どちらかというとミニタリー系統の質問ですが、よろしくお願いします。
 松本清張の「昭和史発掘」あたりを読んでいると、昭和初期くらいの事件でやたらと簡単に日本人がピストルを手に入れて使用しているんですが…。
 ただ単に「ピストル」としか書かれてないんですが、これって具体的にどこの会社が生産したなんていう名前の拳銃なんでしょうか。(まさか昨今流行のトカレフではないでしょうし)
 この時代を舞台にしたドラマとか見ているとワルサーっぽいシルエット(あの先っぽに何か付いている全体的に細いやつです)のものを大陸なんかでは使っていますが、あれは陸軍の制式銃って設定でああなってるんでしょうか。
 素朴な疑問で、あの時代ってたとえ地下活動家とかでも、一般に生活している日本人が、そんな簡単に銃が入手できたんでしょうか。

 「銃火器のことを語らせたらちょっとうるさいぜ」という方、お待ちしております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

まず、当時の士官が持っている拳銃は概ね「私物」です(下士官などに対しては貸与もあった。

ちなみに制服やらクツやらすべてにおいて官給品はない。ので下級の士官は結構貧乏だったりします)。つまり銃砲店で個人の趣味にあったモノを買えば良かったし、別段買わなくてもよかったわけです。

購入は法令が直接出て来ないので分かりませんが、
1)民間人には持たせない
2)所持、運搬は許可制
だったようです。ただ、今よりもはるかに銃をあつかう軍人が身近な存在だったことも事実です。

じゃ、どの位市中に出まわっていたのかというと、
参議院の議事録(参考)に

拳銃の所持許可数につきましては(中略)昭和十二年に戦争が始まったその当時、警視庁管下の所持許可をしておりました拳銃を、戦争が始まると同時に、一括警視庁で保管するために警視庁に集めました。そのときの数が約二千丁でございます。この警視庁の二千丁から推定いたしまして、全国で約二万丁くらい所持許可数があったと推定されます。
とあります。

 この年の男の人口がおよそ3500万人。分かりやすく子どもなど拳銃を持たない人が1500万として、およそ1000人に1丁の割合で拳銃が存在していたわけです。
 さらに、この数字、戦場に出掛けていった人が持って行った数は含まれていませんので、実数はさらに大きくなったモノと考えられます。それでもこの10倍=20万丁あったとしても100人に一丁。

 ちなみにドコモの「PHS」の契約数が17年2月現在で130万件ほど。ポケベルが65万件ですから、極端に推定値の10倍が流通していたとして、この程度の普及率だったわけです(実際にはもっと低いでしょう)。

参考URL:http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/040/0320 …

この回答への補足

>当時の士官が持っている拳銃は概ね「私物」

 現代人の感覚からすると武装や制服に関して官給がないのはケチくさいですが、これは昔の武士の感覚で、「俸給の中に含まれているから各人で責任持ちなさい」ということだったんでしょうか。
 しかしこれだと給料をほとんど拳銃コレクションに注ぎ込んでしまうアブナイ輩もいたんじゃないかって気がします(^^;)

>どの位市中に出まわっていたのかというと

 具体的な数字をありがとうございます。
 うーん、今みたいに生活水準が地方と大都市圏で差がないって時代じゃないですから、実際には「一極集中」してたかもしれないんで、東京とかでは割合が高いってこともありえますが、ひとつの基準にはなりますね。
 でも乱歩とか横溝とかの妖しい世界の背景が見えました。

 ありがとうございました。

補足日時:2005/04/05 10:51
    • good
    • 0

この時代に日本人が一番手に入れ易かったのは恐らくベルギーのFN社の「ブローニング1910」だったと思います。


南部自動式や九四式が登場するまでは、陸軍の正式拳銃はアメリカのS&W社、次いで国産初の拳銃の二六式でしたが、命中精度等の問題から相当数のブローニング1910が陸軍の正式軍装用に輸入されていたようです。
で、恐らくドラマで使われていたのはルガーでしょうね。
よほど大映しにならなければルガーも南部式も見分けはつきにくいと思います。小型のブローニングでは見栄えが悪いですしね。かといって大型のモーゼルM1896じゃバランスが悪い。
軍人くずれが大陸あたりで南部式(実はルガー)をドンパチって良くありそうな設定ですけどね。
一般人が持ってる可能性としては恐らくブローニング1910が妥当じゃないかと思います。
最後に、
ブローニング1910は峰不二子の「フトモモ銃」でしたし、モーゼルミリタリーはグリップの形状が特徴的だった事から「ブルームハンドル:ホウキの柄」というあだ名がついていました。

この回答への補足

>峰不二子の「フトモモ銃」

 わかりやすい説明をありがとうございます(笑)
 今でもブローニングは「女性の護身用」って解説がついてたりしますよね。察するに「軽い・安全・命中させやすい・安い」ってとこなんでしょうか。

 それにしても面白いのは、ピストルに関しては20世紀の初めくらいに開発されたモデルが、改良を重ねて今も使われている例が多いってことですね。なんかサメが恐竜時代以降あんまり進化してないみたいな…。

補足日時:2005/04/05 11:11
    • good
    • 0

>お、おじいちゃんは何をする気だったんでしょう(^ ^;)



現在ピストルを所持出来るのは警察官や自衛隊員など一部に限られますが、1945年以前一般には許可制でしたから、自衛のためとか、コレクションとか軍経験者が気に入ったからと購入しても不思議はありません。

なお、ニューナンブ(警官が使っているのはM60)の名前は生産会社である中央工業(現在はミネベア工業に名称変更)の創設者『南部麒次郎』からとられている。

この回答への補足

>1945年以前一般には許可制でしたから

 あー、やっぱりそうなんだ。
 どこが許可出してたんでしょう。内務省?

>南部麒次郎

 今となってはある意味一番名が知られている軍人かもしれませんね。ありがとうございました。

補足日時:2005/04/05 09:58
    • good
    • 0

>ワルサーっぽいシルエット・・・・



マズル(銃口)がワルサーににているものとして、「Luger P08とMauser 1896」が有名です。
また、日本製だと「南部14年式」
これは旧日本軍の正式採用の銃です。
大陸と云うキーワードで考えると、モーゼルと南部。
通称「モーゼルミリタリー」と呼ばれるそれは市販(量産)セミオートマティックピストルの元祖です。
名前にミリタリーがついていますが、ドイツでの正式採用はありません。
特徴は、現在のピストル(慣例上ピストルと言えばセミオートマティックを指します。)の様にマガジンをグリップに収めるのではなく、トリガーの前の部分にある弾倉にクリップで10発を一セットにしたものをエジェクションポート上部から押し込みます。
(改良が重ねられて後にマガジン式も生産された。)
また、グリップ後部に溝が有り、そこに専用のストックをつける事で「カービン銃(ライフルとピストルの中間的なもの」のようにつかえました。)
中国ではこの銃が好んで使われました。
因にトカレフもこの時代には既に生産されていたので、あっても不思議はありません。(昨今流行のものはロシア製ではなく、北朝鮮とかのライセンス生産品が多い。)
モーゼルの使用弾薬は「7.63モーゼル」トカレフのそれは「7.62トカレフ」なのですが、実は殆ど(全く)同じで互換性があります。

南部14式は8ミリナンブと云う弾を使用します。
見た目はごついのですが、威力はさほどではないそうです。
(占領地だった日本から大量のこの銃がアメリカに持ち帰られて、現在でもこの銃の弾薬は市販されています。)

ニューナンブはリボルバーなので14年式とは殆どその共通点を見いだせないでしょう。
強いて云えば、S&WのM36チーフススペシャルの方がシルエットも機構も近いです。

あの頃は銃はお金さえあれば結構簡単に手に入ったのでは?
よく「おじいちゃんが持ってた」なんて話を聞きますから。

この回答への補足

 ありがとうございます。たいへん参考になりました。
 じゃあたとえば江戸川乱歩の小説とかで探偵がトカレフを使ってても年代的には変ではないわけですね(あの握り難そうなゴツいシルエットが好きなので…)

>占領地だった日本から大量のこの銃がアメリカに持ち帰られて…

 メイドイン・オキュパイド・ジャパンですね(笑)

>「おじいちゃんが持ってた」

 お、おじいちゃんは何をする気だったんでしょう(^ ^;)

補足日時:2005/04/04 23:03
    • good
    • 0

"ワルサーっぽいシルエット"


南部14年式拳銃だと思います。
排莢不良でいざという時困ったそうです。
基本的に、士官が持っていた銃です。

警察が現在使っている、ニューナンブのご先祖様です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。南部14年式拳銃で検索してみたら写真も出てきました。

お礼日時:2005/04/04 23:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【拳銃】この画像の拳銃は何ですか?

【拳銃】この画像の拳銃は何ですか?

Aベストアンサー

雰囲気的には トカレフ ・・・ですかね・・・。

Q昭和時代の大正時代ブームはあったか

現在、昭和ブームが巻き起こっていますが、20年以上前の昭和の時代にも、大正時代ブームとか明治時代ブームってあったんでしょうか。それとも、過去を懐かしむブームは現在の昭和ブーム特有の現象なのでしょうか。
お願いします。

Aベストアンサー

「はいからさんが通る」というアニメを原作にしたドラマが作られ、大正ロマンがブームになったことはあります。
南野陽子が主題歌を歌い、けっこうヒットしました。
この影響で、女子大生が卒業式で袴をはくようになり、夢二の美人画なども見直され、卒業旅行に岡山という女性もいましたね。
それ以前は袴の女学生などあまり見かけなかったんですけど・・・。

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%8C%E9%80%9A%E3%82%8B-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%87%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%88-172%E5%B7%BB-%E5%A4%A7%E5%92%8C-%E5%92%8C%E7%B4%80/dp/4063411729

Qドラマ「SP」で、岡田君の使っている拳銃の名称

ドラマ「SP」で、岡田准一君の使っている拳銃の名称を教えてください。特に最終回だと拳銃が良く確認できます。SPの正式採用のモデルなのでしょうか。

下記、公式サイトにも画像が載っていますが、名称まで分かりません。
http://wwwz.fujitv.co.jp/sp/index.html

Aベストアンサー

P230JP たど思います。

http://www.echigoya.co.jp/html/products/detail.php?product_id=2566

http://mgdb.himitsukichi.com/pukiwiki/?%A5%B7%A5%B0%A5%B6%A5%A6%A5%A2%A1%BC%20P230

http://www.ksc-guns.co.jp/p_manager/p_manager.cgi?page_id=7&disp=on

Q帝国陸軍・海軍(明治、大正、昭和時代)の英語力は如何程なりや?

明治維新以降、陸軍・海軍は海外から武器・戦艦等のハードウエアーと戦略・戦術などのソフトウエアーを海外(特に英・独)から輸入したでしょうし、その後も、陸軍士官学校、海軍兵学校等の教育機関である程度高度な「英語」「独語」教育がなされていたと思われます。

但し、私達が直接目にすることの出来る当時の海外よりの軍事資料等は総て日本語に翻訳されており、当時の「陸軍」「海軍」または「教育機関」内部でどのような外国語教育がなされていたのか、その程度はと言うところでは全く想像もつきません。

具体的には、辞書無しで「英文資料」を「読み書き」出来たのはそれこそ参謀クラスの超エリートだけだったとか、東条英機・山本五十六の英語力はこうだった、ってな逸話でも結構ですので、分かる範囲で教えて頂けませんか?

明治生まれの祖父も確か陸軍の学校に行っていたとか聞いていますが、果たしてどんな英語教育だったのか今となっては聞くすべも当然ありません。

Aベストアンサー

 私は昭和35年生まれの若僧です。えらそうにこんなことを書く不躾をお許しください。ただ、太平洋戦争関係の文献は、小学校六年のときの担任の先生や中三のときの担任の先生が、従軍された方々であり、その体験談をさんざん聞かされて育ったこともあり、また父も昭和6年生まれで空襲の体験談もさんざん聞かされて育ちました関係で、かなり読んでおります。

 さてお尋ねのことに関しまして、江田島の海軍兵学校についてのみの知識ですが、米国のアナポリス、英国のダートマスと並んで世界三大兵学校の一つとされ名実ともに世界でも認められた兵学校で、その教育内容は、「外国語、漢文、歴史、数学から航海術まで多岐にわたり、そのほとんどが英語で行われていた、まさに国際人になるための教育が徹底して施された」と
PHP社刊「歴史街道」平成12年9月号 特集太平洋戦争 という雑誌に出ておりました。

 こうした関係で、海軍は米国の恐ろしさを十二分に理解していたということですよね。

 ちなみに私の伯父は、陸軍士官学校卒ですが昭和20年卒で、きわどく、前線送りを免れたようです。しかし、私がものごころついて、学校の話とかを聞けるようになる前に他界しました。

 私は昭和35年生まれの若僧です。えらそうにこんなことを書く不躾をお許しください。ただ、太平洋戦争関係の文献は、小学校六年のときの担任の先生や中三のときの担任の先生が、従軍された方々であり、その体験談をさんざん聞かされて育ったこともあり、また父も昭和6年生まれで空襲の体験談もさんざん聞かされて育ちました関係で、かなり読んでおります。

 さてお尋ねのことに関しまして、江田島の海軍兵学校についてのみの知識ですが、米国のアナポリス、英国のダートマスと並んで世界三大兵学校の一つと...続きを読む

Q実際の警察の拳銃携帯は?

実際は知らないので質問いたします
ドラマでしか知らないですが

1)制服警官(偉い人除く)は常時拳銃携帯
 刑事は「拳銃携帯命令」で拳銃携帯
2)制服警官(偉い人除く)は常時拳銃携帯
 刑事も常時拳銃携帯

あくまでドラマ上しか知りませんが
実際はどうなのでしょうか?

よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

1.制服警官は、常時拳銃携行
私服警官は、必要な時に携行、拳銃の使用が想定される場合は、上司から携行するように、とお達しがあって金庫から出して持ち歩きます。

刑事ドラマみたいに、いつでも携行しているわけでありません。

だから持っていない日のほうが多い

Q日本にピストルが伝わって来たのは江戸時代後期だと思うのですが、高杉晋作と坂本龍馬以外で使ってた偉人が

日本にピストルが伝わって来たのは江戸時代後期だと思うのですが、高杉晋作と坂本龍馬以外で使ってた偉人がいれば知りたいです。

Aベストアンサー

確かディーン藤岡演じる五代友厚はピストルを持ってたね。 こどものあさが、初めて訪れた大阪の街ではしゃいで走り出した時、逆方向から走ってきた若いさむらい五代とぶつかって、その際五代の持っていたピストルがあさの着物の袖のなかに入ってしまった。

Qなぜ警察官の自殺や殺人に拳銃を使用するのか?

8月21日、東京で警察官が知人の女性を拳銃で射殺した後に自殺したという事件が起こりました。
6月には島根で女性警察官が拳銃で自殺し、7月には埼玉県警の機動隊員がトイレで拳銃自殺するなど、最近は現職警察官の拳銃絡みの事件が後を絶ちません。
警察官が、なぜ自殺するのに拳銃を使った残酷な死に方を選ぶのか、僕には理解できません。なぜでしょうか?

Aベストアンサー

拳銃を使用するのは、自殺するためではないですし、
また自殺する道具として、拳銃を使用するのは問題があります。
警察の銃管理をきちんとして、職務での監視が必要と感じます。

Q原始時代から平安時代までと 奈良時代から室町時代までの 間にそれぞれ何がありますか?

原始時代から平安時代までと
奈良時代から室町時代までの
間にそれぞれ何がありますか?

Aベストアンサー

原始時代から平安時代までには「(古墳時代と飛鳥時代と)奈良時代」
奈良時代から室町時代までには「平安時代(と鎌倉時代)」がありますけど、試験範囲でしょう?
多分「そう言う話じゃない」はずで、事象は多岐に及ぶので、教科書や年表・資料をもう一度読み返しましょう。
としか言い様がないです。

Q日本陸軍将校の拳銃

「帝国陸軍の将校に軍制式の拳銃は支給されなかった」
「拳銃を私物として購入・携行することは許されていた。戦前の日本では今のように銃刀法の規制が厳しくなく、拳銃が街で販売されていた」
「将校の中で希望する者は、自分で拳銃を購入して戦地に持参した」
「将校の装備は、軍服、軍刀、軍靴など、全て私費購入であった。これは他国の軍隊でも19世紀以来同じ」

と聞いています。上記が事実とすると、

「制式拳銃がなく、各将校が私物として拳銃を持っていたとすると、出征時における弾薬や消耗部品の補充はどうしたのか?各人の拳銃がバラバラでは統一的な補給は不可能である」
「例えばドイツ軍では、将校には軍から制式の拳銃が与えられていたようだ(支給か私費購入かは不明)。イギリスやアメリカでも同様であろうか。日本がそうならなかったのは、『将校は軍刀で護身せよ』という発想か。将校全員にいきわたるほど信頼性のある拳銃を作る能力がなかったからか」
「現実には、帝国陸軍の将校の多くは、所持を義務付けられた軍刀だけで護身していたのか?」
といった疑問が湧きます。よろしくお願いいたします。

「帝国陸軍の将校に軍制式の拳銃は支給されなかった」
「拳銃を私物として購入・携行することは許されていた。戦前の日本では今のように銃刀法の規制が厳しくなく、拳銃が街で販売されていた」
「将校の中で希望する者は、自分で拳銃を購入して戦地に持参した」
「将校の装備は、軍服、軍刀、軍靴など、全て私費購入であった。これは他国の軍隊でも19世紀以来同じ」

と聞いています。上記が事実とすると、

「制式拳銃がなく、各将校が私物として拳銃を持っていたとすると、出征時における弾薬や消耗部品...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは
旧日本軍の制式拳銃に関しては、小銃に比べるとかなり資料が限られており、いくつかの専門誌や文献に点在した形であるのはあるのですが、
体系的に研究された文献もほとんど存在しませんので、多少記憶に頼った回答になることをお許しいただきたいと思ます。

「制式拳銃がなく、各将校が私物として拳銃を持っていたとすると、出征時における弾薬や消耗部品の補充はどうしたのか?各人の拳銃がバラバラでは統一的な補給は不可能である」

 これまでに他の回答者さんが回答なさっているように、将校の拳銃は原則自己調達でした。ということは予備弾薬もそれに準じて自己調達していたということになります。都合よく旧日本軍の制式拳銃の弾薬と同じ物を使う拳銃を購入すれば流用も考えられます。ただ8ミリボルトネック弾は世界的に見ても稀な実包だけに、流用できるものは当時の軍の将校の間で最も好まれていたモーゼル社にもなく、いったん戦場に出れば補給は不可能でした。
 さて旧日本軍の制式拳銃は明治以降3種類が存在します。つまり制式第1号の二十六年式、第2号の十四年式、そして最後の制式拳銃となった九四式です。明治26年制式化された二十六年式は別にしても、太平洋戦争を戦った十四年式と九四式の弾薬や消耗部品の補充は?ということですが、基本的に旧日本軍は拳銃に対して兵器という概念はかなり希薄なところがありました。つまり拳銃は兵器といった存在よりは、将校や准士官と呼ばれることもあった下士官(特務曹長)たちの象徴的な存在であり、かつ他の回答者さんが言われたようにいざというときの自決用といった存在であったと考えても良かったのです。
 そういうこともあり、弾薬や消耗部品の補充もめったに使うこともないのですから、必要性も少ないということでかなりおざなりにされていたと考えても決して間違いではありません。
 めったに使うこともないということのひとつの証明的なエピソードとしては、部隊が玉砕するほかないといった場合、指揮官のほとんどが自決をした例がありますが、その際十四年式や九四式を携えた多くの指揮官が、必ず試射を行ってちゃんと弾が発射されるかどうかを確かめたという事例が多く残っています。いかに普段使っていないかという良い例ですが、それだけ自軍の拳銃に信頼を置いていなかったということなんですね(^_^;)

「例えばドイツ軍では、将校には軍から制式の拳銃が与えられていたようだ(支給か私費購入かは不明)。イギリスやアメリカでも同様であろうか。日本がそうならなかったのは、『将校は軍刀で護身せよ』という発想か。将校全員にいきわたるほど信頼性のある拳銃を作る能力がなかったからか」

 これも前の回答に重複したお答えになるのですが、ただ日本軍が将校に拳銃を支給しなかったということは正確ではありません。制式拳銃の主流であった十四年式に限って言えば、その生産数は269000挺という記録があるので、他の拳銃もあわせて考えれば数的には不足はなかったといえます。
 日本軍が最初の制式拳銃二十六年式拳銃を明治27年に支給した兵科の最初は実は憲兵隊でした。これは当時の憲兵隊が将校だけだったという事情もあります。その後騎兵部隊(騎兵は乗馬した状態で片手で撃つためという事情から)、砲兵部隊、そして輜重部隊の兵たちに順次装備されていきました。
 旧日本軍の制式拳銃の信頼性に関しては安全性やセーフティ機構という概念が薄かったためか、その性能や威力と同じくらい悲惨な状態だったというしかありません。それでもきちんと作っていたならまだましなんですが、戦争末期になるにしたがってその作りも粗雑乱雑になるしかありませんでした。アメリカ兵から下手に使えば撃つ方が死亡したり大怪我を負うといった意味から、スーサイドガンと呼んで馬鹿にされていたことからもわかります。九四式がその最たるもので、世界的に見ても例がないほどの稚拙な構造をしており、安全面に関しては致命的な欠陥を持っていました。ここで詳しく書くことは避けますが、簡単に言えば引き金を引かなくとも銃本体の左側面の露出しているある部分を叩くだけで発射できるといった具合です。
 ただ初期のきちんと作られた時代のものは命中率がなかなか良く(威力は最低評価ですが…)、アメリカのコレクターの間ではそれなりの評価を得ているのが救いといえば救いですが。

「現実には、帝国陸軍の将校の多くは、所持を義務付けられた軍刀だけで護身していたのか?」

 これも軍刀を護身用と考えるのは無理があると思います。
 拳銃は第1次大戦の西部戦線での塹壕戦の教訓を得て、拳銃の存在意義が高められたのですが、旧日本軍では軍刀は拳銃と同じように象徴的な飾り物であり片手に軍刀、もう片手に拳銃を持って最後の玉砕突撃を行うといった光景が、太平洋の島々で繰り広げられていました。一般的に日本軍の将校は自身の身を守るという考えは薄く、常に部隊の先頭に立って指揮をすべきものとされていましたので(どの国の軍隊の将校もそう教育されていますが)、自己護身という概念はありえなかったと思います。ただそうは言っても例外的に臆病で卑怯な高級将校はたくさんいましたが、それはまた別の話ですので(-_-;)
 また他の回答者さんへの補足質問にお答えするのはルール違反かもしれませんが、8ミリJAPはアメリカの旧日本軍拳銃コレクターへの実弾の販売を行っていた弾薬メーカーが、その名称に戦争当時の日本人への蔑称であるジャップをそのままつけたものです。
 最も今ではその名称はあんまりだろう(笑)という意見がアメリカのコレクターの間に出てきて、その後は「8ミリNambu」に統一されています。旧日本軍の拳銃は当たり前のことですが日本では所有や撃つことも出来ませんが、アメリカでは結構な数のマニアが存在します。しかし8ミリのボルトネック弾は非常にレアな実包で、アメリカではオリジナルはかなりの高価で取引されているので、弾薬メーカーが他の実包を流用して生産していました。しかしそれも最近では生産もされなくなっていますので、マニアはリロードといって、自分で弾薬をしこしこ作っているのが現状です。
 長くなりましたがご参考になれば幸いです。

こんにちは
旧日本軍の制式拳銃に関しては、小銃に比べるとかなり資料が限られており、いくつかの専門誌や文献に点在した形であるのはあるのですが、
体系的に研究された文献もほとんど存在しませんので、多少記憶に頼った回答になることをお許しいただきたいと思ます。

「制式拳銃がなく、各将校が私物として拳銃を持っていたとすると、出征時における弾薬や消耗部品の補充はどうしたのか?各人の拳銃がバラバラでは統一的な補給は不可能である」

 これまでに他の回答者さんが回答なさっているように、...続きを読む

Q江戸時代の螺旋銃の作り方

今大河ドラマ見ているのですが、川崎庄之助が螺旋銃を作るシーンが出てきました。
会津に限らず、江戸時代末期に螺旋銃を作るにはどうやっていたのでしょうか?
この時代に旋盤機械があったのでしょうか?

Aベストアンサー

 加工方法について書く前に、用語を整理しておきましょう。鉄砲における「螺旋」とは、「銃身」の中心に作った弾が通過する穴である「銃腔」に刻み込まれた「旋条」のこと。旋条自体はグルーヴと呼ばれますが、旋条を刻み込むことをライフリングと呼び、旋条を刻み込まれた銃腔を持つ銃を一般的にライフル、あるいはライフル銃と呼んでいます。ライフル銃と散弾銃との違いは、この銃腔内に旋条があるかないかの違いです。

 さて、じつを言うと会津地方で作られていた銃の銃身がどういった工程を経ていたかは私も詳しくありません。ただ言えることは、銃身を作るには芯金が要ります。芯金の周りに鉄板を巻きつけるように鍛造して銃身を作るわけですが、寿司の海苔巻を作るように芯金の長さ全体を一度に包むように巻き付ける方法と、細い鉄板を、まるで傷口に包帯を巻くようにして螺旋状に芯金に巻き付ける方法とがあります。

 出来上がった銃身は、その中心に加工中は芯金が通っていた穴が残っていますが、これが後に銃腔になります。ただ、どちらにしてもこの段階ではそれほど精度も高くなく、全体にメロメロ状態のものにしか過ぎません。もろん銃腔も一方からのぞいて見ればヨロヨロと微妙に曲がりくねったトンネルにしか過ぎません。そのために修正が必要ですが、その前に旋条(螺旋)を刻み込むことが先決です。

 銃腔がスムースなままの状態の銃身を持つ銃を滑腔銃と呼びますが、このような銃腔では弾に回転を加えられないため、弾の飛跡が不安定になり、命中精度が得られません。そのために、この銃腔に旋条(螺旋)を刻み込むことが必要になります。旋条(螺旋)によって回転を加えられた弾は一気に飛跡がブレなくなり命中率が飛躍的に高くなります。

 銃腔に旋条を刻む。今日では長い軸を持ったダイスと呼ばれる切削工具を銃腔の一端から挿入して軸を強力な機械力で回転させながら引っ張ることで、銃腔の内径を精密に整えながら、同時に旋条が刻まれます。旋条は螺旋ではありますが、そんなにグルグルとまでは必要がなく、銃によって違いますがおよそ1回転前後です。

 こうして銃腔の内径が精密に整えられ、同時に旋条が刻まれた銃身、しかし、それはまだ悲しいほどメロメロと曲がりがみられる銃身の素材にしか過ぎません。そのために修正加工が必要です。

 ハンドル式のプレス機を使って、あるいはまだこのような工作機械が手に入らなかった時代や地方ではただ金槌と金床で叩きながら、まず銃腔の歪みを修正します。曲がりが残っている銃腔は一方からのぞいて見ますと反対側かぼんやり明るいだけですが、歪みを修正した銃腔ははっきりとした同心円の輪がきれいに見えるものです。ここまで修正作業を行うのは今日でさえ一部のエキスパートにしかできない勘ひとつの専門技です。

 ここまで来ますと、まず銃腔は精密に出来上がりました。しかし、銃腔をまず真っ直ぐにと叩きながら修正したために、その外側、銃身は見るからにヨレヨレになっているものです。そこで今度は銃身を修正しなくてはならなくなります。今日では自動旋盤によって見事な銃身が出来上がります。こうして中外ともに精密に仕上げされた銃身はサビ止めの目的と、獲物や敵方から発見されにくくする目的から黒く焼き色が付けられます。硫酸銅などの化学薬品と熱によって黒光りする銃身に仕上げられますが、このような色をガンブルーとかスチールブルーと呼んでいます。

 当時の会津でもおそらくこれに近い加工はしていたと思われます。ですが、たぶん(推測ですが)、芯金に細い鉄板を螺旋状に巻き付けて熱間鍛造をすることで銃身を作り、旋条(螺旋)は銃腔の全長までは加工していなかったのではないかと思います。銃腔の銃口に近い部分だけ旋条が刻まれていたとしても命中精度は相当高くなったはずだからです。

 ちなみに、芯金に細い鉄板を螺旋状に巻き付けて熱間鍛造をする方法は海外でも多く摂られた製作方法で、一般的にダマスカス銃身とかダマス銃身と呼ばれています。また、銃身を整形するには旋盤が欲しいところですが、当時の銃の銃身には8角形のものも多く、おそらくロクロで挽くか、あるいはヤスリを使った手仕上げだったかもしれません。

 ついでに、芯金に薄く幅の狭い鉄板を螺旋に巻いて銃身を作る方法、ご心配かと思いますから追記しますが、鉄板はご承知のようにそう強い材質ではありません。ですが、何層にもグルグル巻き付け、真っ赤に熱しながら叩く鍛造を繰り返しますと、鉄そのものも組織が密になって強度が高まりますが、さらに、燃料の木炭に含まれていた炭素が自然に鉄材に混じることで、結果的に大変強靭な「鋼」に変わって行くのです。

 残念ながら、十分な回答ではありません。なにかの折りに会津の銃を見る機会がありましたら、参考にして頂ければ幸いです。

 加工方法について書く前に、用語を整理しておきましょう。鉄砲における「螺旋」とは、「銃身」の中心に作った弾が通過する穴である「銃腔」に刻み込まれた「旋条」のこと。旋条自体はグルーヴと呼ばれますが、旋条を刻み込むことをライフリングと呼び、旋条を刻み込まれた銃腔を持つ銃を一般的にライフル、あるいはライフル銃と呼んでいます。ライフル銃と散弾銃との違いは、この銃腔内に旋条があるかないかの違いです。

 さて、じつを言うと会津地方で作られていた銃の銃身がどういった工程を経ていたかは私...続きを読む


人気Q&Aランキング