Apple IDログイン機能メンテナンスのお知らせ

放火事件があった青森県六戸町犬落瀬は、南朝勢力に協力を仰ぎに全国を回っていた長慶天皇が訪れている。

質問者からの補足コメント

  • 平家か源氏か分かりませんが、臣籍降下した血族の集落では?

      補足日時:2023/04/20 07:59

A 回答 (5件)

平家落人というのは


攻め寄せる源氏軍を前にして
敵前逃亡した人々の
辿り着いた人々と聞く。

正史では壇ノ浦で
全滅したことに
なっています。
    • good
    • 0

建武新政時代に北畠顕家が後醍醐天皇から陸奥守に任じられ、陸奥に下向。


陸奥の北条残党一掃に成功。

足利尊氏が後醍醐天皇に反旗を翻すと、北畠顕家は陸奥で5万の兵を集めて京に向かって進撃。鎌倉など随所で尊氏方の軍勢を破り、京付近で新田義貞など後醍醐方の軍勢と合流し、京を制圧していた尊氏軍を京から追い払うことに成功した。

青森にいた平家落人たちは、京に戻れると喜び勇んで北畠顕家に従って奮戦していたことでしょう。
京に舞い戻って、尊氏軍を京から追い払った後の彼らの動向は残念ながら不明です。
顕家に従って陸奥に戻ったのか、京に残ったのか。どうでしょうね。戻った人もいれば、残った人もいたのではないかと思いますが。
    • good
    • 3

南朝側の天皇は財力が乏しいのに、どうやって旅費を工面したの?


足利義満が「はいよ!」と出す訳ないですよね。
行幸は100%無理でしょう。
    • good
    • 0

地名の由来も長慶が絡んでいるのか極めて怪しい。


そもそも、犬落瀬というのも単なる当て字地名に後付けで由来が創作された可能性もあるわけだし、そもそも長慶が絡んでいるというのも一説に過ぎない。
https://kasibaka.hatenablog.com/entry/2017/09/04 …
    • good
    • 0

平家の落人なんて伝説であって史実ではありません。


長慶は譲位後に全国漫遊の伝説がありますがこれも史料での裏付けはありません。貴種流譚の伝説の類です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

でも長慶がこの村に行ってなければ、犬落瀬という地名さえ生まれなかったのでしょう?

お礼日時:2023/04/20 10:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!