法律と日常生活がかかわっている例として皆さんはどのようなことが思いつきますか。なかなか思いつかないので質問しました。よろしくお願いします。

A 回答 (4件)

一番簡単なのは物を買う行為です。

売買契約ですから。
日常生活のほとんどには法律が関わっています。そのほとんどは民法です。
また犯罪を犯せば刑法です。
結局人間は一人で生活をしているわけではないので、どうしても他の人との対立が生じます。それを規律・調整するのが法律というわけです。
    • good
    • 3

私達の生活は総て法律にかかわっています。

只日常平穏に過ごしていると気づかないとでもいえます。

法律の数は個々にはものすごく多いです。貴方がどのような立ち場の方か分かりませんが、先ずは憲法です。これによって貴方が日本国籍を持っていることを証明
される第一歩です。

馴染み深いのは道路交通法、学校の場合教育基本法、給料を貰えば所得税法
お酒を飲めば酒税法、住んで居る家には固定資産税などの地方税法、物の

売買には商法、煙草、電気,ガソリン等には個別に税法が有ります。
改めて考えると法律にかかわらない生活はありません。
    • good
    • 3

 法律と日常というのは常に関わり合っています。



 道路交通法は、もっとも日常生活に馴染んだ法律でしょう。交通標識だって法律によって制定されたからこそ、そこにあるんです。

 また、一般に「社会人としての常識」と言われるものは、言った本人の思いこみは別として(笑)、刑法や民法で制定された規則であることも多いのです。
 人を殺してはいけない、とか、人の物を取ってはいけない、というようなことは、常識以前の良識の問題ですが、これだってちゃんと規則として制定されているわけです。
    • good
    • 0

古い話で恐縮ですが、消費税が導入されたときに、「法律(政治)って生活を変えるんだな」と思いました。


100円のものが100円で買えないことと、財布の中に1円玉が大量に蓄積されたのが印象に残りました。消費税導入以前は実質的に通貨単位は10円でした。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(障害者総合支援法)の溶け込み版を探してます

タイトルの通りですが、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(障害者総合支援法)の全文を紙ベースで一冊にして持ちたいです。法律の一部改正などで、追加になったものを別でプリントアウトするのではなく、追加分も含めた、いわゆる溶け込み版を探しています。
自分なりに探しましたが見つけられませんでした。
どなたか見つけられる方がいらっしゃればお願いしたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

法令データ提供システムが便利です。
http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxsearch.cgi

日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H17/H17HO123.html

Q皆さんは法律ってどのようなものと考えていますか?

皆さんは法律ってどのようなものと考えていますか?

Aベストアンサー

知らないと損する事になるもの。

法律は使わない人の味方にはなりません。使う為には、その法律をきちんと知る事が必要です。
民事裁判の原告と被告を経験して、実感した事です。

警察の怠慢による被害を経験した事もこの考えに至るきっかけとして大きいかも。
あの時、自分で法律を知っていたら警察のいい加減さを指摘して被害を被る事も無かったのに…

Q日常生活で必要な法律知識を得る為には、どうすれば?

法律関係に詳しい方々にお尋ねします。
日常生活で必要な法律知識を得る為には、どのような勉強をすればよいのでしょうか?

最近、法律に関する知識が必要とされる場面に遭遇する事が多くなってきました。
賃貸契約、雇用契約、交通事故等、その他諸々の契約や、些細なトラブルが起きた際などに
弁護士さんに相談するほどの事ではない(少額の為、費用の方が高くつく)が
相手の提示する条件が、妥当などか妥当でないのか、判断できずに困る事が多々あります。


こちらに法律の知識がない為、不当・不利な契約を結ばされているような気もしますが
果たしてそれが、不利なのか、世間一般的にそういうものなのかどうかが分かりません。
売買契約等で些細なトラブルがあった際も、法に則って交渉ができない為、歯がゆい思いをします。

そこで、気合いを入れて法律の勉強をしたいと思っています。
とは言え、一般会社員ですので弁護士になりたいわけではなく、日常生活で困らない程度の知識が身に付けば構わないのです。
司法書士や行政書士の勉強をする事も考えましたが、司法書士の場合は「登記」、行政書士の場合は「官公庁への届出」が専門分野ときき、自分の求めている物と異なるような気がしました。
それとも、司法書士・行政書士の勉強をすれば自然と日常生活レベルの知識は付く物なのでしょうか。
そうであれば、時間・金銭的にも比較的余裕がある為、資格取得に向けて勉強をしたいと思っています。

また、生活に困らない知識が付くのであれば、資格を得なくても構いません。

法律を生業とされている方からアドバイスを頂けましたら幸いです。
宜しくお願い致します。

法律関係に詳しい方々にお尋ねします。
日常生活で必要な法律知識を得る為には、どのような勉強をすればよいのでしょうか?

最近、法律に関する知識が必要とされる場面に遭遇する事が多くなってきました。
賃貸契約、雇用契約、交通事故等、その他諸々の契約や、些細なトラブルが起きた際などに
弁護士さんに相談するほどの事ではない(少額の為、費用の方が高くつく)が
相手の提示する条件が、妥当などか妥当でないのか、判断できずに困る事が多々あります。


こちらに法律の知識がない為、不当・不利な契約を...続きを読む

Aベストアンサー

日常生活に困らない法律知識って、難しいですね。

法律の学習は、ああすればこうなる式に知識のみ詰め込むもののようなイメージがあるかも知れません(かつての私がそうだったので)。しかし、実際は、条文の背後に膨大な理論が構築されていて、それらの理論への理解が不可欠です。

それらの理論を学習するには年単位の時間がかかります。

基本の6つの法律を学習されれば、とりあえずかなりの法律問題への対処力がつくと思います。
しかし、まず勉強すべきは憲法、民法、刑法の3つの法律です。

各法律ともに基本の解説書(受験勉強の世界では基本書と呼ばれます)のページ数は軽く1,000ページを超えます。特に民法は2,000ページを超えると思います。それらは、厳密な定義を持つ多くの専門用語と、複雑な理論構成で書かれています。また、条文や判例集を参照しながら読み進めることになります。一読してマスターできるようなものではなく、何度も反復して学習し、なんとなくわかってくるようなものです。

日常生活に困らない法律知識・・・ということなので、それならば「how to」ものでいいのかもしれません。しかし、やはりそこには理論がないので、法律の学習とは言わないと思うのです。

もし、本気で学習されるのであれば、まずは民法からされることをお勧めします。
民法は法律の中の法律です。

特にお勧めの本は内田貴「民法I」です。他には大村敦志「基本 民法I」でもよいです。初学者の理解に配慮して書かれており、しかも内容的なボリュームも十分です。それらの本と、コンパクト六法などの小型六法、それと判例集を買ってとりあえず読んでみて、それで学問的興味がわいてくるなら、ぜひ継続して学習されるとよいと思います。

法律書は高価なので、そこでまずくじけてしまいそうですが、金銭的にも余裕がおありとのこと。ぜひがんばってください。

日常生活に困らない法律知識って、難しいですね。

法律の学習は、ああすればこうなる式に知識のみ詰め込むもののようなイメージがあるかも知れません(かつての私がそうだったので)。しかし、実際は、条文の背後に膨大な理論が構築されていて、それらの理論への理解が不可欠です。

それらの理論を学習するには年単位の時間がかかります。

基本の6つの法律を学習されれば、とりあえずかなりの法律問題への対処力がつくと思います。
しかし、まず勉強すべきは憲法、民法、刑法の3つの法律です。

各法律ともに基...続きを読む

Q罰則規定のない法律の例を教えて~

テレビのクイズ番組で
「夫婦は同居しなければならないという法律があるが
罰則規定はない」
と解説していました。

他にも罰則規定のない法律として次の様な例がありましたが、
その他にも「へ~」と思える様な例があれば教えて下さい。

・利息制限法では元本100万円以上に対して年利15%を超える
金利を取ることを禁止しているが罰則はない。

・NHKの受信料支払いは放送法に規定しているが罰則はない。

・売春防止法3条に「何人も、売春をし、又はその相手方となってはならない」
という規定があるが罰則規定はない。

ちなみに、罰則規定のない法律に違反すると
「刑事処罰はされないが、民事訴訟では敗訴の理由になる」
そういうものだと解釈しています。

Aベストアンサー

未成年の飲酒喫煙もそうですよ。


ただ飲酒の場合は提供した側が罰せられますけど。

Q日常生活でのトラブルに対処できる法律知識のレベルについて

日常生活で最近小さなトラブルが頻繁に起きています。
学生のときに法律の勉強しておけば良かったなぁと思うのですが、後悔しても仕方がないので勉強しなおそうと思います。

でもどうせなら目標を持ってやりたいと思うのですが、日常生活の些細なトラブルに対応できるのはどの程度のレベルがあれば足りるでしょうか。
司法書士が有名なので、この勉強をしようかと思っていますが、全くベクトルが違うものでしょうか。

法律検定というものもあるらしいのですが、これで十分ですか?

Aベストアンサー

どこまでを「日常生活の小さなトラブル」と考えるかは、人によって異なりますが、少なくとも『民法』の概要を知っているかどうかは大切だと思います。
そこで民法を試験科目に含む資格で思いつくのは『行政書士』と、ご質問の最後にも出てくる『法学検定』ですね。
法学検定であれば、3級でよいと思います[2級は専門性が高くなる]

司法書士の試験科目は↓に有りますように、専門性の高い分野です。
http://www.lec-jp.com/shoshi/understand/examination/examinationl07.shtml
持っていれば大変役立ちますが、ご質問の趣旨からは外れてしまうと思います。
勿論、この資格を目指されることは素晴らしいことです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報