【3月6日実施】システムメンテナンス実施のお知らせ

なぜ年金の支給は2ヶ月に一回なのですか?

A 回答 (8件)

既に回答にある通り、年金支給に関する経費節減のため。

 3か月に一度にすれば、もっと経費は節減できるけど、そうなると困る受給者が出てくるゆえ、2か月に1回にしている。 同じような理由で水道の検針も2か月に1回。
    • good
    • 1

省エネの為ですね。

    • good
    • 0

>昔からの仕組みだからです。


昔は年4回でした。
国民年金は成立当初「二月、五月、八月、及び十一月」の年4回から何度か変更されています。
当時は国民年金保険料も二月、五月、八月、及び十一月の4回で納入していたので、それに合わせた可能性があります。
 ○昭和47年改正 「三月、六月、九月、及び十二月」
 ○昭和60年改正 「二月、五月、八月、及び十一月」
 ○平成元年改正 「二月、四月、六月、八月、十月及び十二月」

https://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrd …
    • good
    • 0

昔からの仕組みだからです。


年金受給者は何千万の単位です。
現在1600万人ほどです。

その支払いを毎月処理するには
その手続きを大幅に変えないと
現在でも難しいでしょうね。

年金の振込通知だけで、
1600万件作って発送するんです。
それだけで送料3〜4億円
金融機関への振込手数料で6億円
前後の処理のインフラと人件費は
さらに数(十?)億はかかるでしょう。

そんな無駄なコストを倍にしてまで
月払いにしたいですか?

郵送通知書やめ、メール通知にする
希望により年1回の振込にする
そうしたら年金1割増
なら喜んで応じます。
    • good
    • 0

事務経費を安く上げるためと、


一か月ずつより貰う時に金額が多いので不満をごまかせるからです。
    • good
    • 0

振込手数料の節約です。

    • good
    • 2

公務員の手間を減らすためです。

    • good
    • 0

経費節減

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A