転職のため、今年3月「末」に前職場を退職し、4月1日付で現在の
会社に入社しました。
先日、地元社会保険事務所から3月分の国民年金の徴収書類が届いた
ため、おかしいと思い前の会社に問い合わせたところ、「3月31日は
土曜日だったので30日で届を出した」とのことでした。
退職日については、前職場の部門長と相談し、「3月いっぱいの月末」と
決めたのですが、具体的な日付はその後部門長が総務担当に申告するよう
になっているということです。その部門長によれば「内部規程に従っただけ
で別に他意はない」とのことでした。
離職票なども30日になっているでしょうし、よく確認しなかった私の落ち
度が大きいのですが、なんか釈然としません。
以前から、前の会社では月末退職は認めてもらえないということだったので、
「よく月末にしてくれたな」とか周囲から言われてはいたのですが・・。
社会保険事務所によれば「企業から訂正の申告があれば、退職日の訂正は可能」
とのことですが、上のような経緯の場合、

1. 前の企業にそれを主張できる立場にあるのか
2. 訂正した場合、離職票や住民税など、様々な書類の日付が変るのに伴う
手続きをしなおさなければならないのか
3. 3月分だけ国民年金にした場合、将来厚生年金分の支給が大幅にカットされ
ることはあるのか。(年金支給額が一月分の数百円ぐらい少なくなるというのなら
全然かまわないのですが、規程期間に一月足りないために、全くもしくは大幅に
支給を受けられなかったりすることがあるのかが心配です)
という3点について、お教えいただけないでしょうか。
関係ないとは思いますが、退職届は退職希望日の2週間以上前に出してあり、
有給は20日以上未消化のままでした。
宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 社会保険料等は、退職月の前月分まで負担しますので、この場合の処理としては3月30の退職なので2月分まで社会保険に加入していた扱いになり、3月分が国民年金に加入と言う形で、社会保険事務所とお住まいの市町村役場の国民年金担当とで連絡がなされたものと思います。



 1について、通常月末とは月の最終日をさしていると思われますので、前の会社に相談することは問題は無いと思います。

 2について、離職票、年金、国保(医療保険)の、資格移動年月日の扱いが変わってくると思われます。

 3について、1か月分を厚生年金から国民年金になったことによって、僅かに受給額が減少すると思いますが、ほんの僅かかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速御回答いただきまして、本当にありがとうございます。
将来の受給額に大きな差がでることではないとわかり、
非常に安心しました。
皆様のアドバイスの通り、ここは日付変更を主張するメリッ
トが少ないということで、30日のままにすることにしました。
わからなければ、意地を張って、無益な労力をつぎこむとこ
ろでした。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/17 11:52

最終「出社」日をもって退職と考える会社も珍しくありません。


まあ争えば退職日を変更することも可能かも知れませんが、「労多くして益無し」というところですな。

将来もらう年金については、保険料納付期間が厚生年金・国民年金あわせて300月あれば、年金受給権は発生しますので、受給額に若干の差異はあったにしてもそれほどの不利益にはならないと思います。3月分の国民年金保険料については、法律的には本人に納付の義務がありますので市区町村の窓口で1か月分を納付してください。(と、ここでは言っておきましょう。)

また、離職票についてですが、新しい職場ですでに6ヶ月以上勤務していると思われますので、前職の離職票は既に不要です。万一、離職・失業した場合は、今の会社に離職票を発行してもらえば良いからです。

気分的に面白くないというppkkさんのお気持ちも理解できないではないですが、実害が少ないですので、ここは、あまり波風立てないのが「大人の対応」だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しくご説明いただきましてありがとうございます。
ご指摘の通り、争うメリットが少なく、意地になるほ
どのことでもないというのが皆さんのおかげでわかり
ました。(実は31日も出勤していたのですが、それは
それですね)
ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/17 11:48

No.1の人が「自信なし」にチェックされてますが,回答内容に間違いはありません。



1.については交渉次第でしょうが,3.の回答として下で述べられているとおり,受給金額にそれほど大幅な違いは出てきません。それより,納得行く行かないの問題の方が大きいですよね。察するところ「部門長がいい加減なこと言っちゃった」というのが,問題の根本なんでしょう。
会社と交渉する労力とどちらを取るかというのが,現実的なところでしょう。

ちなみに,会社の負担を少しでも減らすために,月末日の前に退職日を設定するところは非常に多いみたいです。

2.について,もし訂正がかなった場合,会社から手続きがなされれば,ppkkさんがすることは特にないと思います。もし,すでに国民年金加入手続きなどをされてしまった場合には,取消手続きが必要ですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございました。
こうした例は多いとのこと、企業もわずかでも経費を減らそうと
いうことでしょうか。
いずれにしても、No.1さんへのお礼に書いたように、退職日は
そのままにすることにしました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/17 11:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q月末、1日前に退職すると損?

会社を辞める時、月末付けで辞めるのと月末1日前で辞めるのとでは、なにが変わりますか?

1日前で辞めると、その月の年金保険料(国民年金になりますかね)は、自分で払わなければならないと聞きましたが、本当ですか?月末付けで辞める場合は、厚生年金なので半分の負担ですか?

これが本当なら、労働者側は不利なことだけですよね?

もし、会社から「(月末付けではなく)1日前付けでの退職にしてくれ」と言われた場合、拒むことは可能ですか?「いえ、私は31日まで働きたいんです」または「31日付けでお願いします」と。

年金以外でも、何か違いはありますか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

退職日が6月30日の場合
翌日7月1日

→「退職日の翌日の属する月の前月まで」という扱いより厚生年金、健康保険は6月までの加入となります。

退職日が6月29日の場合
翌日6月30日

→「退職日の翌日の属する月の前月まで」という扱いより厚生年金、健康保険は5月までの加入となります。

保険は「月」単位のため、1月分のズレが生じます。

Q厚生年金の支給開始月(誕生日が1日、前日に退職)

以前このカテゴリーの回答で、老齢厚生年金の支給開始は誕生日が1日である人はその月から(法的には前日に歳をとる)とありました。
私は、4月1日が誕生日で60歳になり、前日の3月31日に退職し以降被雇用なしです。近着の「裁定通知書」によれば「(全額)停止、停止理由01(厚生年金保険の被保険者等であるため)、停止期間19年4月から」と記載され、「初回支払額のお知らせ」には、4月分ゼロ、5月分から支給と通知がありました。4月には退職しており「被保険者」ではないので4月分の支給停止は疑問があります。
近々、社会保険事務所に質問するつもりですが、昨今の騒動で時間がかかりそうです。裁定が正しいとしたら、どなたか解説していただけませんか。

Aベストアンサー

・60歳の到達判断は誕生日の前日です。
・厚生年金の支給開始月は、誕生日の属する月の翌月からです、
従って4月1日誕生日であれば、60歳到達日は3月31日であり、支給開始は4月になります。
一方、
・厚生年金の被保険者資格の喪失日は、退職日の翌日になります。
(翌日とする理由はあるのですが、長くなるので辞めておきます。)
3月31日退職日の喪失日は4月1日となり、支給開始月である4月は、喪失日の属する月であるため、在職中との判断となります。

以上から、4月分の支給停止は正しい取扱いになります。
あくまで取り扱い上の決めの問題ですが、これがルールとなっています。

Q特別支給の老齢厚生年金の支給日は何時?

妻ですが、特別支給の老齢厚生年金が微々たるものですが、今年60歳であたります。
誕生日が12月1日です。何月がスタートなんでしょうか?11月か、12月か、それとも1月か・・・誰か教えてください、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

> 特別支給の老齢厚生年金

年金の2階建て部分の、普通の老齢厚生年金のことですね。(参考。年金の1階部分が国民基礎年金、3階部分が国民年金基金・厚生年金基金などとなります)

今年60歳と言うことは、昭和28年生まれですので、下記サイトの、女性の該当の生年月をして下さい
http://www.office-onoduka.com/nenkin/age_man.html
このサイトでは、質問の女性が昭和28年生まれの厚生年金の支給開始は、支給開始年齢60歳からですが、女性の昭和33年4月以降の生まれは、61歳になります。
男性の昭和28年4月生まれの厚生年金の支給は、61歳からと支給開始年齢が上がっています。


> 今年60歳であたります。
> 誕生日が12月1日です。何月がスタートなんでしょうか?

2階建て部分の厚生年金の支給開始年月を知りたいのなら、60歳の年金手続き完了後の2~3月後になると思います。
60歳の年金手続きとは、60歳の誕生月の約3ヶ月前に、年金機構から年金申請関係書類が来ます。
質問の奥様は、誕生月が今年12月なので、年金機構からの書類は、今年の9月頃に来ます。

そして、必ず「60歳誕生日以降」の日付で、戸籍謄本と、住民票を市区町村役場から取ります。
また、年金機構からの書類には、配偶者の年金番号を記入したり、その他必要事項を記入します。
年金振込み用の口座を、金融機関から「年金用口座」としての証明をもらいます。

これらの,書類を年金機構に送って手続きが完了すると、年金機構から年金証書・年金額・支給開始日等の書類が来ます。
● この支給開始日が、たぶん、年金手続き完了後の2~3ヵ月後になるのです。

> 特別支給の老齢厚生年金

年金の2階建て部分の、普通の老齢厚生年金のことですね。(参考。年金の1階部分が国民基礎年金、3階部分が国民年金基金・厚生年金基金などとなります)

今年60歳と言うことは、昭和28年生まれですので、下記サイトの、女性の該当の生年月をして下さい
http://www.office-onoduka.com/nenkin/age_man.html
このサイトでは、質問の女性が昭和28年生まれの厚生年金の支給開始は、支給開始年齢60歳からですが、女性の昭和33年4月以降の生まれは、61歳になります。
男性...続きを読む

Q派遣を退職する際に、退職日と年金の資格損失日が違うことはあるのでしょうか

4月20日付けで妊娠の為、派遣会社を退職します。昨年9月から働き始め、10月から主人の扶養を抜けて、派遣会社の健保と厚生年金に加入し、半年経ったところです。1月~退職までの収入合計はおよそ50万円です。4月21日から、主人の扶養に戻る手続きを取りたいので、派遣会社に問い合わせたところ、「健保は4月20日まで資格がありますが、厚生年金に関しては月の途中で辞める場合は4月分の加入はできませんので、4月1日より加入がないことになります。」と言われました。それでは4月の年金加入が何もなくなってしまうと思い、急いで主人の会社に問い合わせたところ、「4月20日付けで退職で健保の資格が20日まで続くなら、厚生年金の資格も20日まで続くはずです」との回答。いそぎ地元の社会保険事務所に問い合わせたところ「健保と年金の手続きの書類は三枚綴りになっており、退職日の4月20日に健保厚生年金両方の資格は損失されます。しかしながら、4月分の厚生年金の金額および保険料は、給料から差し引かれることはありません。(前倒しで引き落とされているはずです)4月21日からは、ご主人の厚生年金の第三号被扶養者ということになります」との回答だったので、派遣会社にそのまま伝えたところ、「もう一度調べてご連絡します」とのこと。連絡待ちです。退職日前に厚生年金の資格がなくなることってあるのでしょうか?派遣会社は、給料から年金分が引かれることはないということを間違って伝えてきているのでしょうか。派遣会社は何か怪しい事をやろうとしているのでしょうか?厚生年金から旦那の年金の第三号扶養者?に戻るときは、戻る日付は?手続きは?よく分からないので、教えてください。

4月20日付けで妊娠の為、派遣会社を退職します。昨年9月から働き始め、10月から主人の扶養を抜けて、派遣会社の健保と厚生年金に加入し、半年経ったところです。1月~退職までの収入合計はおよそ50万円です。4月21日から、主人の扶養に戻る手続きを取りたいので、派遣会社に問い合わせたところ、「健保は4月20日まで資格がありますが、厚生年金に関しては月の途中で辞める場合は4月分の加入はできませんので、4月1日より加入がないことになります。」と言われました。それでは4月の年金加入が...続きを読む

Aベストアンサー

>しかしながら、4月分の厚生年金の金額および保険料は、給料から差し引かれることはありません。(前倒しで引き落とされているはずです)

4月の給料からひかれているのは3月分厚生年金です。前倒しではなく1月遅れです。4月分保険料はひかれません。

喪失日自体は健保、厚生年金同じです。4月21日。
年金はその月の月末時点の資格がどうなっているかでその月はどれになるかが決まります。この場合、4月分は3号(夫の扶養)になります。
だから、派遣会社の言ってることもあながちおかしいとはいえないんですが、喪失日は4月21日です。

夫の扶養に入る手続きは健保の扶養と同時に行います。
この手続きさえすれば、年金はあなたの場合、3月、厚生年金(2号)→4月、夫扶養(3号)とうまく続き問題は発生しません。

Q年金未払い扱いについて。 平成10年5月1日から平成11年4月1日の1

年金未払い扱いについて。 平成10年5月1日から平成11年4月1日の11ヶ月分が、未納扱いになっていて困っています。                                                                                    その年は、諸事情により仕事をしていなかったので、確かに収めていなかったのですが、過去2年間までは、さかのぼって収める事が出来ると知り、平成12年3月に、市役所で集合徴収があったので13300円×11か月分=146300円を一括で納税しました。なのに、年金特別便で未払い扱いになっていて、年金加入記録回投票の返事が先日届いたのですが、やはり未払い扱いになっています。                                                     納税に行った当日、役員の方側が用意していた台帳に(納税を意味する)印を押してるのは見たのですが、領収書を貰っていません。不安だったので、「控えとかいただけないのですか?これで収めたことになるんですか?」と質問したのですが、「特にお渡ししていません。」と言われたのを記憶しています。                                                自分でも調べようと、当時、徴収を担当した役員の名前を調べてもらったのですが、名前どころか、平成12年3月に臨時徴収した記録自体が無いと言われてしまいました。                                                               家計簿はつけていませんし、領収書は手元にないし(と言うか、本当に貰っていません。)あるといったら、(当日そんな大金手元に無かったので)銀行で10万円引き出した記録が載ってる通帳があるくらいです。もうどうしたら良いか分からなくなりました。アドバイスお願いします。

年金未払い扱いについて。 平成10年5月1日から平成11年4月1日の11ヶ月分が、未納扱いになっていて困っています。                                                                                    その年は、諸事情により仕事をしていなかったので、確かに収めていなかったのですが、過去2年間までは、さかのぼって収める事が出来ると知り、平成12年3月に、市役所で集合徴収があったので13300円×...続きを読む

Aベストアンサー

(1)詐欺だとしても、市役所勤めの人の可能性が高いですよね?
何とも言えないです。怪しまれない人物としたら「市役所勤めの人の可能性有」ですが、
そうだと仮定したら、あまりにも「大胆」ですね。私には考えられないです。
あまり追求しすぎると、逆に市役所の人々への「名誉棄損」になってしまうかもしれ
ません。オーバーですが(何の証拠もないため)。

(2)相談する場所も、年金課ではなく、弁護士とか警察とかに相談するべきなのでしょ
うか。
まず、年金課で過去にこのような「怪事件」があったか?聞いてみる。
ひょっとしたら、そのような「怪事件」があったのかもしれません。
しかし、それは「市役所のせい」ではなく「詐欺を行った者の犯罪」で、「市役所の責任」
を追求するのは「かなり無理」だと思います。
→次に「警察」だとは思いますが、約10年前のことなので、「時効」になるので
しょうか?正直私にはわかりません。
→弁護士さんに聞いても「雲を掴むような話」と、一蹴されてしまうような感じが
いたします。

(3)当日私の他に、納付にきていた人達とどうにか連絡を取りたいのですが・・・。
誰かと一緒に納付したご記憶はないですか?
そうでなければやはり「困難」だと思います。

>領収書をもらっていません
これは極めて「致命的」ですね。残念ながら。やはり、お役に立てずすみません。

                                                                            

(1)詐欺だとしても、市役所勤めの人の可能性が高いですよね?
何とも言えないです。怪しまれない人物としたら「市役所勤めの人の可能性有」ですが、
そうだと仮定したら、あまりにも「大胆」ですね。私には考えられないです。
あまり追求しすぎると、逆に市役所の人々への「名誉棄損」になってしまうかもしれ
ません。オーバーですが(何の証拠もないため)。

(2)相談する場所も、年金課ではなく、弁護士とか警察とかに相談するべきなのでしょ
うか。
まず、年金課で過去にこのような「怪事件」があったか?聞い...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報