こんにちは。
15年以上前前歯の歯根治療を行いました。
そのころ歯医者に通い詰めだったため具体的にいつ行ったか覚えておりません。
そして今その歯根治療を行った前歯をフロスで磨くと膿の匂いがします。痛みはありません。
その前歯は少し黒ずんでおります。(黒ずみは以前からです)
根のない歯だから弱っているのだと思います。
ただ出来れば抜歯は避けたいのですが、何か対処法はあるのでしょうか?
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

それはおそらく歯根のう胞という膿みの袋が出来てしまっていると思います。


わたしも同じようにのう胞が出来て治療した経験があります。
歯根治療(根管治療)は歯科医の技術によるところが多く、15年というとかなりもったほうだと思います。
神経を抜いてしまった歯は寿命が短くなるようです。
歯根治療をしたという事ですが、インプラントやブリッジをしていなくて自分の歯があるという事は根はまだあるはずです。
この場合、歯茎のところを一旦切って膿みを出し、リーマと呼ばれる器具で再度根管治療をする事になりますが、のう胞が出来た歯根は再発しやすいです。
(以前入れた補填剤をきれいに取り除き、再度完全に密閉するのが難しい為、根管治療のやり直しはむずかしいのです。)

大抵の歯医者さんは大学病院を紹介し、歯根端切除の手術を勧めると思います.
歯根端切除手術とはのう胞の原因となっている歯の根っこをすこし切ってしまう手術です。
のう胞の原因となる歯根端を切除するので膿みは再発しないと言う理屈になりますが、
再発してしまう場合も少なくないようです.
(それは歯根端切除手術のさい、血だらけになった歯根端の部分の密閉がやはり難しく、その際の血はやがて異物となるからです。)

抜歯をしない方法としては
・再発する恐れがあるが、根管治療のやりなおしをしてもらう。(歯科によってはやり直しても無理と断られる場合もあるので根管治療を得意とする歯科を探すしかなさそうです。)

もしくは
・歯根端切除手術を行う。
(これもまた再発する恐れがあるので得意とする歯科がみつかればよいのですが。)

となると思います。
歯根端切除を一旦すると歯根の一部がなくなるので
歯根端切除のやり直しはほとんど出来ない。
(というより、どこもやりたがらない。)
再発した場合は大学病院などでは
「手術したけどだめだった。抜歯しかありません。ブリッジかインプラントをしましょう。」と言われます。

神経を抜かないのが一番なのですが、
神経が無い歯は生き長らえさせるのが難しいのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。お礼が遅くなって申し訳ございません。

>神経が無い歯は生き長らえさせるのが難しいのです
なんであのとき歯(というか歯磨き)を大事に考えていなかったのか後悔しております。

本日歯医者に行ったのですが、その歯の件を相談するタイミングがなくそのまま帰ってしまいました。
けれど夜これから歯医者になった友達と会うのでこれからどの方法をとるべきかを相談してみたいと思います。

お礼日時:2005/04/16 16:06

実際に拝見していないので確実ではないですが、多分虫歯になっているのだと思います。


兎に角受診されて状況を確認しないことには治療のしようも有りません。
まずは受診されて診断を受け治療方法を検討するのが唯一の対処法です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。お礼が遅くなって申し訳ございません。
本日歯医者に行ったのですが(別の治療中の歯の件で)一応全ての歯を診ていたようですが、何も言われませんでした。で相談するタイミングを逃してしまいました。
これから夜歯医者になった友達と会うので相談してみたいと思います。

お礼日時:2005/04/16 16:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q歯の再石灰化は本当にあるのか?

歯磨剤の宣伝で、歯の再石灰化を促進すると表現されているものがありますが、本当なのでしょうか。
欠けた歯を補修するような絵表示があったりしますが、どうも信用できません。
また、歯石が付くのと再石灰化は同じことようにも思えます。ラッキーにも歯の欠損部分に歯石が付けば再石灰化で、その他に付けば歯石と呼ばれる。
磨耗した歯が本当に元に戻るならうれしいですが、毎日丁寧に歯磨きしてたら、再石灰化する暇が無いとも思います。
実用的な意味での再石灰化はあるのでしょうか。

Aベストアンサー

ANo.2の者です。

そうですね、歯垢を土台にして再石灰化したものが歯石と言っても間違いではないと思います。再石灰化は日常の生活で常に起きている現象ですから、これをいかに引き出すかがポイントになりますね。

丁寧なブラッシングを普段から心がけていらっしゃるという事なので、もうほとんど出番はないのですが、さらにアドバイスできるとしたら・・・

1.たまには歯垢を染め出す商品を使って、磨き残しの癖がないかチェックする。

2.歯磨剤はたくさん使う必要は全くありませんが、チョビットは使った方がいいと思っています。界面活性剤が汚れ落ちを助けてくれますし、研磨剤が歯の表面のタンパク質の膜を取るのを助けてくれます。(ペリクルというらしいですが、歯の着色の原因になったり、虫歯菌が取り付く足場になるそうです)

3.歯石ができやすいと言う事なので、歯ブラシでは届きにくい歯と歯の間はフロスや糸ようじを使っては?歯グキよりも下にできる歯石は歯医者さんに行くしかないようですが・・・。

これからも、「80歳で20本の自前の歯」を目指して頑張って下さい。

ANo.2の者です。

そうですね、歯垢を土台にして再石灰化したものが歯石と言っても間違いではないと思います。再石灰化は日常の生活で常に起きている現象ですから、これをいかに引き出すかがポイントになりますね。

丁寧なブラッシングを普段から心がけていらっしゃるという事なので、もうほとんど出番はないのですが、さらにアドバイスできるとしたら・・・

1.たまには歯垢を染め出す商品を使って、磨き残しの癖がないかチェックする。

2.歯磨剤はたくさん使う必要は全くありませんが、チョビットは使...続きを読む

Q歯根の治療とその経過について

奥歯のインレー周辺に隙間がありました(神経などは除去している歯です)。歯科にいくと「歯が欠けている」とのことでした。レントゲンをとると歯根の周りの歯茎が薄くぼやけていたので「○○菌がいるのでしっかりと治療してクラウンをかぶせましょう」ということでした。その「○○菌(忘れてしまいました)」は、たいして悪いやつではないが、治療した方がいいだろうということでした。2度目の治療で「根の深い所まで穴をあけた」ということだったのですが、その治療の2日後に激しい鈍痛があり、仮の蓋を開けると「膿がたまっています」ということでした。この膿のたまった理由を聞かされていません。歯の治療で、このようなことを初めて経験しました。これは「○○菌」によるものなのか、歯根の先端まで穴をあける時になにかあったからなのか、また、他の理由なのか分かる方がいらっしゃいましたら宜しくお願いします。

Aベストアンサー

大きく分けて二つの可能性があります。
一つは、既に根が化膿して、そのガスがインレーの隙間を通って抜けていた場合。この場合、治療を始めると密閉されるので、ガスの抜け道がなくなって痛みが出ます。少量のガスや膿では匂いも無く、最初の治療で見つけられない場合も少なくありません。
もう一つは、乱暴な治療で根の外側の組織を傷つけてしまった場合。
治療中にこれで痛みが出たときに、膿んでいると言い訳する歯医者はかなり多いようです。

今回の場合レントゲンの説明から、前者である可能性が高いでしょう。
通常、痛みが出るかもしれない時は隙間のある仮封をするのですが、ガスの臭いや排膿の兆候が見られない場合は、ごく僅かと判断して密閉してしまうケースが少なくありません。(勿論密閉する方がいいのですが)

細菌名については、検査で細菌を特定した訳ではないでしょうから、化膿菌(腐敗菌)の一種の名を上げただけだと思います。

Q石灰化した歯について

虫歯で隣の歯が石灰化しました。フッ素を塗ってもらって磨いていますが、石灰化した歯が健康な歯に戻る確率は高いのでしょうか?
石灰化した歯は虫歯になる確率が高いのでしょうか?

Aベストアンサー

初めましてtkmoさん。

歯科医です。
>虫歯で隣の歯が石灰化しました。
は、石灰化ではなく、脱灰(だっかい)ではないでしょうか。歯の表面が白く濁っている程度(これが判断意外と難しいのですが)で、穴があいていなければ、再石灰化の可能性あります。フッ素は再石灰化の促進因子になりますから、上手くすると白濁した部分がリバース現象といって元に戻ることがあります。

フッ素入りの歯磨き粉の利用なども有効ですから、積極的に利用してみてください。

Q根管治療(歯根膿胞)の今後の治療 みなさんはどうしますか?

こんばんは。大学生の男です。
先月から歯科に通院しており、歯根膿胞の治療をしています。
現在の治療方法は歯に穴を開けて、針?のようなものを入れてかき出したり、電気を通して殺菌・消毒をしたりという治療を続けています。
先生の話では、膿はかなり大きいので完治するには時間がかかると言われました。このまま今の治療を続けるか変更するか考えてきてほしいととのことです。

別の方法としては、1つは外科的治療法です。歯茎を切ってそこから膿袋を取り出すというものです。これは施術しても完治する可能性は50%と言われました。しかも痛みや痺れが出るかもしれないとも言われました。2つ目は抜歯です。これをするとたぶんブリッジをすることになるんだと思います。

膿の状態は、臭いはなくなり、量も少しずつではあるが少なくなってきているということです。
先生には時間がかかると言われていますが、良くなってきているのであれば、私としてはリスクの少ない治療をしたいと思っています。
なので現状維持といった感じで治療を進めたいと思っています。
私の考えはもう決まっているようなものなのですが、皆様ならどうするのか聞いてみたいです。

1.一番初めに記述した今の治療を気長に続けるか?
2.外科的手術をするか?
3.抜歯をするか?

回答よろしくお願いします。

こんばんは。大学生の男です。
先月から歯科に通院しており、歯根膿胞の治療をしています。
現在の治療方法は歯に穴を開けて、針?のようなものを入れてかき出したり、電気を通して殺菌・消毒をしたりという治療を続けています。
先生の話では、膿はかなり大きいので完治するには時間がかかると言われました。このまま今の治療を続けるか変更するか考えてきてほしいととのことです。

別の方法としては、1つは外科的治療法です。歯茎を切ってそこから膿袋を取り出すというものです。これは施術しても完治す...続きを読む

Aベストアンサー

私の場合の優先順位としてお読み下さい。

根治:永くかかる可能性があり、細菌が周辺祖組織に長く残るので、再発も無いとは言えません。
それに、嚢胞を形成しているのなら、更に再発の確率も高くなりますが、レントゲンで明確に判別できる例は少なく、治療後に消失する場合もあるので、私はまず根治を勧めています。

手術(多分歯根端切除術?):これは50%までというより「50%以上」と考えた方がいいでしょう。
麻痺が起きるのはその位置にもよるので、その歯の成功率を考えるべきですが、手術の好きな先生と避けようとする先生が居るので、成功率を伝える時にその影響も含んでいると考えてください。
周辺の骨も一部取るので、周辺組織の癌流最近は少ないですが、骨の再生に時間がかかり、その間の感染の危険はあります。
完全に嚢胞と判別できれば、手術が最良の方法ですが、実際には判別するのは難しいので、私の場合は根治の治療効果を見て考えます。

抜歯:選択肢の中に入っているなら、歯を温存する方法も無いではないということを意味しているので、根治や手術の予後を見て、予後不良となってからでも遅くは無いでしょう。歯を抜いてしまったらソレまでなので、最後の手段と考えています。

私の場合の優先順位としてお読み下さい。

根治:永くかかる可能性があり、細菌が周辺祖組織に長く残るので、再発も無いとは言えません。
それに、嚢胞を形成しているのなら、更に再発の確率も高くなりますが、レントゲンで明確に判別できる例は少なく、治療後に消失する場合もあるので、私はまず根治を勧めています。

手術(多分歯根端切除術?):これは50%までというより「50%以上」と考えた方がいいでしょう。
麻痺が起きるのはその位置にもよるので、その歯の成功率を考えるべきですが、手術の好き...続きを読む

Q脳の生理的石灰化について

先日頭のCTスキャン検査をした時に脳に白い影が見られたのですが、
先生が言うには「これは石灰化といって誰にでも起こる事だし健康上にも問題ないから大丈夫ですよ」との事でした。

その場ではそんなものか、と気にも留めなかったのですが、帰宅してからふと気になり脳の石灰化について調べてみました。
すると石灰化を起こす場所は複数あり、大脳鎌・脈絡叢・松果体・淡蒼球・小脳歯状核という部分に起こりうるという事が分かりました。
更に、それぞれの機能について大まかに調べてみました。
1.脈絡叢・・・脳室において脳脊髄液を産生する。
2.松果体・・・概日リズムを調節するメラトニンを分泌する。
3.淡蒼球・・・線条体や淡蒼球外節、視床下核から視床への入出力。
4.小脳歯状核・・・小脳から出る伝導路の出発点となる神経細胞体の集団。

調べてみるとどれも物凄く重要そうな感じがするのですが、石灰化してしまった場合それぞれの機能はどうなるのでしょうか?
石灰化後の機能の変化について知りたいのですが調べても見つけることが出来ません・・・。
例えば脈絡叢が石灰化してしまい脳脊髄液が作られなくなる、といった事はないのでしょうか?
石灰化してしまった後の機能の行く末についてご教授お願いします。


要約しますと、
脳の石灰化を起こす部位について、石灰化によってそれぞれの機能は損なわれるのか?損なわれないのか?
という質問です。
よろしくお願いします。

先日頭のCTスキャン検査をした時に脳に白い影が見られたのですが、
先生が言うには「これは石灰化といって誰にでも起こる事だし健康上にも問題ないから大丈夫ですよ」との事でした。

その場ではそんなものか、と気にも留めなかったのですが、帰宅してからふと気になり脳の石灰化について調べてみました。
すると石灰化を起こす場所は複数あり、大脳鎌・脈絡叢・松果体・淡蒼球・小脳歯状核という部分に起こりうるという事が分かりました。
更に、それぞれの機能について大まかに調べてみました。
1.脈絡叢・・...続きを読む

Aベストアンサー

あくまで一般論ですが、

「石灰化が起こった部分」というのは、いわゆる骨のように固まったということで、機能していないのでは?

ただし、その部分が機能していないだけで、周りは機能しているのですから、若いころより「機能低下」しているだけです。

石灰化が「脈絡叢」ならば「脳室において脳脊髄液を産生する機能が落ちている」と言うことかと…

本当に「体にとってまずい」ならば、医師は「いろいろな忠告」をしますよ。


ちなみに、肩などの筋肉の一部が石灰化すると、たまに激痛が走るそうですが、脳ではないそうです。(頭痛は別の原因)

Q前歯ですが、以前治療して保険の差し歯となった歯が、思わず、飴を前歯で噛

前歯ですが、以前治療して保険の差し歯となった歯が、思わず、飴を前歯で噛んでしまい、プラスチックの部分だけ、縦に半分割れてしまいました。金属部分は残っていますが、どのような治療が考えられますか?ちなみに、割れたプラスチックは飲んでしまいました。

Aベストアンサー

また作り直すだけです。
私は抜けることはよく有りましたが、割れたことは無いですね。

Q石灰化影?

先日、健康診断を受けその結果胸部X線の所見で右上肺野石灰化影と診断されました。そもそも石灰化影って何ですか?

Aベストアンサー

組織の一部分が何らかの病変により変化して石灰化した物の事です、過去の病変の残渣の場合が多いです。
しかし、現在進行中の病変で石灰化が起こっている場合もあります、更に詳しく調べる事も可能です。

Q歯根の膿、奥歯です。

よろしくお願いいたします。

歯根の膿がレントゲンに映っています。右上第2大臼歯です。

余談ですが、30代前半です。
先日左上第2大臼歯を抜歯しました。
半年前に虫歯の見落としがあって手遅れでした。

その際、右上の歯のことも説明がありましたが、
一連の流れでその歯医者さんが頼りなく感じたので、左の処置が終わって右の歯を抱えながら次の歯科を探しつつ、治療に不安を抱えています。

膿を取ったり、歯根を切ったりするのは前歯だけと聞きましたがそうなんでしょうか?

普段は仕事で緊張しているので感じないのですが、お盆休みを取ると
リラックスして何だか痛みを感じ始めたので、左の歯の激痛を思い出し
そうなる前に歯科に行かないと・・と焦り始めました。

今の右の歯は、5年前に神経処置をして全体を金属でかぶせています。
抜歯が一番適切な処置のケースもあると思うのですが、やはりここまで来てしまうと、選択肢無く抜歯になりますよね・・。

些細なことで申し訳ないですが、何かご存知のことがあれば教えていただければ助かります。

Aベストアンサー

膿が出たなら、膿を出し切る処置をしてもらい、そのあと歯の中がきれいになるまで何回も掃除(消毒)して、きれいになったところで歯の中に薬つめて、歯に蓋をして終了だと思います。

全ての処置が終了するのには3ヶ月(もしくはそれ以上)かかると思います(歯の中がどのくらいできれいになるかで変わってきます)。

自分は2回歯の根の治療(膿)で通院しましたが、いずれも歯は抜かれず、上記のような流れで治療が進みました。

Q差し歯でも再石灰化っておこるんですか?

生えてる歯は再石灰化が起こるのは分かりますが、差し歯等の人工歯でも再石灰化って起こるのでしょうか?

Aベストアンサー

歯科医師です。
おこりません。

再石灰化とは”骨”(歯も骨の一部です。よく映画とかで頭蓋骨が出てくるときに歯もついていますよね)が石灰化することをさします。
つまり差し歯は人工物なので石灰(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E7%81%B0)ではないので文字通り再石灰化(=再び石灰化)しません。

余談ですが再石灰化は唾液の中の成分でおこります。

Q1.前歯の治療  2.奥歯の治療

歯医者に通っているのですが、定期点検の時に、前歯の隙間に虫歯ができかけているとのことです。見たところ少し着色しています。先生によると「大きく削らなければいけない」と言われました。治療はいいのですが、治療することによって前歯の白い部分が、合成樹脂の色とマッチせず審美的により悪くなるのではないかということです。同じ白でも少しでも色が違うと目立ちますので避けたいです・・・。
 奥歯の治療なのですが、病院によってレジンかインレーかまちまちです。虫歯の深さにも関係しておらず(深くてもレジン、浅くてもインレーのときがありました)、実際決まりみたいなものはあるのでしょうか。レジンがはずれ、インレーにされたこともありました。レジンは擦り切れるが、審美的には良い。インレーは強いが審美面の問題があります。奥歯は白い歯になっているなという流れですが、インレーが良いという医者もいます。実際のところどうなんでしょう??

Aベストアンサー

レジンにはメーカーやシリーズによって多くの色がありますが、確かに種類を揃えている歯医者は少ないですね。
展示会で係と話していると「どうせ保険なんだから合わなくてイイんだよ。良くしたければセラミック被せればいいんだ」と隣に居た歯医者に言われた事もあります。

最近のレジンは光の反射で、かなり天然の歯の色を反映する組成になっているので、以前に比べて「合わない」という事は少なくなりました。しかし、歯の色は個人差が大きく、どうしても合わない場合もないではありません。
それでも虫歯を放置するよりは遥かにマシでしょう。
治療終了後に鏡で患者さんに確認してもらう様な歯医者なら、まず大丈夫だと思いますが…。

奥歯をレジンにするか金属にするかの判定基準は決まったものはありません。歯医者がそれぞれの知識と経験で決めているだけです。
また、地域によっては奥歯の噛む面のレジンやレジンインレーを禁止しているところもあるように聞いています。
レジンは審美的にはいいのですが、やはり強度的には(奥歯用であっても)金属には敵いません。
また、同じレジンでも形態(虫歯の大きさと削る量と形)によっては詰めるよりインレーの方が歯との段差もなく、強度的にも強くする事が出来ます。
その他、様々な条件から何で治療するかを決めている(中には条件の如何を問わず治療方法を固定していて、何も考えていない歯医者も居るけど)ので、歯医者によって異なった治療方針が出てしまうのです。

レジンにはメーカーやシリーズによって多くの色がありますが、確かに種類を揃えている歯医者は少ないですね。
展示会で係と話していると「どうせ保険なんだから合わなくてイイんだよ。良くしたければセラミック被せればいいんだ」と隣に居た歯医者に言われた事もあります。

最近のレジンは光の反射で、かなり天然の歯の色を反映する組成になっているので、以前に比べて「合わない」という事は少なくなりました。しかし、歯の色は個人差が大きく、どうしても合わない場合もないではありません。
それでも虫歯...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング