すべての橋というわけではないのですが、橋の両サイドに鉄骨のアーチのようなものがかかっていますよね。あれは何のためにかかっているのですか?ない橋もあるので気になります。建築構造上の補強なのでしょうか?全くの素人で恐縮なのですが、、、御教授お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

あれはアーチ橋といって、橋の構造形式の一つです。


しくみは、橋桁の上に架かっているアーチ状の構造材を両端から押さえつけるように固定し、アーチにぶら下がっている橋桁の荷重に耐える、というものです。

→ ⌒ ←
 ↓↓
▲つまりこういう応力がかかる

橋の構造には他にも斜張橋、トラス橋、吊橋などがあり、それぞれ橋桁の重みを支える方法が違います。
これは橋脚を立てられる間隔や橋全体の長さ、支えなければならない荷重(交通量)など、様々な要因によって最適な構造を使い分けているのです。

参考URL:http://www.osaka-kyoiku.ac.jp/~masako/exp/melde/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

sesameさん、御回答ありがとうございます☆
なんと分かりやすい!
教えていただいたURLも大変参考になりました。実にいろいろな形があり、目的に応じてそれぞれ架けられているのですね。
ありがとうございました(^0^)

お礼日時:2001/10/06 12:21

ご質問の意味がよく分らないのですが、、、例えば両サイドとは対岸の意味か、橋の幅の両側かなど等?、、とりあえず・・・



アーチと言うものは石やコンクリート、それ自体で上の重力を支えるタイプと、
アーチの上部の鉄骨から鉄骨などで橋の床面を吊りさげて支持する方法などがあります。

下のURLをご覧になってください!
http://www.rakuen.go.jp/report/contents.html
http://www.kumagaigumi.co.jp/overview/doboku/bri …

これが一番分りやすいかもしれません。。。
http://www.jsce.or.jp/what/hakase/bridge/02/inde …

*私は建築関係で素人ですが、上のURLで補足質問を書いておけば、私以外の方も回答が期待できます。

参考URL:http://www.jsce.or.jp/what/hakase/bridge/02/inde …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Eivisさん、御回答ありがとうございました。
教えていただいたURLは分かりやすいうえに興味深く大変参考になりました。
私が思い描いていた橋はアーチ橋でした。拙文でごめんなさい。
ありがとうございました(^-^)

お礼日時:2001/10/08 14:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q両更クラフト紙の「両更」って?

クラフト紙には、「両更クラフト紙」、「両更晒クラフト紙」、「片艶晒クラフト紙」などがありますが、「両更」とはどういう意味でしょうか。「片艶」は、片面が光沢があるということでしょうから、「両更」は、両面とも光沢がない、あるいは「ざらざら」しているという意味でしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

そうですね。事務用封筒とか米袋とかが両更です。

http://www.sk7.co.jp/innsatuyousi3.htm

Qアーチダム

標記の件に関して、2点疑問があります。

黒四ダムがいい例かと思いますが、アーチダムは、鉛直断面的に見ると、なぜ上部ほど下流へせり出している=オーバーハングしているのですか?

感覚的には、下層部ほど水圧が大きくなるので、オーバーハングさせれば下層部の水量が少なくなり、上層との水圧の差異が軽減し堤体が安定するからなのかな、なんて考えられるのですが、どうなんでしょうか。

もう一点、たとえば同じ話を「水」ではなく「土」に適用して、もし仮に土をアーチダムのような形状の擁壁で抑えようとした場合は、いくらなんでもオーバーハングは(これまた感覚的に)ありえないと思うのです。

圧力を抑える機構を考えるとき、土と水で、なにか根本的な原理の違いみたいなことはあるのでしょうか?

または、それは単なる施工の順序?つまり、「水」の場合は堤体が完成してから水を貯え始め、「土」の場合はあらかじめそこに土の塊があるところに擁壁を築いていく、というプロセスの違いの問題なのでしょうか?

言い換えれば、土の場合でも、まず最初に谷間にアーチダムをつくって、その中に土を充填させていくとするならば、水の場合と変わらず、オーバーハングさせるほうが有利なのでしょうか?

どなたかご教授いただければ幸いです。

標記の件に関して、2点疑問があります。

黒四ダムがいい例かと思いますが、アーチダムは、鉛直断面的に見ると、なぜ上部ほど下流へせり出している=オーバーハングしているのですか?

感覚的には、下層部ほど水圧が大きくなるので、オーバーハングさせれば下層部の水量が少なくなり、上層との水圧の差異が軽減し堤体が安定するからなのかな、なんて考えられるのですが、どうなんでしょうか。

もう一点、たとえば同じ話を「水」ではなく「土」に適用して、もし仮に土をアーチダムのような形状の擁壁で抑...続きを読む

Aベストアンサー

アーチダムは必ずオーバーハングしているわけではなく、重力アーチ式といってオーバーハングしていないのもあります。
ただし、重力アーチ式は、オーバーハングしている(ドーム型、放物線型)ものに比べ、
堤体がブ厚くなります。

以下、厳密な説明ではないし、実際に設計したことがあるかたからの突っ込み覚悟のうえの概念的な説明になるけれど...
アーチは、水のある側からの荷重には強いけれど水の無い側ならの荷重に弱いことはいいですよね?
ダムに水がたまっていれば荷重に強い方向だから問題なし。
でも、ダムが空の場合で地震が起きたときは、水の無い側から荷重がかかり壊れやすくなります。
アーチをオーバーハングさせると、コンクリートの重量が上からかかるため、
水のある側からの荷重が常にかかっているのと同じ効果があり、
壊れにくくなるので、その分、コンクリートを薄くできます。

>圧力を抑える機構を考えるとき、土と水で、なにか根本的な原理の違いみたいなことはあるのでしょうか?
力学的な原理の違いは何もありません。
いや、1つあった。
土:擁壁の裏の土が除去されることはほとんど無い。
水:渇水時にはダムの水位は下がり空になる。

>土をアーチの形状の擁壁で抑える
アーチの場合、アーチの左右端で支えることになります。
したがって、支える場所が強固であることがアーチを作るための条件となります。
で、擁壁は、高さ数メートルで長さ数十~数百メートルなので
それだけの荷重を左右端に集中させて支えるのはかえって損です。
※アーチダムの場合、ガチガチに強固な岩盤、かつ、谷の形状がほぼ左右対称の場所にを選んで建設します。
擁壁の場合、岩盤どころか土の上にも作るから、こういう場合、アーチで作ることは不可能です。

>土の場合でも、まず最初に谷間にアーチダムをつくって、その中に土を充填させていく
谷に土を盛る場合、斜面にすれば擁壁やアーチは必要ありません。
ここばかりは、水と土で違うところですが、
・土と水で、なにか根本的な原理の違い
まではいかないです。
土の場合、斜面の角度が20~30度以下なら崩れないが、水はゼロ度以外は崩れる。
という、角度の違いにすぎないため、原理の違いでなくパラメータの違いです。

アーチダムは必ずオーバーハングしているわけではなく、重力アーチ式といってオーバーハングしていないのもあります。
ただし、重力アーチ式は、オーバーハングしている(ドーム型、放物線型)ものに比べ、
堤体がブ厚くなります。

以下、厳密な説明ではないし、実際に設計したことがあるかたからの突っ込み覚悟のうえの概念的な説明になるけれど...
アーチは、水のある側からの荷重には強いけれど水の無い側ならの荷重に弱いことはいいですよね?
ダムに水がたまっていれば荷重に強い方向だから問題なし。...続きを読む

Qトンネルは、なぜアーチ型なの?

小学6年生の娘に「トンネルは、どうしてアーチ型をしているの?」と、質問されたのですが、うまく説明できません。四角よりアーチ型のほうが、上方からの力を分散できることは、厚紙などで実験出来ますが、もう少し詳しく小学生にもわかる、力学の説明がしたいです。どう話したらよいでしょうか?

Aベストアンサー

この問題はどんな材料で作るかがポイントです。現在最も安く作れる材料は鉄筋コンクリートです。
コンクリートも圧縮には強いと言う性質を持っています。(引張りには弱いので鉄筋を入れます)
トンネルの天井をアーチ構造にすることで壁や天井を構成しているコンクリートは圧縮力が働いて耐える構造になっています。

アーチ型の石橋をご存知でしょうか(錦帯橋のような形です)これでイメージ的にはわかるかもしれません。

アーチ橋は角石をトンネルの天井のように丸く積み上げて橋脚を作る方式です。
石はつぶす力に対して強いので、アーチを構成している石同士が突っ張りあって支える力になります。もともとトンネルの内側もアーチ橋と同じ石積みでスタートしました。

四角い断面をコンクリートで作ると天井を構成しているコンクリートには折れ曲げる力が働いてしまい、天井のコンクリートは真ん中から割れてしまいます。
これを防ぐには真ん中に柱を立てて天井を支える構造が必要になります。

厚紙は引っ張り方向に強い材料なので厚紙による実験ではわかりにくいのですが、四角い断面を持つ形状に上から力をかけると角の部分に力が集中して角の部分から壊れます。圧縮に強い発泡スチロールで角パイプと丸パイプを作って実験してみるとイメージがつかめると思います。(作るのが大変であれば割り箸のように切ってから接着剤でアーチ型にくっつけたものと、角型にしたものとで比較してみるとわかると思います。


内部に確保できる空間は四角のほうが少ない掘削量でできますが、強度を保つためのコンクリートは多くなります。

参考URL:http://web.pref.hyogo.jp/nishiharima/kendonew/work/bridge/history/history.htm

この問題はどんな材料で作るかがポイントです。現在最も安く作れる材料は鉄筋コンクリートです。
コンクリートも圧縮には強いと言う性質を持っています。(引張りには弱いので鉄筋を入れます)
トンネルの天井をアーチ構造にすることで壁や天井を構成しているコンクリートは圧縮力が働いて耐える構造になっています。

アーチ型の石橋をご存知でしょうか(錦帯橋のような形です)これでイメージ的にはわかるかもしれません。

アーチ橋は角石をトンネルの天井のように丸く積み上げて橋脚を作る方式です。
...続きを読む

Q催眠術って本当にかかるのでしょうか?? かかるとすれば、医学的には、どう説明できるのでしょうか?

催眠術って本当にかかるのでしょうか??
かかるとすれば、医学的には、どう説明できるのでしょうか?

Aベストアンサー

催眠術は脳科学に基づいた心理学。
かかりやすい人とかかりにくい人がいます。
催眠療法(本家)とショー催眠(分家)
http://b-chive.com/life/communication/psychology-communication/hypnosis/hypnosis1.html

Qレベルの低い質問で大変恐縮ですが、

レベルの低い質問で大変恐縮ですが、

最近、毎日この事ばかり考え、

気になって仕方ありません。

宜しくお願いします。


質問内容は

「頭の良し悪し」に関してです。

例えば、難関な試験の勉強をした事ない方は、

よく難関資格の合格者や東京大学合格者に対して

「頭良いね」という言葉をほとんど発されていますが、

私は、これまでは、そのような方々に対しては

頭が良いというよりも、精神力が強い人なんだなという

感情を抱きます。

私は、これまで最高で大学の受験勉強くらいしかした事なく、

更に、文系の勉強であったため、ほとんどが暗記中心の勉強であり

勉強(合格)に必要なのは、頭というより精神力の強さが重要であり

如何に、欲に打ち勝って机に向かって毎日勉強できるかであると考えていました。

勿論、勉強のやり方は重要だと思いますが、上記のように考えていました。

しかし、3月から民法の勉強を開始して考えに変化がでてきたのですが、

勉強には精神力の強さも必須だが、頭の良し悪しも影響するのではないかと思い始めました。

理由として、例えば民法の対抗関係などを勉強していると、

登場人物が、2人・3人なら理解出来ますが、4人・5人と増えていったり

更に、条文の例外規定が適用されたりして複雑になっていくと、

ある時点でパニックになり理解できなくなります。

その文章を何度も何度も読んでやっと見えてくるといった感じです。

やはり、頭の良し悪しとは、

頭の良い人は、登場人物が5人・6人となっても、すぐに理解できるという事でしょうか?

その本人の頭のレベルで、5人目でパニックになる人や

4人目でパニックになる人や、2人でもパニックになる人など

どの段階まで、理解に付いていけるかが頭の良し悪しなのでしょうか?

通信制なため、他の受験生が1回目でどの程度理解されているのか分からないため

ご質問致しました。

人によって、理解のスピードが違えば合格年数にも差が生じると思います。

もしくは、暗記力の差でしょうか?

頭の良い人は、少ない回数で知識が定着するのに、

悪い人は、何周もしてやっと知識が定着するという事でしょうか?

テレビ番組等で、「天才」と呼ばれる人を見た事はありますが、

やはり凡人の中でも、また差があるのでしょうか?


男性と女性との頭脳の違いも気になるのですが、

良く、サスペンスドラマ等を見ていると

男性より女性の方が、早く犯人に気づいていたりしますが、

女性の方が男性より理解が早いのでしょうか?

女性は、目先を見る事が多いし、

男性は遠くを見る事が多いと思いますが、

一般的に男性と女性は司法書士試験にどちらが向いているのでしょうか?


かなり長文になり申し訳ありません。

異質な、低レベルのご質問で恐縮ですが、宜しくお願い致します。

レベルの低い質問で大変恐縮ですが、

最近、毎日この事ばかり考え、

気になって仕方ありません。

宜しくお願いします。


質問内容は

「頭の良し悪し」に関してです。

例えば、難関な試験の勉強をした事ない方は、

よく難関資格の合格者や東京大学合格者に対して

「頭良いね」という言葉をほとんど発されていますが、

私は、これまでは、そのような方々に対しては

頭が良いというよりも、精神力が強い人なんだなという

感情を抱きます。

私は、これまで最高で大学の受験勉強くらいしかし...続きを読む

Aベストアンサー

法律に対する認識・理解度ですが質問者さんの道徳発達に関わると思われます。
道徳発達が低い人は「リーガルマインド」を理解できません。
「リーガルマインド」は法律予備校で有名な伊藤真先生などが重要視されているようです。

道徳は発達心理学的に6段階に分かれています。
端から「天才」と思える人は、道徳発達が5段階か6段階であると思われます。
このレベルだと法律を理解する深さが一般人と違います。

http://www.eonet.ne.jp/~like-a-flowing-r/psychology1.htm

後半の男女の思考の差ですが、
どちらが向いているというものはありません。
ただアプローチの仕方の違いと思われた方がいいと思います。
目に見える情報から推測するか、過去の事例やあり得る場面を想起して当てはめるか。
合格後の仕事にはどちらも必要になると思われますので是非どちらも対応できるスーパーマンになってください。

参考URL:http://www.eonet.ne.jp/~like-a-flowing-r/psychology1.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報