プロが教えるわが家の防犯対策術!

いつか、この先、日本も戦争が始まるのでしょうか。
息子たちが戦争に行く時代になるのかなぁと。

質問者からの補足コメント

  • 皆さんコメントありがとうございます。
    幼い息子たちを見ては女の無力さに涙が出ます。もし戦争で日本人が駆り出されるのであれば息子たちの代わりに母親の私が行きたい。世の中に男女平等を求めるのであれば女性も戦争に行くべきだと私は思います。もし争いが起きるのであれば男女平等になることを願っています

      補足日時:2022/11/02 17:08

A 回答 (14件中1~10件)

戦争を抑止するためには、核兵器の持ち込みぐらい賛成するべきですね。

目には目を歯には歯をでしょうか・・
    • good
    • 5

私も心配しています。

日本が危機管理不足、自由で平和だから思えるのです。しかし、日本から戦争しかけなくても現実は厳しく、戦争したがっている中露北が側にあります。現実を知ると、日本民族・子ども子孫を守る為に強い愛国心を持つしかありませんネ。

日本の側にはならず者の独裁国家中露北があります。習近平は日本の領土尖閣はオレのものと言明、台湾侵略と同時に侵略するかもしれません。プーチンは他国ウクライナを力で侵略、ウクライナを無差別殺人・破壊している鬼で、日本も北方領土・樺太・千島を不法占拠されたままです。金正恩は日本の頭越しにミサイルを発射、既に日本全土が北の射程距離内になっています。これら独裁国家は常に侵略・覇権主義の戦時体制です。中露軍艦は何度も日本周辺を威嚇航海しており、正に国際的ヤクザです。あり得ないと性善説で平和に慣れ過ぎている日本と大違いです。
誰でも戦争は嫌ですが、占領されるともっと悲惨な状態になります。プーチン率いるロシア軍がウクライナ占領地域では虐殺・拷問・暴行・行動制限・言論制限が強要されています。習近平下ではウイグルの人権無視が報道されています。近くは高度な自治権があった香港は既に監視社会にされ、共産党独裁に都合の悪いリンゴ日報の創業者など逮捕、すっかりダンマリ世界にさせられました。北は肥満の金正恩だけの個人国家で国民は単なる奴隷です。これら3国の独裁国家は核は戦争抑止力向上ではなく、もはや脅しの道具に使っています。
周囲にならず者国家がある以上、自由・平和日本の維持は強い国防力が前提です。侵略されるかもしれないと言う発想で危機管理は始まります。平和ボケ日本が続いていますが、侵略を未然に防ぎ自由日本を維持する為には相手が怯む位の自前の国防力大増強が急務と思っています。日本を侵略すると大やけどを負うと思わせる抑止力です。その為に憲法改正が必要です。
    • good
    • 13

入試戦争、就職戦争

    • good
    • 0

日本が始めることはないでしょうけど、近隣の国が日本に対してちょっかいを出すことはあるかもしれません。



戦争反対、9条護持を叫んだところで、日本の反撃の手足を縛るだけ。戦争賛成という必要は全くありませんが、抑止力の低下は戦争を招きます。
むしろ言う相手は、日本の領土に野心を持つ国や日本の政治を気に食わないと思っている国です。

>息子たちの代わりに母親の私が行きたい。

大分、女性の志願も認めるようになっていますが、基本的には母体保護です。化学兵器、細菌兵器、核兵器の適用が想定される前線には、女性は配置されるべきではありません。
    • good
    • 2

戦争にならないよう、手を打っておけば


良いのです。

中国の軍事費は、日本のそれの6倍にも
なります。

あまりに彼我の差が広がると、戦争を
誘発します。
(国際政治学者 藤原帰一 東大教授)

日本も、軍備を拡充するしかありません。


21世紀の知性といわれ、ソ連崩壊、
リーマンショック、ユーロ危機、
トランプ当選、英国EU離脱、「アラブの春」
などを的中させたエマニエルトッドは、
日本が核武装すれば、日中間の平和は永久的に
なる、と指摘しています。

ウクライナは核を手放して、侵略されました。

インドが核武装したとき、インド首相曰く。

「我々は、広島、長崎にならないために
 核武装するのだ」
    • good
    • 1

極悪犯罪反日売国国賊テロ統一創価ダブル朝鮮カルト自公政権が続けば、



台湾有事で日本が参加させられ日中戦争が引き起こされ、双方共倒れで日本を崩壊させる事を企んでいるので、自公維新国民参政に投票しないようにするか、山上が次々に現れるかしかありませんな。
    • good
    • 0

あと、奴隷ね。


いまに、海外に出稼ぎに行く立場になると、確信しています。
    • good
    • 5

国会で船頭さんが沢山いるうちは大丈夫でしょ



ロシアみたいに船頭さんが1人しかいない時が危機!
    • good
    • 2

内紛ならあり得るけど世界大戦、国外侵略戦争なんかは、ドローンや衛星やミサイルや人口自然災害発生機、ウイルス兵器等を使っての戦争なので、兵士自体が戦闘するって無いかも。

。。

兵士は、攻撃後の確認作業とかですね。。。

大陸の隣国間戦争は兵士によるドンパチはありますが、島国日本はドンパチの可能性は低いです。。。
    • good
    • 2

今からでも、防衛力をしっかり、再構築すれば、


しばらくは、大丈夫でしょう。

日本に侵攻しようとする国は、限られます。

ロシアと中国です。

しかし、日本の防衛力を堅固にしておけば、
侵攻してこれないでしょう。

ロシアも中国も、周囲に敵国が多い。

ウクライナ侵攻でも、ロシアが手を焼いているのは、
西側がウクライナを助けているからですが、
それ以上に、対中国の為の戦力を極東に
張り付ける必要が在るからです。

ロシアと中国は、決して仲良くありません。
極東シベリアでは、中国人の侵攻が進んでおり、
中国化の危機にあります。

その状態で、日本に兵力を割けば、ウクライナ周辺の
諸国が反旗を翻す。

中国も同じこと、対ロシア、対インド、対ベトナムと
敵対国が周囲にいます。
しかも、中国内に、軍閥があり、一つ間違えば、
内乱が発生します。
ですから、日本に総力を注ぐことは、難しい。

台湾は、中国領土といいながら、では侵攻するのか
と言えば、実際には難しい。

日本が北方領土の領有権を主張するのと同じで、
中国領だ、と主張する、と言う事でしょう。

台湾侵攻が、米軍の荷担を招くとすれば、中国は
動けません。

実際、現状の武力は、圧倒的に米国が有利であり、
この優位性を、米国が放棄することは無い、と思います。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング