣官房建築工事共通仕様書に乗っ取った回答をさせていただきます。



受入れ検査時のチェック内容
まだ固まらないコンクリートの試験として スランプ、空気量、コンクリート温度、気温、塩化物含有量 以上をチェックします。 また、150m3毎に、間隔をあけた任意の3車から強度試験用テストピースを採種します。 以上、試験者は生コン工場の試験室。
上記の他、最近では水セメント比の検査を現場にて行っている物件もあります。まだまだ現場に持ち込める試験器が少なく、苦労をしているようですが、将来的に標準検査になる予定だそうです。

検査の目的
現在のJIS工場であればそれほど問題にならないですが、昔は製品のばらつきが多かった事、そしてseizikunさんがお答えの通り、所定スランプでは打設が困難であるため、水が多い柔らかいコンクリートの出荷を防止するため等があります(水が多い場合の問題点はわかりますよね)

コンクリート打設に立ち会うか
共通仕様書では、立会いを求めていません。それどころか、上記受け入れ検査(と言ってよいか?)の立会いも求めていません。官庁側より求められなければ、書類による確認としています(実際国土交通省の建築工事では立会わないように指示を受けました)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答頂き、有難うございます。
大変、詳しい内容で参考になりました。また、分からない事があったとき、宜しくお願いします。

お礼日時:2001/09/10 09:50

まず、何の為の受け入れ検査ですか?


ご自分の住宅などの基礎打コンの場合検査など皆無だと思います。
また、公共建造物の場合でも、一応現場採取にてスランプ(やわらかさ)及び強度(圧縮強度:テストピースの型に入れ、硬化後、工場で判定)は検査しますがはっきりいって、結果はなんとでもなります(できます)。
工事会社(監督&職人)及び生コンの製造会社(もちろんJIS認可工場)の良心の占める度合いが高いです。
住宅基礎の場合は打コンのし易さから、往々にして現場加水が横行しています。
また、公共建築物でも配筋が細かすぎて指定のスランプでは打設できないこともあります。(この場合、正規には流動化剤を添加する場合もありますが、やはり現場加水が多いです)
ちなみに、加水とは水を加え生コンをやわらかくすることです。硬化後のコンクリートの強度に大きく影響します。
前置きが長いですが、工事監理側の検査といっても、生コン会社が行う検査に立会うだけだと思います。
また、コン打設時はどのような現場でも監督者は立会うと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答を頂き、有難うございます。
私は、建築科の学生です。今、授業の中で、RCの設計・施工について学んでいます。今回の質問は、躯体のコンクリート打設時の受入検査についてです。
また、分からない事があったときは、よろしくお願いします。

お礼日時:2001/09/10 09:46

お近くに参考意見をしてくれそうな先輩等は居ないのでしょうか?



まず、工事監理者(今回の場合 設計も兼ねている様ですが)の責務を認識する必要が有ります。
基本的には、施工内容が設計図書通りに施工されるか?,工程管理 他 安全管理等 工事監理者には 法令上も重大な責務が有ります。

質問のニュアンスでは、工事監理と言っても経験も無く、現場監理はしていない様子ですので、敢えて、設計側の工事監理者と ここでは、認識した上で、説明します。

若干、工事現場管理者との 競合する部分があるのですが、このケースの場合、あなたが、設計したコンクリート(含む 混合材)と品質的に適合して、性能を満足するものであるかをチェックする必要が有ります。
但し、御存知の通り、打設の施工方法によって、性能は 大きく変化します。

参考になれば 幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々、申し訳ありません。有難うございます。毎回、助かります。
私は、建築科の学生です。今、授業でRCの設計・施工について学んでいます。設計側について、分からない事が多いので、また、分からない事があった時、宜しくお願いします。

お礼日時:2001/09/10 09:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコンクリートの圧縮強度試験

コンクリートを打設する際には通常
現場採取試験時にテストピースを6本取り
プラントに持って帰って標準養生をし
1週(7日)と4週(28日)の圧縮強度試験を3本づつ行いますが
1週の試験を行う理由を教えてください。

プラントからは「目安」という説明を受けたこともあるのですが
施主から立会しない程度のものであればやる必要はない、とも言われました。
試験をしても規格値がないから
結果を見てどう、ってものでもないんですよね。

Aベストアンサー

一般のコンクリートの指定強度は28日(4週)に出る強度です

したがって規格が存在しません
でも通常は1週間で9割程度の値がでますの目安としての意味しかありません

1週の試験を行う理由を教えてください。

お客さんからデータを取る指定があった

お客によっては、1週で有る程度強度がでたら4週目を待たずに施工をができる

客によっては、4週強度が出ないと施工さして暮れないのもあります


結果を見てどう、ってものでもないんですよね。
ではなく

6割程度しか出てないならば・・4週強度が規格に達しないことが予想はできます
の規格は無いが意味のある数字です

Q配筋補強の要らない床貫通スリーブの最大サイズ及び根拠

新築の鉄筋コンクリート作りの建物で、配線用に床(厚さ400から500mm)に貫通穴を設けたいのですが、配筋の補強等をしたくないので、補強しないで済む最大のサイズと、その法(建築基準法?)的根拠あるいは、何かの基準、指針等を確認したいのですが、教えてください。当方 電気技術者で、建築、土木関係は、ほとんど知識がありません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

素人さんぽい質問なので間違った認識の部分を指摘すると、どの本をお読みになったか知りませんが、「100mm未満であれば、配筋補強を考えなくてよい」が万事において通用するわけではありません。100mm未満でも補強が必要になることはあります。お造りになる建物の設計図書をよく読んで適切な工事を行なって下さい。

ちなみに、一般的な用途の一般的な規模、構造の建物であれば、概ねスラブ配筋はD10又はD13を200mmのピッチで配筋するので、No.1さんの回答にもあるようにスラブの鉄筋から被り厚さ分(片側30mm~40mm程度)を確保して更に施工誤差なども勘案すると100mm以内の径の開口であれば鉄筋などに影響を与えず、コンクリートの欠損としても軽微なため、仮に構造計算を行なったとしても今ある鉄筋だけでもってしまう事が多くなり、よってもって開口補強はしなくても良いとされていたりします。実際に、わが社の構造の基準図でも直径100mm以下の開口は補強不要としていますが、それもこれも床の構造設計時にそういった開口が開いても大丈夫なように設計をする事になっているからです。

また、古からの慣習で100Φ以下は補強不要というのもありますが、恐らく上記のような理由により影響が極めて小さいと判断できる場合が多いのがそのいわれの元だと思います。

法的根拠たるものはこれまでには見たことがありません。
建築基準法には、構造計算により適切に構造部材の断面を決める事になっています。

ちなみに、スラブ厚400mm~500mmというのは一般的な用途の一般的な構造の建物ではありませんので、きちんと設計図書になんて書かれているかを読んで、分からなければ設計者に質疑をあげてきちんと理解すべきだと思います。

素人さんぽい質問なので間違った認識の部分を指摘すると、どの本をお読みになったか知りませんが、「100mm未満であれば、配筋補強を考えなくてよい」が万事において通用するわけではありません。100mm未満でも補強が必要になることはあります。お造りになる建物の設計図書をよく読んで適切な工事を行なって下さい。

ちなみに、一般的な用途の一般的な規模、構造の建物であれば、概ねスラブ配筋はD10又はD13を200mmのピッチで配筋するので、No.1さんの回答にもあるようにスラブの鉄筋から被り厚さ分(片側30mm~4...続きを読む

Qアスファルトの重さ(t)をm3に置き換えたい。。。

アスファルトの重さ(t)をm3に置き換えるにはどのような計算になるのでしょうか?
誰か詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

アスファルトは重量(t)で出荷します。基本的には体積を算出し、単位重量を掛けます。通常使用する密粒度13mm、舗装厚0.05m(50mm)とします。面積(m2)×厚さ(m)×2.35となりますが、さらに転圧減量として1.08を掛けます。これで算出された数量が使用重量(t)となります。
(以上引用)
 ですから、Xtのアスファルトは、X÷2.538(立方メートル)となります。
例によって、受け売りでした。(^_^;)

参考URL:http://www.setsubi-forum.jp/cgi-bin/c-board/data/construction/log/tree_105.htm

Qコンクリートの養生期間について

早速質問させて頂きます。
コンクリートの養生は季節によって期間が違ってくるのでしょうか?
私は12月から家の方が着工しております。
基礎のコンクリートはこの時期、どれ位養生期間が必要ですか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

これについては種々実験されて、色々な基準も決まって
居るんですが、一般的に、良心的な施行者なら一週間
程度取るでしょう。(特に、今のような寒い時期は
尚更)

なお、この種の施行を行う者のバイブル(のような)存
在として、土木学会コンクリ-ト標準示方書というのが
あるのですが、その中では、普通ポルトランドセメント
(要は普通のコンクリ)で5日、早強セメントで3日と
なっておった筈です。
(筈...と云いますのは、今手元にそいつが無いからで
 すが、先に書いた"一週間"は、施行屋の良心として
 安全率を見込み、かつ、出来る限り工期を短縮して
 お客様の経済的負担を減らすという、二つの観点の
 中庸を取ると、大体この位になるでしょう。)


蛇足ですが、養生について少し。
養生ってのは、単なる放置じゃないんです。
もし、単に放置しているだけなら(極論すれば)いくら
放置していても駄目です。

【コンクリートの強度(実験結果より)】
 は打設(コンクリートを打ことです。)後1年の物の
 強度を100%としますと、約1ヶ月で80%、約3ヶ月で
 90%の強度が出ます。パーセントの強度が出ます。
 (それ以後も徐々に強度は上がります。 また、1年
  経過後も徐々に強度は上がります。)
 しかしそれも、その期間中に正しい環境条件としてい
 た場合。 コンクリは、85%以上の相対湿度で硬化が
 始まり、乾燥に伴う収縮も小さくなります。
 ですが、もし打設後直ぐの強度が十分に出ていない
 時期に、湿度が低すぎる状態にさらしていると、急激
 な収縮が発生して、コンクリの割れ・ヒビ(=基礎強
 度低下)が起きます。
 

そこで、養生期間中の注意点を少々。

【正しい養生(簡単に....)】
1.湿潤養生をする。(急激に乾燥させない)
 打設後、例えば乾燥しないように散水をする、表面から
 急激に水分が蒸発することを防ぐために、養生シート
 をかぶせる等。
 (高価な施行では、シートの代わりに"膜養生剤"と
  いうものを塗布する方法もありますが....)
2.温度保持
 養生中は、コンクリート温度を5度以上に保つように
 します。(保温・防湿シートによる養生等)
 もし日平均気温が4度以下になるようなら、凍害と
 いって、コンクリートの凍結(厳密にはコンクリ中
 の水分の凍結)が発生し、基礎強度低下の原因と
 なりますから、寒中コンクリートという施行方法
 (凍結しない、しにくいコンクリを用いる方法)
 を採ったり、気候を見てやったりします。


まとめますと、養生ってのは期間を取れば良いという
訳でなく、有る程度の強度が出てくる期間、すなわち
施工屋の基準なら一週間程度は、十分な養生をしてやる
事が肝心です。
ちなみに、季節によっても(コンクリ温度によっても)
若干変わりますが、冬だから劇的に短くなるって事は
ありません。

 ※私も専門はエネルギ・環境系で、この部門では
  2年ほどしか飯を食っていませんから、もし
  念を入れられるなら、町の設計士事務所等で
  依頼して、施工中の視察やアドバイス等を
  受けられることをお勧めします。

これについては種々実験されて、色々な基準も決まって
居るんですが、一般的に、良心的な施行者なら一週間
程度取るでしょう。(特に、今のような寒い時期は
尚更)

なお、この種の施行を行う者のバイブル(のような)存
在として、土木学会コンクリ-ト標準示方書というのが
あるのですが、その中では、普通ポルトランドセメント
(要は普通のコンクリ)で5日、早強セメントで3日と
なっておった筈です。
(筈...と云いますのは、今手元にそいつが無いからで
 すが、先に書いた"一週間"は、施行屋...続きを読む

Qm3→tへの変換方法

土木関係初心者です。
コンクリートガラの計算で単位が「m3」になっているものを、「t」にして記入しなければいけない書類があるのですが、どうやって変換しらよいのかわかりません。

ちなみにもとの数量は、2378m3で代価表には「1.0m3あたり2.35t」となっています。
単純に2378×2.35=5588.3tでいいものなのか悩んでいます。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

1.0[m3]当たり2.35[t]ですか.
2.0[m3]当たりは何トンになりますか?
3.0[m3]だったら?

2378[m3]だったら?
って考えればいいのでは?

Q構造図などの記号の意味

お世話になります。構造図の伏図にはG(大梁)B(小梁)などがありますがGやBは何の略なのでしょうか?
このように普段使っている略語や記号を記号のみで覚えているとたまに恥をかいてしまうことがあります。
例えば最近知ったのですが、寸法のH・W・DのDがディプス(奥行き)と読むことなどです。
G・Bの他にも略語や記号の意味が載っているサイトがあれば教えてほしいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちわ
私もあんまり詳しく無いのですが、一般的な構造図の記号としてよく登場
する頭文字では、
地中梁のFG
柱のC
スラブ床板のS
壁のW
片持ち梁のK
…などが出て来ますが、頭文字記号の由来については首をひねる場面が
あります…
地中梁なんかは英文建築用語だとSubterraneanだからSG,SBになるかと思
うんですがSじゃなくてFだったりなんですよね…
Columの柱やWallの壁はしごく納得ですが、Cantileverのはずの片持ち梁
のKなんて、ローマ字のような気がします。
職場の先輩に聞くと、いちいちうるせえんだよ、片持ちはKだよ、と怒ら
れたりしますので縮み上がってそれ以上聞けなくなります^^;
ほんとうの英語表記なら英文建築用語辞典がありますので、それが信用で
きるんですが、国内の記号は「特記事項」に凡例をつければ、図面毎に臨
時の定義をできたりしますし、慣例的な「昔っからこうなんだよ!」的な
部分もあるような気がして、怒鳴られるたびに私も釈然としない日々を過
ごした辛かった日々の昔話です…

この辺は突っ込みにこだわりのある構造専門建築士さんに助けてもらえる
とうれしいですね。

こんにちわ
私もあんまり詳しく無いのですが、一般的な構造図の記号としてよく登場
する頭文字では、
地中梁のFG
柱のC
スラブ床板のS
壁のW
片持ち梁のK
…などが出て来ますが、頭文字記号の由来については首をひねる場面が
あります…
地中梁なんかは英文建築用語だとSubterraneanだからSG,SBになるかと思
うんですがSじゃなくてFだったりなんですよね…
Columの柱やWallの壁はしごく納得ですが、Cantileverのはずの片持ち梁
のKなんて、ローマ字のような気がします。
職場の先輩に聞くと、いちいち...続きを読む

Q天井高さが3m以上の排煙計算について

いつもお世話になっております。
下記の条件の場合の排煙計算について教えて下さい。

床面積:12.0m2
天井高さ:3.315m
開口部種類:引き違い窓
高さ:FL+750 
寸法:H1.300m×W1.800

開口は上記1ヶ所のみです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

廊下(避難路ですから免除なし)ではなく、部屋ですよね
この窓では有効開口にならないので
H12建・告1436号内装不燃(下地とも)で免除でよろしいのでは?

室 :H12建・告1436-4-ハ(2)
居室:H12建・告1436-4-ハ(4)

Q鉄筋の継手位置とコンクリートの打継ぎ位置の違い

建築士を独学で勉強しています。
鉄筋の継ぎ手位置は、柱中央部、はり両端部近くの下端、はり中央部の上端となっています。
これは鉛直荷重や水平荷重が加わったときのモーメント図を描くとモーメントが小さい位置になるので納得できました。

一方、コンクリートの打ち継ぎ部は、柱・壁ではスラブの上端またはスラブや梁の下端で、はり・スラブではスパンの中央付近となってします。
モーメントが最大になりやすい箇所だと思うのですが、どういった観点から打ち継ぎ位置をこのように規定しているのでしょうか?
構造上はどこでもよく施工上の問題ということでしょうか?

Aベストアンサー

>構造上はどこでもよく施工上の問題ということでしょうか?
>柱・壁ではスラブの上端またはスラブや梁の下端で

施工上なら、スラブ上端は不可です。なぜなら上端に設けると、打ち継ぎ部は漏水箇所になり易いですが、防水処理がしにくいからです。上端より少し上にしておき防水処理を行うことが望ましいです。また打ち継ぎ処理として目荒らしをする余裕も取っておかなければなりません。
また梁の中央部にすると、一時的に片持ち梁状態になりますので、型枠の設計上好ましくなく、施工も面倒なので、施工上の理由ではないでしょう。

コンクリートは引っ張り力を負担しません。圧縮力とせん断力、曲げです。
圧縮力に関しては圧縮方向と直角に対する打ち継ぎ(梁軸方向圧縮力に対する垂直打ち継ぎ、柱に軸力における水平打ち継ぎ)は、完全に接着していなくとも、圧縮力がかかって利くので、それほど影響しませんので、主にせん断力を中心に考えます。

柱・壁のせん断力は一定ですので、同じように施工上の弱点となりやすい鉄筋継ぎ手がない位置から遠いところが望ましいでしょう。

梁の場合は等分布荷重を仮定するとせん断力は中央が一番小さくなるので好ましいです。
まお、梁中央は曲げモーメントが大きくなりますが、変形方向を考えると中心軸より下端に引っ張り力、上端に圧縮力が発生していることになります。
下端の引っ張り力は鉄筋が負担するものですのでコンクリートには関係ないですし、上端の曲げモーメントによる圧縮力は大きくなりますが、打ち継ぎ部を押しつぶす方向に働く力なので、問題ありません。
柱などは方向性は一定していませんが、同じように考えてみてください。

>構造上はどこでもよく施工上の問題ということでしょうか?
>柱・壁ではスラブの上端またはスラブや梁の下端で

施工上なら、スラブ上端は不可です。なぜなら上端に設けると、打ち継ぎ部は漏水箇所になり易いですが、防水処理がしにくいからです。上端より少し上にしておき防水処理を行うことが望ましいです。また打ち継ぎ処理として目荒らしをする余裕も取っておかなければなりません。
また梁の中央部にすると、一時的に片持ち梁状態になりますので、型枠の設計上好ましくなく、施工も面倒なので、施工上の...続きを読む

Q鉄骨造の柱・梁の断面サイズの仮定をする場合。

鉄骨造の柱・梁の断面サイズの仮定をする場合。
設計者ならば経験でわかるはずと言われそうなのですが。
ある程度、その大きさがわかる参考になる書籍や情報などがあれば
教えていただきたいのですが。

普通、意匠設計者の方はどうされているのでしょう…
都度、構造設計者に質疑応答をされているのでしょうか?
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

みなさん色々だと思いますが、単純な形状のラーメンであれば、スパンの1/10とか、1/12のDになると想定して検討を進めるのが普通ではないでしょうか?
ある程度プランが固まったら、構造設計者に仮定断面を出してもらうわけですが、設計をすすめていけばプランも変わっていきますし、構造的な考え方が変わってきそうなときは、都度構造設計者と打ち合わせをする、ということなると思います。
また、高さ制限がシビアだったり、計画上梁Dを縮める必要がある、構造を意匠として見せたいor意匠と密接に絡む、といった場合には、基本計画段階から構造設計者に入ってもらうこともありますよ。

QコンクリートのFd、Fq

Fcはコンクリート強度ですが、Fd、Fqとは何なのでしょうか?
単位は共に(N/mm2)です。

Aベストアンサー

ゼネコン構造設計の者です。
自信ありありです。(笑)

Fcは「設計基準強度」
Fdは「耐久設計基準強度」
Fqは「品質基準強度」です。

耐久設計基準強度は、建物の計画共用期間の級に応じた強度で、
(1)一般(耐用年数30年)Fd=18
(2)標準(耐用年数65年)Fd=24
(3)長期(耐用年数100年)Fd=30
です。

品質基準強度は設計基準強度に3(N/mm2)加えたもの、と、耐久設計基準強度に3(N/mm2)加えたもの、の大きい方の値です。

詳細は、日本建築学会「JASS5」1997年を参照してください


人気Q&Aランキング