『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

英文のビジネス文書の和訳中です。

「confidential not to be reproduced without permission of proprietor」

という文ですが、軽めのconfidentialなので丸秘や秘密という言葉を使うのもなんかおかしい気がするのですが。。。

「秘密文書、所有者の了解なしに複製を禁ずる」
としたのですが、いかがなものでしょう?

「秘密文書」以外に何か適当な軽めの意味での「confidential」の訳はないものでしょうか?

会社は関係ないので「社外持ち出し禁止」などもしっくりきません。

お知恵拝借お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

通常は「機密文書」ですね。


「了解」というよりも「承諾」「許諾」「承認」とか、厳格な言葉の方がいいと思います。
「部外者秘」、「部外秘」とかも使われるでしょうか。

軽めの意味にしたい気持ちもわからないでもないですが、
それでは秘密(機密)保持のための注意書きが、単なるおまじないになってしまうと思います。
法的な効力を実現させるための言葉ですから、用語は厳正に使用されるべきですね。
「ないしょの話だけど」みたいな気持ちではいけません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なアドバイスありがとうございます。
「部外者秘」というのも使えそうです。

お礼日時:2005/05/06 16:01

機密文書で良いと思います.


しかし,ご提示の場合は,文といっても表示しているだけですから,「機密」だけの方が一般的です.それに「無許可複製禁止」,「不許複製」を付加すれば万全ですね.
「秘密」は一般用語なのでなじまないかも知れません.

機密のレベルにはいろいろあります.
パーソナル(個人情報),
部外秘
社外秘(Internal Use Only),
複製禁止(Do Not Copy),
開示者限定(Need To Know)-氏名リスト付き,
機密(Confidential),
重要機密(Restricted Confidential),
通し番号付き-複製禁止,

保存方法も施錠付きキャビネットか否か,などあります.

proprietor に適切な訳が無くて困るのですが,「所有者」というのはそぐいません.所有となると,書類の媒体(紙とかCDなどの所有者の意味になります.むしろ内容の持ち主なので,英語では Information Owner とも言いますから,耳慣れないのを許してもらえば,たとえば情報オーナーとでも言えましょう.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

保存方法の詳細やproprietorの解説などご親切にありがとうございます!!!

お礼日時:2005/05/08 14:52

皆さんが仰るように「機密文書」が一番しっくりくるような気がします。


前後の文章が分からないだけに、どういうものに書かれた文言なのか不明ですが、書類なのでしたら信書では意味が外れてしまうように思います。
それ以外でしたら「マル秘」「部外秘」「極秘」はどうでしょうか。

部外秘は関係者以外秘密という意味ですからいいのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
「機密文書」「部外秘」のどちらかにしようと思います。 信書は違うのではというご意見ありがとうございます。助かります。

お礼日時:2005/05/06 16:10

「信書」でいいと思います。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考にします。ありがとうございます!

お礼日時:2005/05/06 15:57

ちょっと硬いような気もしますが、「機密文書」ではどうでしょうか?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
秘密文書より英語のconfidentialにあってるかなと思うのですが・・・

お礼日時:2005/05/06 15:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q提案資料に厳秘扱い(confidential?)の意味する文言を記載したい・・・

客先に提出する、とある案件の資料(企画提案)があるのですが、
その表表紙に、厳秘扱いを意味する文言を、短めの日本語文面と
英単語(・・・confidential?・・・)で記載したいのですが、
なかなか文面が浮かんできません。

どなたか得意な方、またはご経験ある方がいましたら、
適切な文言を教えていただけないでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

プレゼン資料で良く使うのは、「秘」「厳秘」「Confidential」「Strictly confidential」等を右肩に入れる方法です。

また、英文のプレゼン資料では「This material is confidential and the property of うちの会社名.」と入れているケースもありますが、日本文では考えた事がありませんね。
敢えて意訳するとすると「本資料は○○会社の許可無く対外的に参照・配布しないようお願い申し上げます。」と言う感じでしょうか。

Q英語の文書で「社外秘」「丸秘」ってどう書くのですか?

日本の文書ではよく赤文字で「社外秘」とか「丸秘」というように、ハンコを押したように入れていますが、
英語の文書では、どのようにしているのでしょうか?
調べると「classified」とか「confidential」とかあるのですが。
また、省略(「CF」?「CD」?)の仕方もあれば、教えてください。

Aベストアンサー

#1, #2 の方が書かれている通りですが、他に、
「internal use only」というのもあります。
例えば、ABC社の社内限の文書では、
「ABC internal use only」とか。

省略形としては、「for your eyes only」を略して
「FYEO」と書かれているのをよく見ましたが、
この省略形がどれほど一般的なものかは、ちょっとわかりません。

Q社内秘と社外秘の意味は?

質問タイトルそのままですが、社内秘と社外秘の意味を教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

社外秘 営業情報・ノウハウ・仕入値・顧客別のマージンなど

社内秘 発表前の人事・人事考課・各人の給与額


でしょう。

Q有無、要否、賛否、是非、可否、当否…これらの言葉について

<A>
有無=あるかないか
要否=必要か否か
賛否=賛成と反対
是非=よいことと悪いこと
可否=よいことと悪いこと
当否=正しいか正しくないか。適切かどうか。


1.上記Aのような種類の言葉について、もっと知りたいので
他に何かあれば教えて下さい。

2.Aのような種類の言葉の事を何と呼ぶんでしょうか??

3.Aのような言葉を、どういう風に使えばいいのですか?
例文を示して頂けないでしょうか。

4.「是非」「可否」「当否」の意味は、全部同じですか?
違うとすれば、どのように違うのでしょうか?

Aベストアンサー

使用例

要否=要否を問う

賛否=賛否両論、賛否を問う
是非=是非(良し悪し)を論ずる。 副詞としての用法、是非参加ください。
可否= 可否(良し悪し)を論ずる。可否(賛否)を問う。
当否=ことの当否(よしあし、あたりはずれ)は別として、

是非と可否は同じ意味です。
当否も上の二つと同じ意味があるものの、それが当てはまっているかどうかという意味もあるので全く同じようには使えないでしょう。
二文字で相反する意味を表す漢語独特の表現法ですが、特に名前があるかどうかわかりません。類語として、否応(いやおう)があります。意味は断ることと承知すること。使用例、否応なしに買わされた(無理やりに買わされた)

Q「該当」と「当該」の違い

辞書には、「該当」・・・その条件にあてはまること。「当該」・・・その事に関係がある。
・・・とあります。
“あてはまる”と“関係がある”、微妙に違うようで似ているようで、お恥かしいのですが私にははっきり区別ができないのです。
該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか?
わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よく似た意味の言葉(名詞)ですが、

○該当…「する」をつけて「当てはまる」という意味の動詞として用いることができる

○当該…主に他の名詞の前につけて「今議論の対象になっている、まさにそのもの」という意味で内容を限定する形容詞的な形で用いる

といった違いがあります。逆の用法はありません。

・この条件に当該する人は申し出てください。

・○○事件につき、該当被告人を有罪に処す。

いずれもおかしな使い方で、反対でないとアウトです。

ご参考になれば幸いです。

QINVOICE(インボイス)ってなんですか?

質問するのが場違な場所だったらすいません(x_x)

仕事で、インボイスという言葉を耳にするのですが
今いちなんのことなのか分かりません。

請求書?なのでしょうか。

海外へ部品を発送時に、発行されるもの?
発送した後に発行されるもの?

どうか、頭の悪いわたしに
分かりやすくおしえていただけると助かりますm(--)m

Aベストアンサー

こんにちは。

#2の補足です。
日経新聞社の流通用語辞典ではこんな風になっています。

「インボイスinvoice
 商品を輸出する際の*送り状。売り主(輸出業者)から買い主(輸入業者)あてに出す書類で,売買契約の条件を正当に履行したことを記す。商品名や数量,単価,代金の支払い方法,運賃,*保険料などの明細通知書でもある。買い主は輸入品の仕入れ書として税関に提出する」出典:日本経済新聞社 流通用語辞典

業種によっても、企業によっても呼び方が異なるものでしょうが、基本的にはこんな感じではないでしょうか。

ご参考まで。

Q機密保持契約と収入印紙

こんにちは。

取引契約には収入印紙を貼る必要がありますが、機密保持契約にも貼る必要はあるのでしょうか?
契約内容には機密保持に関するものしかなく、販売、金額というものは記載されていません。

この場合、収入印紙は必要ないとおもうのですが、いかがなものなのでしょうか?

Aベストアンサー

機密保持契約書に、請負や基本取引に関する条項の記載がなければ、印紙の貼付は必要ありません。

機密保持に関する条項以外に、その他の事項が記載されている場合は、その内容によっては、印紙が必要な場合もありますから、現物を税務署に持参して確認してもらうのが確実です。

参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.keiyakusho.net/t-inshi.html

Q拘らず・関わらず??

すみません。以前から気になっていたので正しい答えを教えていただけないでしょうか。

「かかわらず」という言葉の漢字変換なのですが,
例えば

 雨が降ったにも「かかわらず」,彼は傘を差さずにやってきた。

というような文の場合,正しいのは「関わらず」「拘らず」どちらでしょうか。

国語辞典で調べてみたのですが,よく分からなくて(+_+)
すみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。それも「かかわる」でなく「かかる」です。「人命に係(かか)る問題」「係(かか)り結び」など。前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合(常用漢字の基準では)「係わる」でなく「かかわる」です。

結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。

漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的(「関わらない」「係わらない」)にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。

ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。念のため。

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい...続きを読む

Q了解と承知の違いって?

先日、目上の方、或いはお客様に対して「了解(致しました)」というのは失礼である、「承知いたしました」「かしこまりました」の方が良い、という話しになりました。了解には謙譲の気持ちが入っていないのではないか、というところまでは行き着いたのですが、明確な違いが分かりません。「了解」は身内言葉だという意見もあるのですが、根拠が曖昧です。ご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

基本的な言葉の意味がわかっていないのではないでしょうか?
まず、「了解」も「承知」も名詞です。
なので、「いたしました」という敬語を用いているのでどちらも問題ないと思います。
では、意味はどうなるか。

了解・・・物事の内容や事情を理解して承認すること。例文:「お申し越しの件を了解しました」

承知・・・
1 事情などを知ること。また、知っていること。 わかっていること。例文:「無理を―でお願いする」
2 依頼・要求などを聞き入れること。承諾。例文:「申し出の件、確かに―した」
3 相手の事情などを理解して許すこと。多く下に打消しの語を伴って用いる。例文:「この次からは―しないぞ」

だそうです。

「かしこまる」これは、命令・依頼などを謹んで承る意を表します。なので、お客様に何か用件を頼まれた際には、これ一言でOKですね。

上記2つの言葉の謙譲語は「承(うけたまわ)る」なので、本来なら「承りました」が正解では???

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング