バネにはバネ定数があって、荷重に比例してバネの伸び(縮み)量が変化することは学生時代に学びました。
そこでどなたか分かる方がいましたら教えていただきたいのですが、荷重をかけるスピードがものすごく速くなった場合にもバネ定数は保たれるのでしょうか?感覚的には本来のバネ定数よりも大きくなり、硬くなるような気がするのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 


 
>> 荷重をかけるスピードがものすごく速くなった場合、感覚的にはバネ定数が大きくなり硬くなるような気がする <<

 図は板バネですが、コイルバネも伸ばして考えれば同様です。

   ┃              ↓押す
 壁┠────────── 
   ┃   棒 状 の バ ネ

 バネ定数 k は下式で定義されます。Xは変形距離、Fは力。

   F = k・X  …(1)

右端をゆっくり押せば、棒の全長が分担して撓(たわ)んで上式が支配的ですが、ご質問の「加重がものすごく速い」、例えばハンマーで叩いたときの撃力パルスでは、その瞬間のバネ材で支配的なのは (1)式ではありません。「速い変形」の言葉どおり「静的な変位ではない」のです。「動的な変位=速度V」と力Fの関係式

  F = Z・V  …(2)

が支配的になってます。Z はバネ材の機械インピーダンスで、大まかには z=√(密度・剛性率) 程度です。 ハンマーの撃力によって変形速度がどうなるのかはバネの材質と形状寸法に依ります。


バネ定数が見かけ大きくなるような話とは全くちがうのです。相対論的質量のようなモデルに填らないで。


 電気の方での例え話;
テレビのアンテナとつながってる同軸ケーブル。あれを「50オームのケーブル」とか言うときの「50オーム」は、上記の「撃力パルス印加時の」インピーダンスと同じです。ものすごく速い電気的変化では その値になるのです。 しかし直流テスターで測ると1個のコンデンサにしか見えません。
 バネも同様に、静的と動的では別ものに変身します。



 ということで、ご質問の、
バネが一瞬硬くなるところは正しくて、その原因をバネ定数に求めてしまうところが外してます。 考えの基礎に置くモデルとしては、学校で習うような単純に剛体に撃力を与える構図ではなく、

  ─●─バネ─●─バネ─●─バネ─●─…
   原子    原子    原子     原子

のモデルです。静的な(1)式は全バネに均等分担した構図、動的な(2)式は図を縄のように上下に揺すった横振動が伝わる速さが無限大でないことによる伝達の遅れによる現象です。機械インピーダンスは この図を運動方程式で書いたときの係数で登場します。
バネに相当するのは金属原子イオン同志の間に存在する引力です。と言っても同種のプラスイオン同志が引き合うわけではなく、周囲に大量に存在する自由電子が織りなす力です。
 
 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

丁寧な回答、ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2005/05/06 13:01

バネ定数には静的と動的があります。


静的というのは時間の変化や速度による影響を無視できるような荷重状態のことで、動的というのは時間の変化による差を無視できない状態でのことで、周波数や速度によって係数は変化します。

私は建築が専門ですので建築で使用する材料についていうと、

建築で使用する場合は、鋼材については速度・周波数依存性はほぼ無視できますので、一定とみなしていますが、免震ゴムのようなものは周波数依存性があり、速度によって係数が変わるものもあります。
この場合、速度が速いと熱を生じることから、柔らかくなり係数は小さくなることがあります。
建築ではそのような荷重条件で使用することはないので、ここからはあくまで推定ですが、鋼材でも熱による変化が無視できないほど速く荷重をかけると発熱により係数が低下するのではないかと思います。

参考までに紹介しておくと、変位量・ひずみ量によって、係数が異なる材料もあります。
高減衰ゴムやコンクリートなどはそのような材料で、変位量・ひずみ量が小さい場合係数は大きくなります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/06 13:02

これは意外に複雑な問題です。



(1)バネには質量があるので、急激に動かそうとすると、その加速度からニュートンの運動法則によって決まる力が必要になります。
  力=(バネ定数で決まる弾性力)+(質量と加速度で決まる力)
 したがって、非常に急激に加速した場合、バネの弾性のためでなく、バネという「質量をもつ物体」と衝突するような現象になります(ぶつかった相手が、たまたま「バネ」だったという感じです)。

 このとき、バネの中には弾性波を生じます。つまり、バネ全体が均一に縮む(または伸びる)のではなく、力を加えた「バネの端の部分」だけが大きく縮み(伸び)ます。(したがって、一時的に「バネが短くなった=見かけのバネ定数が大きくなった」状態になります。)この「縮み部分」は、波となってバネの中を伝わっていき、一往復して端に戻ってきたとき、端点では、衝突してきた物体をはじき返すような大きな力を生じます。

#1様の固有振動数とは、このことをおっしゃっているのだと思います。

(2)上の効果を除いて、純粋に弾性だけを考えます(すなわち、バネ自身の質量によって起こる効果は除いて考えます)。この場合は、バネ定数でなく、弾性率を用いるべきでしょう。なぜなら、バネ定数はバネの巻き方、太さ、長さによって変化するのに対して、弾性率は物質によって決まる定数だからです。バネの巻き方、太さ、長さなどがわかれば、弾性率からバネ定数を算出することができます。

さて、この場合、ご質問はつぎのように置き換えられます。
「弾性率は、周波数に依存するか」

この答は、物質によって違います。

金属固体の弾性限界内では、弾性率が周波数に依存しません。このことは、金属中の音速が周波数に依存しないことを見てもわかります。金属の弾性率の測定に、超音波の音速を利用できるのはこのためです。つまり、急激に動かしてもゆっくり動かしても金属の弾性率は変わらないのです。

#2様の「ばね定数は荷重をかける速度によらず一定」とは、この意味のことをおっしゃっていると思います。

しかし、ゴムのような物質では、一般に周波数により弾性率が異なります。金属とゴムは、弾性のメカニズムが全く異なります。金属では、原子の位置が変化することによる位置エネルギーが弾性の根源であるのにたいして、ゴムでは変形したときに分子運動の制約が生じることによるエントロピーの変化が弾性の根源になっています。また、ゴムでは粘性によりエネルギーの散逸が起こります。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/06 13:03

 問題が良く理解出来なかったのですが、おそらく


 以下のことをお聞きになりたかったのだと思います。
 違っていたらご意見ください。

 「ばねを勢いをつけて伸ばすと、伸びた瞬間に
 かかる反発力は、勢いをつけて伸ばした時の方が、
 少しづつ力を加えたときよりも大きいように
 思えます。これは感覚的には本来のばね定数よりも
 大きくなっているように思えるが、本当か」

 この質問であれば、答えは「保たれている」です。
 
 「ばねにかかる力を消失させたとき、ばねが元の長さに
 戻らない = ばねが壊れた」 場合にはこの限りでは
 ありませんが、ばねが壊れていない限り、ばね定数は
 荷重をかける速度によらず一定です。
    • good
    • 0

バネ定数はあくまで静的に過重した時にどれだけ変化するかを表したものです。



過重変化を早くした場合、どのようなバネでももっている固有振動数の影響をうけます。
固有振動数とは伸び(縮み)を与えた状態からいきなり開放状態にした直後しばらく振動して停止しますが、
この時の振動数が固有振動数で、開放前の変化量には左右されません。
また、固有振動数はバネにおもりをつける等によりバネ単体の時の値と異なってきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/06 13:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QU型の板バネのばね定数について

u型ばねのばね定数のヤング率とせん断弾性係数がわかりません。
ちなみにu型ばねはS50Cです。
初めてなので足りないところがコメントあったらお願いします。

Aベストアンサー

 S50Cは鋼種ですよね?。だとすれば、ヤング率,せん断弾性係数,ポアソン比などは材料定数(材質)なので、U型であろうとなかろうと同じです。JIS規格などに、その公称値が載っていると思います。

 一方、板バネとしてのバネ定数は、同じ材質でも、正確な形状と寸法と厚さの情報がなければ、計算できません。また板バネのどの点をつかんで、押したり引いたりするかでも、バネ定数は変わってきます。押したり引いたりする方向も、指定しないと駄目です。

 これらを補足されても、自分はたぶん駄目です。というのは、こういう計算には分野ごとのノウハウがあるからです。もしくは、あなたの分野では、問題のU型板バネのJIS規格公称値があるかも知れませんよ。

 機械系の方、どなたかいらっしゃいませんか?。

Q押しバネのバネ定数について

押しバネのバネ定数を知りたいのですが、どのように求めたらいいのか分かりません。教えてはいただけませんか。ちなみに、線径は1.1mm、外径は14mm、全長は22mmで材質はクロメート鋼線なのですが。

Aベストアンサー

http://www.togoh.co.jp/technology/technology_4_1.htm
こんな↑サイトがありますが、お役に立ちますか?
データとしては、有効巻き数も必要になるので確認してください。

参考URL:http://www.togoh.co.jp/technology/technology_4_1.htm

Qばねを半分に分けるとばね定数が二倍になる理由

タイトルのままです
ばねを半分に分けるとばね定数が二倍になる理由はなんでしょうか 教えてください

Aベストアンサー

かかってる力が同じで伸びが半分になるんですから、バネ定数は2倍です。
バネ定数kの元のバネにFの力を加えてa伸びたとすると

F = ka

このときバネを二つの部分に分けて考えてみると、半分がa/2、もう半分がa/2のびて、合計a伸びでいるわけですから、二つのバネに分割すれば、それぞれのバネがは同じ力でa/2だけ伸びるバネということになります。したがって、半分にしたバネのバネ定数をk'とすると

F = ka = k' (a/2)

より

k' = 2k

バネを直列に連結したとき、両方のバネには同じ力が働くというのがポイントです。

Qバネ荷重時の摩擦

質問させてください。
あるバネ付きの物体の荷重を測定しました。
物体には摩擦が発生しています。

(1)荷重印加時は:F=kx+摩擦
(2)荷重印加をやめバネ力で戻っている最中は:F=kx-摩擦

となり、F(荷重)-S(変位)曲線を見ると、
(1)、バネ単体、(2)の順になると考えてますが、
実測したら
(1)、(2)、バネ単体となってしまいました。
何か考え方がおかしいのでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

考え方は正しいと思います。

>実測したら
>(1)、(2)、バネ単体となってしまいました。

計測法が不明で大小関係のみではなんともいえませんが下記のような要因は無いんでしょうか?
摩擦力<測定誤差、物体の有無による誤差(質量など)

Q空気ばねのばね定数の算出

空気ばねのばね定数の算出方法がわかりません。
空気のばね定数とでも言うのでしょうか?

エアシリンダーに衝撃荷重が加わった時のストロークを算出したいのですが・・・


どなたか、教えていただけませんか?

Aベストアンサー

衝撃荷重が加わるような場合なら、エアシリンダーと外部との間に熱の出入りがないと見なせるので、等音変化の関係式よりも断熱変化の関係式(PV^κ=const)を用いることになります。

ストロークがどれだけになるのかは衝撃加重次第ですが、力の釣り合いもしくはエネルギー保存の式から(理想的な場合になりますが)求まります。

Qバネ定数の計算

バネ定数の計算について教えてください。
片持ち梁のステンレス材でL=300mm、d=0.5mmの材料のバネ定数はのですが。

K=3EI/l^3    E=186×10^3
          I=bh^3/12・・・=3.125cmm^4
K=0.0645 N/mm

これで、良いんでしょうか?

また、実際には材料の幅もあると思うのですが計算式
等があれば教えていただきたいのですが。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

再度確認させてください。

片持梁の長さ(固定端~自由端)は300mmで、梁断面は幅300mm、高さ0.5mm(う~ん、薄い)
の長方形断面なんですね?
それでしたら、すべて正解です。

(失礼いたしました)

Qばね定数

ばねを直列、並列につないで鉛直につるすとき、ばねを一つのばねと見なした時のばね定数の求め方は、合成容量の求め方と一緒で良いのでしょうか??

教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

合成容量の求め方と一緒で良いです。
ばねを直列にしたときは、各ばねのばね定数の逆数の和の逆数が、合成ばね定数になります。
証明は、各ばねにかかる張力がすべて等しく、全体の伸びは各ばねの伸びの和であることを使えばすぐできます。
ばねを並列にしたときは、各ばねのばね定数の和が、合成ばね定数になります。
証明は、各ばねの伸びがすべて等しく、全体の張力は各ばねの張力の和であることを使えばすぐできます。

Qバネ定数 

1. バネ定数kが3.0N/mのばね

(1) バネに重さ1.2Nのおもりをつけてぶら下げたら、バネは自然長から何mのびますか?

(2)傾斜角60°の摩擦のない斜面上でこのバネを一端を固定し、他端に1.2Nのおもりをつけたらバネは何mのびますか?

Aベストアンサー

ばね定数k(N/m)のばねにF(N)の荷重がばねの長さ方向にかかった時、ばねの伸びΔx(m)は

kΔx=F

を満たす値となります。

よって

Δx=F/k

(1)

k=3.0N/m, F=1.2N

Δx=F/k=1.2/3=0.4m=40cm

(2)重力Wは鉛直方向ですが,ばねの長さ方向の成分Fは,傾斜角をΘとすると

F=WsinΘ=(√3/2)W==1.2×(√3/2)=1.04N


これによる伸びΔxは(1)と同じ式を使って

Δx=F/k=1.04/3.0=0.346m=34.6cm

Qばね定数を求める問題が分かりません

問題にばね定数のの求める問題があるのですが、習っていない問題のためにわかりません。
(1)1Nの力を加えると50cm伸びるばねがある。このばね定数はいくらか。
解き方を教えてください。

Aベストアンサー

F=kxよりk=F/x=1/0.5=2[N/m]

Qヤングの係数とバネ定数の関係

ヤングの係数とバネ定数の関係って横か縦かの違いで同じような定数ですけど
これらって相関関係とかってあるのでしょうか?
ありましたらその式などを教えて下さい。

Aベストアンサー

>横か縦かの違いで同じような定数・・・
 ここがちょっと気になりました。横弾性係数(せん断弾性係数),縦弾性係数(ヤング率)とバネ定数という事であれば、ちょっと微妙です(発想は同じですけど)。

 以下、#1さんと同じように、一様な弾性体でできた棒で考え、ヤング率とは縦弾性係数の事であると限定します。

 既にお気づきのように、ヤング率とバネ定数の意味は、実質的に同じなんじゃないかと問われれば、その通りです。ある材料で出来た一本の棒の伸び縮みを考えるには、ヤング率でもバネ定数でも、同じように記述できます。では何故、ヤング率を使うのか?。
 ある材料で出来た一本の棒を与えれば、もちろんバネ定数は一個に決まります。しかし並列バネ,直列バネの関係はご存知ですよね?。

 棒を縦に連結すれば(直列バネ)、本数に反比例してバネ定数は小さくなります(材質は同じなのに!)。棒を横に束ねれば(並列バネ)、本数に比例してバネ定数は大きくなります(材質は同じなのに!)。
 これって意味はわかるけど、不便じゃない?って話です。だったら単位長さ当たり(直列バネの規格化),単位断面積当たり(並列バネの規格化)のバネ定数を考えれば、良いはずだ、となります。それで、

 k=EA/L

となります。ここでkは棒のバネ定数,Eは棒の材質のヤング率,Aは棒の断面積,Lは棒の長さです。上記関係式をうまく使えるように、応力も歪も定義されます。

 最初は、こんな発想だったのかしら?、と思っています。

>横か縦かの違いで同じような定数・・・
 ここがちょっと気になりました。横弾性係数(せん断弾性係数),縦弾性係数(ヤング率)とバネ定数という事であれば、ちょっと微妙です(発想は同じですけど)。

 以下、#1さんと同じように、一様な弾性体でできた棒で考え、ヤング率とは縦弾性係数の事であると限定します。

 既にお気づきのように、ヤング率とバネ定数の意味は、実質的に同じなんじゃないかと問われれば、その通りです。ある材料で出来た一本の棒の伸び縮みを考えるには、ヤング率でもバネ定...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報