アプリ版:「スタンプのみでお礼する」機能のリリースについて

私たちがみる一般的な光は、3次元空間を動けます。

私たちがみる一般的な光は、3次元空間を動けるものといえるのですか。



2次元をしか動けない光はありますか。
その光は2次元を動けるものといえるのですか。

私たちがみる一般的な光は、2次元をしか動けない光なのですか。

A 回答 (6件)

他の回答者にコメントするのはルール違反らしいのですが、一言。


エバネッセント波は電磁場が界面から離れては伝わる事ができないが界面に沿っては伝わるものです。マックスウェルの電磁方程式をある境界条件で解くと厳密に解が得られる電磁波のモード(姿体)の一つです。分散曲線を描くとわかるのですが、(表面に沿って伝わった先で)表面の状態が変わるとモード変換を起こして自由空間へと伝わる波に変わる事があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

プロフェッショナルな方

お礼日時:2024/03/04 20:07

少し追記。

他の回答にあった「エバネッセント波」についてですが、あくまでも「誘電体の表面の薄い面に発生」と言うもののようなので、質問文にあるような「二次元(空間)にしか伝播できない」と言うものではないようです。先の回答に書いたように電磁波が発生するためには三次元空間が必要であって、エバネッセント波も例外ではないようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2024/03/04 20:08

二次元空間には光(電磁波)は存在できないので「二次元(空間)しか動けない光」は考える意味がありません。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

3次元にこそあるのですね

お礼日時:2024/03/04 20:09

二次元にしか伝播できない光はあります。

エバネッセント波と言って、特殊な条件のもとで誘電体の表面にだけ発生します。この光は表面から外には伝わる事ができません。表面状態に敏感なので超高感度の分子センサーとしても応用されています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

エバネッセント波

お礼日時:2024/03/04 20:09

網膜は二次元ですが、そこまでに至る水晶体は三次元

    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございました。

お礼日時:2024/03/03 16:43

>2次元をしか動けない光はありますか。



人間の認識ではないでしょう。
人間の五感が、空間を「3次元」で認識しているからです。

地球表面を「平面」で認識しているアメンボウや一部の人間にとっては、「地球表面に沿って進む」ことは「二次元運動」なので、そういう認識で考えれば「二次元」の世界が想像できるのでは?
その「二次元世界」では「世界の果て、端っこ」は存在せず(まっすぐに進んで行くともと居た場所に戻る)、我々の「3次元」の認識では「宇宙の果て」が存在しないのと似ていますよ。

>私たちがみる一般的な光は、2次元をしか動けない光なのですか。

だから、そんなものはないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございました。

お礼日時:2024/03/03 16:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A