自社の駐車場を従業員が作りました。その労務費や材料費、外注作業費はどのような勘定科目で処理すればよいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

自社の駐車場なので労務費とかは関係ないかと


思いますが・・
金額などにもよるかと思いますが
新設したなら資産計上
修理に該当し、材料の金額も少額なら修繕費では?
    • good
    • 0

『建設仮勘定』です。



建設業であれば他の現場をいくつかお持ちですよね。
その一つとして考え「自社駐車場建設」という現場で発生した費用を都度『建設仮勘定』を用いて仕訳していることが前提になると思います。

そして完成し、資産を計上する時にこの建設仮勘定を振替えることになります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q簿記2級 勘定科目一覧について

簿記2級 テキストについて

こんにちは。
簿記2級の 勘定科目一覧について質問させていただきます。

持っている教材は
3級については、LECの最速マスターの参考書、問題集
2級については、LECの光速マスターの参考書、問題集です。

以下のサイトも参考にさせていただきました。

http://www.boki-navi.com/accounts.html

http://boki.me/kamoku-summary1.html

http://www.bookkeep.info/

http://www.bokiboki.com/

ます、簿記3級の基本的なところは上記のサイトや
参考書、問題集で押さえたと思うのですが、

2級については、上記のようなサイトが少なく
勘定科目一覧が見当たりません。

商工会議所のHPには以下のようなページもあるのですが、
pdfファイルの2ページめ、冒頭にありますように、
すべての勘定科目が掲載されているわけではありません。

http://www.kentei.ne.jp/bookkeeping/kubun/h23_kamoku.pdf


そこで質問させていただきたいのですが、

市販の独学用のテキストで勘定科目一覧の載っているものは
あるのでしょうか。
ご存知の方は教えていただけないでしょうか。

よろしくおねがいします。

簿記2級 テキストについて

こんにちは。
簿記2級の 勘定科目一覧について質問させていただきます。

持っている教材は
3級については、LECの最速マスターの参考書、問題集
2級については、LECの光速マスターの参考書、問題集です。

以下のサイトも参考にさせていただきました。

http://www.boki-navi.com/accounts.html

http://boki.me/kamoku-summary1.html

http://www.bookkeep.info/

http://www.bokiboki.com/

ます、簿記3級の基本的なところは上記のサイトや
参考書、問題集で押さえ...続きを読む

Aベストアンサー

試験対策用として、「全て」の勘定科目の一覧表は、ないと思います。
なぜなら色々な業種があるので、多数の勘定科目があるからです。
もしも試験対策としての一覧表を作成するならば、
今までの出題実績から集めるほかにありません。

三級をすでに学習されたのであれば勘定科目が、
資産、負債、純資産と収益、費用と分類できることはご存知だとおもいます。
仮に始めて見る勘定科目であっても、どこに分類できるか、
推測することは容易ではないですか?

日商試験にでは、第一問が仕訳問題となっていますが、
勘定科目群より選択しなければなりませんので、
全てを暗記する必要もありません。
商工会議所の勘定科目一覧が理解できていれば、充分だと思います。

全ての一覧表はないのですが、
独学者用テキストでオススメなのは、
ネットスクール出版の『サクッと』シリーズで、
・サクッとうかるテキスト
・サクッとうかるトレーニング
があります。

お探しのものをお伝えできなくてごめんなさい。
少しでもお役に立てればと投稿させていただきました。

試験頑張ってください。

Q基本情報について教えて下さい(._.) 直接材料費 , 間接材料費 直接労務費 ,

基本情報について教えて下さい(._.)

直接材料費 , 間接材料費

直接労務費 , 間接労務費

直接経費 , 間接経費

の違いがよく分からないです。

Aベストアンサー

直接・間接の違いは、簡単に言えば、売上に直接関係するかどうかの違いです。
製造業を例にあげると以下になります。

直接材料費:製品を作る上で必要な材料の費用(鋼材、IC等の半導体、ネジ等)
間接材料費:製品を製造する機械を正常に動かすための費用(潤滑油、純水、交換部品等)

直接労務費:製品を作る人の人件費(加工、組立、試験、検査等)
間接材料費:企業運営に必要な人の人件費(人事、総務、経理等)

直接経費:製品を作る上での経費(上記の直接材料費、直接労務費が該当)
間接経費:企業運営に必要となる経費(上記の間接材料費、間接労務費が該当)

Q日商簿記2級の勘定科目一覧

お世話になります、よろしくお願いします。

日商簿記2級の勉強を始めたばかりです。勘定科目の一覧が表示されておすすめのWebはないでしょうか?資産・負債・資本・費用・収益ごとに分かれているものが希望です。

また、よろしければ、簿記の勉強でおすすめのWebもお教えいただけるとうれしいです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

勘定科目一覧
http://minna-no.com/mkaikei/kamoku/kamoku.htm

学習
http://www.boki-community.com/2kyuu-gakusyuu.html

Q労務費と外注労務費の違い

建設業会計を行っています。(建築設備業です。)

労務費を特に弊社では使っていません。
会社の人間は、一般管理費で給与計上して、工事における下請業者さん分は、外注費と処理していますが、例えば、材料はうちの会社で一括で購入した方が安いので、材料(機器や継ぎ手類)は弊社が、現場での配管作業等は業者さんに下請け契約しています。

この場合、業者さんに支払う代金は、労務費となるのでしょうか?
調べてみると外注労務費とも思えます。

弊社の場合の計上方法と労務費と外注労務費の一般的な違いを通常の業務に照らし合わせて、どうかお教え願います。

また、外注労務費を決算時に労務費で計上するっと、参考書等にありますが、そうする事で、どんな利点っというか、意味があるのでしょうか?

Aベストアンサー

労務費・労務外注費・外注費の区分が問われるのは
税務関係でなく、経営事項審査の時でしょう。
公共工事の入札参加資格を得るためには様々な角度から審査され、
決算が済むと、まず建設業許可の変更届けへの流れになります。
建設業の許可を有しない、入札参加も希望しないであれば
それほど厳密な区分が必要とは思いませんが・・・、

所謂、外注比率が高いと言うことは
自社にこなす能力が無いと見られるので
なるべく外注費を労務外注費として計上したいものです。
労務外注費はおっしゃるように、原価報告書において
労務費に( )書きされる訳ですので、
丸投げしていない、健全な会社イメージとなり、
反対に外注費が目立って多いとチェックが入ります。

そう言ったことを視野に入れると
貴社のやり方はまれであり、
外注費はなるべく支配権が無い場合とか、
工種の異なる労務を外注した場合に留めた方が得策です。
従って、
下請業者さん分は労務外注費とされた方が良いということになります。

Q【経理】 勘定科目は任意なの?決まっているの?

こんにちは。
起業1年目の者です。

本を読むと勘定科目は決まっているようで、
さらにいろいろな本を読むと勘定科目は任意なので好きに作れるとかいてあります。
なので勘定科目時点で基本を参考にして、あとは自分がわかりやすいように、分けたいようにしようと思ったのですが、
勘定科目の説明によっては、「10万円以上で」と書いてあったりします。となると決まっているようにも読めます。

勘定科目はこれを使わないといけないと言う決まりがあったりするのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 任意と言っても決まり事があります。例えば、未収金=未収入金のように、内容意味が含んでいなければいけません。

(例)営業権=のれん(暖簾) 預り金=従業員預り金 借入金=銀行借入金 仕入=商品仕入 消耗品費=事務用消耗品費 この程度の常時使用をする科目ならいいけど、あまり任意で処理すると、後任者・公認会計士・税務士が監査等をする場合、適切にそれらの科目を使用されていればいいのですが、あまり使用を違えると疑問や見直しと云った厄介な手数がかかる可能性があるます。

 あなたの事務所で関連事務の人が皆理解していれば決められた範囲での任意科目は使用していいのです。

 例えば10万円以上の工具・計器のようなものは1年以上使える物は一旦固定資産に計上します。よって簡単に科目を変える事は勧めませんね(^・^)せいぜい工具器具備品これなら科目として又固定資産として把握管理が出来ます。

Q取り付け込みの材料は材料費でしょうか?外注費でしょうか?

いつもお世話になっております。
建設工事で現場に取り付ける小さな橋などについて、橋そのものは、その工事の材料として考えられると思うのですが、その橋の取り付けも込みの場合となると、材料費でいいのでしょうか?外注費のほうがあっているのでしょうか(特に契約書は交わしておらず普通の請求書で、一式という形で請求がきております)?その金額における材料そのもののの値段と取付にかかる費用の割合とかで変わったりするのでしょうか?
また、それが既製品ではなく橋の製作から(つまり特注品で)取り付けまでとなると、外注費でしょうか?
以上の点お分かりの方教えていただけないでしょうか?よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>材料費か外注費かは取引内容の全体で判定すると思います。
>判定材料としては、(1)請求額は取付工賃と製品の代金に区分できるか。(2)その取り付けられた橋に問題が発生したときにその責任は最終的に自社で負うのか、取り付けた業者で負うのか(3)その橋の取り付けが一般的に見て、簡易なものか否か(4)請求は取り付け後に行われるのかまたは製品の納品時に行われるか・・・などです。
>通常は、その取付が簡易なものではなく請求も「一式」となると外注費と判定するほうが妥当と思われます。
>材料費という科目の目的は、自社において加工設置するための材料(寸法に合わせた裁断は別の場合あり)と狭義にとらえられたほうがよろしいかと思います。

Q青色申告での勘定科目について教えて下さい。

青色申告での勘定科目について教えて下さい。

青色申告初心者で勘定科目がわからい事だらけです。
やよいのソフトを使っているのですが、勘定科目については税務署に聞いてくれと言われました。
みなさんは事細かに税務署に電話して聞いているのでしょうか?
それとも、わかりやすいサイト等で自己判断で処理されているのでしょうか?
またやよいの青色申告10の分かり易いサイトがありましたら教えて下さい。

もしわかる方がいらっしゃいましたら、2点この場でお聞きしたいのですが、
(1)業務委託で報酬代としてその都度、現金でお支払いした場合の勘定科目はどれに当たりますか。
(2)事業用の口座から親に仕送りの振込をした場合の勘定科目はどれに当たりますか。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

今回の質問の件以外ですが、仕訳 勘定科目の検索が、簡単に出来るHPがあります。
『仕訳 勘定科目.com』様…具体的な例や勘定科目の一覧表など、解説も詳しいので、
よろしければ参考になさってください。
リンクフリーということでアドレス張っておきますね。

参考URL:http://www.kanjyoukamoku.com/

Qこの費用の勘定科目は…商品仕入?消耗品費?材料費?

いつもお世話になっております。

清掃業の会社の経営をしています。
仕訳の勘定科目のことで質問があります。
清掃の時に使う‘洗剤’や‘ワックス’は、「商品仕入」になるのでしょうか?
それとも、「消耗品費」か「材料費」でになるのでしょうか?

「消耗品費」や「材料費」にした場合、損益計算書において売上高に対して仕入高が発生しませんが、いいのでしょうか?

また、この材料は毎月使う分だけを購入するので、月末に在庫が残る事がありません。
その場合は、決算での棚卸の必要はないですよね?

ご回答をよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「サービス業」に該当するのでしょうから、「仕入」・「売上原価」は発生しないのが通常です。
そのもの自体を販売することは、そう無いですよね。

決算期末時点で在庫になっていないのであれば、棚卸も、仕様がないですね。

「消耗品費」にすると、かなり他の要素のものも含まれると思いますし、業種から判断して、「材料費」になるのかと・・・。普通業界の方たちは、それらのものをなんと呼んでいるのでしょう。「材料」と呼んでいるのであれば、「材料費」しか考えられないのですが、あまり特殊すぎず、外部の人間にも分かりやすい「○○」との呼び名があるのであれば、「○○費」と付けてしまう方法もあります。

Qエクセルで勘定科目の集計、勘定科目の並び順について

現金出納簿をデータベース化して、勘定科目ごとに
集計をしたいと考えています。

日付 摘要 部門 勘定科目 収入or費用 金額

部門ごとに勘定科目の集計をとりたく、また摘要も
つけたかったので、ピポットテーブルを使ってみました。まあまあ、欲しい表は出来たのですが、勘定科目の並び順がランダムでした。
規則的に並び替えしたいのですが、どうすればいいでしょうか?
科目コードをつける?と思っても、その先どうすれば
いいのかわかりません。
関数で解決出来るのでしょうか?
関数の知識はあまりありません。マクロとなると全くありません。
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

[フィールドの設定]-[詳細]-[自動並べ替えオプション]で
[手動]を選択すれば、ドラッグで並べ替えることができます。

[自動]で並べ替えたい場合は、
[ツール]-[オプション]-[ユーザー設定リスト]の
[ユーザー設定リスト]で「新しいリスト」を選択し、
[リストの項目]に並べたい順に勘定科目を入力して、[追加]-[OK]。

Q勘定科目の外注費について教えてください。

ホームページ制作会社で、制作の一部を外部に発注しました。「外注費」で処理をして良いですか?

外注費は販売費及び一般管理費の科目だと思っていたのですが、法人事業概況説明書の主要科目の欄では、外注費は売上原価の科目に入っています。
販売費及び一般管理費としてはいけないのでしょうか?

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

原価とは売り上げの対象となるものを取得したり生産したりするための費用のことです。販売費とはそれを販売する費用であり、一般管理費は双務的な管理の費用ですから、原価とは大きく異なります。ですから、質問の外注費が原価であることは明らかだと思います。
会計には「費用収益対応の原則」という考え方があり、税法もこれを基準に作られています。販売費は売上と同時に発生する費用であり、管理費は期間の経過に伴い発生するものであって売上とは連動しませんが、原価は売上と直接対応するものですから、仕入や製造費などのその費用は実際に売れるまでの間は損金にはならないので、棚卸をして棚卸資産(商品や仕掛品)に計上する必要があるという点が、原価の経理上の特質です。
質問の外注費も、期末までに納品(売上の成立)ができなかった場合には仕掛費用として棚卸する必要があり、それまで費用として損金にすることはできません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報