人間が鉛中毒になると言うのを良く聞くのですが,そのメカニズムがいまいちよく分かりません.以前,「タンパク質と重金属が結合して」と言うのを聞いたのですが,それ以上のことが解りません.是非教えて下さい.出来れば,文献なども有りましたらよろしくお願いします.

A 回答 (1件)

とりあえず、覚えている範囲内での回答です;


鉛はまず、胃液(胃酸)によって溶かされて、体内に吸収されます。そして、そのときに2価のマイナスイオンの状態となっています。この鉛イオンはタンパク質或いはアミノ酸のSH基と結合するのですが、鉛蛋白は通常は吸収されずに排出されてしまうのです。
ところが、慢性的に摂取を続けた場合や、高濃度の鉛を一時に摂取すると、鉛蛋白状態ではなく、鉛イオン状態で体内に散らばります。
すると消化器官だけでなく、全身の細胞に分布する蛋白のSH基と結合し、その機能を停止させたりすることとなり、これが、鉛毒性として知られるものなのです。
影響を受けるのは全身なのですが、特に、カルシウムの均衡を乱すことから神経伝達系や細胞内情報伝達系といったカルシウム依存型の伝達系に強い影響を与え、また、消化酵素の不活性化、免疫システムの異常、造血障害などの多くの被害をもたらします。
文献については、調べなおして見ましょう。
以上Kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました.詳しいことが解りました.本当にありがとうございました.

お礼日時:-0001/11/30 00:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報