活魚を出荷する際に、魚の消化管内容物を排泄させるために、一定期間清水中で餌を与えずに飼育することをなんといいますか。

A 回答 (2件)

餌止め と思います・・・



理由ははっきりとは知りません、ごめんなさい。
(内容物を吐いて水が汚れてしまい死ぬから、だと
思ったのですが・・・また、エサを食べると酸素消費量
が増えるため、止水では酸欠になりやすい・・・?)
間違ってたら専門家の方補足をお願いします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。今日試験が終わりました。

お礼日時:2001/09/21 11:18

 こんばんは。



 そうなんですよね、餌をやらないと言う行為は、確かに「餌止め」と言います。
 しかし、質問にあるように、特に出荷の時に餌止めをすることを、「活けしめ」と言うように効いた覚えがあります。私が直接関わったことはないので、自信はありませんが「活けしめ」と言う単語は水産学の本等には出てきますから、確かにあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

前回に引き続き答えていただいてありがとうございました。

お礼日時:2001/09/21 11:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q親に餌をもらう鳥の雛と自分で餌をついばむ鳥の雛を分類する用語は?

お世話になります。
ふと思ったのですが、鳥類には鶏やアヒル、鴨のように、卵から孵化すると、親鳥の助けを得ずに自分で餌をついばむ種と、ツバメのように、巣の中でじっとしていて親鳥が餌を運んでくる種とがありますね。
 この2種類を区別する専門用語を教えてください。
 また、どちらがより進化(?)した種なのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

キジの仲間、カモの仲間のように、孵化したときにすでに目も開いていて、体を綿羽(ダウン)が覆っていて、すぐ歩け、餌も自分でついばむ鳥を「早成性」の鳥と言います。

これに対して、スズメ、ツバメのように、孵化したときは赤裸で目も開いておらず、餌も親からもらう鳥を「晩成性」の鳥といいます。

細かく言うと、「早成性・晩成性」というのは孵化したときの発達の度合いに着目した用語ですが、これとは別に、孵化してすぐ巣を離れるかどうか、ということに着目した「離巣性・留巣性」という用語もあります。「早成性」と「離巣性」、「晩成性」と「留巣性」の鳥はそれぞれおおむね重複していますが、まったく一致するわけではありません。

Q口から飲んだ水分が、消化器官から血液に入り腎臓でろ過されて、膀胱を経てろ排泄されるまでとても長い道の

口から飲んだ水分が、消化器官から血液に入り腎臓でろ過されて、膀胱を経てろ排泄されるまでとても長い道のり(距離)だと思うのですが、どのくらいな時間を要するのでしょうか?

Aベストアンサー

人により違いますし、ビールだったりすると15分という説もあります。

Q田んぼで採れた魚、なんて魚ですか?

近所の田んぼで採れた魚をめだかだと思い込んで連れてきてしまったんですけど、どうもちがうみたいで....
睡蓮鉢でビオトープを!と思い、採取してきたのですが!あまり大きくなるような魚だと後々困ってしまうので、質問させてもらいました。
画像を添付しましたので、何て名前のさなかなのか判別よろしくお願いします。

Aベストアンサー

尾びれの形、背びれと尻びれの位置関係から推測して稚魚の写真を探してみました。

http://ameblo.jp/mo-th4/entry-11543145010.html

丸みのある尾びれが特徴でコイではないかと判断します。

フナも近い仲間なのですが口が微妙に違いそうです。

http://blog.livedoor.jp/simayosinobori/archives/64775774.html

カダヤシは外来種ですが背びれの位置が尻日レより後ろにあり、異なります。

真鯉であれば1年で20cmぐらいに成長するでしょう。

Q鱗のある魚とない魚の違い

一般に魚は鱗があります。
一方でまぐろやかつおなどは鱗がなくつるつるです。
この違いはどういうことが原因で発現したものでしょうか?
鱗があるとどういう便利さがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

鱗の役割は、体を、

塩分から守る・衝撃から守る・カルシウムの貯蔵、
乾燥から守る・外敵から守る・・などなど、だそうです。

それで、鱗を持つ種と、持たない種の違いは、
まず、上記の役割の為には、
必ず鱗が必要という訳では無く、
鱗の代わりになり得る、「体表の粘膜」や、
「厚い皮膚」があれば良かったんだと思います。
進化の過程で鱗を必要としなかった種や、
一度は鱗を得た種でも、やがて退化した種が
いるんでしょうね。
PS,サバはお店で売られている時はウロコがないけど、
ホントは細かいのがあって水揚げの時に落ちてしまい、
またウナギやドジョウは皮の下に埋もれているそうです。
↑・・だ、そうで、驚きですね。

http://www.aquamuseum.net/himitu/scale.html

http://www.hakkenkan.go.jp/hakkene/kenbikyou.html#vol3

参考URL:http://homepage2.nifty.com/osiete/seito331.htm

鱗の役割は、体を、

塩分から守る・衝撃から守る・カルシウムの貯蔵、
乾燥から守る・外敵から守る・・などなど、だそうです。

それで、鱗を持つ種と、持たない種の違いは、
まず、上記の役割の為には、
必ず鱗が必要という訳では無く、
鱗の代わりになり得る、「体表の粘膜」や、
「厚い皮膚」があれば良かったんだと思います。
進化の過程で鱗を必要としなかった種や、
一度は鱗を得た種でも、やがて退化した種が
いるんでしょうね。
PS,サバはお店で売られている時はウロコがないけど、
ホント...続きを読む

Q深海魚ほど油ののった魚が多いの?

この前、「エボ鯛」を食べました。鯛はさっぱりしたイメージがありましたがこのエボ鯛は油がのっていて美味しかったです。
大将に聞くと、深海魚ほどよく海流するので身が引き締まって油がのっている魚が多いとの事です。
ほんとうでしょうか?
ご存知あれば教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

身が引き締まって油がのっている ← 矛盾していませんか?
筋肉質の肥満体 と同じ意味になりますよ。

回遊魚と深海魚が混同していませんか?

回遊魚…動き回るので脂が消費され身が引き締まっている 
    カツオ、マグロ、サバ、サンマ、イワシ、サケ
    (産卵期には脂が乗っていますが)

深海魚…あまり動かないので脂が蓄積し脂が乗っている 
    アンコウ、タチウオ、ムツ、キンメダイ、スケトウダラ、オヒョウ

これは赤身の馬肉と霜降りの牛肉にも言えることです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報