会社の机の上で私の心を潤してくれているソテツ(全長約10cm)の葉が白くなってきてしまいました。葉用の栄養もあげていますし、水も1日1回土が少し湿るくらいあげています。このまま真っ白くなって枯れてしまうんでしょうか。回復させる仕方を知っている方がいらしたら、ぜひ教えてください!!宜しくお願い致します。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

乾燥には強い植物ですから水不足で葉が枯れることもありますが、幹が枯れなければ再び葉が出てきますよ


管理の仕方を少々↓
陽光を好むので、生育期は戸外が適しますが、室内の明るいところで十分です。光不足では葉の出方が悪くなります。
生育適温は20~25℃程度ですが、耐寒性は強く、温暖な地方では戸外でも越冬できるほどですから、普通の室内で十分に越冬できます。
生育期には土が乾いたらたっぷりと与えます。夏の間は葉水も必要です。ただし、水をやりすぎると根腐れし、株を枯らせてしまうので注意します。
低温時は乾き気味にします
まずは、越冬させてから、暖かくなった頃、液肥等を与えましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答本当にありがとうございます。すごく嬉しいです。
今は少しでも良くなれと思い、朝だけ陽が当たる窓辺に置いて、あまり水はやらないように乾燥気味にして、「がんばれがんばれ」と毎日声をかけています。<ばか?
とにかく春がくるのを待ちつつ様子を見たいと思います。本当にありがとうございました。。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

葉裏にハダニが付いていたりしませんか?


赤とか黒色の微小の虫です。
葉緑素をちゅーちゅー吸われて葉が白くなります。
    • good
    • 0

現物を見ないとはっきりはわかりませんが、かわいがりすぎて根腐れをおこしていると思います。

水を毎日あげているとのこと。植物の水やりは、表土が乾いたら鉢底から水が流れ出てくるくらいの量を上げる。これが基本です。
また、ソテツは非常に乾燥に強い植物なんですね。
一度根草れをおこした植物の回復は難しいと思いますが、水やりを控えてみましょう。
また、日光は十分に当てていますか?ソテツは室内での栽培は向かないと思いますよ。たぶん(-_-)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

(T_T) (T_T) (T_T)

そんなぁ~

きっとそんな根腐れなんて事はないと・・・

でも、怖いので、少し乾燥気味に世話をしようと思います。(弱気)

ご回答本当にありがとうございましたぁ!!

お礼日時:-0001/11/30 00:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qザミア(メキシカンソテツ)の育て方

ザミアを手に入れたのですが、
育て方を詳しく書いたサイトが見当たりませんでした。

特に生育期にはたっぷり水を上げると書いてはいるのですが、
その生育期はいつなのかがわかりません。

知っている方、教えてください。

Aベストアンサー

植え土にも、そんなうるさくはないのですが、私は川砂と赤玉土等量に少量の腐葉土を混ぜて植えてます。
鉢の材質や、置き場所等により乾き具合が違うので、加減をしてあげたらよいかと思います。売っている時は水遣りの管理を楽にするためか、ピートモスやミズゴケとかで植えてあるものも見かけますが、出来れば植え替えてあげたほうが良いかなと思います。
適期は4、5月くらいかと思いますが、丈夫なのであまり神経質にならなくても4~10月くらいの間なら大丈夫かと思います。

Q笹の葉の先が白く枯れるのは……。

笹の葉の先が白く枯れるのは、やはり水不足が原因でしょうか?
植えてから15年ほど経ちます。茎もだいぶ伸びてきていますが下の方には葉は余り無く、上の方に新しい葉が出てきますが、すぐに先の方が白くなってきます。
笹にも大変たくさんの種類があるでしょうが、名前はわかりません。背は余り高くなく、植えて時は30cm程でしたが 今は50cmほどに伸びています。
青々とした葉にしたいのですが、どうすればよいでしょうか?どなたかご存知でしたら教えて下さい。

Aベストアンサー

クマザサ ではないでしょうか?
歌舞伎の「隈取り」のように葉の先端の方から白く枯れたよになる種類です。関東地方に自生しているものは、この種類です。新潟名物の笹団子に使う チマキササ が大きい葉の大表種があります。
分類上では数百種かもしれないくらい多くあります。

Q観葉植物ソテツの北国での育て方

秋田県沿岸地域に住んでいます。

冬の気温は下がっても-2℃程度(余程の寒波がない限り)ですが、とにかく風が強くふぶき、体感温度は-2℃よりかなり下回る日がほとんどです。

このような条件下であっても、幹にわらなどを巻くだけの通常の防寒対策だけで十分でしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

それだけではダメです。

まず、北風に当てないことです。南側の日当りが良く、冷たい風が当たらない場所に置いてください。
葉が茶色に枯れ始めたら、場所が相応しくないサインです。こうなったら、枯れた葉を刈り取って暖かい場所に移すか温室に入れてください。この時、最先端の芽の部分を刈り取らないように注意のこと。芽も茶色でまわりのトゲと間違えやすいですが、これさえ刈り取らなければ、葉は全部刈り取っても来年の夏には新しい葉を出します。

ソテツは太古の時代から生きてきた強い植物なんですが、冷たい北風には弱いですね。

Qソテツの葉が黄色くなってしまいました。

庭にソテツがあるのですが、
葉が黄色くなってきてしまいました。
本来なら、越冬に備えて秋に葉を落とさないといけなかったのですが、それをせずにそのままにしてしまったからでしょう。
今からでも、葉を全部切り落としてしまった方がいいでしょうか?
それとも、そのままにしておいていいのでしょうか?
どなたかわかる方がいらっしゃいましたら、教えてください。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ソテツの繁殖は株分けか種子でおこない株分けは根の有無に関係なく葉の大部分を取り除き、こもに包んで砂床に植え込みます。
お住まいの場所が解からないので確かなことは言えませんが、それからするとソテツは幹に養分を蓄えていますので多少の事では衰弱しないと思いますので新葉が出る前に葉を切った方がその後の生育は良いと思います。

Qサイネリアの育て方

こんにちは。サイネリアを育てるのですが、サイネリアの育て方がわかりません。育て方や育てるコツを教えてくださいお願いします。

Aベストアンサー

サイネリア(シネラリア)の育て方については下記サイトに詳しく載っていますのでご覧下さい。

参考URL:http://www42.tok2.com/home/kengei/shi_00011g.htm

Qゴーヤの葉が根本が白くなって枯れる

毎年ゴーヤを植えています。
これまであまり肥料をやらなかった結果実の成長がいまいちだったため今年は化成肥料(8-8-8)と記載のあるものを月に一度くらいやりました。
その結果途中までは好調だったのですが、ここ1、2週間くらいで葉が枯れてきました。
最初は、台風やここ最近の猛暑のせいかと思ってあきらめていましたが、葉をよく見てみると不自然な枯れ方のため育て方に問題があるのではと思いました。(写真添付)
環境は、20lくらいのプランターに二株づつ、水は結構まめにやっています。(雨が降らない限りは1から2日に1回)
原因、および対処法がわかるかたご教示ください。

Aベストアンサー

考えられる原因としては、1ヶ月に1回化成肥料を施された事が考えられます。
基本としては結実し出してから1ヶ月に1~2回施しますが、この時に施す量を
間違うと肥料負けを起こして葉が枯れてしまいます。
化成肥料は根に触れると根枯れを起こさせるので、施す時は根に触れないように
根元から離して施すようにします。施す量は1平米当り30gが限度です。

病害虫の発生が少ない作物ですが、夏場の乾燥時期にはアブラムシが多発する事
があります。水遣りの際は根元だけ散水せず、葉にも十分散水する事が必要です。
雨が降らない日は1~2日に1回では完全に水不足です。雨の降らない日は朝夕
に1回づつ散水する事が必要です。散水は太陽が昇る涼しい時間帯と、日が沈ん
でから散水するようにします。間違っても日中に散水してはいけません。
根が蒸れて傷んでしまい、結実さえしなくなります。

毎年植えているようですが、ゴーヤの場合は連作障害を受けやすいので、3年~
4年は同じ場所に植えないようにします。畑の場合は地表から1mまでの土と、
2mまでの土を入れ替える作業をすれば同じ場所で栽培が可能です。
これを天地返しと言います。
プランターの場合は年毎に土を新しく新調する事で連作障害を受けにくくする事
が出来ます。

画像の状態から考えると、水不足、肥料負けによる根枯れ、連作障害が考えられ
ます。

考えられる原因としては、1ヶ月に1回化成肥料を施された事が考えられます。
基本としては結実し出してから1ヶ月に1~2回施しますが、この時に施す量を
間違うと肥料負けを起こして葉が枯れてしまいます。
化成肥料は根に触れると根枯れを起こさせるので、施す時は根に触れないように
根元から離して施すようにします。施す量は1平米当り30gが限度です。

病害虫の発生が少ない作物ですが、夏場の乾燥時期にはアブラムシが多発する事
があります。水遣りの際は根元だけ散水せず、葉にも十分散水する事が必...続きを読む

Qトリカブトの育て方

山登りに行った時に、トリカブトを見ました。
とても美しく綺麗だったので、育ててみたくなり
トリカブトの種子を購入しました。

購入したのはいいのですが、肝心な育て方がわかりません。
ネットで検索したり、お花に詳しいお友達に聞いたりしても
種子からの育て方がわからないのです。

トリカブト自体を育てるのは始めてなので
詳しい育て方が知りたいと思っています。

トリカブトの育て方に詳しい方がおりましたら
よろしくご回答お願い致します。

Aベストアンサー

育てたことはありませんが手元にある「山野草の育て方&楽しみ方事典」によれば、
・種まきは2月から3月初旬、半日陰で
・用土は赤玉土4に軽石4、腐葉土2を混ぜる
・鉢は中鉢の4-6号
・水やりは芽出しの頃は多めに
・水を好むので夏は腰水で育てる
・置き場所は芽出しから休眠までは木漏れ陽が当たる半日陰
・増殖は活発で3月中旬から4月中旬に塊根を分けて殖やす
・肥料は3月中旬から4月中旬に有機性の固形肥料を与える
・根は猛毒なので手袋をはめ、作業後すぐに手を洗う
・1-2年ごとに植え替える
・露地栽培するなら半日陰で、身近への植栽は避ける
・12月下旬から2月までは休眠する
・休眠期にも土が乾いていたら水は忘れずに与える

育て方はやさしいそうです。

Qローズマリーが枯れました 5年程育てていたローズマリーが、葉が灰色になり枯れたようにみえます。 鉢

ローズマリーが枯れました

5年程育てていたローズマリーが、葉が灰色になり枯れたようにみえます。
鉢植えで、マンションのベランダに置いています。
今年買ったばかりのローズマリーの苗も直射日光に当たるところに置いてたら枯れてしまいました。

今年の夏は暑買ったため、枯れたのでしょうか?
ローズマリーは暑さに弱い?

考えられる原因があれば教えてください。
水は他の植物より間隔をあけて与えています。

よろしくお願いします

Aベストアンサー

ローズマリーは日なたが好きということですが、半日蔭でも良いです
それより風通しの良い所が好きみたいです
枯れたようになっていても根がしっかりしていたらまた生えてくるかもしれません
汚い葉を取り除いて切り戻して、半日蔭の風通しの良い場所に置いてみてください
或いはまだ綺麗な枝を一枝挿し木されておくのも良いかと(数日花瓶に挿してから日陰管理)

Qプレゼントで頂いた観葉植物が枯れてしまいそうです。頂いたものなので名前と育て方が分からず葉が落ち始め

プレゼントで頂いた観葉植物が枯れてしまいそうです。頂いたものなので名前と育て方が分からず葉が落ち始めています。この植物の育て方と名前をご存知の方、助言ください。

Aベストアンサー

サンスベリアの仲間だと思います。結論から言うと枯れる心配はないと思います。

枯れ落ちた葉は葉っぱの新陳代謝で落ちただけで、言うならば葉の寿命を全うしただけです。観葉植物は大きく成長するために古い葉を落として新しい葉を生やします。最近暖かくなってきたので、新しい葉を生やすために古い葉を落とし始めたのだと思いますよ。
写真に写ってる他の葉は元気に見えますので、木の本体はまだまだ元気だと思われます。

育て方ですが、原産地が乾燥地帯なので乾燥に強い種です。寒い時期は水を全くやらなくても良いくらいです。これからの時期は、土の表面が乾いたらたっぷりと水をやり、土が乾くまでは何日も放置でOKです。枯らしてしまう最も多いパターンは水のやり過ぎによる根腐れですので、毎日水をやる必要は全然ありません。窓際に置かれてるようですので日当たりは十分だと思います。

サンスベリアの育て方:
http://sodatekata.net/flowers/page/150.html

Qウンベラータの葉について☆ 病気?葉ダニ??斑点上の枯れ…???

ウンベラータの葉について☆ 病気?葉ダニ??斑点上の枯れ…???

もらってきたばかりのウンベラータの葉に斑点状の何かが出来始めて、その部分は枯れているような感じです・・。

葉ダニ!?かとも思ったのですが、全ての葉の裏を見てもダニは1匹も見当たりませんでした。(葉ダニは夜行性なのですか? 普段は土の中に隠れているのでしょうか…(>_<))

葉水は、2日に一回くらい、水道水で与えています。
霧吹きに入れたままにしておいた水なので、古かったのがいけないのでしょうか!?
虫なのか病気なのかが判断できません・・・。

原因と対策を教えて下さい!
どうぞよろしくお願いいたします・・!

Aベストアンサー

斑点性の病気でしょう。おそらく貰ってきた時点で付いて来たものと思われます。
http://www.sc-engei.co.jp/navi/byoki21.html
このなかでどの病気かを判断するのは難しいのですが、広範囲に効くダコニール1000あたりを葉の表裏や茎に万遍なく散布すると良いでしょう。
http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00138.html (水で1000倍に希釈)。
1週間おきに3回ぐらい散布します。また予防の為に、健康な葉茎にも散布しておきましょう。散布は霧吹きか噴霧器を使います。展着剤も薬液1Lにつき、数滴混入させてよくかき混ぜます。
http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00214.html
これ1株だけでしたら、薬液は300mLぐらいあれば十分足りますから、それに準じた希釈をして下さい。水1Lで薬剤1mL、水300mLで薬剤0.3mLの割合です。展着剤は少しアバウトでも構いません。葉の表裏や茎や表土に入念に散布します。
その他にお勧めする薬剤とすれば、ベンレート水和剤あたりでしょうか。粉末ですから上記mLはg(グラム)に置き換えてください。1mL=1gです。水1Lで0.5gが2000倍希釈です。展着剤も同様に混入します。
http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00152.html(水で2000倍に希釈)。
これら二つの薬剤は散布後も薬液による葉の汚れもほとんど目立ちません。

しかし治療効果とはいっても斑点部分が青葉に変わるわけでもなし、効果があるのは予防と発生ごく初期だけです。発生ごく初期も、目を皿のようにして見て発見できるぐらいのもので、蔓延するともうダメだという事です。ほとんどの殺菌剤や病気についてこの事が言えますから、薬剤散布も予防散布が一番大事であると心得ましょう。
新たに貰ったり購入したものも、ただちに予防散布しておく事が望ましいです。どのような病気が付いて来るかわかりません。

しばらく薬剤散布期間が終るまでは葉水は控えましょう。葉水で病気が広がる事もあります。
斑点部分はもう回復しませんから、さしつかえなければ病葉は除去した方がよろしいです。
鉢土を過湿にしないようにしましょう、病気を併発させる場合があります。一応鉢土の表面が乾いたらしっかり水遣りしますが、今度は鉢土を早く乾かすようにします。そのためには明るい所や風通しの良い所に置きます。また床面直置きするよりもレンガみたいなものを左右に並べ、その上に鉢を置くと下からの通気性が良くなります。
また窒素肥料ばかり多く与えるのも避けます。N:P:K(窒素:リン酸:カリ)が等量か10:8:8ぐらいの緩効性化成肥料を与えます。
http://www.hyponex.co.jp/catalog/05/index.html#c
http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00508.html
他にはIB化成肥料。以上参考まで。

ハダニは温室内でなければ、発生時期としては少し早いです。大体7月~9月の暑い盛りに発生が多く見られます。ホコリダニも同様です。
ハダニの被害を受けると、葉が白っぽいカスリ状になります。また葉裏も汚くなります。病気の新たな発生が見られなければ、また葉水を再開しましょう、葉の表裏や茎に与えます。ハダニ類の発生の予防になります。特に夏場は1日1回は与えましょう。
http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00387.html
もしハダニ類の発生が見られれば、この薬剤がお勧めです。主成分がデンプンで安全性が高く、高温期における薬害も出にくいものです。また害虫の気門を塞いで窒息死させますから、害虫の薬剤耐性にも強いです。100倍に希釈して、1週間おきに3回ぐらい散布します。なお粘質なので、計量にはストロー付きの目盛りの付いた注射器のようなものを使います。200円ぐらいで園芸コーナーにあると思います。

>霧吹きに入れたままにしておいた水なので、古かったのがいけないのでしょうか!? 。
水が濁っていたり、腐っていなければ構いません。

補足。
ハダニは極小で肉眼では見難いと思います。赤っぽいダニのようなものを見つければ、それはハダニではなくタカラダニです。
http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00387.html
風に乗って飛ばされて来る場合もあるでしょうね。越冬するものもいます。最初は少量でも世代交代が恐ろしく早いので、短期間で増殖します。また退治しても葉に被害跡は残ります。
画像からはハダニの被害には見えませんが、夏場は注意しましょう。

斑点性の病気でしょう。おそらく貰ってきた時点で付いて来たものと思われます。
http://www.sc-engei.co.jp/navi/byoki21.html
このなかでどの病気かを判断するのは難しいのですが、広範囲に効くダコニール1000あたりを葉の表裏や茎に万遍なく散布すると良いでしょう。
http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00138.html (水で1000倍に希釈)。
1週間おきに3回ぐらい散布します。また予防の為に、健康な葉茎にも散布しておきましょう。散布は霧吹きか噴霧器を使います。展着剤も薬液1Lにつき、数滴混入させてよくか...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング