大学の求人は、表示が基本給表示なのですが、税金等はどのくらい引かれるのが普通なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

基本給」に関するQ&A: 基本給減給について

A 回答 (4件)

給与から控除されるものは、法定のものでは下記のものですが、平均して給与総額の16%程度が控除されます。



所得税(源泉税)が約3.5%
社会保険料(健康保険・厚生年金)が約12%
雇用保険料が0.8%
所得税は扶養家族の人数によって増減しますから、あくまでも目安です。

平均的には、総額から16%ほど控除されますから、支給総額の84%程度の手取りになります。
なお、翌年からは住民税も控除されます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
参考になりました。

お礼日時:2005/04/08 00:03

ものすごく漠然とした質問なので、答えが難しいですが、


基本給が30万だったら手取り25万くらいじゃないですか?

税金はどこでも一緒ですけど、手当てなんかはは会社によって全く違いますから。
基本給が安くても手取りが多い人もいますし、逆もいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
参考になりました。

お礼日時:2005/04/08 00:02

税金もそうですが、健康保険料と厚生年金がでかいです。



所得税+住民税+健康保険料+厚生年金保険+雇用保険料で
支給額の20%近くになります。
つまり手取りは支給の8割ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
参考になりました。

お礼日時:2005/04/08 00:01

3万~4万円

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
参考になりました。

お礼日時:2005/04/07 23:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q給与の手取り額計算方法について教えて下さい。

給与手取り額の計算方法について教えて下さい。

給与の手取り額の計算方法を教えて下さい。
額面金額の何%が手取り金額としてもらえるのでしょうか。

派遣で仕事についているのですが、
時給計算で手取り月に25万円は希望しています。
この場合の額面金額が幾らで、社会保険、
雇用保険、厚生年金がそれぞれ幾らとなるのか?
1時間あたりの給与金額も教えて頂けると有難いです。

計算方法の表等が載っているURLもご提示頂けると有難いです。

色々要望を書きましたが、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

さんこうに

http://www.tedorigaku.com/

Q家賃収入に対する税金はどのくらいなのでしょうか?

家賃収入に対する税金はどのくらいなのでしょうか?

退職し、年金生活です。
家賃収入として毎月5万円を得る場合、税金はどのくらいかかるのでしょうか?
家賃収入以外の収入はありません。

Aベストアンサー

>年金生活です…
>家賃収入以外の収入はありません…

話が矛盾しています。
年金も立派な収入です。
まあ、あなたが 65歳未満なら 70万、65歳以上なら 120万円の控除がありますので、それらの数字以下なら無視してかまいません。
控除額以上なら、越える分について一定の掛け率で「年金所得」と申告の対象になります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1600.htm

>家賃収入として毎月5万円を得る場合…

1月から 12月までずっとあるとして 60万円。
そこからその家賃収入を得るのにかかる経費を引いた数字が「不動産所得」。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1370.htm

>税金はどのくらいかかるのでしょうか…

【当年の所得税】
{[年金所得] + [不動産所得]} - [所得控除の額の合計] = [課税所得]
[課税所得] × [税率] = [所得税]

「所得控除」は該当するものを一つ一つ拾い上げて合計します。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1100.htm
少なくとも「基礎控除」38万円
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1100.htm
と「社会保険料控除」として健康保険の実支払額があるでしょう (息子の扶養になっていたりするとありませんが)。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1130.htm

「税率」
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm

【翌年の市県民税】
税率が 10%一律なほかは所得税と同じ計算です。

なお、今年中に青色申告の承認願いを出して、来年から青色申告をすれば「不動産所得」が 10万円減り、50万円となります。
節税の知恵です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2070.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>年金生活です…
>家賃収入以外の収入はありません…

話が矛盾しています。
年金も立派な収入です。
まあ、あなたが 65歳未満なら 70万、65歳以上なら 120万円の控除がありますので、それらの数字以下なら無視してかまいません。
控除額以上なら、越える分について一定の掛け率で「年金所得」と申告の対象になります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1600.htm

>家賃収入として毎月5万円を得る場合…

1月から 12月までずっとあるとして 60万円。
そこからその家賃収入を得るのにかかる経費を引いた数...続きを読む

Q源泉徴収票での計算と手取り金額の差

源泉徴収票から年間手取り金額を計算したものと、実際の給与明細の手取り額合計が合わないのです。何がまちがっているのでしょうか。

1)源泉徴収票での計算
源泉徴収票の記載内容
 (1)給与支払額        :9,310,800
 (2)社会保険料        :1,122,145
 (3)給与所得控除後の金額:7,179720
 (4)生保控除         : 100,000
 (5)扶養控除:配偶者×1、16未満×2
 (6)所得控除の額の合計  :1,982,145
 (7)源泉徴収額        : 611,900

 の場合、(3)=(1)×90%-1,200,000=7,179,720でok
      (6)=(2)+(4)+380,000×2=1,982,145でok
      (7)の計算も(195万以下)97,500+(330万以下)135,000+(695万以下)379,400=611,900
 となり、当然ですが合ってます。
 住民税年間合計が442,100円でしたので、
    年間手取り額=9,310,800-(1,122,145+611,900+442,100)=7,134,655円となります。


2)給与明細からの計算
 ところが、月々の明細および賞与明細からの合計では
 Σ(月々明細の手取り金額-生保控除金額-通勤費)+(賞与手取り金額)=6,558,923
 となり、575,732円も差が出ています。

 月々48,000近くも差があるのですが、何が間違っているのでしょうか。
 なお、当方年俸制のためか、年末調整の還付金はゼロでした。

 よろしくお願いします。

源泉徴収票から年間手取り金額を計算したものと、実際の給与明細の手取り額合計が合わないのです。何がまちがっているのでしょうか。

1)源泉徴収票での計算
源泉徴収票の記載内容
 (1)給与支払額        :9,310,800
 (2)社会保険料        :1,122,145
 (3)給与所得控除後の金額:7,179720
 (4)生保控除         : 100,000
 (5)扶養控除:配偶者×1、16未満×2
 (6)所得控除の額の合計  :1,982,145
 (7)源泉徴収額        : 611,900

 の場合、(3)=(1)×90%...続きを読む

Aベストアンサー

源泉徴収票の計算には、生命保険料の控除分(給料からの天引き分)が含まれていませんね。
48000円は、毎月引かれている生命保険の保険料ではないですか?
また、毎月の給料から会社の社員厚生の会費や組合費引かれていませんか?

Q自分の言ったこと どのくらい覚えてたら普通?

例えば、蕎麦屋さんで、ざるそばと天ぷらを頼んだとします。

数十分後、あなたならその注文時の自身の発言を一言違わず思い出せますか?

例えば、「すいません、ざるそばと天ぷらをお願いします」と言ったとします。

それを、数十分後思い出せますか?

私はできません。ざるそばと天ぷらを頼んだことはわかっても、

「ざるそばと天ぷらをください」と言ったような気もすれば「ざるそばと天ぷらを」と言ったような気もする。つまりニュアンスはわかっても、一言一句はおぼろげなのです。たった数十分後なのにです。

この記憶力は異常でしょうか

Aベストアンサー

>ざるそばと天ぷら
ここまで覚えているなら十分だと思います。

覚えておかなくてはならないとか覚えておこうと意識しないものについてはそのようなものではないでしょうか。
私の場合は数十分どころか、店を出るときに「ざるそばと天ぷら」だったのか「天ぷらとざるそば」だったのかもあやしいかもしれません。

Q実質手取りから希望年収を計算する方法

転職とかで希望年収を聞かれることがあります。
その年収には税金とか社会保険が入ってますので、実質手取りがすぐにわかりません。

逆に実質手取り(可処分所得)の希望額がある場合、
必要な年収を計算する方法はありますか?

控除されるものがいくつあるのかわからないのですが、
所得税
年金保険料
健康保険
雇用保険
翌年の住民税
でしょうか?

東京在住
私の見ている業界は外資が多いので、夏冬ボーナスなしの均等割で計算

だいたいでよいので、計算式を教えてださい。

たとえば400万の手取りなら、4xx万は最低必要、みたいな。

Aベストアンサー

概ね2割程度は引かれますから、月収35含みとして520万とします。
ノルマは初年度会社の利益額が1200万程度、此処からビジネスボリュームを計算すると考えて下さい。

Q「生活費、普通はどのくらい入れる?」に関する統計資料探しています

「親との同居で入れる生活費はこのくらいの額が一般的である」
このことを客観的に裏付けるような統計資料を探しています。
「24歳」「独身」「男」これらの条件を多く満たしてくれるものほど有り難いです。
必ずしも1つの資料である必要はなく、複数組み合わせる事で輪郭が見えてくる、といった形式でも大歓迎です。
これら資料を(書店、ネット上などで)入手できる方法をご存知でしたら是非教えて下さい。
どうか、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

♯2の者です。再びお邪魔します。
バイトをしながら公務員試験をなさってるとか。
偉いですねぇ。ウチのパラサイトに、煎じた爪の赤を少し頂けませんか?笑
頑張っている貴方をお父様はどうして支えて下さらないのか、ちょっと不思議です。

さて3万円でも苦しいというのでしたら、金銭ではなくて労働でお支払いになっては如何でしょうか?
例えばゴミ出しの役目を引き受けるとか、布団を干したり取り込んだりするのを全面的に請け負うとか。
食後の茶碗を洗うのは貴方が全部やるとか。

また、家計費のやりくりに協力するのも効果的かと思います。
誰もいない部屋の電気を消しまくったり、お風呂はサッサと入って保温によるガス代を使わないようにするとか、
歯を磨きながら流水するのは止めるとか。
そういう無駄って、家計費に頭を痛める親としては凄く気になるんです。
貴方がこれらのことをしてなるべく負担のないように心掛けていることを判って貰えれば、
親御さんも何万円とか言わなくて多めに見てくれると思いますよ。

それに、もしかしたらそういう無駄や親の庇護を思い知らせる為に
出て行くようにとおっしゃってるのかもしれません。
自分で何もかもしなければならないということは、とてもいい勉強になるものです。
ウチのもうひとりの息子は一人暮らししていますが、光熱費の無駄とかにとても敏感になったようです。

それともうひとつ、法律的な観点から。
法律的に言うと、既に扶養する義務のなくなった子どもに出て行けと命令することはできるんだそうです。
そんな冷たく割り切る法律はともかくとして、頑張っている貴方を応援したいですね。
労働力と家計費の節約、これで交渉されてみることをお勧めします。

♯2の者です。再びお邪魔します。
バイトをしながら公務員試験をなさってるとか。
偉いですねぇ。ウチのパラサイトに、煎じた爪の赤を少し頂けませんか?笑
頑張っている貴方をお父様はどうして支えて下さらないのか、ちょっと不思議です。

さて3万円でも苦しいというのでしたら、金銭ではなくて労働でお支払いになっては如何でしょうか?
例えばゴミ出しの役目を引き受けるとか、布団を干したり取り込んだりするのを全面的に請け負うとか。
食後の茶碗を洗うのは貴方が全部やるとか。

また、家計費の...続きを読む

Q税込み年収から税抜き年収(手取り年収)を出す計算式は?

転職しようといろいろ調べている者です。
税込み年収から税抜き年収(手取り年収)を知るにはどのような計算をすれば良いでしょうか。

Aベストアンサー

参考URL

源泉徴収税額表
http://www.nta.go.jp/category/pamph/gensen/4117/01.htm
・給与所得の源泉徴収税額表(月額表)
・賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表
を使ってください


社会保険料(政府管掌ですので、組合健保の場合は金額が変わってきます)
http://www.sia.go.jp/seido/iryo/iryo11.htm

1  一般の被保険者(2~7に該当する方は除く※)、又は70歳以上の方で政府管掌健康保険の被保険者【 PDF / Excel 】
です。

賞与の社会保険料
http://www.matsui-sr.com/kyuyo/2-2shouyo.htm
.賞与の計算 ■ 賞与から控除する健康保険料・厚生年金保険料

Qセミは普通木に登って体を固定してからどのくらいで羽化を始めるものですか

セミは普通木に登って体を固定してからどのくらいで羽化を始めるものですか?
息子がセミの幼虫をもちかえったので、カーテンにつかまらせました。
少し登って体を固定したのですが、それから2時間たっても何の動きもありません。
これはもう死んでいるんでしょうか?
まだ望みがあったら、と思うと触るのもためらわれます。
うっかりクーラーの部屋のカーテンに登らせたもので、クーラーもつけられません・・・。

Aベストアンサー

個体によってまちまちだと思います。

カーテンにつかまらせたら1時間ほどで羽化を始めるのもいれば、3時間たってからというのもいました。21時から22時ごろに羽化する幼虫が多いように感じます。じっとしているならそのままにしておいた方がいいと思います。翌日羽化していなければ残念ということになるとは思います。

ちなみにうちもカーテンにつかまらせて、クーラーをつけて、電気もつけて、写真をばしばしとってました。その時の様子はこんな感じです。

Q扶養控除の計算をするのに年間の収入額とは毎月給料から源泉徴収を引かれて 手取りの金額で計算するのです

扶養控除の計算をするのに年間の収入額とは毎月給料から源泉徴収を引かれて 手取りの金額で計算するのですか?それとも源泉徴収が引かれる前の総額で計算するのですか?すいません。わかる方教えてください。

Aベストアンサー

>源泉徴収が引かれる前の総額で計算するのですか?
通勤費を引いた総額です。
その金額が103万以下が条件です。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm

Q税金等について

給与(月例賃金と賞与)に関する国税と地方税、健康保険、雇用保険、厚生年金について教えてください。
月例賃金が毎月50万円で年間600万円、賞与年2回でそれぞれ300万円で年間600万円、合計年収1200万円のケース(1)と、月例賃金が毎月100万円で年収1200万円のケース(2)で、支払う年間の国税と地方税、健康保険、雇用保険、厚生年金は同額でしょうか。

Aベストアンサー

 こんにちは。気になってはいたのですが、回答が遅くなりました。

 控除のおよその金額や扶養家族の条件など重要な情報が無いので、非常に単純化して考えておきます。
 先ず判り易いのは賞与に対する税率です。こちらに源泉徴収税額表があります。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/zeigakuhyo2008/01.htm
それを規定する賞与に対する源泉徴収の説明はこちらをどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2523.htm
要するに、一切の控除無しとして、1回当たりの金額が176万1千を越えると、税率は38%で固定になります。

 次は月給ですが、これも税額表を見ると、
・50万未満だと月額28800.
・100万1千までで同128140.
とんでもない差がつきます。これこそ累進課税の実例でしょう。
 ですが、賞与と合わせて考えると、
・28800×12+3000000×0.38×2=345600+2280000=2625600
・128140×12=1537680
なんと100万もの差が出ます。
 
 しかしここで試算を終わるのは気が早い。賞与には無税となる範囲があり、またこちらでも累進課税が採用されています。そこで例えば、半期賞与30万×2として、この分の月給を減額して95万にする。計算結果だけを示すと、合計で1420560. 11万円も安くなります。
 月給に対して賞与があまりにも小額だったりすると税務署から文句を言われるかもしれません。自分で試算してみて、適切な額を決めると良いでしょう。多分賞与の税額が20%を越えない辺りまでが節税になる条件を満たすのではないかと感じています。
 国税が安くなれば、当然地方税も下がります。

 控除等の条件は実情に合わせて算出してください。尚解らなければ「税金」カテゴリーでどうぞ。
http://oshiete1.goo.ne.jp/c482.html
 最後に、健康保険以下に関しては所得(または収入)に応じて算出されると思います。ここまで計算に入れるとすると、最も有利な給与の額の想定は非常に複雑で、むつかしいのではないでしょうか。非常に単純な見解ですが、基本的には所得税が安くなれば、総体に安く済むのではないかと思います。

 こんにちは。気になってはいたのですが、回答が遅くなりました。

 控除のおよその金額や扶養家族の条件など重要な情報が無いので、非常に単純化して考えておきます。
 先ず判り易いのは賞与に対する税率です。こちらに源泉徴収税額表があります。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/zeigakuhyo2008/01.htm
それを規定する賞与に対する源泉徴収の説明はこちらをどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2523.htm
要するに、一切の控除無しとして、1回当たりの金額が176...続きを読む


人気Q&Aランキング