OCN光で最大124,800円おトク!

CDラジカセで録音しようとしたところ、カセットテープが入ったままカセットデッキが開かなくなってしまいました。タイマー録音中だったのでその瞬間は見ていないのですが、たぶんテープがからまって開かなくなったんじゃないかと思います。CDはまだ聞けるのでなんとかして直したいのですが、機械に弱い私に直せるものなんでしょうか? それとももう10年以上使っているものなので寿命なのでしょうか? 電気屋さんに持っていって直るものなら直したいんですけど、この故障を直してもらうのには結構高い修理代がかかったりするんですか? 詳しい方、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

メカニカルタイプ(操作が直接メカを動かすタイプ)か


電子式(内部が電動でメカを動かす)で違うのですが、
とりあえず、再生ヘッドが出ていないかどうかが気になります。
ヘッドが出ていたらダメです。
蓋を押しながら、何度か、走行・停止を繰り返してみてください。
早送りをさせてみて、ゆっくりしか動かない場合も出ています。

これが出ていて、どうしても引っ込まないようでしたら、分解して
カセットを取り出すしかないので、本体はあきらめるしかありません。

次に、引っ込んだようでしたら、メカニカル式の場合は、
取り出しボタンを押しながら、
隙間からマイナスドライバーで開いてみて下さい。
吸盤はたぶん吸い付きません。(凸凹があるから)

電子式の場合は、蓋を押したり、横にずらしたりしながら
なんども取り出しボタンを押してみましょう。
もっとも、この段階なら無理やりこじ開けても
内部で絡まっていない限りテープは大丈夫です。

修理は、どこが壊れているかで値段がちがいますが、10年
経っているとたぶん断られます。
値段も下がっていますから、新品を買うことをお奨めします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
かなり力ずくなんですけど、引っ張ったら開きました。
やっぱりテープが絡まっていて、テープを取り除いたらとりあえずは動くようになりました。
実はこのCDラジカセ、いま蓋が開かなくなったのはBデッキなんですけど、Aデッキの方は蓋は開くのですが再生、早送り、巻き戻しができなくてもう使えないのです。
またいつ壊れるかわからないので、買い換えようかと思っています。

お礼日時:2001/10/14 23:01

>たぶんテープがからまって開かなくなったんじゃないかと思います。


 
 早送りや巻き戻しは出来ていますか?。たぶんそれが出来ないからからまっていると判断なされたのだと思いますが,機械が巻こうとしてテープがそれを邪魔している感じの動作なのでしたらお書きになられたとおり,からまっているのだと思います。
 からまっているだけなのでしたら開く可能性はあります。
 イジェクト・ボタンを押しながらカセットの入っている<窓?>を押してみてください。何度かトライしているうちに開くかもしれません。
 機械を壊す可能性もありますが,イジェクトボタンを押しながら手前にゆっくりと引いてみても良いかもしれません。その際,手前に引くために指がかかる所がなければ,吸盤などを利用して手前に引いてみます。あくまでもそれは最終手段なので,力をあまりかけずに自然に引いて下さい。
 それで開いたらラッキーですが,テープがからまっていた場合は残念ながらそのテープはくしゃくしゃになっていると思います。
 あきらめて録音し直すしかないと思います。ヘッドやキャプスタンの掃除,消磁などをしてからまないようにメンテナンスをきちっとしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
イジェクトボタンを押しながらデッキの扉をひいてみたら、(半分以上力ずくなんですけど)なんとか開きました。
やっぱりテープが絡まってました。
買ってから1回もメンテしたこと無かったのでとりあえず掃除してみました。

お礼日時:2001/10/14 22:55

カセットのふたの根元にネジはないですか? ネジがあればもしかしたらはずれるかもしれませんよ。


ご自分で分からなければ電気屋さんに持っていって修理の見積もりをしてもらったらいかがでしょう?何千円という金額で直るとは思うのですが、この際ですからMDに買い替えられた方がよろしいかと思いますよ。便利さが違います。小さいし、選曲は一瞬でできるし、一番便利なのはとりあえずCDを全部録音しておいて、後から気に入らない1曲を消すことができます。もちろん、その後1曲分あいてしまうことなどありません。ちゃんと前にずれてきます。
新しい物をCD+ラジオ+MD+カセットにするかCD+ラジオ+MDのにするか迷うところですが、私の経験上MDに変えた人はまず、カセットを聴く機会はないと思います。
買うのはCD+ラジオ+MDにしてどうしても思い出のあるカセットだけCD+ラジオ+MD+カセットを持ってる友達に頼んでMDにしてもらうのがよろしいかと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。開かなくなった蓋は力ずくで無理矢理開けてしまいました(笑)。やっぱりテープが絡まってました。絡まってたテープを取り除いたところ、とりあえずは動くようになったのですが、またいつ壊れるかわからないですし、買い替えも考えようかと思います。

お礼日時:2001/10/14 22:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカセットぶたが開かない!

CD・MDラジカセ(SANYO:PH-MD9)を使っているのですが、
CDからカセットに録音しようとして、録音ボタンを押したところ、CDわまわっているのですが、カセットが動きません。
取り出して確認しようとしたら、カセットぶたが開かなくなってました。
何とか、開ける方法はあるでしょうか?
やはり修理に持ち込まないとダメでしょうか??
教えてください!

Aベストアンサー

カセットデッキ部は機械の部分が多く、どうしても詰まりやすい要因の
多い部位です。
今回も何らかの拍子で偶然詰まってしまったのかもしれません。
修理に出してもとんでもなく高い修理代金にはならないかと思われます。

これから書くことはご自分の腕に自信が無ければやらないで電気店に修理に出すことをお勧めいたします。
必ずコンセントからプラグを抜いた状態で丁寧に行ってください。
カセットデッキ部の下のほうに小さな穴があるかと思います。
そこに細めのドライバなどを慎重に差し込んでください。
突き当たりに当たったら手元の柄の方をゆっくりを持ち上げてください。
うまくいくとドライバの先端のほうが下がり中のメカがゆっくりと
降ります。
この状態でドライバを抜きコンセントに電源プラグを入れて
電源を入れてみてください。
運がよければカセットのつまりが解消するかもしれません。
ただし、このときドライバは絶対に回さないでください。
もしまわすと中のメカの調整が狂ってしまいます。

最初にも書きましたがこの操作は機械に慣れていないと失敗する可能性が非常に高いです。
ご自分の腕に自信が無ければ絶対に止めてください。

カセットデッキ部は機械の部分が多く、どうしても詰まりやすい要因の
多い部位です。
今回も何らかの拍子で偶然詰まってしまったのかもしれません。
修理に出してもとんでもなく高い修理代金にはならないかと思われます。

これから書くことはご自分の腕に自信が無ければやらないで電気店に修理に出すことをお勧めいたします。
必ずコンセントからプラグを抜いた状態で丁寧に行ってください。
カセットデッキ部の下のほうに小さな穴があるかと思います。
そこに細めのドライバなどを慎重に差し込んでくだ...続きを読む

Qカセットテープが取り出せない

カセットテープを聴こうとスタートボタンを押したところ、キューカチャンカチャンというような音がして、カセットテープが取り出せなくなってしまいました。イジェクトできませんし、聞くこともできません。
(ミニコンポで、カセットの取り出しは指で押すようになっているタイプです)

コンポに入ったままになったカセットテープを救うにはどうすればよいですか?

Aベストアンサー

あくまで、推測でしかないですが、その状態だとテープが絡まった可能性が高いですよ。何処に絡まったは分かりませんが。おそらく、ヘッドが出た状態のまま絡まって止まってしまったと思います。
取り出すとなると、デッキを分解する必要があるかもしれません。
少なくともテープはダメになっている可能性が高いです。

Qカセットテープが回転しない

ラジカセでカセットテープを使って、
深夜ラジオなどを録音しているのですが、
カセットテープがA面では再生できなくなってしまいました。
再生ができないということで録音もできないので困っています。

見てみたら、カセットテープを下向きに入れて(ヘッドの部分が下)にいれて、右側が回転していません。
早送りや巻戻しはできます。
なので、録音は←の向きにしかできません。

今まで、何台も同じ現象になっています。
何が原因なのでしょうか?
また、直すことはできるのでしょうか?
その場合の直し方をご存知の方教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 ご質問の内容からすると、走行系の故障と考えられます。
 質問者の方は、オートリバース機をご使用と思われますが、私の経験からすると、オートリバース機は故障が多く、あまりおすすめできません。
 これは、カセットに限らずオープンリールでも同じことです。
 私は約20年前に、テープデッキでは定評あるブランドのオートリバースデッキを使用していましたが、リバース時にヘッドの切替がうまく行えず、いわゆる「逆さ歌」状態になり、何度修理しても直らず、今では押入れの中で眠っています。
 今までに何度も同じ現象になられたそうですが、今度ラジカセを買い替えになられるのであれば、ぜひともオートリバースなしの製品になさることをおすすめします。
 もし、長時間録音が必要なら、ラジカセにライン出力端子があれば、ビデオデッキの外部入力端子と接続し、ビデオテープで録音する方法もあります。
 私も、テレビ番組の録画はDVDレコーダーにその役割を譲り、ビデオデッキはもっぱらラジオ番組の録音用に使用しています。

QCDラジカセのフタが閉まらない…

2年前に買ったCDラジカセなんですが、どこかの部品が折れてしまったようで、テープを入れる所のフタが閉まらなくなってしまいました。

どうにも開きっぱなしだと落ち着かないしテープ聞けないしで困っていますが他の機能(CD、ラジオ、各種アラーム)は大丈夫だし、捨てちゃうのももったいないと思うのですが、こういうのって修理に出したら直してもらえるでしょうか?もしくは自分で直せますか?

結構気に入ってるし自分的にはまだ買ったばっかりなので買い換えるのに抵抗があるんです。
前のもテープ部分が閉まらなくなって変えたので、またこのパターンか…とも思って。今後こうなったときにいいかげん対処できるようになっておきたいというのもあるので、どうかアドバイスよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 部品代+工賃等で1万数千円・・・ってとこですかね。

 ほとんどのメーカーの補修用部品は細分化されていません。カセットのフタだけでなくラジカセ全体の外側を交換することになり、修理代が割高になってしまうのです。
 また、修理専門店でみてもらったらいかがですか?
 メーカー修理より安いです。
 


 素人修理 その一
 カセットのフタの開閉を止める爪が折れているのだと思います。その折れたパーツを見つけて接着剤で付ける。
 素人修理 そのニ
 ビニールテープで開かないように固定。

Qカセットデッキ TC-K555ESJ 故障の原因

ソニーのカセットデッキ、TC-K555ESJと同型ESLを、4~5年前に中古で購入しました。その時は2台とも完動でしたが、久々に引っ張り出したら動きません。症状はまったく同じで、早送りや逆回転はするのに、再生状態だと回らないのです。
保管場所は、特に湿気の多い場所でもないのに、2台ともまったく同じ症状です。一生使おうと、完動状態のものを保管しておいたのにがっかりです。使わず保管しておいて、なぜ故障したのか原因がわかったら教えてください。

Aベストアンサー

似たような症状の修理記録があったのでご参考まで。

http://plaza.harmonix.ne.jp/~fumimasa/TC-K3ES.html

上記の場合はドライブベルトの劣化(経年劣化で伸びた?)ことらしいです。

Qカセットテープが取り出せない!

ソニーのTC-TX21という、Cカセットを長手方向に差し込むタイプ(クルマのカセットテープ機と同じ)のミニオーデオです。昔のテープが聞きたくなって買いました。作動時間、合計10~15時間くらい。

テープのケースに鉛のシート(厚さ:0.8mmくらい)を張ったもの(制震用)を入れて、聴いた後取り出そうとしたら、そのシート状の部分が中の機構部分にひっかかって取り出せなくなってしまいました。

ピン状のもので押し込んで聴こうと思えば、聴くことはできます。

取り出すのに何か方法はありませんか?最悪、修理に出さなければならないでしょうか?

Aベストアンサー

デッキの蓋を開けてすぐにカセットが見えるようなら鉛シートを剥がせば大丈夫だと思いますが、
メカニズムを分解しなければならないようならそれ以上はやめたほうがいいでしょう。

Q古いラジカセの修理方法

古いラジカセを自分で修理したいと思います。修理内容はヘッドの交換、ベルトの交換です。これらの修理方法を解説しているサイト、部品を売っているお店の情報などを知りたいのです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私もラジカセの分解・修理は何度かやっていますが、ご希望の技術に関するサイトは
(有るのかも知れませんが)今まで見たことが有りません。
また、ラジカセの部品を売っている店も、ゴムベルトを除いては見たことが
ありません(ジャンク屋でヘッドや裸メカなどを入手したことはありますが)。

その意味ではお役に立てませんが、ご参考までに私の経験をご紹介します
(ハンダ技術など、必要な技術はお持ちという前提で・・)。

1.ヘッド
(1)ヘッドの入手方法
 a.メーカーの補充部品(古い製品の場合は在庫が無い)
 b.ジャンク屋でヘッドやヘッド付きメカを探す
 c.壊れた同型品から取る(HardOff、ジャンク屋、オークション等)
 d.他のラジカセ(メーカー・型式不問)から取る

他メーカーのラジカセから外したヘッドの場合、取付寸法が違えば使えない訳ですが、
これまで、ラジカセ、カセットデッキ(ステレオ含む)十数台を分解した限りでは、
メーカーや機種が違っても取り付け寸法は殆ど同じでした(録・再、消去それぞれで)。
従って、ラジカセのヘッドであれば、どこの製品でもほぼ問題なく使えると思いますが、
市販された全機種を調べた訳ではありませんので、絶対に保証できるとは云えません。
稀に寸法の異なるものが有るかも知れませんので、事前にご確認下さい。

また、厳密に云えば、ヘッドのインピーダンスも合わせなければいけないのでしょうが、
私の経験では、聴いても違いが分かりませんでした(何しろ、ラジカセですので)。

(2)ヘッドの交換とアジマス調整
取付寸法さえ合えば、交換自体は特に難しいことはありません。
強いて問題と云えば、交換後のアジマス(ギャップの垂直性)調整です。

調整用のテープとオシロスコープがあれば簡単ですが、無い場合は試行錯誤
(トライアル・アンド・エラー)で調整用ネジ(バネの入っている方)を少し
ずつ回しながら、最良点(高音が最も良く出る点)を探します。

ラジカセの場合、再生帯域はせいぜい10kHz位まででしょうから、それ程精度は気に
しなくても良いかも知れません。その辺は各人の「こだわり」次第かと思います。
最良点を決めたら、緩み止めにセメダインなどを塗布しておきます。

2.ゴムベルト
前の方のご紹介サイトの方法による自作が難しい場合は、ニュー秋葉原センター内の部品屋
(万世橋署並びのガード下)をお調べ下さい。ゴムベルトが何種類か置いてあります。

3.その他
古い機種の場合、メカに塗布してあるグリースが硬くなり、スムーズな動作を阻害して
いることが多いです。
出来れば、全部バラして拭き取り、グリース(プラスチック用が良い)を塗り直した方が
よろしいです。

私もラジカセの分解・修理は何度かやっていますが、ご希望の技術に関するサイトは
(有るのかも知れませんが)今まで見たことが有りません。
また、ラジカセの部品を売っている店も、ゴムベルトを除いては見たことが
ありません(ジャンク屋でヘッドや裸メカなどを入手したことはありますが)。

その意味ではお役に立てませんが、ご参考までに私の経験をご紹介します
(ハンダ技術など、必要な技術はお持ちという前提で・・)。

1.ヘッド
(1)ヘッドの入手方法
 a.メーカーの補充部品(古い製...続きを読む

Q20年以上前のSONYのラジカセの修理

いまでもヘッドが擦り切れて音が割れてしまうのですが、20年以上前に購入したラジカセがあります。どうしても捨てることができずにいます。もし修理をすることができれば後生大切に使いたいと思うのですが、修理を引き受けてくれる場所を知っていたら是非教えてください。
もう一度自分のラジカセで聞いてみたいのです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

whwnc881さん、今晩は。
家電修理専門があります、参考URLご覧ください。
6,000円(持ち込み4,800円) ラジカセ(CDなし)
8,500円(持ち込み6,800円) CDラジカセ、ミニコンポ各ユニット

参考URL:http://www.aandvtechnical.com/

Q回路不良の原因

私素人です。独学でカセットデッキTC-K7を修理しております。
回路図は入手しています。

症状: 再生時に「右チャンネルだけノイズが入ってしまう」

今回については、故障ブロックを判別して行き、その症状を出すであろう部品を取り外して、正常な代替品で交換して様子を見る、直っていればそこが原因であると結論付ける方法を取りました。

PBアンプ、ソースアンプをスイッチで切り替えてLINEアンプに信号が流れる回路で、
まずPB→LINE間を開き、右PBアンプの出力を確認して、ノイズがあることを確認。
つまりLINEより前が故障ブロックであると判断。
このノイズは、ボソボソ、ボサボサ、ジジジ、と聞こえるので、典型的なTR不良だろうと考えていたのですが、

・2SC1345を3つすべて別のTRに交換してもノイズが直らない、
・ヘッドL/R配線(回路側)差し替え検証
・録音再生切り替えスイッチの分解洗浄
・PB回路上ケミコン交換
・再半田
・半固定抵抗の交換(そもそも直前の出力カップリングにノイズが確認できる)

すべて原因ではありませんでした。
残すところ、抵抗とセラミックのパスコンですが、目視しても焼失・見た目に変化なく
交換しても直る目星が付きません。いくつかはL/Rで交換して試しました。

現在はLINEミューティングを動作させていません。
再生ボタンを押さなくても常に停止で再生がオンになっている状態です。

ノイズ成分をリサジューで見ると線香花火の火花を真ん中で凝縮したような波形です。
丸いボンボンみたいな。非常に耳障りです。
今までにも一度、別のデッキで同じような症状が出たことがあり、トランジスタを交換しても直らなかったことがあります。そのデッキはメカが駄目だったので最後まで結局修理できなかった物ですが。

原因さえ分かれば良いので、このノイズはどういった場合に出てきそうか教えてほしいと思います。

当デッキで録音したテープを別の再生機で確認しましたがノイズも録れます。
PBアンプの電源ラインはL/R共用です。

私素人です。独学でカセットデッキTC-K7を修理しております。
回路図は入手しています。

症状: 再生時に「右チャンネルだけノイズが入ってしまう」

今回については、故障ブロックを判別して行き、その症状を出すであろう部品を取り外して、正常な代替品で交換して様子を見る、直っていればそこが原因であると結論付ける方法を取りました。

PBアンプ、ソースアンプをスイッチで切り替えてLINEアンプに信号が流れる回路で、
まずPB→LINE間を開き、右PBアンプの出力を確認して、ノイズがあることを確認...続きを読む

Aベストアンサー

回答NO.3です。お礼ありがとうございました。
 まず、お礼に
>右左を入れ替えても駄目でした・・。
とありますが、私が指摘したコンデンサ2つをL/Rの回路で入れ替えてもノイズは変化がなかったということですか?
 そうすると、他の原因を考えなければなりませんね。

それから、補足コメントについて

>ノイズには混入源と発生源が必ず存在しますので、測った場所が
>ノイズ源というわけでもありませんので単なるノイズを拾っている場所なだけだという可能性も捨てていません。

コメント>>混入源とは何でしょうか?あまり聞かない言葉ですね。意味が良くわかりません。

>となると、回路図を見ておかしいと思えるのが、LINEアンプ近くのS1-8から後です。
>再生なのにRECアンプに信号が流れていきますよね。この回路には何の意味があるのでしょうか。
>録音時にはバイパスされてしまいます。誤植ですかね?

コメント>>誤植ではありません。サービスマニュアルをお持ちのようですから3ページのブロック図をよく見てください。再生時にドルビー回路を通してLINE AMPに帰還をかける経路になってるようです。

>それとテープを再生させただけでこのノイズが録れてしまうので変です。
>磁気テープに記録させるためにはバイアスが要りますし、再生ヘッドに逆流して混入したノイズで記録できるわけがないと私は思います。

コメント>>ノイズが録音されるんですか?もしそうならば、「再生ヘッドに逆流して混入したノイズで記録できるわけがない」という推定は正しいともいます。だとしたら、ヘッドの録音/再生を切り替えるスイッチの接触不良が疑われます。一応「録音再生切り替えスイッチの分解洗浄」はされてるようですが、再生時に右chのヘッドの録音再生切り替えスイッチへ行っているラインを直接GNDに落として確認してみた方が良いと思います。

回答NO.3です。お礼ありがとうございました。
 まず、お礼に
>右左を入れ替えても駄目でした・・。
とありますが、私が指摘したコンデンサ2つをL/Rの回路で入れ替えてもノイズは変化がなかったということですか?
 そうすると、他の原因を考えなければなりませんね。

それから、補足コメントについて

>ノイズには混入源と発生源が必ず存在しますので、測った場所が
>ノイズ源というわけでもありませんので単なるノイズを拾っている場所なだけだという可能性も捨てていません。

コメント>>混入源とは...続きを読む

Qダブルラジカセのカセットが止まる

これは故障なのですか?寿命なのですか?
娘が使っていたラジカセなのですがCD、ラジオはOKですがカセットがスイッチオンしたらすぐにカチッと止まるのです。左右にあるカセット両方共です。
たまに動きますがそれもすぐに止まります
カセットテープがしめっているのではと他のステレオで何度も回して試しましたがやはり駄目でした
止めるためのつめがヘッドから出てくるみたいです
ご存じの方がおられましたらよろしくお願いします
Panasonic BI-AMP4-DRIVE

Aベストアンサー

それは型番ではありません。
RXで始まる型番のはずです。
バイアンプの記述があるところを見ると、バブル期の大型機種かと思いますが、
このころの機種はカセットデッキの上のほうにある接点で
カセットの感知、種別の判別を行います。
この接点が経年劣化で接触不良になり、入れたときは感知していても
カセットが動くときの衝撃で接触不良になり、カセットが入っていないと勘違いし、
動作がとまります。
寿命ではありません。
修理はまだ可能なはずですが、登場時期比較的古いため、場合によっては修理不可能な場合もあります。
何はともあれ、メーカーのサービスセンターに修理に出してください。このころのラジカセは今のラジカセとは違い、
大変音が良く、聞いてて疲れない音です。
修理する価値は十分にあるかと思います。


人気Q&Aランキング