パジェロショート5年式V24型に乗っているのですが、この車にブースト計をつけようと思っているのですが、ディーラーの方に取り付け方法を聞くと加給圧(ブースト)は表示されるが負圧(バキューム)は表示されないと言われました。これは本当なのでしょうか?なにか負圧を表示する方法は無いのもでしょうか?よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

友人のノアにブースト計を取り付けましたが負圧は表示されませんでした。

ディーゼルでは当然の結果だと思います
    • good
    • 0

ディーゼルE/gでは構造的に負圧自体が発生しないので表示する方法も何もないと思います

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qブーストの正圧、負圧

チューニング初心者です。ブリッツのSBC-IDを着けたのですが、デジタル表示で「+」「-」がありました。圧力の正圧、負圧の事かと思いますが、
アクセルをグッと踏むと「+」側へ上がっていき、アクセルを離すと「-」側へ下がり、または軽く踏んで流していても「-」です。
物理学はよく知らないので、エンジン内で何が起こってるのでしょうか?
水鉄砲に似たことかなと思ってますが、いまいち理解していません。

Aベストアンサー

再び#8の者でござんす。

NAはフルスロットルでもアイドル時でも負圧なんである。
ただ、フルスロットル時はひょっとするとプラマイ0になるやも・・・?
経験はないが・・・。

通常、エンジンはピストンの上下運動により、
掃気と排気を繰り返す。
つまり、ピストンが下降すれば、シリンダ内部は負圧となり、
ピストンが上昇すれば、シリンダ内部は正圧(圧縮される)となる。

ターボエンジンでもNAでも基本は同じである。
違いは空気の密度(ブースト)である。

NAはエンジンの力で空気を吸い込み、
ターボはむりやり、空気を送り込むと思って間違いなし。

エンジンの構造は知っておくとチューンが百倍楽しくなるよ。

それと、サスの動きはエンジンの構造よりも、
複雑で知っておくと更に楽しくなるよ。

僕はすでにどっぷりはまってるんである。
ここまで行くと病的かのう?

Qターボ計・ブースト計

初歩的な質問で申し訳ないのですが、ターボ計とブースト計は同じものなのですか?
同じものだとは思うのですが、それだとなぜメーカーによって呼び名が違うのでしょうか?

Aベストアンサー

エンジン開発エンジニアです。
結論からいうと同じものです。
ターボは辞書で調べるとturbineが語源のようです。
ターボチャージャの中の羽根車のことですね。
ブーストは、あげる、増やすなどの意味があるようです。
自動車ではどちらも同じ意味で使いますが、
業界ではブースト圧(過給圧)の方を用います。
ターボ圧と言ったほうが、一般受けしやすいのではないでしょうか?

似たようなものでバキューム計がありますが、これは負圧しか計れませんので、NAにしか使えません。

Qインプレッサのブースト圧について

こんにちは。
知り合いのインプレッサワゴンにブーストコントローラーを付けるのを頼まれました。昔のブリッツの物でHIとLOの2パターンをダイアルだけで調整する物です。
取り付けは難なく終わりブーストのリミットを調整していたのですがLOは0.7にしました。
HIは、普段使わないということなんで加速が最大限に楽しめるようにしようと考え1.2くらいかなと思ってます。

 しかし、1.1の時に何かのリミットがかかりました。スピードやレブのリミットではありません。ブーストにリミットであるのでしょうか?どのような原因が考えられますか?また、同じく車の方、ブーストはどれくらいにしてありますか?

エンジン等・・・GF8B。220PS。エンジンとコンピューターはノーマル。エアクリは純正形状のHKS。ブローオフとエアフロ修正する物。マフラーは純正。タービンは純正のTD04。スピードリミットは切ってあります。

普段のブースト圧は最大で0.8です。アペックスのN1マフラーを入れると0.9です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>1.1の時に何かのリミットがかかりました。

多分「デューティー・ソレノイド」でしょう。
大気圧の数値を読み取り、過給圧の上限を決定している
機械式のセンサーユニットです。
直接インテークマニホールドから、過給圧力を取り、
大気圧との差から、固定された最大過給圧を検知して
エンジン保護のために、オーバーシュートを行い、
点火プラグの失火と燃料カットをECUに指示します。

元々このエンジンは、鍛造ピストンを使用して、
強化されたStiバージョンでさえ、最大過給圧は
1.2ber辺りが実用限界なのです。
WRCや耐久レース用のエンジンでさえ、1.5ber以上の
過給圧は掛けていません。
極端に耐久性が落ちてしまうからなのです。

ちなみにStiシリーズでは、1.2berの過給のために、
わざわざクラッチやエンジン&ミッションマウントを、
通常のノーマル部品ではなく強化部品を、標準で
装着させたモデルとして、販売させました。

つまり、1.2berではそれだけ負担があるということです。
Stiではない通常のエンジンなら、1.0ber以上の使用は
充分に注意が必要と思ってください。

>1.1の時に何かのリミットがかかりました。

多分「デューティー・ソレノイド」でしょう。
大気圧の数値を読み取り、過給圧の上限を決定している
機械式のセンサーユニットです。
直接インテークマニホールドから、過給圧力を取り、
大気圧との差から、固定された最大過給圧を検知して
エンジン保護のために、オーバーシュートを行い、
点火プラグの失火と燃料カットをECUに指示します。

元々このエンジンは、鍛造ピストンを使用して、
強化されたStiバージョンでさえ、最大過給圧は
1.2ber辺り...続きを読む

Qブースト圧。。。

すごく初歩的なことなんですが。。。

ブースト圧ってなんですか?
なにをあらわしているんですかね?
どうなってたら標準で、こうなったら異常だ!
とか教えてほしいです。

馬鹿らしいかもしれませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

過給機付きのエンジンで、
過給する度合いを数値化したモノ。

-600水銀柱ミリメートルで約1(排気量に対する
吸気量の割合)0kghgで約2倍、1Kghgで約3倍位だったと思います。

この空気量に比例して、燃焼できる燃料も増えるので、擬似的に排気量が増えます。
しかし、税金は排気量の物理的な量に課金されるので、馬力当たりはN/Aに比べて安価になります。


簡単に言うと、同じ2Lなら、N/Aでも、ターボでも39,500円。言い換えれば、100馬力の車でも、300馬力の車でも(物理的な排気量が2Lで有るから)同じ課税。

でも、1300CCの車で1Kgのブースト掛けたときと、2.5LのN/Aでは前者がトルクの関係上
加速が良いと思います。

Qジムニーのブースト圧について

ジムニー JB23 7型(AT)に乗ってます。
オートゲージのブースト計を取り付けてブースト圧を見ているのですが、
常用の回転域(3500ぐらいまで)では0.2程までしか圧がかっていませんでした。
常用回転域だとこんなものなのでしょうか? またブースト圧が最大になる回転数はどれくらいでしょうか?

Aベストアンサー

8型MTに乗っています。

低ければ2,000くらいでも最大ブースト圧になりますよ。
私の車だと、0.85 くらいです(最大0.7-0.9くらいが普通みたいです)。

エコロジーな運転(急加速はしない)をしていると、
圧0以下でも普通に市街地走行ができます。
常用回転域で巡航状態だと、そんなものです。

回転数とブースト圧は直接関係ありません。
要は、どれだけガソリンを燃やして排気を出すかです。

上り坂で、おもいっきり踏んでみて下さい。
それでも 0.2 程度なら、問題があると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報