プロが教えるわが家の防犯対策術!

は何でしょう?1946年

A 回答 (4件)

連合国のカイロ会談で、中華民国に満州、台湾、澎湖を含む全ての領土が返還されることが決定した。


この会談ではスターリンは参加していなかったので、ヤルタ会談で改めてスターリンを含めてこの事項が確認されている。

一応、ソ連はこの約束を履行したことになるが、現実には毛沢東の中国共産党軍が満州を支配できる準備をしたうえでの撤退だった。
それで、蒋介石率いる国民党軍が瀋陽にやってきたときに共産軍が待ち伏せ攻撃をかけ、最後の国共内戦が始まった。

しかし、蒋介石もそれは読んでいたようで、逆に共産軍を袋叩きにしてソ連国境付近まで押しやった。国民党軍は日本軍と戦い続けた歴戦の兵士たちであり、共産軍は適当に時々日本軍の補給部隊をゲリラ攻撃していただけだったので、まともに戦い合っては勝負にならなかったようだ。

国民党軍がソ連国境付近まで押し寄せると、米国はソ連との戦争になることを怖れ、蒋介石に停戦を命令し、その後はソ連の支援を受けた共産軍が立て直しに成功してしまう。
その後の共産軍は農村を舞台に、農民に土地を与えるという宣伝戦略とゲリラ戦の展開で優位を築き、国民党軍を台湾に追いやることになる。

ある意味、ソ連は満州から撤退したとはいえ、却って中国のほぼ全土を衛星国化することに成功したことになる。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ベリーサーンクス!

お礼日時:2022/09/10 09:33

中国を衛生国家にしたと判断したからです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

サンクス。

お礼日時:2022/09/09 23:01

ソ連が直接中国を占領すると、欧米を敵に回してしまうからです


特にアメリカは黙っていない
そこで毛沢東を利用し、蒋介石を追い落として傀儡国家を樹立しようとしたのです
朝鮮も同じ
ソ連軍の下級士官が偶然朝鮮人だったため、これに錦の御旗を持たせ、傀儡しようとしたのが金日成です
    • good
    • 1
この回答へのお礼

サンクス。

お礼日時:2022/09/09 23:00

ソ連が満州から撤退したのは中国共産党への引き渡しが完了したから。

口実作って台湾の蒋介石政権への引き渡しは先延ばししていましたが用済みです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

サンクス。

お礼日時:2022/09/09 23:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング