最新閲覧日:

32才女性です。
先月中旬に口内炎ができ、さほど気にしていなかったのですが、数日して治ったあとまた、今度はたくさんの口内炎ができています。できている場所は唇で、普通のものが5つ、そのほかに小さいのが歯の良く当たるところに細かく5つぐらいあります。
口内炎で検索していたら、しばしば「ベーチェット病」という言葉が出てきて、これの初期にあたるのではないかと思い、悩んでいます。
4大主症状といわれるものは、口内炎以外は現れていないのですが、今までにこんなにたくさんの口内炎が一度に、しかも治ったらすぐできたという経験がなく、とても心配です。
30代前半に発症しやすいとのことですが、本当に気になります。家族からは、心配しすぎだと言われますが・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

少しご質問とはずれますが、私は以前口内炎がなかなか治らないと悩んだことがあります。


治ったと思ったらまた膨れてくるんですよ、これ。
もともとできやすいい体質?でしたので、いいかげん治ってほしいな、
ぐらいに思っていたのですが、いくらなんでも長いので病院に行きました。
実は口内炎ではなく、唾液腺が固まっただかなんとかで、結局切り取りました。
まあ、痛かったのは抜糸のときぐらいで、それもあまり痛くはなかったので
よかったよかったということで終わりましたが。
歯がよくあたるところにはできやすいらしいのでご参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
色々な原因を視野に入れて、様子を見ることにしました。
お力添えありがとうございました。

お礼日時:2001/10/03 22:24

remonpakira先生の詳細な回答がありますが、「ベーチェット病」に関しては以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?



http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
(口内炎)
http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
(塹壕口内炎)
http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
(歯肉口内炎)
http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
(壊疽性口内炎)
http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
(ヘルペス性口内炎)

ご参考まで。

お大事に。

参考URL:http://www.nanbyou.or.jp/tokuteisikkan/h/he1.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご親切にご回答を頂き、ありがとうございました。
参考にさせていただきます。
一人で思い込んでブルーになっていたので、心強いです。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/03 10:40

口内炎は種々の原因から発生しますし、ベ-チェット病以外でも


再発性アフタ(後述)はおこる事もありますので、あまりむやみに心配される
必要はないとは思いますが、用心をしたにこした事はありませんので
一応今後の対応について書いておきますね。

ベ-チェット病の4大主症状は「再発性アフタ、皮膚の結節性紅斑、
前房蓄膿ブドウ膜炎、外陰部潰瘍」の4つですよね。
今回は口内炎ができていてベ-チェット病がご心配との事ですが、
口内炎はいくつか種類があります。
ベ-チェット病で問題になるのはアフタ性口内炎です。
アフタ性口内炎というのは円形、または類円形の小さな白い口内炎の
事です。moonshineさんの口内炎はアフタ性口内炎でしょうか?
また、再発性アフタと、アフタの前に「再発性」とついていますよね。
これはどういうことかというとアフタ性口内炎が治癒、再発を繰り返すと
言う事です。ですが、現段階ではまだ再発性といえるほどの経過をたどっては
いないのでまだ判断をくだせる状況ではありません。
しかし、ベ-チェット病を考える上で再発性アフタは初発症状とされているので
すべての症状の中でもっとも早く出る症状です。
今後、アフタが再発を繰り返すか、他の症状が出るかどうか慎重に見極めてください。
また、4大主症状と言いますがベ-チェット病の患者さんすべてに4つの症状が
でるとは限りませんので、他に主症状が出た段階で医院を受診してください。

さて、ここまで書いてきましたがベ-チェット病の発生頻度はそれほど
高くはありませんし、moonshineさんの場合は

>そのほかに小さいのが歯の良く当たるところに

と、機械的刺激という口内炎の原因として考えられる物が存在していることも
ありますので、そんなに心配する事もないかとも思います。

それでは次に薬局で市販されている口内炎のお薬を紹介してみますね。
一番メジャ-なお薬は「ケナログ」 ですよね。しかしこのお薬は軟膏なので
口内炎に塗ってもすぐに唾液で流れてしまう欠点があります。その点「アフタッ
チ」という商品はシ-ルのような形になっていてそれを口内炎に貼る形のお薬で
そのため唾液に流されることがなく薬効が持続します。
一つ二つの口内炎ではアフタッチがお勧めなのですが、moonshineさんの
場合は数が多いようなので今回はケナログの方が良いと思います。
あとはビタミン剤ですね。ビタミンB群には粘膜の強化作用があるので口内炎の
予防に有効です。ビタミン剤は難治性、再発性の口内炎に対しては病院でも処方し
ているんですよ。
あと、薬局で購入するのが面倒という場合は歯科医院を受診されるのも
お勧めですよ。

いずれにせよ現段階では判断を下せるほどの経過をたどっていませんので、
気楽に構えて口内炎のお薬をつけながら、今後を慎重に見極めてくださいね。
では。。

この回答への補足

ご回答の文中にありましたアフタ性口内炎かどうかということですが、今回の場合アフタ性だと思われます。

補足日時:2001/10/03 22:13
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変詳しいご回答ありがとうございます。
現時点ではあまり悩まないほうが体にもよさそうですね。
以前、掌蹟膿胞症という診断を受けていまして、ここ数年は症状もほとんど身を潜めていますが、まれに今回心配していたベーチェット病の前兆となる場合があると聞き、さらに取り越し苦労していた気がします。
口内炎を治して、予防に努め、今後は様子をみたいと思います。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/10/03 10:32

moonshineさんの免疫力が落ちていると言うことではないのですか?


風邪を引いたり、カゼが長引いた場合、口内炎は起こりやすくなります。

また、口内に雑菌が多い場合でも起こりやすくなります。(原因はいろいろとあるでしょうが・・・。)
この場合、口内を清潔にすることを心がけなければなりません。でも、「歯磨きをきちんとしているから口内は清潔だ。」と言いきることはできません。
いくら、歯磨き粉を使って歯を磨いたとしても、どうしても雑菌は残ってしまうものです。そして、物を食べることにより、雑菌は予想以上に増えてしまいがちです。
そこで、歯磨きをするだけでなく、整腸剤を使って歯を磨くことも口内を清潔に保つ方法の一つであることを紹介します。

この方法は、健康雑誌の「ゆほびか」という雑誌に載っていたことです。
まず、普通には磨きをします。この時は、十分歯カスなどを取ることを心がけて、十分うがいをします。その後、整腸剤をつけた歯ブラシで、歯を磨きます。この場合、歯を磨くと言うよりは、整腸剤を歯の隙間、歯と歯ぐきの隙間に刷り込むような感じでは磨きをします。(錠剤の整腸剤は、粉末状にして使った方が使いやすいですよ。)その後はうがいをせずいます。
整腸剤での歯磨きは、寝る直前に行い、整腸剤が口の中に残ったまま寝た方が、より効果的と言われています。

これは、整腸剤に含まれる良性乳酸菌などが、雑菌を増やさないようにしたり、殺したりすることによって、口内をより清潔な状態に保つことを目的としているからです。

どうしても、口内炎が治まらないと言うのであれば、ビタミンCなどをたくさん摂取すると同時に、上記の方法も試してみてはいかがですか?
一つの参考意見として聞いていただければと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

迅速なご回答ありがとうございます。
口内の清潔も大変重要だということがよくわかりました。口内炎があると、痛くてなかなかしっかり歯磨きできていないかもしれません・・・。歯ブラシもやわらかめのものに変えましたが・・・。清潔に気をつけたいと思います。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/10/03 10:23

口内炎が一度にたくさん出来る原因として


 1 風邪
 2 疲労
 3 口内の雑菌繁殖
 4 胃腸の弱り
等があげられると思いますが、思い当たる点はありませんか?

私もよく口内炎に悩まされているのですが、
 1 ビタミンBを摂取する(特に口内炎のできはじめによく効きます)
 2 睡眠をとる
 3 うがい
 4 はみがき
で、対応しています。

また、歯医者さんに行くと、飲み薬やはり薬(アフタシールという名前で市販されています)、塗り薬(アフタゾロンっていうのを私は使っているんだけど、ステロイドが入っているので大量につかわないようにしています)をくれますよ。飲み薬は歯医者さんも「よく効くよ」と言っているので、早く治したい方にはおすすめかも。

口内炎は気にすると余計に増えます。気にしないほうが早くに治りますよ。お大事に。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ご回答下さいましてありがとうございました。ビタミンBですね。気をつけたいと思います。
気にする・・・というのも当てはまっています。
大変参考になりました。どうもありがとうございます。

お礼日時:2001/10/03 10:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報