綿本先生のパワーヨガのDVDで自宅でヨガをやっているのですが、その中で二つほど、効いている感じがあまりなくて、やり方が違うのかな??と思うポーズがあるんです。

ひとつは「ワシのポーズ」で、ヒップアップの効果があるそうなのですが、いつまででもポーズを続けられるのでは?と思うほど楽で、足にもおしりにも全く効いている感じがしないんです!体は硬い方ですし、あまり筋肉もないほうなのに、こんなに楽にできるということは、きっと何かが違うんですよね?
DVDでは「太ももに力を入れて」とか「おしりを内側にしめて」と先生の声が入るのですが、どう力をいれたものやらよくわかりません。

それから、「ねじり三角のポーズ」は床に手がつかない為、手を足首あたりにおいてやっているのですが、
やはり効いてる感じはしません。(三角のポーズはすごく効いている感じがあります。)

実際、わたしのポーズを見ていただけるわけではないので、アドバイスといっても難しいとは思いますが、
一般的な事で構わないので、このポーズの注意点はここだよとか、このポーズは本来この辺に効いてる感じがあるはずとか、何かアドバイスを頂けませんか?

よろしくお願いします!!

A 回答 (2件)

>床に手がつかなければ、膝でも腿でも手を置く位置は構わないので、とにかくねじりがポイントと聞いたのですが、ねじっても痛いのは膝裏ばかりなんです。



床に手がつかないときは、ヨガブロックを使ったりするといいのではと思います。
自分で家で行うにしても、滑り止めのためのヨガマットや体が硬いのならばヨガブロックなど揃えるべきだと思います。

>やはり、初めはお教室に通うしかないのでしょうか?

個々で事情が違うので何ともいえませんが、不安ならば覚えるまで教室に通うのは一つの手だとは思います。
分からないのであれば、直接教えてもらったほうが、近道ですよね。
    • good
    • 0

わしのポーズですが、太ももに力を入れることができないと解釈していいのでしょうか?


お尻を内側にしめるのは、普通に立っていてもけっこうきついものです。
下半身に力を入れるというのがこのポーズではポイントです。それができてこそ意味があると思いますよ。
お尻を内側に閉めるとはお尻が横にあまり広がらないよう力を入れて狭めるというった感じです。
それにあわせて、必然的に太ももの内側・お尻の下側に力が入ります。
楽にできるということですが、10秒片足でバランスをとるのもなかなかうまくいかないというか、太もも・お尻のしたあたりがきつく感じますがどうですか?

ねじりのポーズの方が私はきついです。
太ももがぶるぶる振るえ、手を変えるとさらにバランスがとりにくくなります。
終わるともうひっくり返りそうになります。
手は、床につくので膝裏・太ももはギリギリまで伸びた状態です。体が硬いということが原因しているかもしれませんね。
ねじり3角のポーズは、両腰、ウェストのくびれ辺りにすごくちからがはいっています。
そんなかんじはないですかね?
「無理はしません」とよく先生は言っていますが、ある程度極限一寸前くらいまでいかないと効かないと私は思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の丁寧な回答、ありがとうございます。
やはり、ワシのポーズもきつく感じるはずなんですね。。。おしりを内側にしめる感じは立ち木のポーズなどではよく実感できるんですが、同じようにしているつもりでも、このポーズだと何ともないんですよね。。。なにが違うんでしょうか。。。

ねじり三角はやはり体が硬く、きちんとポーズがとれていないために効かないんですね。
床に手がつかなければ、膝でも腿でも手を置く位置は構わないので、とにかくねじりがポイントと聞いたのですが、ねじっても痛いのは膝裏ばかりなんです。
やはり、初めはお教室に通うしかないのでしょうか?

お礼日時:2005/04/03 22:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q絵を描く時のキャラのポーズ

私はよく絵を描くのですがキャラクターのポーズがなかなか決まりません。というか動きがあるポーズとか描きたいのにいつもありきたりなポーズしか描けません。どこか参考になるようなHPさんを教えてください。
たとえば猫背で細く背の高い男性(WJで連載中のDEATH NOTEのL)の水着姿を描きたいのですが、やはりポーズが決まりません。
それに男性の上半身裸や足を描くのも苦手です。
このような絵を上手く描くコツも教えてください。

Aベストアンサー

どの参考書が合うかというのは人それぞれでしょうが、マール社の『やさしい人物画』は多くの知人に好評でした。
あと、最近は下記のような素晴らしいサイトもあります。このサイトざっと眺めてから描いてみるだけでも、大分違うと思いますよ。

がんばって素晴らしい絵を仕上げて下さい!

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~zm5s-nkmr/index.html

Qヨガのポーズのひとつである牛面(牛皮・鏡)のポーズが出来ません。

ヨガのポーズのひとつである牛面(牛皮もしくは鏡)のポーズの足の型がどうしても出来ません。他のポーズのほとんど(初級レベルですが・・・)は、ほぼ出来ます(出来ていると思っております)。牛面のポーズの足の型にはどうしてもなりません。体のどの部分の柔軟性及びどの部分の筋肉を鍛えれば出来るようになりますでしょうか?お教え下さい。よろしくお願い致します。
ちなみに、ヨガは通いで習っております。(先生はいつか出来るようになると言ってはくれますが・・・)また、クラシックバレエの経験もあります。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

股関節と脚、肩が柔らかくなるポーズですので、股関節が硬いのかもしれませんね。

足首を膝にのせるポーズがいいみたいですよ。
左脚を前にして足を交差させて座り、左足を持ち上げ足首を右膝にのせます。
右足首が床と左膝に挟まれスネの骨が腿と三角形になるよう右脚をおきます。
両足首を曲げてふくらはぎの筋肉と内腿に効かせ重力に引かれるまま左膝を下げていきます。
前に上体を傾け床に添って手を前方に動かしていき1分ほど静止します。足を入れ換えて繰り返し・・・
あと半連座の前屈も股関節が開くポーズで参考までにチャレンジしてみてください。

うまく伝わったでしょうか・・・??!

Q絵の練習をしているのですが。 うまく体がかけませんなので ポーズを取らせたいのになかなか書けなくて困

絵の練習をしているのですが。
うまく体がかけませんなので
ポーズを取らせたいのになかなか書けなくて困ってます誰か助けてください

Aベストアンサー

田舎で細々と約27年ほどアニメーターをしています。
キャラ・メカ等各種デザイン・美術設定等・作画監督・原画・コンテ・演出・たまに監督なんかもやってます。
他のスタジオの仕事も山ほどやってますので フリーと勘違いされますが
東京の某大手スタジオの社員アニメーターです。

美術的基礎はきちんと出来ていますか?
美術的基礎=デッサン力だと思ってます。

考える力、思考能力、想像力、妄想する力。
それを実体化させる為には「デッサン力(=デザイン力)」という「表現の設計図」が必要になります。
且つ、目の前にある物を質問者様が全く動かずに正面からだけでなく
360度全方位どの方向からも捉えて描けるのも大事です。
2次元の物を3次元で捉える事が出来る想像力と実現できる画力です。

例えば正面から物を捉えその物を真上や270度の位置で捉えて描ける力が絶対に必要になります。
絵画であれ、彫刻であれベースにあるのはデッサン力(物を見る力)ということになります。
現時点でこれが出来ていないのであればまずここからです。

美術的基礎に関しては本屋さんや図書館・ネットに参考になるものがありますのでチェックして下さい。
デスノート辺りの漫画家小畑健先生の絵柄は美術的基礎に非常に近いので参考になると思います。
裸体デッサンが出来ると人体の構造が分かって良いのですが。

模写やトレースもやっていると思いますが
模写やトレースは上記の美術的基礎がある程度出来てから練習すると効果が出てきます。

観察眼を身に着けたいなら模写ですが落とし穴もあります。
模写による練習が何を培う練習なのかと言うと脳でイメージを浮かべる事です。
模写自体はやればやるほど上手くなります。
それで絵が上手くなっているかと言うと全然上手くなっていません。
あくまで模写が上手くなるだけで
「何も見ずに質問者様自身のオリジナルの絵を描いてください」と言われた場合は
正直下手糞な絵しか描けません。
これが模写の落とし穴です。
模写の練習で鍛えられるのはあくまで模写の技能だという事を理解して下さい。

構造、工程の流れを手っ取り早く理解したいならトレースです。
トレースのポイントは表面上をなぞるのではなく立体的に捉えてなぞること。
何故この動きでこの配置なのか別の角度から見たらどうなるかを
想像しながら描く事が重要でこの感覚を覚えていきます。
1枚描いたら上記の事を考え、疑問に思ったら調べる事が重要です。

トレースで上手くなれる人は上記の事を知ってか知らずかにやっている可能性が高いです。
ただ、トレースして何も考えずにはい次って感じだと全く上達しません。

絵というのは1日100枚描いたら次の日に劇的に上達するという事はまずありえません。
毎日、毎日描いて少しずつ、少しずつ上達していきます。
そして絵と言うのは描けば描くほど個人差はありますが必ず上達します。
美術的基礎をある程度身につけたうえでトレースと模写に加えオリジナルの絵を描くことも重要です。
上達していけば上手く描ける絵の幅はかなり広がるはずです。
あせらずゆっくりと頑張って下さい。

上手く説明出来ていないかもしれませんが
以上、参考になれば幸いです。

田舎で細々と約27年ほどアニメーターをしています。
キャラ・メカ等各種デザイン・美術設定等・作画監督・原画・コンテ・演出・たまに監督なんかもやってます。
他のスタジオの仕事も山ほどやってますので フリーと勘違いされますが
東京の某大手スタジオの社員アニメーターです。

美術的基礎はきちんと出来ていますか?
美術的基礎=デッサン力だと思ってます。

考える力、思考能力、想像力、妄想する力。
それを実体化させる為には「デッサン力(=デザイン力)」という「表現の設計図」が必要になります。
且つ...続きを読む

Qヨガのネコのポーズは?

教えてください。
ネコのポーズはサンスクリット語ではなんというのでしょう?
できれば、アルファベットもお願いいたしますm(_ _)m

Aベストアンサー

こんにちは

「cat pose」で調べて見ますと、「Bidalasana」と「Marjariasana」という2種類の言い方があるようです。(asanaがポーズという意味のようです。)

googleのヒット件数では、「Bidalasana」の方が多いようですので、こちらの方が一般的な呼び方なのかもしれません。

(Bidal-asana)
http://www.abc-of-yoga.com/yogapractice/cat.asp

(marjari-asana)
http://www.chennaionline.com/health/yoga/marjariasana.asp

尚、サンスクリット語は本来下記URLのようなデーヴァナーガリー文字で表されることが多いようです。↓

http://www.geocities.jp/p451640/moji/skm/gjo/gjo_05.html

私も勉強になりました~。

参考URL:http://www.abc-of-yoga.com/yogapractice/cat.asp,http://www.chennaionline.com/health/yoga/marjariasana.asp

こんにちは

「cat pose」で調べて見ますと、「Bidalasana」と「Marjariasana」という2種類の言い方があるようです。(asanaがポーズという意味のようです。)

googleのヒット件数では、「Bidalasana」の方が多いようですので、こちらの方が一般的な呼び方なのかもしれません。

(Bidal-asana)
http://www.abc-of-yoga.com/yogapractice/cat.asp

(marjari-asana)
http://www.chennaionline.com/health/yoga/marjariasana.asp

尚、サンスクリット語は本来下記URLのようなデーヴァナーガリー文字で表...続きを読む

Q人の絵の色々なポーズについて

漫画家さんは色々な人のポーズを見ないで描いている(たまに資料を見る)と聞きました
僕も見ないで描けるようになりたいんですが、どのような練習をしたらいいのかわかりません
どこかで聞いた話によると「絵が上手くなる=頭のイメージを強固にする作業」らしいんですが
どうすれば、このイメージを強固することができるんでしょうか?
それと、無限にある人間のポーズはやはり一個一個、記憶に強固しなければいけないんでしょうか?
教えてください

Aベストアンサー

とにかくデッサンを繰り返すことじゃないでしょうか。

>無限にある人間のポーズはやはり一個一個、記憶に強固しなければいけないんでしょうか?

イメージを強固にするっていうのは、記憶することとはまた違いますよ。
もちろん、単純に覚えれば描ける部分っていうのもあるんですけど。

例えば、丸を描いてくださいと言われたら何も見なくても描けますよね?
それは丸という図形が頭の中で完全にイメージされているからなんです。

それと同じ感覚で人を描けるようになること。
あなたが目指しているのはそういう状況です。
人の骨格、筋肉の付き方、体の可動範囲…丸と比べて必要な情報は数多くありますが、
必要な部分がわかっていれば見た事の無いポーズでも
考えて(頭の中でイメージして)描く事が出来ます。

Q丹田を鍛えるヨガのポーズ

丹田を鍛えるヨガのポーズをご存じでしたら、教えていただきたいのですが。

Aベストアンサー

ヨガじゃないけど、
岡田式静坐法
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A1%E7%94%B0%E5%BC%8F%E9%9D%99%E5%BA%A7%E6%B3%95

立腰道
http://www4.ocn.ne.jp/~ookobat/ritsuyou.htm

肥田式強健術
http://homepage1.nifty.com/hidashiki/

いずれの日本で独自に発展したもので丹田強化に効果があります。
特に肥田式強健術はこの丹田を中心とした独自の鍛錬法であり、丹田強化がその中心理論となっています。

いずれも丹田強化という面では日本人にとってヨガよりも効果があるんじゃないでしょうか。

Qこんにちは、絵に関する質問です。 いつもイラストを書く時 ポーズが思うように描けません。 誤魔化して

こんにちは、絵に関する質問です。

いつもイラストを書く時
ポーズが思うように描けません。
誤魔化して首までの絵ばかり描いてます…
顔などはまだ自分でも納得が
出来るのですがいつも身体を描くと
なると失敗して破棄してしまうのです。
棒で下書きをしても肉付きが上手くいかず…

どうすれば上手く
身体を描く事が出来ますか??
コツなどがあれば教えてもらいたいです
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

骨格を軽くさらうと描きやすくなります。特に脊椎のカーブを意識すると身体に厚みやムーブメントを出しやすいです。

Qヨガの正しいポーズ

どれが正しいツルのポーズですか?
http://allabout.co.jp/gm/gc/8138/

http://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=%E3%83%A8%E3%82%AC%20%E3%83%84%E3%83%AB&source=web&cd=2&ved=0CFUQtwIwAQ&url=http%3A%2F%2Fwww.youtube.com%2Fwatch%3Fv%3DbgRW1p7HDx0&ei=kGLMT-n3COzTmAXB9o2ZDw&usg=AFQjCNEjOtN6-gBHbQvPweUo1dosfCMoAw&cad=rja

http://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=%E3%83%A8%E3%82%AC%20%E3%83%84%E3%83%AB&source=web&cd=3&ved=0CFwQFjAC&url=http%3A%2F%2Fnambamiracle.blog28.fc2.com%2Fblog-entry-148.html&ei=kGLMT-n3COzTmAXB9o2ZDw&usg=AFQjCNGiZyYyMGmr0FBUCDNlDpJjZ6LHmQ&cad=rja

どれが正しいツルのポーズですか?
http://allabout.co.jp/gm/gc/8138/

http://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=%E3%83%A8%E3%82%AC%20%E3%83%84%E3%83%AB&source=web&cd=2&ved=0CFUQtwIwAQ&url=http%3A%2F%2Fwww.youtube.com%2Fwatch%3Fv%3DbgRW1p7HDx0&ei=kGLMT-n3COzTmAXB9o2ZDw&usg=AFQjCNEjOtN6-gBHbQvPweUo1dosfCMoAw&cad=rja

http://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=%E3%83%A8%E3%82%AC%20%E3%83%84%E3%83%AB&source=web&cd=3&ved=0CFwQFjAC&url=http%3A%2F%2Fnambamiracle.blog28.fc2.com%2Fblog-...続きを読む

Aベストアンサー

私の知っている鶴のポーズはバカアーサナといって、カラスのポーズともいいます。

最近のヨガでは準備段階のものを完成ポーズのように言いますから、
また流派によってその名も違いますから、どれが正しいかはないと思います。

Q人物のポーズ

私は立っているポーズの絵は描けるんですけど、それ以外の座っている所、走っている所、歩いている所etc…のポーズが上手く描けれません;
なので、人物のポーズを描く時に参考になる本や、HPがあったら教えて下さい!!(自分がやっている方法などでもOKです)よろしくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

こんばんは^^

ポーズの参考書といえば(私の中では)

・王道の「マール社のポーズカタログ」ですね。
種類もままあります(ヌードポーズもある^^;)

・あと私のお勧めですが、ニッセンやOTTOなどのファッション雑誌のグラビア、あれこそ座ったポーズ、直立ポーズのワンランク上のポーズがあります^^皺や服の感じがつかめますよ。

・次に、アーティスト雑誌(古い言葉でいうとミュージシャン雑誌)あそこには様々なかっこいいポーズが載ってます。色の参考にもなります、色の統一感はプロの物ですから色キチ(友人の中では色キチガイ、色彩感覚のない人物を言う^^;)も直せます。感覚のズレは着物雑誌の配色を真似ることでも直せますが…

最後に…ポーズが苦手と言う事は、No.1の方がおっしゃりる様のとは少々異なりますが、「見えない部分が描けない=安定しない」と思われるので、人物の輪郭、すなわち「ヌード」の練習がいいかと思います。ちょっと難しいポーズは、体のヌードラインを描いてから服を着せるとままよくなります。ヌードデッサンの練習でよくわかりました。しっかりしたいとお思いの場合基礎を勉強されるのもよろしいかと^^

…とここまで書いてフト疑問、どの様な「絵柄」のポーズでしょう?写実?アニメ的・漫画的?いや…私は双方の場所にいますから、私の困難の経験がすこしは参考になるでしょうか?

頑張って!

こんばんは^^

ポーズの参考書といえば(私の中では)

・王道の「マール社のポーズカタログ」ですね。
種類もままあります(ヌードポーズもある^^;)

・あと私のお勧めですが、ニッセンやOTTOなどのファッション雑誌のグラビア、あれこそ座ったポーズ、直立ポーズのワンランク上のポーズがあります^^皺や服の感じがつかめますよ。

・次に、アーティスト雑誌(古い言葉でいうとミュージシャン雑誌)あそこには様々なかっこいいポーズが載ってます。色の参考にもなります、色の統一感はプロ...続きを読む

Qヨガの鋤のポーズについて

本を買ってヨガを始めたのですが、鋤のポーズすら体が重いし硬いしで大変です。無理はしないでよいと言う事ですが、質問があります。

まず、鋤のポーズについてですが、
1.下半身が重く肩で立つ程には上げられませんが、支えられる範囲でよいのでしょうか
2.その姿勢をキープする時ですが、太腿の裏が伸びないので膝を曲げたままでも良いのでしょうか?膝を伸ばすとしたらつま先が床に付くなんて有り得ず、床と平行位にかならないです…

3.呼吸についてですが、これははきながら、これは吸いながら…などが分りません。慣れて行って自然に呼吸を覚えるしかないのでしょうか?もし逆の呼吸にしても問題はないのですか?
4.手足のウォーミングアップを入れても一日30分しかしていませんが、この位で良いのでしょうか?
5.起床後主人を送り出した後にヨガをしています。出来れば目覚め後の空腹時が良いと本に書いてあるのですが、だいたい目覚めて1時間後位になってしまいます。その間に水とリンゴ酢ドリンクを飲んでいます。空腹時であれば今のような時間帯にヨガをしてもよいのでしょうか?

長くなりましたが、よろしくお願いします。

本を買ってヨガを始めたのですが、鋤のポーズすら体が重いし硬いしで大変です。無理はしないでよいと言う事ですが、質問があります。

まず、鋤のポーズについてですが、
1.下半身が重く肩で立つ程には上げられませんが、支えられる範囲でよいのでしょうか
2.その姿勢をキープする時ですが、太腿の裏が伸びないので膝を曲げたままでも良いのでしょうか?膝を伸ばすとしたらつま先が床に付くなんて有り得ず、床と平行位にかならないです…

3.呼吸についてですが、これははきながら、これは吸いながら…などが...続きを読む

Aベストアンサー

ヨガの基本に絶対に無理をしないというのがあります。
他のスポーツなどと違い、ヨガは人と競うものではなく、自分が心地よいと思うことが大事になります。

鋤のポーズですが、最初は足があがるとこまでで大丈夫です。
慣れてくれば、徐々に上がるようになってきます。
キープするときには、できれば膝は伸ばしたほうがよいですが、痛いのならやめてください。
つま先が床につかなくてもいいので、ご自分が心地よいと思うとこまで伸ばすのがいいです。

呼吸についてですが、足を床方向に伸ばしていこうとするときに吐きます。
息を吐く際には、必ず肛門をしめて、恥骨を上げる気持ちで吐いてください。
吐き終わったら、動作を止めて、息を吸い、また吐きながら足を伸ばしていきます。
静止に入ったら、呼吸をしながら(絶対に息は止めない)15秒~30秒、キープしてください。
なお、呼吸は鼻から吸って、鼻から吐いて下さい。

時間は、特にないですよ。
30分が心地よいなら、30分でOK。
慣れてくれば、30分では物足りなくなってくるので、そのときに時間を延ばせばいいのでは。

ヨガを行う時間は空腹時なら、起床後すぐでなくても大丈夫です。
ちなみに私は就寝前に行っています。

私はヨガを始めてから、新陳代謝がよくなりました。

お互い、ヨガライフを楽しみましょう!!

ヨガの基本に絶対に無理をしないというのがあります。
他のスポーツなどと違い、ヨガは人と競うものではなく、自分が心地よいと思うことが大事になります。

鋤のポーズですが、最初は足があがるとこまでで大丈夫です。
慣れてくれば、徐々に上がるようになってきます。
キープするときには、できれば膝は伸ばしたほうがよいですが、痛いのならやめてください。
つま先が床につかなくてもいいので、ご自分が心地よいと思うとこまで伸ばすのがいいです。

呼吸についてですが、足を床方向に伸ばしていこう...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報