秋雨前線の去ったとの9月の中旬頃になるとなぜか屋根瓦、木々葉の反射の光が違うのはどうしてでしょうか。春、夏、冬と比べて反射している部分の色が飽和して白くなって光が鋭い筋状(球体なら星状と表現するとよいのでしょうか?)になって見える。当地方は中山間地と言われる所ですが。

A 回答 (1件)

専門的に説明することは出来ませんが、写真をかじっている関係で光の変化については注意しています。

夏期に写真を撮る場合、早朝か夕方が良い写真が撮れます。これは日中の光量と光の角度の関係です。

秋は太陽が南に傾き、自然に斜めの光線のラインティングが得られるため、夏期のように時間帯をあまり気にせず立体感のある写真が撮れます。光をうまくとらえのは難しいのですが秋の光は風景にメリハリを与えてくれるので構図さえよければいい写真が撮れます。

あなたが感じ取った光こそ柔らかいベージュがかった斜めに射しかける秋の日なのです。夏から秋への変化は気温だけでなく光の変化でもあるわけです。秋の日には服装のカラーコディネートもやりやすくなるといわれます。モデルたちが室内から秋の野原へと出かけるのも気温が下がったからではなく、この秋の光を求めてのことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

拝啓 早速の返事ありがとうございます。早速写真撮影の参考にさせていただきます。敬具

お礼日時:2001/09/29 21:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q雲の太陽光反射率

以前に、雲が反射する太陽光は常に3.3%(違うかもしれません)だというような話を聞いたことがあります。
3.2%になると地球は砂漠化し、3.4%になると氷河期になるというような内容でした。
真偽の程や、詳しくご存知の方はいらっしゃいませんでしょうか?

Aベストアンサー

雲の反射率に限らず、地球の気候を決定するパラメータはさまざまなものがあります。例えば、反射率なら雲だけじゃなく海洋や陸地、さらには大気中のゴミ(エアロゾル)による反射も重要です。ですから、科学者はこれらのパラメータを適当に(いろいろなデータ、例えば衛星観測などに基づいて)設定してやり、コンピュータでシミュレーションをして気候変動を予測しています。ゆえに、3.3%というような具体的な数字は、いろいろなパラメータをある値に仮定したときに出てくる値であって、ほんとうかどうかは誰にもわかり得ません。また、雲の反射率が変わることにより、他のパラメータにも影響を及ぼしていくことも当然ありえます。
長くなりましたが、結論としては
「具体的な数字は、あるモデルを仮定した場合に対してのみ有効であり、あくまでも仮説である。」ということです。
実際、人類の活動により発生した二酸化炭素が本当に温暖化に影響を与えているかでさえ、確実にYESだとは言いきれないのです。

Q太陽の光を反射する惑星

惑星の中で、太陽の光を最も反射するのは天王星で、逆に水星は最も光を吸収しやすいのだと知りました。なぜですか?

Aベストアンサー

惑星が、入射光を反射する割合をアルベド(反射能)といいます。
http://kobam.hp.infoseek.co.jp/meteor/albedo.html

水星には大気が殆どないので岩石が直接光を受けるのに対し、
天王星などは大気中の雲や地表の氷が光を反射するので、
アルベドが高くなります。
(昼間に雪原などに立つと、まぶしくて雪目になったりするのも、
 雪の反射率が高いからです)


ところで、私の記憶違いかと思って調べ直してみたのですが、確かに
天王星もアルベドは大きいものの、金星の方がさらに上のようです:

天王星:アルベド=0.51
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E7%8E%8B%E6%98%9F
金星:アルベド=0.65
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E6%98%9F
(それぞれページ右側のデータ一覧の、物理的性質のところを参照)

Q金星について 月は公転で太陽の光を反射させる位置を毎日変えるため満ち欠けしているように見えてその一部

金星について

月は公転で太陽の光を反射させる位置を毎日変えるため満ち欠けしているように見えてその一部を三日月と言いますが金星が三日月のような形になったとき、それをなんという名前で呼ぶのですか?名前はあるんですか?
教えてください!

Aベストアンサー

金星や水星の満ち欠けについては名称は無いですね。
天球上の動きに対して順行逆行が入れ替わる留や内合・外合、東方最大離角、西方最大離角がありますが、
満ち欠けは望遠鏡が発明された後で判った事なので古来の名称はないですね。

Qぜ、雲間の光は放射状に地上を照らすのか?

なぜ、雲間の光は放射状に地上を照らすのか?
ここ一年ばかり、こういう疑問の答えを探しています。


そもそも、太陽は地球の何倍も大きい。
しかも、かなり遠くにある。
だとすれば、太陽光は地上に直線で降り注いでしかるべし。
し、しかし、あくまでも見かけの太陽と雲間との関係で放射状に地上を照らしている。

1、大気のレンズ効果で太陽の位置は見かけ上の位置にある。
2、いやいや、全ての太陽光は直線に降り注いでいるので単なる遠近法的錯覚。
3、そうではなくて、地上が円形であるのが原因。円を平らにすれば平行光線も放射上に。
4、大きくて遠い光源は近くて小さい光源に似たり。

と、色々と考えますがサッパリです。
1の大気のレンズ効果が実在すれば、学校で習っているはず。
2の遠近法的錯覚と言うには、余りにも放射状に見えすぎる。
3の説は、そこそこの太陽の角度の説明にはなるが放射状に見える説明ではない。
すると、消去法的に4ということになるが。
さて、4自体は、何を意味しているのか?
思いついた本人自身が判っていなし。

どなたか、説明願えれば幸いです。

なぜ、雲間の光は放射状に地上を照らすのか?
ここ一年ばかり、こういう疑問の答えを探しています。


そもそも、太陽は地球の何倍も大きい。
しかも、かなり遠くにある。
だとすれば、太陽光は地上に直線で降り注いでしかるべし。
し、しかし、あくまでも見かけの太陽と雲間との関係で放射状に地上を照らしている。

1、大気のレンズ効果で太陽の位置は見かけ上の位置にある。
2、いやいや、全ての太陽光は直線に降り注いでいるので単なる遠近法的錯覚。
3、そうではなくて、地上が円形であるのが...続きを読む

Aベストアンサー

なんか実験できそうですね。
暗い部屋でライトを太陽に見立てて、少し距離を取ったところにピンホールを開けた板を置いて、そのピンホール抜ける明かりがどうなるのか。

私の想像では、ピンホールカメラのような原理で放射状に見えてるんではないかと思います。
完全な点光源なら直線になるでしょうが、地上からみても太陽は大きさを持った光源になっています。
面光源ですからピンホールカメラの原理のようになり、放射状に見えるのでは。

Q寒冷前線、接近中は気圧↓、通過後は気圧↑。なぜ?

寒冷前線が接近中は気圧が下がっていき、通過後気圧が上がるのはなぜですか?

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q149233019

上記のような解答をみつけましたが、いまいちピンときません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 まず、水に潜った際の事を考えて見ましょう。
 水深が深くなればなるほど、水圧は高くなって行きます。
 これは、潜った場所よりも上に存在している水の重さが、圧力として加わってくるためです。
 例えば、縦1cm、横1cm、深さ10mの細長い水槽に水を満たした場合、その水槽の中の水の体積は1000cm3になります。
 水は1cm3あたり約1gの重量がありますから、水槽の中の水の重量は1kgという事になります。
 その重さが水槽の底の1cm2の面積に加わるのですから、水槽の底に加わる水圧は1kg/cm2という事になります。
 次に、縦2cm、横2cm、深さ10mの細長い水槽に、同様に水を満たした場合、中の水の重さは4倍の4kgになりますが、底面積も4倍の4cm2なのですから、水圧は

4kg÷4cm2=1kg/cm2

となり、結局、太さが変わっても、水圧は変わらない事になります。
 次に、縦1cm、横1cm、深さ20mの細長い水槽に水を満たした場合、中の水の重さは2倍の2kgになり、底面積は1cm2なのですから、水圧は

2kg÷1cm2=2kg/cm2

となり、水深に応じて水圧が変わる事が判ります。
 次に、縦1cm、横1cm、深さ10mの細長い水槽に、水ではなく灯油を満たした場合、その水槽の中の灯油の体積は1000cm3になります。
 灯油は1cm3あたり約0.8gの重量がありますから、水槽の中の灯油の重量は約0.8kgという事になります。
 その重さが水槽の底の1cm2の面積に加わるのですから、水槽の底に加わる油圧は0.8kg/cm2という事になります。
 これらの事から、液体の圧力は(ポンプなどで加圧したりはしていない場合は)、その場所の上に存在している、単位面積当たりの液体の重量に等しい事が判ります。

 気圧の場合もこれと同様に考えれば良く、ある場所における気圧が例えば1kg/cm2(≒980hPa)であった場合には、その場所における1cm2の面積の上空に存在している空気の総重量は1kgであるという事です。
 空気は圧力が低い程単位体積当たりの質量は軽くなり、温度が高い程単位体積当たりの質量は軽くなります。
 つまり、上空から地面までの間が温かい空気で満たされている場合には気圧は低くなり、上空から地面までの間が冷たい空気で満たされている場合には気圧は高くなります。
 寒冷前線は、地上付近に温かい空気がある処へ、冷たい空気が流れ込んで来る事によって生じます。
 温かい空気は冷たい空気よりも単位体積当たりの質量が軽いため、冷たい空気が流れ込んで来た場所にあった温かい空気は上空に押し上げられます。
 高度が高くなる程気圧は低くなりますので、押し上げられた空気は膨張します。
 気体は(外部との間に熱の出入りが無い状態で)膨張すると温度が下がる性質がありますから、押し上げられた温かい空気も、地上付近にあった時よりは温度が下がりますが、元々、温度が高い空気であるためや、空気中の水蒸気が冷えて水になる際に熱を放出するために、上空の冷たい空気よりは温度が高いまま、上空にまでたどり着きます。
 この結果、寒冷前線の直上では、上空から地面までの間が、周囲よりも温度の高い空気に満たされている割合が多くなり、地面より上に存在している空気の重量が軽くなるため、気圧が低くなります。
 一方、寒冷前線が通過した後には、低空に冷たい空気の層が存在するため、地面より上に存在している空気の重量が全体としては重くなるため、気圧は高くなります。
 そのため、寒冷前線が接近中は気圧が下がって行き、通過後には気圧が上がるのです。

 尚、文章だけでは解り難いかと思いますので、下の添付画像も合わせて御覧下さい。
 画像の図の中の6ヶ所に置かれている、2本の点線で挟まれた気柱に注目して下さい。
 場所によって、温かい空気の占める割合と、冷たい空気の占める割合が、各々異なっている事が判るかと思います。

 尚、もしも、質問者様が御利用になられているサイトでは、添付画像の表示サービスが行われていない場合には、以下のURLのページを御覧下さい。

【参考URL】
 QNo.7686469 寒冷前線、接近中は気圧↓、通過後は気圧↑。なぜ?
  http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7686469.html

 まず、水に潜った際の事を考えて見ましょう。
 水深が深くなればなるほど、水圧は高くなって行きます。
 これは、潜った場所よりも上に存在している水の重さが、圧力として加わってくるためです。
 例えば、縦1cm、横1cm、深さ10mの細長い水槽に水を満たした場合、その水槽の中の水の体積は1000cm3になります。
 水は1cm3あたり約1gの重量がありますから、水槽の中の水の重量は1kgという事になります。
 その重さが水槽の底の1cm2の面積に加わるのですから、水槽の底に加わる水圧は1kg/cm2という事になりま...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報