家庭小説というジャンルがあるそうです。
「若草物語」やジェーン・オースティンの小説は家庭小説と言われるものです。(そうジェーン・オースティンの小説のあとがきに書かれていました)
それで赤毛のアンシリーズも家庭小説ですか?
自分でそう思って人に吹聴したのですが、自信がなくなってしまいました。
それから、家庭小説にはその他どんなものがあるのか、わかる方教えてください。
読んでないのがあったら、読んでみたいと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

一応、「赤毛のアン」も家庭小説の部類ではないかと思います。

ちょっと、キャラクターが個性的すぎるかもしれませんが。(⌒-⌒;) ・・・・

10年ほど前に、角川書店から、「マイディアストーリー」という文庫が出版されました。これがまさに家庭小説ばかりをセレクトした文庫だったのです。
残念ながら、現在は入手が不可みたいです。それに、「マイディアストーリー」という名称も、カバーだけにしか表記されていなかったので、この名前で探すのは困難かもしれません。

図書館などで探される時の参考までに、とりあえず、手元にある本と、広告にある本を書いておきます。


オルコット「八人のいとこ」「花ざかりのローズ」「昔気質の一少女」
ジーン・ポーター「そばかすの少年」「リンバロストの乙女」
ケート・D・ウィギン「ケレー家の人々」「少女レベッカ」「レベッカの青春」
E・ネズビット「砂の妖精」「若草の祈り」
モーリーン・デイリ「十七歳の夏」
ミス・リード「村の学校」「村の日記」「村のあらし」

わたしのお薦めは、ジーン・ポーターの2冊です。
「そばかすの少年」の方は竹宮恵子さんによってマンガ化されています。わたしはマンガの方を先に読み感動し、文庫で再会した時も旧友に出逢ったように嬉しかったことを覚えています。こちらのコミックスは現在でも手に入るようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。
「赤毛のアンシリーズ」も家庭小説だと言われ、これで自信回復しました。
参考の本、小学校の高学年あたりに読んだ本が多くなつかしく感じました。
それらも家庭小説だと知っていたわけではないけれど、熱心に読んでました。
何冊かまだ目を通してない本もあるので、メモして見つけたら、読んでみたいと思います。竹宮恵子の「そばかすの少年」も読みたくなりました。「そばかすの少年」は、題名を聞くと、読んだような気がするのですが、おもしろかったような気はしますが、記憶があいまいです。

お礼日時:2001/09/10 20:57

 個人的には、赤毛のアンは(続編も含めて考えて)「一人の女性の生涯記」だと思うのですが、孤児であったアンが強く求め、得たもののひとつが「家族」であっただろうことを考えると、確かに「家族小説」というのも言い当てていますね。



 他にと言いますと、かなりメジャーになりますが「大草原の小さな家」シリーズも範疇に入るかと思います。あとそうですね…灰谷健次郎の「太陽の子」なんてのもいいかなと思います。ちょっと家族という範疇に含めるには重く大きいテーマを含んでいますが、好きな作品です(洋物限定ということでしたらすいません。あまり読まないので…)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「大草原の小さな家」は私も大好きです。作者が「お父さんのことを書きたかった」というだけあって、小説の中にもお父さんへの愛情がとても伝わってきます。
「太陽の子」も有名ですね。なんとなく深刻そうなイメージがあったのですが、家庭小説の範疇にはいるなら、読んでみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/10 20:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q村上春樹の小説を読んでみたいです。 私は小説を読むことが好きで色々と読んでいたのですが、村上春樹さん

村上春樹の小説を読んでみたいです。
私は小説を読むことが好きで色々と読んでいたのですが、村上春樹さんはノルウェイの森しか読んだことがありません。以前までは大丈夫だったのですが最近はグロテスクな表現やハードボイルド系の小説が苦手で、山田悠介さんや太宰治などは読めなくなってしまいました。そういった表現がないものでオススメを教えて下さい。

Aベストアンサー

「回転木馬のデッドヒート」はどうでしょうか。
読みやすいわりに奥の深い短編集です。

下記の書評の中で同じことを書いてる人がいますが、私が初めて読んだ村上春樹の本で、結局今でもこれが一番好きです。

書評
https://www.amazon.co.jp/%E5%9B%9E%E8%BB%A2%E6%9C%A8%E9%A6%AC%E3%81%AE%E3%83%87%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%92%E3%83%BC%E3%83%88-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%9D%91%E4%B8%8A-%E6%98%A5%E6%A8%B9/dp/4062749068

Q私が今、読みたい小説があります。その小説は7年前、担任の先生に借りて読まさせて頂いてました。しかし、

私が今、読みたい小説があります。その小説は7年前、担任の先生に借りて読まさせて頂いてました。しかし、主人公の下の名前しか覚えていません。名前はヘブンかヘヴンで若い女の子です。小説自体は厚めで文庫本の少し大きいサイズでした。冊子は柔らかく、カバーはつるつるの素材でした。主人公は表で見た記憶だと、黒髪ロングの子です。挿し絵があったかどうかも曖昧です。
これだけの情報だと、やはりわかる人はそうそういないでしょう…。わかる方はご回答、宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

「サムライガール」かな?https://www.lib.adachi.tokyo.jp/young/tokusyu/tokusyu-kako/tokusyu-kako1102.html

Q赤毛のアンの小説が好きな方(‘*‘)

普段あまり本を読まないのですが、「赤毛のアン」に興味が湧き、読んでみたいと思っています。

初心者でも読みやすい、おすすめの著者のものあれば教えてください(^^)

Aベストアンサー

村岡花子の訳が定番だと思います。
新潮文庫のものです。
ちなみに来年のNHKの朝ドラ「花子とアン」の主人公がこの方です。

Q小説初心者でも読めそうな小説

小説初心者でも読めそうな小説

小説初心者っていう表現は変ですが;

最近小説読んでなかったので、久しぶりに読んでみようかなと思いました
でも何を読めば良いのかさっぱり分からないので、
おすすめで読みやすい本を教えてもらいたいです。

今まで読んだ本は、東野圭吾さんの「手紙」や森絵都さんの「カラフル」やハリーポッターと賢者の石などです。

Aベストアンサー

 まず、質問者様が挙げておられる名前の中に森絵都さんがおられたので、彼女の他の作品で『DIVE!!』なんかも面白いと思いますよ。
 水泳の「飛び込み」競技を題材にした小説で、主人公は中学生の男の子。彼自身は気付いていませんが、彼は飛び込みにおける非凡な才能を秘めていて、そんな原石のような彼を新任の女性コーチがどんどん磨いていく、というお話です。他にも彼のライバルになるような子たちの話も描かれていて、私は結構のめり込めました。
 森絵都さんがお好きなら是非読んでみては如何でしょうか?

 あと、私自身のおススメ作品は恩田陸さんで『夜のピクニック』です。
 高校最後の「歩行祭」にある「誓い」を抱いて参加する事を決めている貴子。そんな彼女の「誓い」とは…? そして、その「誓い」は果たされるのか…?
 と、こんな風に書きましたがこの小説において一番大切なのは「誓い」ではありません。高校最後の年だからこそ言える事、出来る事、というのを非常に上手に描いている、ということがこの小説を読む上で一番感じる事だったように思います。
 この小説を読み終って一番最初に思った事を登場人物の一人が言ってくれていました。
 「しまった。タイミングを逃した!」
 彼は幼い頃にある小説を読んでおかなかった事についてこう言っていましたが、私はこの小説を「自分が高校生の時に読んでおきたかった!」と感じました。
 質問者様がどうお感じになられるかは分かりませんが「高校生ってこんな感じだったなぁ。あの頃が懐かしいなぁ」と私は感じた作品です。高校生に戻りたいな、と思った時には是非。

 まず、質問者様が挙げておられる名前の中に森絵都さんがおられたので、彼女の他の作品で『DIVE!!』なんかも面白いと思いますよ。
 水泳の「飛び込み」競技を題材にした小説で、主人公は中学生の男の子。彼自身は気付いていませんが、彼は飛び込みにおける非凡な才能を秘めていて、そんな原石のような彼を新任の女性コーチがどんどん磨いていく、というお話です。他にも彼のライバルになるような子たちの話も描かれていて、私は結構のめり込めました。
 森絵都さんがお好きなら是非読んでみては如何でしょうか...続きを読む

Q昔読んだ小説(WEB小説ではない)を探してます

内容はどこかの島?で少女たちが蹂躙(調教)されていて、そこから逃げ出した(連れ出した?)一人の少女を追手から庇いながら、戦ったりする男(主人公)のハードボイルド物です。

主人公の男も一般人と言うよりは裏の社会に精通しているような男でした。

追手(敵)には妊婦の腹を裂いて何か(詳細は覚えていません)したことがある敵が出て来ました。

他にも敵は何人か出て来ました。

官能小説とバイオレンス、ハードボイルドなど入り混ぜた内容でした。

本のサイズは文庫本タイプです。もしかしたらハードカバーでも出てるかもしれません。

ご存じの方がいましたらタイトルを教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

西村寿行さんの本でそんな内容の本を読んだことがあるような気がします。
けれど、タイトルは覚えていません。

役に立たない回答ですみません。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報