アメリカでのテロ事件以後、軍事行動について「展開」という表現が使われていますが、「派遣」とか「派兵」と言うべきではないでしょうか、お教え下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

軍事用語における「展開」とは、密集している隊を一定の作戦地域に散開させ、作戦に応じた配置をとらせることで、作戦地域方面に兵を出動させる意味の「派遣」「派兵」とは意味が異なります。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。「展開」とは軍事専門用語だったわけですね。ただ、マスコミはそれを知っているのでしょうか?私は軍事専門用語とは知らずに聞いておりましたので、違和感を感じたまでです。ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/07 14:31

展開というのは実際に部隊が展開して臨戦体制にあることをさしてるわけですから、派遣や派兵とはニュアンスが違いますよ。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアメリカの単独行動主義でテロ事件が発生するようになったのですか?

NHKの政治経済高校生講座で政治経済を勉強しています。

その中で「冷戦後の国際政治構造が複雑になり冷戦のときのように単純に割りきれなくなりました。アメリカの単独行動主義が目立つようになるとともにテロ事件が多く発生するようになったのです。」という説明がありました。

テロ事件が多く発生するようになった、アメリカの単独行動主義とはどのようなものなのでしょうか?
ネットで調べると「その特徴の第一は、他国との協力より自国の力に依存する傾向。反対を押し切って開戦したイラク戦争は、その例である」とか書いてありましたが、よくわかりませんでした。

すみませんが、お教えいただけましたら助かります。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

http://www.nhk.or.jp/kokokoza/radio/r2_seikei/archive/chapter016.html

の『冷戦後の国際政治の特徴は?』の部分ですよね。
ちょっと今聞いてみたのですが、


(1)社会主義圏の崩壊とともに資本主義が世界に広まった
(グローバル化)

(2)グローバル化は地域に根差した『伝統的価値』と
新たな摩擦を生んだ

(3)典型的な例としてイスラム世界のテロが起こるようになった


(4)『これらはアメリカの単独行動主義の表れと言える
アメリカは世界を制覇したという自負があったんでしょうか。』


(5)国連を初めとした国際協調主義は動揺した。




・・・・ファッ?なんじゃこれ??


こんなの聞いてたら余計に誤解を広めそうですねぇ。
これじゃあテロの原因が単独行動主義みたいに
なってしまっていますよねぇ。
突然原稿の変更か省略でもあったのでしょうか。


実際、対テロ戦争で出てくる『単独行動主義』は
アメリカの傲慢さがテロの原因とかそういうお話ではないんです。
講座でもグローバル化と伝統的価値の摩擦が原因、
と言ってますよね。




この場合の『単独行動主義』とは、
そもそもアメリカ国内の大統領選中に登場した言葉で、
NATO同盟国の一部(フランス、ドイツ、トルコなど)と
冷戦崩壊後は協力関係にあった常任理事国の中国・ロシアが
対テロ戦争に協力せず、その上でもアメリカが
戦争開始を決定したことを指しています。

(ちなみに、アメリカにはイギリスを初めとして30国が協力しており、
文字通りの意味では全然”単独”ではないんですけれどね。)



当然協力してくれると思っていたNATO全員の協力が
得られなかったことはグローバル化を推進していたアメリカにとって、
価値観が最終的には共有できないという点で問題でしたが、

一方で反対の側面でもNATO構成員と
常任理事国が反対しているのにアメリカが戦争の実行を
決断したことは、NATOと国連(国際協調主義)では
まったく問題解決のための能力が欠けているという点を
露呈してしまった点で大きな問題でした。


だからこそ国際協調主義は”動揺”したわけですね。



講座の冒頭でも言っているように、かつての冷戦のように
事は単純ではなく、問題は多面的な論点を抱えています。

単純にアメリカの傲慢さが全部悪い!で片付けようと
無理やり解釈する冷戦の亡霊たちでは、
今の政治には追いつけなくなってしまっているのです。

http://www.nhk.or.jp/kokokoza/radio/r2_seikei/archive/chapter016.html

の『冷戦後の国際政治の特徴は?』の部分ですよね。
ちょっと今聞いてみたのですが、


(1)社会主義圏の崩壊とともに資本主義が世界に広まった
(グローバル化)

(2)グローバル化は地域に根差した『伝統的価値』と
新たな摩擦を生んだ

(3)典型的な例としてイスラム世界のテロが起こるようになった


(4)『これらはアメリカの単独行動主義の表れと言える
アメリカは世界を制覇したという自負があったんでしょうか。』

↓...続きを読む

Q「防衛費」「軍事費」「国防費」は同じ意味か?

「防衛費」「軍事費」「国防費」は同じ意味と認識して問題ないですか?

Aベストアンサー

日本の場合、憲法9条がありますから、軍事費は存在しません。
メディアの方々が、自民党旧政権を攻撃する為に防衛費・軍事費・国防費を同じ扱いにして、報じてあたかも日本が一般国と同じように軍隊としての独立しているかのように報道し攻撃した為であり、実際は違いがあります。
集合理論の範疇の問題です。

一番大きな範疇が軍事費であり、その中に国防費・国防費・対外活動費・など色々あり、また日本国自衛隊では認められないものが多くあります。

他の回答者も、インターネットの書き込みをコピーしただけの間違った報道に先導させられた物です、ご注意ください!  この頃はこのような扇動型報道が多く日本では見られる。

このような報道を鵜呑みにすれば会社は、倒産にします。
もう少し言葉がなぜこのよううに報道されているかを観察しましょう!

そうすれがメディアの情報操作が見えてきます!  非常に危険な状況に日本はあります。 先日の現政権の支持率ですが、おかしすぎます。独自(アメリカ系シンクタンク)に無作為に日本人の意識調査した場合、現政権の意識調査をした場合37%程度でした。しかし現日本の報道機関の報道では76%の支持、実際このこのような支持率などなどありえません。
しかし実しやかに報道されています。報道のあり方を見れば第二次世界大戦前夜と変わりありません。

日本の場合、憲法9条がありますから、軍事費は存在しません。
メディアの方々が、自民党旧政権を攻撃する為に防衛費・軍事費・国防費を同じ扱いにして、報じてあたかも日本が一般国と同じように軍隊としての独立しているかのように報道し攻撃した為であり、実際は違いがあります。
集合理論の範疇の問題です。

一番大きな範疇が軍事費であり、その中に国防費・国防費・対外活動費・など色々あり、また日本国自衛隊では認められないものが多くあります。

他の回答者も、インターネットの書き込みをコピー...続きを読む

Q「テロとの戦い」というけれど、テロはただの手段名では?

911が起こってからというもの、「テロとの戦い」という言い回しが使われるようになりましたが、テロというのは権力奪取の一手段であって、特定の相手(国・宗教組織・思想団体etc)を指すわけじゃないので、テロと戦うというのは戦争の発想としておかしいように思います。
いったい本当はどういう意味なんでしょうか?

Aベストアンサー

同様の疑問は、驚かれるかもしれませんが、例えば知り合いの陸上自衛隊の将官(氏名まではちょっと挙げられませんが…)も言っていました。国際公法上、正当な交戦権が付与されるのは国家(つまり国軍)及び国家による信託を受けた一部社団に過ぎません。従って、私的武装組織である所謂テロリスト集団に対し、半ば「宣戦布告」の意味で「テロとの戦い」と言えば確かに問題はあると言えます。9.11以降のアフガン掃討作戦においても、法的根拠はアフガニスタン国に対する米国及び連合国の「自衛権」行使でした。

「テロとの戦い」と言った場合、特に我が国においては既存のテロ集団(アルカイダ等)に対する直接的武力行使というわけではなく、
1.テロの元凶の一つと言える権力分配の効率化への配慮(例えば対外政策としての「人間の安全保障」など)
2.散発的な武力侵攻等、多様な脅威に対する自衛隊・警察等の機動性・機能の充実
といった政策の為のある種のスローガンとして用いられている気は、個人的にはしています。

Q盧溝橋事件のときにすでに日本軍は北京に派兵していたのですか。

日中戦争の始まりは北京の盧溝橋で中国側から先に日本に発砲が有ったという話をテレビなどで聞きます、でもすでに日本軍が北京に「派遣されていたということだと思いますのでどうしてそのような事ができるのですか。

Aベストアンサー

こんばんは
この時北京郊外盧溝橋で演習を行っていた日本軍部隊は、北京駐屯軍です。事件前に派兵された部隊ではありません。(もっとも、このころは満州から河北省、チャハル省へと、北京とそう遠くないところまで日本軍は進出していますが)

歴史的には1900年に、清国で「扶清滅洋」を掲げる義和団が蜂起し、北京の諸外国公使館などを包囲ないしは占拠します。清朝はこれを利用して列国に宣戦布告しますが、日本およびロシアを主力とする8か国(日・独・英・仏・露・米・伊・墺)は連合して出兵し武力鎮圧・解放を行います。
この事件を北清事変といいます。この処理として1901年「北京議定書」が結ばれ、清朝に対し賠償金の支払いと、北京への軍隊駐屯権を獲得します。
盧溝橋事件の際、「銃撃を受けた部隊」は、この駐屯軍です。

ちなみにこの事件は、1963年にアメリカでチャールトン・ヘストン(かつてのマッチョ俳優、現?全米ライフル協会会長)主演で映画化されています。一応参考にはなりますが、ご他聞にもれずアメリカ=正義、中国=ならず者、という構図ですから、ご覧になる場合はその点をふまえる注意が必要ですね。

北清事変
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%B8%85%E4%BA%8B%E5%A4%89
北京の55日
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD8148/

こんばんは
この時北京郊外盧溝橋で演習を行っていた日本軍部隊は、北京駐屯軍です。事件前に派兵された部隊ではありません。(もっとも、このころは満州から河北省、チャハル省へと、北京とそう遠くないところまで日本軍は進出していますが)

歴史的には1900年に、清国で「扶清滅洋」を掲げる義和団が蜂起し、北京の諸外国公使館などを包囲ないしは占拠します。清朝はこれを利用して列国に宣戦布告しますが、日本およびロシアを主力とする8か国(日・独・英・仏・露・米・伊・墺)は連合して出兵し武力鎮圧...続きを読む

Qテロ対策と軍事力の行使について

日本国憲法第二章戦争の放棄弟九条に「武力による威嚇又は武力の行使は,国際紛争を解決する手段としては,永久にこれを放棄する。」とあります。
つい先日ロシアで劇場占拠事件がありました。また、数年前にはフジモリ大統領統治下のペルーで日本大使館占拠テロがありました。
犯人の要求については言及しませんが、日本でも充分起こりうる事案だと思います。もし起きてしまったら誰がどのようにして解決する予定なのでしょうか?
石原都知事ではないですが、これらの事件が起きたときということに関しての危機管理は果たしてできているのでしょうか?
もし東京のアメリカ大使館がイスラム過激派に占領されたら、自衛隊は憲法の条文のもとに見て見ぬふりをするのでしょうか?
もっとも中東で、きな臭い動きがあると、憲法なんかまるで無視して、武装したイージス艦でもなんでも派遣するのがこの国の政治ではあるのだけれど・・・。
はっきり言ってわけ解りませんが。どなたか私を納得させて下さい。

Aベストアンサー

憲法とて法は法です。時代と情勢にそぐわなくなった法は改めるべきです。

が、憲法を見直そうと言うだけで目くじらを立てる革新政党と、
その僕となっている一部マスメディアが妙な説を声高に唱えているため、
能天気な世論が形成されてしまったのではないかと思います。

危機管理や安全保障に関する議論は真剣かつ幅広く行われるべきですが、
こういった議論をしようとするだけでも、御立派な「平和主義者」から
まるで犯罪者のように糾弾される、って言うのは
どうにかならないんでしょうか。
もっとも、そういう方々の大半は、「北朝鮮の拉致問題などありえない」
と過去に言ってた人々だったりするわけですけど。
よほどおめでたいのか、さもなくばある種の手先だったりするのか。

「平和憲法が日本を平和にした」とか、
「非武装中立こそ日本のあるべき姿」とか、
こんな話はいい加減にして欲しいですよ。
戦前の日本の過ちは軍隊を保有していたからではなく、
その使い方を誤ったことにあるのに、
なぜ軍備を持つことが完全否定されなければならないのか。
子供に怪我をさせたらいけないとナイフを持たせないがために、
いつまで経ってもナイフのまともな使い方がわからない、
そういうことでいいのかなぁ、と常々感じている者です。

…まぁ、御納得いただけるとも思えませんが(^^;。

憲法とて法は法です。時代と情勢にそぐわなくなった法は改めるべきです。

が、憲法を見直そうと言うだけで目くじらを立てる革新政党と、
その僕となっている一部マスメディアが妙な説を声高に唱えているため、
能天気な世論が形成されてしまったのではないかと思います。

危機管理や安全保障に関する議論は真剣かつ幅広く行われるべきですが、
こういった議論をしようとするだけでも、御立派な「平和主義者」から
まるで犯罪者のように糾弾される、って言うのは
どうにかならないんでしょうか。
もっ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報