最新閲覧日:

宇宙のビックバンと核爆弾の爆発は、同じ原理なんでしょうか?
違うのであれば、何が違うのでしょうか?
また、核爆弾は爆発時に放射線を出しますが、ビックバンは何も出ないんでしょうか?
よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

基本的に何の関係もありません。

核爆弾の爆発はウラン原子が分裂するときに発生するエネルギーを使用しているものです。ちなみに放射線はこのとき元素に含まれる中性子や電子などがはじきとばされているものです。ビックバンはホーキング博士が唱えられいるビックバン理論において宇宙の始まりにあったとされる大爆発のです。原因は真空の揺らぎなどと説明されていますが理論上のもので当然観測例などはあり得ませんから明確な答えはありません。ただ理論上でいくとビックバンからはこの宇宙がでたともいえる気が・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
核爆弾のご説明、わかりやすかったです。

お礼日時:2001/10/10 16:27

 全く違います。



 ビッグバンというのは、要するに……たとえば、部屋を真空状態にしたとします。まったく空気も何もない本当の真空です。
 ここに、何らかの方法で膨らんだ風船を入れたとします。
 するとどうなるかというと、気圧差でアッという間に爆発し、中の空気は部屋中に拡散してしまいます。
 これが、一般人が想像できるビッグバンにもっとも近い状況でしょうか。

 実際には、時空そのものが超高密度状態から一気にはじけるのがビッグバンなので、風船が破裂するのとはだいぶ違いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。
私のような者でも、とても分かりやすく理解することができました。
おおまかではありますが。。。
風船の例えは、とてもイメージしやすかったです。
また、何かあったらお願いします。

お礼日時:2001/10/10 16:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ