『L・DK』上白石萌音&杉野遥亮インタビュー!

授業で粗脂肪の定量をソックスレー抽出器を使ってやったんですけど、
レポートの考察は何を書けばいいのかわかりません・・・。
きなこの粗脂肪%がわかっただけで、どんなことをかいたらいいのでしょうか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

月並み?かもしれませんが 乾燥時間と測定重量の変化、あるいは食品成分表の値と照合してみるとか、生大豆からの加工法の推定とかはいかがでしょう?



実験からは数値しか出ません。あとは複数でやったのなら数字のばらつきのような統計的手法も処理としてありますね。

自分はどう考えるか?が考察です。ディスカッションのたねを提供すると考えればいいのではないでしょうか?
    • good
    • 0

>>どんなことをかいたらいいのでしょうか??


#1のお答えにもありますが、あなたがどんな学校のどんな学科に属していて実験科目の表題が何かでもレポートの内容は変わります。
化学の専門家なら抽出に用いた溶媒の種類で脂質以外に何が抽出されるだろうか考えるとか。
栄養学、生物学、植物学、中には生物工学とか化粧品工学なんて言う分野もありますし。
例えば「超臨界二酸化炭素抽出によれば」豆を乾燥させた上あぶって粉にした「きなこ」にしなくても良いのじゃないかとか、…。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q糖質と脂質の定量分析

食品実験で、きな粉中の糖質(ベルトラン法)と脂質(ソックスレー抽出法)の定量を行ったところ、実験結果が成分表と比較すると、結構差が出ました。成分表というのは代表値であって、全ての試料の実験値を表しているわけではないので、誤差が生じているからだというのはわかるのですが、それ以外にこの誤差の原因は何が考えられるでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

>>誤差が生じているからだというのはわかるのですが、
こういうのは「誤差」とは呼ばないと思います。特に。
>>結構差が出ました
と言う場合。
このような事が起こったときまず「一方方向にずれていないか」を考えます。
両方とも多いか、または少ないか、の場合「分析手法」に問題があったのではないか。あるいは個人的な「癖」があるのではないか。と疑うのが賢明です。
しかし、もし多人数で別々に行って、皆同じ方向にずれたりした場合、「試料の選択」が問題になるでしょう。きな粉の原料は「大豆」です。大豆の糖質や脂質に「種別」「国別」があるのは既知の事実で、大企業の品質管理者はいつもそれに悩まされているからです。
「誤差」は「同じ試料」を分析したときに初めて使える「用語」だと考えてください。つまり「真の値」がある場合に「その廻りにばらつく」(無作為なら正規分布か?)分けです。

Qソックスレー抽出

ソックスレー抽出ってなんですか?
誰かお願いいたします。

Aベストアンサー

内容成分を抽出するのが比較的困難な固形物から、効率的に抽出を行うための装置です。

下部のフラスコに入れた溶媒を加熱することによって蒸留し、それを抽出すべき固形物を入れた中央の部分で受けます。そこにたまる溶媒の量が増えると、サイホンの原理で、たまった溶媒がすべて下のフラスコに戻ります。その間に、固形物からの抽出が行われることになります。

抽出物を含む溶媒は、下のフラスコに戻りますが、そこで、自動的に再蒸留され、抽出に再使用されます。

すなわち、抽出溶媒を循環使用するために、時間をかければ抽出物を高濃度で得ることができます。また、溶媒を入れ替えたりする手間もかかりません。

通常は、固形物を専用の円筒型の濾紙(上は開いており、下は閉じてあるもの)の中に入れて使用します。

非常によく工夫された装置で、眺めていると結構面白いですよ。

参考URL:http://www.hyogo-c.ed.jp/~hyogo-ths/C/h16renkei.htm

Q★粗灰分・粗脂肪・水分★

こんにちは☆質問させて下さい(p_-.)
この間授業で小麦粉の【粗灰分・粗脂肪・水分】を求める実験を行いました。
しかし、私にはこれらを求めたことの目的が全く分からず、非常に困っています・・・。。。
一体、小麦粉の粗灰分・粗脂肪・水分を求めることにはどのような意味があるのでしょうか??
何かが分かるのでしょうか?

くだらない質問だったら申し訳ございません。
でも本当に困っているので、よろしくお願い致します。。
3つ全部でなく、どれか1つだけでも良いので回答待ってます。

Aベストアンサー

 なんの授業か分からないのですが、栄養学的な意味を書きます。

>粗灰分・粗脂肪・水分
灰分は、無機質のことです。ミネラルとも言います。化学的には、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、マンガン、鉄などの成分です。測定は、おそらく、重量で測られたと想うので、栄養学的にはそれほど意味はありません。それでも、これらのミネラルは、蛋白、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラルと言われている5大栄養素の一つです。ナトリウム、カリウムなど、個々の無機質を正確に測定するのは、高度な技術や高価な機械が必要なので、授業ではしなかったのでしょう。

 脂肪は、エネルギーの源で、取りすぎると肥満になるので、「ダイエット」流行の昨今では、冷たい扱いを受けています。しかし、美味しさの源は、脂質にあります。神戸ビーフ、アイスクリーム、大トロ、焼き飯、いずれも脂質が高かったり、加えから料理したりします。

 水分は、これが少ないと、腐敗しません。干物がこの例です。簡単に測定できたと想いますが、「別の方法で水分を測定しなさい」というテーマが出たときに、何か思いつきますか。

 授業では、実際に自分の手、目、耳などで確かめることと、もうひとつは「簡単にこのようなものが測れる」と感心して下さい。

 なんの授業か分からないのですが、栄養学的な意味を書きます。

>粗灰分・粗脂肪・水分
灰分は、無機質のことです。ミネラルとも言います。化学的には、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、マンガン、鉄などの成分です。測定は、おそらく、重量で測られたと想うので、栄養学的にはそれほど意味はありません。それでも、これらのミネラルは、蛋白、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラルと言われている5大栄養素の一つです。ナトリウム、カリウムなど、個々の無機質を正確に測定するのは、高度な技術や高価な...続きを読む

Q水分定量

水分定量の実験を行うたびに疑問思っていたんですが、水分定量の実験をやる目的は何ですか!?また、水分以外の成分は除去されるのは微量だと聞いたんですが、それは測定の結果に影響を与えたりしないんですか!?インターネットで検索してみても答えらしいものが見あたらなかったので教えてください!!お願いします。

Aベストアンサー

>水分定量の実験をやる目的は何ですか!?
そもそも、水分定量の実験の直接の目的は水分を定量することです。何の実験をしているかわからないのに、それ以上のことがわかるはずがありません。

>また、水分以外の成分は除去されるのは微量だと聞いたんですが、それは測定の結果に影響を与えたりしないんですか!?
揮発性の成分が水のみであれば除去されるのは微量ということになるでしょうが、水以外の揮発性成分があればそうはなりません。測定の結果に影響するかどうかについても、何の実験をしているかわからない人にわかるはずがありません。そもそも、インターネットでも調べようがないと思います。

Q水分定量について。

きなこで常圧加熱乾燥法(135度30分)と赤外線水分計法(120度15分)で水分定量を実験したところ、常圧加熱乾燥法と赤外線水分計法では約1.1%差が出ました。

・恒量を0.3mg以下になるまでという精度の高い実験ではない。
・食品に含まれる水分には差がある。
ということは無い設定です。

理由をお願いします。

Aベストアンサー

135度30分と120度15分であれば、条件が違うのですから、出てくる値が違うのは当たり前でしょう。時間も短いですしね。実験誤差の可能性もあります。
異なる条件で、平衡に達したかどうか分からない時点でのデータを比較して、違いが生じた理由を問うことには、殆ど意味がないと存じます。

Q実験レポートに書く考察について。

今回はごま油のヨウ素価の測定をしました。でも、考察がかけません。
毎回のように、考察の部分で悩んでしまいます。考察とはどういったことをかくべきなのでしょうか?教えてください

Aベストアンサー

化学系の大学出身者の者です。
学生時代に考察に何を書けばいいのかよく悩んだものです。
少しでも参考になればと思います。

論文を作成する段階では、
「結論(=ある仮定)」を得る(確かめる)ことを「目的」に行なった「実験」から得られた「結果」から「結論」に至るまでの「論理・ロジック」にあたるのが「考察」になると思います。要は、考察は結論ありきだと思います。

ですので、
実験目的が「ごま油のヨウ素価の測定」であるなら、結論は「ごま油のヨウ素価は、XXであった。」という結果にあたりますので、考察の必要がない気が致します。。
ただ、実験目的が「ごま油はヒトの健康に良いのか?」とか「ごま油に含まれる不飽和脂肪酸量を推定する」だと、少し考察が必要になってくるかとは思います。

ということで、以下の要領で書いてみてはいかがでしょうか。
(1)ヨウ素価の測定より、何を調べたのでしょうか?
(2)ごま油のヨウ素価は、他の油と比較して高いですか?
(3)(2)の比較から考えられる事柄を、ごま油と不飽和脂肪酸とコレステロール低下と健康について考えてみてはどうでしょうか。
(4)最後に、結論があると良いかもしれません。

化学系の大学出身者の者です。
学生時代に考察に何を書けばいいのかよく悩んだものです。
少しでも参考になればと思います。

論文を作成する段階では、
「結論(=ある仮定)」を得る(確かめる)ことを「目的」に行なった「実験」から得られた「結果」から「結論」に至るまでの「論理・ロジック」にあたるのが「考察」になると思います。要は、考察は結論ありきだと思います。

ですので、
実験目的が「ごま油のヨウ素価の測定」であるなら、結論は「ごま油のヨウ素価は、XXであった。」という結果にあ...続きを読む

Qキサントプロテイン反応について

キサントプロテイン反応で、黄色になった後にアンモニアを加えたんですが、この後冷やすとなぜ色が橙色に変化するのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
まず、キサントプロテイン反応その物の原理は御存じでしょうか?
↓がよくまとまってると思います。ページの中ほどの「キサントプロテイン反応」の項目をご覧ください。

http://www.water.sannet.ne.jp/masasuma/masa/q98-11.htm

それから、アンモニアを色がオレンジになるというやつですが、何もアンモニアである必要はありません。
アルカリ性なら何でもよく、ベンゼン環にニトロ基が付いた物質(芳香族ニトロ化物)はアルカリ性になると色がオレンジ色になる性質があるからです。
フェノールフタレインなどがアルカリ性で赤くなるのと同じ様な理屈です。

まとめますと、キサントプロテイン反応は、タンパク質の中にあるベンゼン環を持つアミノ酸と濃硝酸が反応して、そのベンゼン環にニトロ基が付く反応です。
このニトロ化したベンゼン環はそれ自体が黄色っぽい色を持ちますが、アルカリ性にするとオレンジ色になるという事です。
これはpHによって色が変わる性質の為で、中和するなどで元のpHに戻すとオレンジはまた黄色になります。

参考URL:http://www.water.sannet.ne.jp/masasuma/masa/q98-11.htm

こんにちは。
まず、キサントプロテイン反応その物の原理は御存じでしょうか?
↓がよくまとまってると思います。ページの中ほどの「キサントプロテイン反応」の項目をご覧ください。

http://www.water.sannet.ne.jp/masasuma/masa/q98-11.htm

それから、アンモニアを色がオレンジになるというやつですが、何もアンモニアである必要はありません。
アルカリ性なら何でもよく、ベンゼン環にニトロ基が付いた物質(芳香族ニトロ化物)はアルカリ性になると色がオレンジ色になる性質があるからです。
フェノー...続きを読む

Q脂肪と粗脂肪の違い

ペットフードの成分表に粗脂肪と有るのですが脂肪分とどうちがうのでしょか?

又、同じメーカーのドックフードでもプレミアとか値段が高い方が良質なのでしょうか?

宜しくお願い致します

Aベストアンサー

こんにちは。

ドッグフードの成分表示に関しては、メーカーの判断においてなされている様です.

人間用の表示の場合は、各成分に対しての決められた原料においての規定があります.

例えば缶コーヒーなどの場合が良く判ります.
表示に『無糖』『微糖』などと言った具合です.
これは、定められている糖分としての原料をつかている物についてだけが糖分として記載されますので、対象から外れている糖分に関しては糖分として認知しなくても良いのです.
これに依って糖分を摂取していないとの誤解が生まれます.

ドッグフードの場合は、各メーカーによって基準があいまいな様です.脂肪分としての記載の或る物と粗脂肪としての記載があるものと有るようです.両方の記載があるものも有ります.
詳しい事は私にも判りませんが、成分表示法に基づいての記載がなされているかどうか判断に苦しみます.

詳しく知りたいと言うご希望があれば、ネットでの調査も可能だと思いますが、厳密にその事が守られているか疑問です.

同じメーカーのドッグフードに関してもその事が言えます.原材料と成分表を見て見ましても明らかに違うと言いきれない部分があります.
肉エキスとか肉との記載の違いが有りますが、どの程度の肉を使っているから良い物であると言う記載を見た事がありません.

肉100%とか肉50%とかの原材料表示があると判りやすいですが、その様な原材料の表示を見た事が有りません.メーカーの表示は、原材料として使用している物の種類の表示であって、その物の重量表示になっておりません.この事から言える事は、メーカーの考え次第ではそんなに違わなくても高級な物としての表示で販売する事も在りうると言う事だと考えています.

私の場合は、原材料表示で植物質の原料と動物質の原料にこだわって選定しています.コーンなどの成分だけで蛋白を混合している場合もありますので.

ですから、日本向けのフードとして製造されている物の場合は、経費などの事も有りますので、他の先進国に出回っているのとは違う物だと考えております.

表示としては、他の国と同じ様になっておりますが、販売業者の意向で別物として作っている事も多いと聞いています.かつてこの様な経験をしました.

最初は、取り扱っていた物が本当にアメリカで売られているものと同じ物でしたが、人気が出てきた後に、取り扱い業者があちらへ行きまして、利潤の上がる配合にして注文していました.
私は、直ぐに犬の状態を見て気づきましたので、会社の方へ問い合わせました所、自身ありげに同じモノだと言われました.最初は、社長が応対しましたので、次に電話したときに従業員を問い詰めていきますと、やはり渡米しての特注品でした.

日本の現状としては、この様な事が行われております.
動物に対する認識の違いや各団体の力不足が原因であろうと思っております.

私は、この様な事情から大体の事を表示で掴み、実際に与えて観察してみて決めています.時期によって副食を工夫してそちらの方での充実を考えております.普段は、それ程重要だと考えておりませんので、気に入ったドッグフードを与えております.しかし、値段では選んでおりません.時々良いフードが出るのですが、良いフードは採算が取れないのか直ぐに消える場合が多いです.

こんにちは。

ドッグフードの成分表示に関しては、メーカーの判断においてなされている様です.

人間用の表示の場合は、各成分に対しての決められた原料においての規定があります.

例えば缶コーヒーなどの場合が良く判ります.
表示に『無糖』『微糖』などと言った具合です.
これは、定められている糖分としての原料をつかている物についてだけが糖分として記載されますので、対象から外れている糖分に関しては糖分として認知しなくても良いのです.
これに依って糖分を摂取していないとの誤解が生...続きを読む

Q酸価 過酸化物価

新しい油脂と古い油脂を用いて酸価、過酸化物価、TBA価についての実験を行い、それぞれの値を求めたたのですが、その値についてどう考察していいのかよくわかりません。
1.この値には基準などはないのでしょうか?
2.過酸化物価と油脂の品質との関連について
以上のことを今すぐ詳しく知りたいのでよろしければ回答をお願いします。

Aベストアンサー

専門サイトへどうぞ、↓
http://www.n-shokuei.jp/houjin/laboratory/item/rikagaku_sanka.html

TBA価については、↓
http://rms1.agsearch.agropedia.affrc.go.jp/contents/kaidai/ryuutuuriyouNo25/25-1-9-6_h.html
「TBA法では,酸性下,チオバルビツール酸と加温して生ずる付加物の可視部吸収を定量する.感度は非常に高く,生体脂質の酸化等,微量な酸化の評価に適するが,きょう雑物の影響や,油脂の種類による変動から,食品には余り適さない.」
実験法演習は、↓(名城大学)
http://www-yaku.meijo-u.ac.jp/Research/Laboratory/hygie_chem/daily%20rect.pdf

Q中和滴定の実験で。。。

0.1mol/l,10mlの塩酸を3つ用意して、それぞれにフェノールフタレイン液を数滴入れ、0.1mol/lの水酸化ナトリウム溶液で中和滴定をし、滴定に要した水酸化ナトリウム溶液の量の平均値を出しました。その平均値とHCl,NaOHの濃度などを次式
HClの濃度(M)×量(L)×HClの濃度係数(F)=NaOHの濃度(M)×量(L)×NaOHの濃度係数(F)
に代入して、塩酸の濃度係数を調べるという実験をしました。ちなみに実験の前に水酸化ナトリウムの濃度係数は0.999として計算することとの指示がありました。
濃度係数がなんなのかよくわかりません。また、この実験のレポートは、考察になんて書けばいいかわかりません。(たぶん濃度係数についてよくわかってないからだと思うのですが。。。)

Aベストアンサー

濃度係数とはF(ファクター)ともいいます。まぁ補正値みたいなものです。
滴定用の0.1 mol/L 水酸化Naは0.1 mol/L と表示されていますが実際、正確な濃度なのか誰にもわからないですよね?そこで「標定」という作業をしてFを求めその滴定用の試薬ビンに貼り付けとく訳です。F=0.999であれば1×0.999=0.999mol/Lの水酸化Na溶液ということですね。
F=1.000・・であれば最初にその試薬を調合した人の技能(機器類)は精度が高いことになります。(調合は適当にして後の標定をきっちり出せばいいや・・・という考え方もあります)

さて本題の考察ですが、出題者(先生)の意図がはっきりと見えませんが・・・想像で・・・多分この実験では酸と塩基の中和滴定で酸のFのバラツキ(数値が一定しない)原因を理由をつけてあげれば良いと思います。例えば・・ビュレットを読み取り位置の誤差とか、ピペットの最後の一滴の処理とか・・いろいろあると思いますよ。実際に実験をした時を思い出してみて下さいね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

価格.com 格安SIM 料金比較