最新閲覧日:

はたしてこのジャンルに書き込むことなのかわからないのですが、「神、空にしろしめす。なべて世はこともなし。」とはどういう意味でしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

人間の世界では色々と不幸なようだが、


天の視点から見ればそれは大したことではない。
人がどんなに喜怒哀楽の坩堝に身をすりつぶされていようと、
空を始め自然はそんなことには頓着せず
悠々と広がっているではないか。

と、そんなことが言いたいのだろうと、
僕は解釈しています。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

なるほど。わかりました。そういう気分でいたいものです。ありがとうございました。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

ロバアト・ブラウニング(海潮音 上田敏)



春の朝
 
時は春、
日は朝、
朝は七時、
片岡に露みちて、
揚雲雀なのりいで、
蝸牛枝に這ひ、
神、そらに知ろしめす。
すべて世は事も無し。

今日も神が天からご覧になっていてくださる。(感謝)。と私は読みます。
阪神代震災の朝だけはびっくりしました。揺れながら夜が明けると部屋中足の踏み場もなくて・・・
たまに、このような朝に出くわすと、一般に世は事もなし、がめでたく思えます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

出典まで書いてくださりどうもありがとうございました。
確かにその通りですね。この文の一行あとには「嘘だ。」と書いてありました(笑)。宮部みゆきの竜は眠るです。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

 出典はブラウニングというイギリスの詩人の「春の朝」という詩です。

上田敏が訳した「海潮音」という詩集にある句です。
 他の人は、同じ場所を

「神、天にいまし給い、地にはただ平和」
としています。

参考URL:http://www.shigaku.or.jp/hanapoem/99.7.15.htm  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私はこの文を小説で見ました。出典がわかりとてもうれしいです。ありがとうございました。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

なにの言葉なのかわからないので、適切な訳かどうかわかりませんが


「神は知っていらっしゃる、大体、世の中というものはたいしたことではない」
といった感じの意味だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうか。世の中はたいしたことではないのか…。なるほど。わかりました。どうもありがとうございました。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報